2021.04.24

興奮するソフトSMプレイのセックステクニック&彼女を満足させる方法♡

彼女がセックス(sex)で満足してくれない

長く付き合っていると、セックスがマンネリ化してしまったり、いつも変わらないセックスに飽き飽きしてしまうことがあります。

セックスが満足できないことによってセックスレスになってしまったり、お互いの仲が悪くなってしまうことは避けたいもの…。

さらに、彼女の性癖に対応できなかったり、彼女が求めてきたプレイに慣れておらず、テクニックが足りないと思っている男性も多いでしょう。

そこで今回は、ソフトSMプレイを好む彼女や女性を興奮させることができる、ソフトSMプレイについて、女性の本音を交えながら、ご紹介します!

 

彼女が興奮する!ソフトSMプレイセックス

女性が満足するSMプレイにはいくつかのテクニックと方法があります。

ですが、男性の多くが想像しているものと、女性が求めているものは、大きく違うこともあるのです。

女性が興奮するSMプレイセックスは、男性が強引にすればいいというものではありません。

強引で、罵ることがSMプレイだと思っていたら、女性に嫌がられてしまうこともあります。

しっかりと女性が喜ぶソフトSMプレイをこの記事を通して学んでいきましょう!

 

ソフトSMプレイ、6つのセックステクニック♡

女性が喜ぶSMプレイにはテクニックが必要になってきます。

ここではまず、ソフトSMプレイの種類から、詳しいテクニックまでご紹介します。

いきなり全部やろうと思ってしまうと、空回りしてしまったり、てこずってしまうことがあるため、まずは自分のできるところから始めてみましょう。

ひとつずつ変化が生まれるセックスの方が、女性にも長期的に喜んでもらうことができます!

1.目隠し

ソフトSMプレイの定番に目隠しプレイがあります。

目隠しすることによって、何されているのかわからない、どこを触られるのかわからないという興奮を煽ることができます。

照明をつけたままで、明るい状態で目隠しすることによって女性はもっと興奮します。

目隠しのアイマスクを購入するより、まずはネクタイやタオルなどで簡単に目隠しするところから始めましょう。

男性がいきなりマスクを出してくると、女性は引いてしまうこともあるので気をつけましょう。

2.拘束プレイ

拘束プレイもソフトSMプレイには有効なテクニックです。

目隠しよりも拘束プレイの方が先にすることをお勧めします。

目隠ししても、拘束していなければ女性は目隠しを外せてしまいます。外せる状態で外さないのは、女性も恥ずかしくなってしまうことがあるのです。

なので、拘束プレイを先に行いましょう。

足を結ばれてしまうとイキずらくなってしまう女性も多いので、拘束するのは手首だけにしましょう。

脇を見られることを恥ずかしがる女性もいるため、頭の上で拘束するのではなく、お腹の上で拘束しましょう。

背中側の後ろで拘束してしまうと、横になったときに手が潰れて痺れて痛くなってしまうこともあるので、気をつけましょう。

3.優しい言葉責め

優しい言葉責めから始めてみるのもいいでしょう。

言葉責めは賛否両論あります。

セリフによっては、女性を冷めさせてしまう場合もあるので、しっかりとテクニックを身につけておくことが大切です。

女性を罵ったり、嫌がるような強い発言をしたり、暴言を吐くのは、嫌がる女性もいるため、最初は控えてください。

女性が、そのような言葉が好きな人であれば、OKですが、嫌がる女性の方が多いことを覚えておきましょう。

なので、優しく言葉をかけてあげるところから始めてみてください。

4.焦らしプレイ

焦らしプレイもソフトSMプレイにオススメのテクニックです。

目隠しをした状態で焦らすことで、興奮度は余計に上がります!

ただ、焦らしすぎてしまうと女性は冷めてしまいます。

5分も10分も放置してしまうと、女性は別のことを考え始めてしまったり、「早くしてよ」と思ってしまうことがあるのです。

なので、ゆっくりと焦らすことも大切ですが、焦らしすぎないように気をつけましょう。

陰部に触れるか触れないかのところで焦らされるのを好む女性は多いですが、ずっと内腿ばかり舐められていたり、脇腹ばかり舐められていると飽きてしまうので、陰部の近いところを狙いましょう。

合わせて、耳や鎖骨ばかり舐められていると、感覚がなくなってしまい全く感じないので、そこばかりに集中しないように意識してみてください。

 

5.甘噛み

M体質の女性の中には、甘噛みを好む人もいます。

ソフトSMプレイの中でも定番なプレイで、甘噛みされることで興奮したり、感じる女性も多いのです。

甘噛みは、噛まれる箇所によって感じたり、痛かったりするため、しっかりと知識を入れておくことが大切です。

耳や、首筋や、胸を甘噛みされるのは感じますが、内腿は痛い場合もあるため気をつけましょう。

内腿、脇腹などは、噛まれて痛みを感じる女性も多いため、最初は控えてください。

最中に女性に軽く確認してみてもいいでしょう。「噛んでいい?」と言って、大丈夫であれば噛んでも大丈夫です。

女性が「痛い」と言ったり、体が反射的に避けたら、強い痛みを感じている証拠なので、優しくしてあげましょう。

6.首絞めプレイ

首を絞められることによって圧迫されて、余計に感じやすくなることもあります。

首絞めプレイは好き嫌いが激しいので、軽く絞めてみて、女性が腕を強く振り解こうとしたら、そこでやめましょう。

軽く手を添える程度で振り解こうとしなければ、継続していいでしょう。

首絞めプレイは、前戯の段階でしても何も感じないため、最中にすることをオススメします。

正常位の状態で盛り上がったときに、軽く首しめプレイをしてみると、興奮する女性も多いのです。

 

ソフトSMプレイでしてはいけないNG行動

ソフトSMプレイでは、いいテクニックとともに、してはいけないNG行動も大切になってきます。

ソフトSMを履き違えて、女性にセックスを嫌がられてしまうこともあるため、絶対に避けましょう。

そこで、ここからは、ソフトSMプレイでしてはいけないNG行動について5つピックアップして、ご紹介します。

1.女性の嫌がることをする

彼女の嫌がることを続けるのは、ソフトSMプレイとは言えません。

感じて嫌がってるフリをしてる姿と、本当に嫌がっている姿を見極められるようにしましょう。

本当に嫌がっているときは、女性は「やめて」と言います。

嫌がっているフリをしているときは、女性は「やだ」と言います。

この違いをしっかりと聞き分けましょう。

そして表情や行動にも現れます。

本当に振り払おうとしたり、強く手を握って離そうとしている時は、すごく嫌がっている証拠です。

すぐにやめてあげましょう。そのまま続けてしまうと、女性にとってセックスが嫌なものになってしまうことがあります。

2.「痛い」「やめて」と言うことをやめない

項目一つ目でもご紹介しましたが、「痛い」「やめて」と言うことは、やめてあげましょう。

お尻の穴に入れることや、強く叩くこと、男性のものを舐めているときに頭を押さえつけられるなど、行きすぎると嫌がる女性もいます。

ソフトSMプレイが好きなのであって、本気のSMプレイは好まない女性も多いため、しっかりと彼女の性癖を見極めましょう。

そのためには、何度か試してみる必要があります。

ですが、「これは…嫌がるかな…?」と不安に思うものは、最中でも優しく女性に確認をとってからにしましょう。

3.ソフトSMと自分勝手を履き違える

ソフトSMプレイは、男性が自分勝手に女性を扱うのとは違います。

乱暴に扱えばいいというものではありません。

むしろソフトSMプレイで責める時は、いつも以上に女性のことを考えてセックスしなければいけません。

自分勝手にセックスして、女性がイッてないのに終わらせてしまったり、女性が感じていないことに気づけないと、女性側はうんざりしてしまいます。

なので、女性の表情や動きをしっかりと見て、大切にしてあげましょう。

 

4.女性を罵り続ける

罵り続けることも、女性側が嫌がる原因の一つになります。

「ブス」「デブ」「死ね」など、女性が嫌がる暴言は避けましょう。

ブスもデブも、セックスの最中であっても女性の大半は嫌がります。

セックスの最中に言われたことを、日常でも思っているのではないかと、気にしてしまうこともあります。

そして、恋人や男性に言われた暴言はずっと覚えているのです。

忘れたくても忘れられなくなってしまったり、トラウマになってしまうこともあるため、女性に「罵って」と言われない限り、罵るのはやめましょう。

5.無理矢理挿入する

濡れていない状態で挿入されたり、無理矢理挿入されると、強い痛みを感じます。

その痛みは、セックスの最中、ずっと続いてしまいます。

奥がずっと痛い状態でされるセックスは、全然気持ち良さを感じません。

ですが、女性側は、男性の顔を立てるために「痛い」と言えないこともあるため、痛いことはしないようにしましょう。

興奮してもらって、しっかりと濡れた状態で、ゆっくり挿れましょう。

焦らしながらゆっくり挿れられた方が、勢いよく挿れられるより気持ちいいのです。

強引に挿入することがSMプレイだと履き違えてしまうと、女性に嫌がられるため、気をつけましょう。

 

ソフトSMプレイで、いつもより刺激的なセックスを

ソフトSMプレイをしっかりマスターできると、彼女(女性)とのセックスの幅が広がります。

ノーマルセックスだけでは飽きてしまう女性もいるため、ソフトSMプレイを試してみましょう。

女性の中には、Sの女性もいるので、Mなのかどうかもしっかりと確認した上で、ソフトSMプレイに臨みましょう。

徐々に、おもちゃを使うようにしたり、もっと激しいSMプレイにしていくと、より盛り上がるセックスができます。

刺激的で興奮するソフトSMセックスで、恋人同士の関係をより熱々なものに…!

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

DariaMeをフォローする