2020.07.06

すぐ怒る・キレる短気な彼氏の心理と対処法|そんな男に振り回されないで

岡 あい

岡 あい

「すぐ怒る人」は自分の限界を見せてるんだよ。

すぐ怒るしキレる彼氏。ビクビクしています…

私の彼氏は普段温厚なのにすぐ怒る。

怒っていない時の彼氏は優しくて愛情深いから、キレた時の反動が大きい。

すぐ怒る彼氏の機嫌を損ねないように。気に障る行動を取らないように。

気付いたら“ビクビクしながら”彼氏と接するようになっていた。

一緒に楽しんでいる時間も、心のどこかに“不安”がある。

もう二度と怒らないでほしい。優しい彼氏のままでいてほしい。

そう何度も願ってきたけど、やっぱり彼氏はすぐ怒るんだ。

怒る以外の選択肢だってあるし、冷静な話し合いでも解決できるはず。

彼氏が一方的にキレるとどうしようもなくて…。

できればすぐ怒る彼氏と円満な交際がしたい。

どうしたら彼氏は「すぐ怒る癖」を直してくれますか?

ただ愛したいだけなのに。

 

怒鳴る・キレる・すぐ怒る男性の心理

すぐ怒る彼氏と付き合っていると、段々「自分が悪い」「自分のせいかも」と思うようになっていきます。

しかし、「怒鳴る・キレる・すぐ怒る」といった態度は、そもそも男性側が抱える心理が影響しているケースが大半

きっかけは何であれ、威圧的な態度で反応する必要はありません。

まずは、怒鳴る・キレる・すぐ怒る男性の心理をご紹介。思い当たる特徴がないか振り返って、不機嫌な態度の原因を探りましょう。

1.短気な性格

寛容さがなく白黒つけようとする「短気な性格」の持ち主は、簡単にキャパオーバーしてすぐ怒る傾向があります。

「怒る」という行為は自分の限界を示すもの。

「これ以上受け入れられない」と思った時に、力業でねじ伏せて強行突破するのです。

キャパオーバーしているため、彼氏は自分の言動を冷静に振り返ることができません。

イライラの原因は「全て相手にある」と考え、一方的に責め立てたり非を認めないなどの特徴も見られます。

2.力や暴力で彼女を支配したい

「他人を思いどおりにしたい」「他人をコントロールしたい」という性格の持ち主は、相手を傷つける手段を容易に選びます。

自分の欲求を満たすことが第一優先で、「これをしたら彼女はどう思う?」「彼女の気持ちを尊重したい」といった、共感力に欠けているのです。

力や暴力を使ってでも「彼女を支配したい」という欲求が根底にあります。

さらに、今は「すぐ怒るだけ」だとしても、将来DVやモラハラに発展する可能性もあるため注意が必要です。

3.彼女に対する嫉妬や不安の現れ

彼女に対して“嫉妬”や“不安”を抱いていると、無意識のうちに彼女への当たりが強くなります。

彼女が誠実に向き合っているにもかかわらず、ネガティブな感情に支配されて怒りをぶつける男性も。

他人は自分を裏切るもの。過去の恋愛にトラウマがある。人の言動をネガティブに捉えてしまう。

こうした“そもそもの性格や思考”が直らない限り、彼氏の「すぐ怒る癖」が和らぐ見込みは薄いといえます。

 

おすすめ記事
「え?ちょっと他の男性と話すのもダメ?」嫉妬深い男はキレるんです。

独占欲とは?独占欲の強い彼氏・彼女の心理と独占欲を弱くする5つの方法

4.彼女を馬鹿にしている

「すぐ怒る」「すぐキレる」という反応の根本には、相手を下に見ている心理もあります。

ある程度の敬意があれば、「相手の意見を尊重しよう」「自分が間違えることだってある」と思って謙虚さが生まれるはず。

一方的に怒鳴りつけたり威圧的な態度を取るのには、「相手の意見には尊重する価値がない」という前提が眠っているのです

つまり、彼女を馬鹿にしているということ。時には「自分が上」であることを実感するために、マウントを取ることすらあります。

5.自身の人生がうまくいっていない

他人に強いネガティブな感情を向ける人は、自身の人生がうまくいっていない傾向もあります。

自分の人生に幸福や生きがいを見いだせないと、他人の幸せを願えないのです。

自分の中でフラストレーションを処理できないまま、「すぐ怒る」ことでストレスを発散するように。

もっともらしい理由をつけてキレますが、実際には大した理由はなく「自分がイライラしていただけ」といえます

いつ怒るかわからないタイプの人は、“気分の波が原因”という可能性が高いのです。

 

このまま結婚なんて想像できないよ…

そろそろ結婚したい。彼氏とは真剣な交際をしている。

でも、すぐ怒る彼氏とこのまま結婚なんて、想像できないよ…。

すぐ怒る彼氏との結婚は焦らない方が“自分のため”になります。

結婚すれば「怒る」だけでは解決できない問題をたくさん経験するように。

また、前述したように「すぐ怒る」という性格は、DV・モラハラ・家庭内暴力に発展するリスクを持っています

すぐ怒る彼氏と無理に結婚すれば「辛い未来」が待っているだけ。

毎日怒られたり責められると、自己肯定感が低くなって「生きている実感」や「幸福感」を得にくくなることも。

心に癒えない傷を負う可能性があります。

「すぐ怒る」というのは、軽視できない問題なのです。

おすすめ記事
すぐ怒る男が夫になったら…結婚を考えたら、急がないで!

焦って結婚すると後悔する!?女性が結婚を後悔しないための心構え6選

 

すぐ怒る彼氏への対処法

すぐ怒る彼氏と程よい距離感を保ちたい。

今より楽な関わり方を見つけたい。

そう感じる女性に向けて、すぐ怒る彼氏への対処法をご紹介していきます。

すぐ怒る彼氏に対して「謝りすぎる」「機嫌を取りすぎる」「自分を押し殺す」といった反応は危険です。

自己犠牲的なコミュニケーションを取ると、彼氏の言動がエスカレートする原因に。

彼氏に歯止めをかけるためにも、これからご紹介する項目を使って上手に線引きしましょう。

1.別れる明確なルールを明確化する

気分の変動が激しい彼氏に対しては、一貫した態度が重要になります。

「押せばいける」「怒れば解決する」と思われると、彼氏は力業に頼るようになるのです。

そのため、「これをする人とは別れる」「許容範囲はここまで」など、自分の中でルールを明確化しましょう。

また、まだ理性的な会話ができる彼氏なら、揉めた時にルール作りすることも大切。二人で決めたルールがあれば、怒る基準も謝る理由もハッキリしていきます

2.信頼できる友人に相談する

すぐ怒る彼氏と関わり続けことで、ネガティブな価値観が根付きやすくなります。

彼氏から否定されたり責められる回数が多いと、どうしても自分を信じられなくなり、自己否定や自信の無さに繋がるのです。

そのため、信頼できる友人に相談して客観的な意見を取り入れましょう。

できれば「肯定的な言葉を使ってくれる友人」を頼るのがおすすめ。

彼氏の言動で心が傷付いているため、優しい言葉遣いをできる人に話した方が「辛い気持ち」が和らぎます。

3.彼氏の気持ちばかり優先しない

すぐ怒る彼氏は主張が強いため、ついつい彼女側が折れて妥協してしまいがち。

ところが、自己犠牲で成立させた関係性は、心に大きなストレスを伴い続けます。そして、彼氏のすぐ怒る癖が直るきっかけにはなりません

彼氏の気持ちばかり優先せず、自分の気持ちも尊重するようにしましょう。

例えば深夜の急な呼び出しや過度な束縛など、彼女のプライベートを犠牲にするような要求は、どれだけ彼氏を好きでも簡単に受け入れない方がベターです。

4.彼氏の心の声に耳を傾けてみる

彼氏がすぐ怒る根本には“嫉妬”や“不安”が隠れていたり、自分自身の人生がうまくいっていないイライラが眠っていると前述しました。

彼女が全てを解決してあげる必要がありません。ですが、「これは彼の問題」と線引きするために、彼の心の声に耳を傾けてみましょう

愛情表現を増やすことで欲求不満が和らいだり、積極的に褒めることで劣等感が解消されることも。

彼氏の要求どおりに動くより「心理的なアプローチの方が必要だった」というケースもあります。

5.精神的に辛いなら距離を置く

彼氏と誠実に向き合うのは素敵なこと。しかし、自分の限界を超えてまで向き合うのはNGです

精神的に辛いなら一旦彼氏と距離を置きましょう。

威圧的な態度に慣れていると「彼氏から離れるのが怖い」「彼氏に嫌われたら終わり」という感覚になることも。

これは自己肯定感が下がって依存している状態なので、思い切ってまずは離れて心を癒すステップが大切。

不安が強い時は信頼できる友人などを頼ると、少しだけ彼氏から離れやすくなります。

6.恐怖で別れられない場合は第三者を介入する

キレたら何をするかわからない。

ストーカーになったり、逆上されないか怖い。

すぐ怒る彼氏に「恐怖」を抱いて別れられない場合は、無理せず第三者を間に置きましょう。

別れ話をする際は必ず「人がたくさんいるオープンスペース」を選ぶのがポイント。他人の目があると過激な行動にストップをかけられます

また、第三者が介入していると、いざという時に助けを求められてより安全です。

おすすめ記事
「キレるのが怖くて別れられないよ…」そんなとき、読んでみて。

【女性必見】「彼氏と別れたいけど言えない」恋人と上手な別れ方教えます

 

彼氏だけが男性じゃないよ。

正直、すぐ怒る彼氏との交際は辛い。

いつもビクビクして気持ちの休まる暇がない。

でも心のどこかで“見捨てられたくない感覚”もある。

否定的な言葉は自尊心を傷つけて、どんどん心を消耗させていきます。

すぐ怒る彼氏と一緒にいると、「自信の無さ」から縋りつきたくなる心理が生まれやすいのです。

しかし、「すぐ怒る」ことでできた心の傷をスルーするのは良くありません。

怒りにより相手が受けるショックは計り知れず、すぐ怒る彼氏は「共感力」「問題解決力」に欠けているといえます。

すぐ怒る彼氏とはサヨナラしてOK。怒ったりしない器の大きい男性もたくさんいます。

そして、健全な心を持った男性は「相手の幸せ」を喜んでくれるはず。

安心できる男性と出会って、幸せな恋愛を育みましょう。

 

顔色ばかり伺わないで。あなたをちゃんと守って。

彼氏の顔色ばかりうかがう毎日は辛い。

自分を犠牲にしてまで彼氏と付き合う意味って何?

私ってそんなにダメな女?

必死で頑張っても報われないのはもう嫌。

すぐ怒る彼氏より、とことん愛して優しく諭してくれる彼氏がいい

「私さえ我慢すれば…」と思うたびに心にヒビが入る音がした。

我慢したって彼氏との関係は息苦しくなるばかりだった。

行きつく未来に光は見えない。

これからは“私自身を守る”ことを優先しよう。

私の幸せを願ってくれる彼氏のもとで、愛情と思いやりに満ちた恋愛をしよう。

きっと別れようとしたら私のこと否定してくるんだろうな。

でもいいや。何を言われたって私の価値は私が決めればいい

自分が本当に「幸せ」だと思う方向へ歩き出そう。

 

この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

岡 あい
岡 あい
言葉と音楽をこよなく愛するライター。「生きる意味」や「人生とは何なのか」を、今日も考えています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする