2020.06.23

週末婚とは?夫婦別居のメリット&子供はどうする?自由で幸せな夫婦の形

Riri

Riri

二人らしい結婚生活を送ろう。

私達の結婚は、週末婚が理想です。

彼と付き合い始めて、そろそろ一年が経過する。

お互いに仕事を頑張っている私達は、時間がとれる週末だけ会うのがお決まりなんだ。

忙しない平日の緊張感がスッと緩むひとときは、メリハリがあるからこそ実感できる。

このスタイルが私達には合っていて、無理に会わないから長続きしている。

お互い一人暮らしなのにあえて同棲していないのも、それが理由なんだ。

でも、この先結婚したらどうする…?

結婚を考え始めたとき、今の生活が一変することに強い抵抗を感じた。

二人で一緒に暮らして、仕事と家事を両立して、さらに毎日顔を合わせるだなんて。

私も仕事に没頭したいし、二人で過ごす時間は変わらず特別なものであってほしい。

こんな私達には、きっと”週末婚”という自由な形が合っている。

 

週末婚とは?週末婚の意味

週末婚とは、夫婦が別居生活をし、週末だけ二人の時間を楽しむ結婚の形を意味します。

週末はお互いの家に行ったりデートをしたりと、結婚前と変わらぬ新鮮さを保てるのが魅力。

もともとは転勤の多い男性との結婚や、子連れでの結婚を理由に選ばれているスタイルです。

近年では「キャリアを築きたい」と働くことに意欲的な女性が増えており、”週末婚”が夫婦互いに仕事に打ち込むための選択肢としても定着しています。

また、社会的に”働く女性”に対する理解が進み、夫婦共働きが珍しくなくなったことも、週末婚が認識されるようになった理由の一つです。

「週末婚」「事実婚」など、結婚への価値観は多様化しているため、どんな形を選ぶかは夫婦それぞれ。

週末婚とは、“二人にとっての幸せ”を追求できる、現代的な結婚生活だともいえます。

 

カップルが週末婚を選択したい理由

結婚するもしないも自由、さらに結婚のあり方も夫婦次第となった今の時代、「どんな結婚をしたいか」は二人でじっくりと考えてみたいもの。

選択肢の一つとして週末婚を検討するためには、あえて週末婚を選ぶ意味を知っておきたいところです。

一般的な結婚生活ではなく「週末婚」を選択したいカップル達は、それぞれどのような考えを持っているのでしょうか。

カップルが週末婚を選びたい理由から見る、夫婦別居のメリット・週末婚の魅力をご紹介します。

1.結婚しても自分のペースで生活したい

夫婦で共同生活をすると、自ずと相手のペースにも配慮する必要が出てきます。

自由に時間を使いたいし、相手に気を使ったり合わせたりするのは苦手。

今の生活がお互いにとって理想的な場合は、無理に一緒に住む必要性を感じないもの。

結婚しても自分のペースで生活したいという理由から、週末婚が選択肢として挙がるのです。

一人の時間が大事な人や生活のペースを変えたくない人にとって、週末婚とは「自分らしくいられる結婚の形」といえます。

おすすめ記事
「ねぇ、結婚する意味が分からないの。」週末婚という形もあるよ?

女性が結婚したくない理由や心理|自分らしく生きてもいいんじゃない?

2.パートナーの悪い部分を見て失望したくない

同棲せず別々に暮らしているカップルは、パートナーが好きだからこそ「全てが見えない」ことに価値を感じている場合も。

一緒に生活をすると、お互いの生活感や欠点などが必然的に見えてきます。

誰しも「24時間完璧できちんとした人」でいるなんてことは難しいもの。

それを理解した上で、パートナーの悪い部分に失望したくないから”週末婚”を選びたいと考えているのです。

「共同生活よりも甘い時間を大切にしたい」カップルには、週末婚がしっくりきます。

3.いつまでも男女として新鮮さを保ちたい

いつまでもお互いに恋をしていたい。

男女としての新鮮さを保ちたいカップルにとって、毎日顔を合わせない週末婚は魅力的です。

もし夫婦一緒に暮らした場合は、新鮮さが薄れる一方で安心感は増していきます。

気持ちに変化はあれど、どちらも二人にとっての愛の形。

ですが、「恋人としての感覚を失いたくない」「異性として意識し続けたい」思いが優位であれば、夫婦別居生活がメリットとなるのです。

 

4.家庭に入ることに抵抗を感じる

結婚したら夫婦どちらかが家庭に入るもの。

夫婦共働きでも、家事は全て女性がやるもの。

そのような価値観や生活スタイルに抵抗を感じると、週末婚を選びたくなります。

「家庭に入ったら自分の人生に後悔するけれど、好きな人とは結婚したい。」

カップルにとって”家庭を持つこと”の優先順位が低い場合は、週末婚をしてお互いに悔いのない人生を送ることもできるのです。

5.自分のキャリアアップに専念したい

「キャリアアップしたい」と考える人は、男女ともに少なくありません。

夫婦共同生活をしてもキャリアアップは可能ですが、より「専念したい」と思う気持ちが強い場合は、家庭に費やす労力を減らしたくなります。

平日はできる限りの全力を発揮して、休日にゆっくり二人の時間を楽しみたい。

週末婚とは、「相手のことは好きだけれど、そのためにキャリアを犠牲にするのは嫌」というカップルにぴったりの結婚スタイルなのです。

 

離婚率を上げずに幸せな週末婚をする方法

週末婚でも夫婦円満でいられる秘訣ってあるの?

週末婚は夫婦別居となるだけに、気持ちのすれ違いやコミュニケーション不足によって離婚率が上がる特徴もあります。

せっかくお互いにとって理想的な選択をしたのに、些細なことで関係が悪化するのは避けたいところ。

自由な週末婚だからこそ、気持ちが離れていかないように歩み寄ることも大切です。

二人の選択が「幸せな選択」となるよう、週末婚で意識したいことを知っておきましょう。

1.週末はお互いの時間と決める

週末婚をしたら「週末はお互いの時間」と決めることで、すれ違いを防げます。

平日も週末もお互いに自由となると、顔を合わせる頻度が減り「このまま会わなくてもいいかも」「週末婚っていうか完全別居?」と心の距離ができることも。

自立した関係だからこそ、決まりを作らないと「会わなくても平気」と離れてしまいがちです。

平日は自由に過ごす代わりに週末は二人の時間をたっぷり持ち、メリハリを大切にしましょう。

2.平日も適度に連絡を取り合う

お互いの時間を尊重できるのが”週末婚”のメリットとはいえ、平日に全くコミュニケーションが取れないのは寂しいもの。

「気軽に話ができない」「何をしているかわからない」関係性では不安になります。

まとまった二人の時間を作らなくても、適度に連絡は取り合うようにしましょう。

たとえ別居生活でも、夫婦としてお互いに興味を持ち続けることは大切です。

不安要素を取り除き、信頼関係を築くためにも、できる範囲でコミュニケーションを取りましょう。

おすすめ記事
お互い他人だもん。週末婚でもちゃんとコミュニケーション取って理解し合おう?

価値観の違いの意味とは?恋愛のすれ違いを減らして長続きさせる秘訣7選!

3.必要以上に束縛し合わない

週末婚とは、お互いに信用し合うことによって成り立つもの。

ギクシャクせず幸せな別居生活を送るには、必要以上に束縛し合わないことが大切です。

常に監視の目があると、せっかく週末婚をしているのに窮屈な思いをしてしまいます。

適度なコミュニケーションは欠かせませんが、束縛しすぎると「何のために週末婚したの?」「疑われるなら一緒に住んだ方がよかった」と週末婚を解消する原因に。

4.子供の計画をお互い決める

週末婚の離婚率を上げる原因となっているのが、子供についてです。

子供ができると必然的に生活スタイルは大きく変わるので、二人の意見が食い違っていると離婚へと繋がってしまいます。

もし子供ができたらどうやって子育てをするのか。その時は別居から同居に変えるのか。

あるいは、初めから「子供は作らない」と決めるのか。

子供は二人だけの問題ではないので、事前に本音で話し合って計画することが必要です。

 

5.ライフステージの変化も視野に入れておく

一年・二年と時が経つにつれて、ライフステージの変化は起こり得るもの。

転職・退職・妊娠など、生活が変わる可能性も視野に入れておくことで、柔軟な対応ができます。

週末婚とは、必ずしも「一生別居しなければいけない」という決まりはないものなので、必要な場合には同居することも選択肢として持っておきましょう。

お互いの仕事が落ち着いたら同居する・リタイアしたら同居するなど、ライフステージに合わせて自由な選択ができるのも週末婚のメリットです。

 

これは離婚率UP?週末婚のNG行動

お互いのペースを尊重でき、自由で幸せな結婚生活を送れる”週末婚”。

ただし、その自由さにかまけて相手を大切にしない言動を取るのはNGです。

週末婚とは、一人の時間も二人の時間も変わらず「思いやり」を持てるからこそ成り立つもの。

離れているから何をしてもいいわけではなく、自分で自分を律することも必要です。

離婚率がUPしかねない週末婚のNG行動をチェックし、大切なことを忘れないように心がけましょう。

1.必要以上に自分の価値観を押し付ける

週末婚では、必要以上に自分の価値観を押し付けるのはNGです。

もちろん同居婚にも言えることですが、別居婚は離れている時間が長いからこそ、より二人の間に溝ができやすくなります。

平日は絶対に連絡しないでほしい。

一年経ったら別居はやめて、絶対に一緒に住む。

相手との話し合いもなしに価値観を押し付けたり、生活スタイルを決めたりするのはやめましょう。

2.相手の収入に依存しすぎる

別居が前提となる週末婚は、そのぶん生活費もかかります。

家賃・光熱費・食費などを、二人が別々で支払う必要があるためです。

自分には支払う能力がなく相手の収入に依存しすぎると、より多く負担をかけることとなります。

「同居していれば安く済むはずなのに、多く払わせてしまっている」のはNG。

週末婚とは、お互いに経済力があってこそ成り立つ結婚生活の形です。

3.相手が不安になる行動を取る

信頼関係が何よりも大切な週末婚では、相手を不安にさせる行動はNGです。

会っていない間に連絡をスルーする。

内緒で異性と会っていたことが、知人を通して発覚する。

一緒にいないからといって不誠実な行動を取ってしまうと、離婚率が上がる原因になります。

相手が隣にいなくても「されたら嫌だろうな」と思うことはしない。

そして、会っていないからこそ相手を安心させる気遣いが大切です。

 

お互いが大人だからこそ成り立つのが週末婚

二人で「いいかもね」って話していた”週末婚”。

カップルのままの感覚で、お互いの時間を大切にしながら愛し合える。

そんな自由な結婚生活ができたら、私達らしくて幸せだなって思ったんだ。

週末婚がうまくいくためには、お互いが自立していること・お互いが信頼し合えることが大事。

それは二人が大人だからこそ成り立つ、新しい結婚の形。

一人でも生活はできるけれど、パートナーとの愛も育みたい。

心から愛しているけれど、毎日一緒にいることが全てじゃない。

それぞれの足で立ちながらお互いを大切にできる”大人なカップル”が、週末婚を叶えられる。

もし「週末婚をしたい」と思ったなら、まずは二人でじっくりと話し合ってみよう。

おすすめ記事
今の恋愛依存気味?なら週末婚はやめておこう…

【共依存診断】共依存夫婦の特徴と原因は?共依存状態を克服する方法

 

この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

Riri
Riri
人目を気にして生きてきた人生から、自分のために生きる人生にシフト。幸せになれるメンタリティや生き方について発信します。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする