2020.06.23

人生の転機には予兆がある?人生好転の前触れと転機を良い方向に変える方法

私の人生どん底。人生の転機を待っています…


私はいま、人生のどん底にいます…。どうやって這い上がればいいのでしょうか。

こんな暗闇にずっといたくないし、いるわけにもいかない。こんな人生を変えたい。誰か私を引っ張り出して。ここから連れ出してほしい。

どうやって出たらいいのかわからない。方法がわからない。このまま何も起こらないまま人生が過ぎていくなんて怖くて仕方ない。

もっと人生楽しみたいし、幸せになりたいし…。でも何が私にとっての幸せなのかよくわからない。このままじゃ私はだめになってしまう。

人生の転機。私にも来てほしい。来ないと困る。誰か、人生の転機に出会う方法を知りませんか?

 

人生の転機の予兆があるなら見逃したくない!


人生の転機が来たら、もし来たら、絶対に逃したくない。

だってそんなのなかなかやって来ないんだよね?そんな簡単に来るものじゃないんだよね?

どうしたら人生の転機がわかるのかな…。誰かが教えてくれるわけじゃないだろうし、自分の力で気づくしかないのかな…。

でもどうやって見つけたらいいのかな…。今まで人生の転機なんて感じたことがないから、経験したことがないから、教えてほしい。予兆ってやつを。

そしてここから抜け出したい。幸せを掴みたい。自分を変えたい。見逃さずに掴み取る方法を教えて。

 

人生で大きな転機が訪れるタイミング


なかなか人生の転機がやってこない…。早く来てほしい。

現状がなかなか変わらないとき、不安や焦りが襲ってくることがあります。

しかし、人生の転機には、来たるべきタイミングが存在します。タイミングがあるなら、その予兆を知りたい。

どんな時がタイミングなの?予兆を教えてほしい。

ここからは、人生の転機が訪れるタイミングにはどんなものがあるのか、5つご紹介していきます。

1.自分の気持ちが大きく変わる時


1つ目は、自分の気持ちが大きく変わる時です。

したいと思っていたことや好きだったこと、嫌だったことやしなかったこと…。

あなたの目の前に見えている世界に対する感じ方や考え方が変わったとき、それは人生の転機です。

気持ちが変わるとき。それは、どん底に落ちているあなたに一筋の光が差し込んだときです。

そのときのあなたは、落ちに落ちていたときのものとは違うあなたになっています。それが、人生の転機である予兆です。這い上がるチャンスです。

2.周りの影響から変化を余儀なくされる時


2つ目は、周りの影響から変化を余儀なくされる時です。

大きなところでは社会構造の変化、小さなところでは自分のいるコミュニティのルールが変わるなど、自分の欲や意思に関わらず、変わってしまうことがあります。

そんなとき、その変化に伴ってあなたの心情や考え方にも変化が訪れるはず。

半強制的な環境にも人生の転機の予兆が隠れています。

3.周りの変化に成長を決心した時


3つ目は、周りの変化に成長を決心した時です。

あれ?なんだかみんなの様子が違う。最近少し変わったみたい。前と同じなのは私だけなのかな…。

このままじゃついていけなくなっちゃう。置いてかれちゃう。どうしよう…。

そんな風に、あなたの近しい人が、行動範囲を変えたり、付き合う人が変わったりと、新たなステージに進んでいるのを目の当たりにしたとき、あなたの心は新しい気づきと感情を得ます。人生の転機が訪れるタイミングです。

自分一人ではなかなか変われない。そう落ち込む必要はありません。あなたの周りにいる人が人生の転機をもたらしてくれます。

4.学校や職場などの環境が変わる時


4つ目は、学校や職場などの環境が変わる時です。

進学や就職など、大きく環境が変わるとき、それが人生の転機が訪れるタイミングです。

環境を自ら変えることは、勇気が必要です。強い意志も必要です。なかなか踏み出せないこともあると思います。

でも、環境が変わるとき、というのは度々やってきます。生活のリズム、時間の使い方、付き合う人が変わる、自分を取り巻く環境の変化を見逃さないようにしましょう。予兆に気づけるはずです。

5.出会いや別れを経験した時


5つ目は、出会いや別れを経験した時です。

出会い、そして別れをするということは、自分を取り巻く人間関係が変化することを意味します。

今までずっと当たり前に会えていた人に会えなくなったり、会ったこともないような人に出会ったりします。

例えば、今まで自分の支えになっていた人がいなくなったなら、それは精神的に自律するチャンスかも知れません。

また、あなたのチャレンジを支えてくれる人に新しく出会うかも知れません。出会いと別れは、人生の転機が来る予兆なのです。

 

コロナ騒動下で多くの人が人生の転機を迎えている


100年に1度、いや1000年に1度かもしれない。世界中の人が分け隔てなくコロナウイルスの猛威に見舞われています。

経済活動の縮小化、旧来的な働き方の見直し、教育機会の変革、自粛生活…あらゆる社会構造の変化が一気に押し寄せています。

そして、多くの人に人生の転機が訪れています。自分や家族と向き合う時間が増え、改めて自分の生き方について問い直した人が多いのではないでしょうか。

今一度、自分にとっての幸せはなんのなか、どう生きたいのか、このままで良いのか、見つめ直す人生の転機を迎えています。

おすすめ記事
新型コロナウイルス騒動に揺さぶられるメンタル…これを機に強い精神力を手に入れよう。

コロナ下でも精神力を鍛える方法|メンタルをタフにして、少し楽になろう?

 

人生の転機に現れる心の予兆とは?


人生の転機が来てほしい。私にはいつやってきてくれるの…?

人生の転機が来る予兆は、あなたの心情にも表れます。あなたが普段から考えていることや、行動などに、これまでとは違った変化が訪れます。

ここからは、人生の転機に、あなたに現れる心の予兆を9つご紹介していきます。

自分の心をよく見つめ、人生の転機に現れる心の予兆を見逃さないようにしましょう。

1.自分の興味の矛先が変わる

1つ目は、自分の興味の矛先が変わることです。
あなたが普段触れているメディアやいつも目にするものにはどんなものがあるでしょうか?

そんな興味をそそられる先がこれまでと変わることがあります。それが人生の転機に現れる心の予兆です。

興味の先が変わること、それはあなたが新しい世界に心惹かれ、足を踏み入れてみたい、と積極的になっていることを示しています。

2.壁にぶつかることが多くなる


2つ目は、壁にぶつかることが多くなることです。

壁にぶつかるということは、それまで経験したことのないことや自分の能力以上のことにチャレンジしているということを意味しています。

つまりそれは、前向きに、積極的に自分の世界をもっともっと広げていこうと努力している証です。

ここまで来ていれば、人生の転機という扉はもう目の前にあります。そのまま、自分を信じて突き進んでみてください。

3.価値観が一変するような出会いがある


3つ目は、価値観が一変するような出会いがあることです。

人生の転機とは、それまでの価値観・人生観が大きく変わる瞬間でもあります。

そのため、価値観が一変する出会いは人生の転機が訪れる予兆を意味します。

価値観が一変する出会いを自ら求めたいときは、行動範囲をこれまでと変えてみたり、付き合う人を変えてみたりすることで、これまで知らなかった世界を知り、価値観が一変するような出来事に出会いやすくなります。

おすすめ記事
何かが違う出会いをすることがある。ツインレイとの出会いは人生を変えるかも…?

ツインソウルの意味とは?ソウルメイトとの違い&特徴や見分け方を解説

4.過去に関わった人と偶然再会する

4つ目は、過去に関わった人と偶然再会することです。

今はもう会わなくなった幼馴染、学生時代の同級生、恩師などとの偶然の出会い。

これは、様々な苦労や多くの人との出会いを一通り経験してきたときに訪れます。

今の自分と過去の自分が相重なり、様々な感情がフラッシュバックしてきます。

この機会が人生の転機となり、あなたの人生の新たなステージの幕開けとなっていきます。

 

5.睡眠時間が長くなる


5つ目は、睡眠時間が長くなることです。

人生の転機が訪れる予兆と睡眠の長さには、深いつながりがあります。

人生の転機には、それまでの人生で起きたこともないような出来事が立て続けに起こることがあります。

そんな出来事に頭を働かせ、身体を動かし、対応していると、脳にも身体にも疲労が溜まり、相対的に睡眠時間が長くなることがあるのです。

普段からどれだけの睡眠時間をとっているのかをチェックしておけば、人生の転機の予兆に気づくことができるかもしれません。

6.偶然によって幸福が舞い降りる

6つ目は、偶然によって幸福が舞い降りることです。

何かを求めているときに、特別求めていたわけではない別のものに出会い、それが自分の幸せにつながることがあります。

こうした偶然の幸福は、実は日常に転がっているものでもあります。

普段は気づいていないだけで、様々なところにアンテナを張り、目を凝らし、自ら考え、行動をしていくことによって、偶然の幸福に出会う確率を増やすこと。

これが人生の転機につながることになります。

7.過去のことが気になり始める

7つ目は、過去のことが気になり始めることです。

あの頃はすごく楽しかった。なんでもできた。怖いものなんてなかった。あの頃に戻れたらどんなに幸せだろう…と過去を振り返ることが増えます。

もし、今をしっかりと生きていて、今の生活に満足し、未来を見ているのであれば、あまり過去を振り返ることはないでしょう。

過去のことが気になり始めるということは、現状に不満があるのかもしれません。思い通りの幸せではないのかもしれません。

こうした過去の回想は、人生の転機の予兆です。人生における一つの区切りなのかもしれません。また新たな気持ちで未来をつくっていくチャンスです。

おすすめ記事
過去への執着は現在のあなたを表すサインかも…?前向きに今を楽しむ7つのヒント

過去に戻りたい、やり直したいと思う心理|今を存分に楽しむ7のヒント

8.物欲が急に湧く

8つ目は、物欲が急に湧くことです。

小物がほしい…新しい服がほしい…など急激に物欲が湧いてくることがあります。

新しいものや素敵なものがどんどん目に入ってきて、欲しい!と心が動いてしまう衝動は、潜在的に、新しい環境に自分の身を置きたい、過去のものに囚われることなく、新しい自分になりたい、という想いの表れでもあります。

自ら人生の転機をつくりだそうとしているのかもしれません。

この人生の転機は、それまでそんなに物欲がなかった、という人のほうが予兆に気づきやすい傾向にあります。

9.新しい経験や感覚を目の当たりにする


9つ目は、新しい経験や感覚を目の当たりにすることです。

新しいものを見、経験し、感じることが増えます。もうすべてやりきった。もうやることはなにもない。後悔もない。

これまでやってきたことや抱いていた固定観念から卒業し、精神的な次のステージがやってくるタイミングです。

なにかから身体的にも精神的にも卒業すること、というのも人生の転機を示す一つの指標です。

 

人生を好転させるために必要な5つの心構え

人生の転機が来たかも!よし、これをなんとか良い方向にしたい。掴んで逃さず離さず自分のものにしたい。

でも、どうやっていったらいいんだろう。どうしたらこのチャンスを生かせるんだろう。

誰にでもやってくる人生の転機。しかし、そんなに頻繁にやってくるものでもありません。

少ないチャンスなら、失敗せずに人生を良い方向に持っていきたい、誰しもがそう思うはずです。

ここからは、そんな人生の転機がやってきたとき、状況を好転させるために必要な心構えを5つご紹介していきます。

1.努力を怠らない

1つ目は、努力を怠らないことです。

これまでも触れてきたように、人生の転機にはタイミングというものがあります。

そのタイミングは、夕立のように突然やってくる恵みの雨のようなものです。

しかし、その雨をただ浴びているだけでは何も動きません。あなた自身の努力が必要です。

タイミングが来たら、それを逃さずに、そのときにあなたができることを精一杯やってみること。

そして、昨日より今日、今日より明日、のように、ちょっとずつでもいいから努力し続けることです。

そうして、再び自分の力を信じて歩みを進められるようになります。

 

2.自分に関わる人に優しく接する

2つ目は、自分に関わる人に優しく接することです。

人生の転機が好転するかどうかは、あなたの人間関係に依るものがとても大きな部分を占めています。

人生の転機が来たときに、誰がいるのか、誰と出会うのか、いろいろなところで人間関係の変化が起こります。

ここで関わる人たちには、あなたなりの精一杯の優しさで接してください。

人生の転機が訪れたときに関わった人たちの存在は、あなたの人生にとってかけがえのない人、忘れることができない人になっていきます。

3.他人に支えられるだけでなく他人を支える


3つ目は、他人に支えられるだけでなく他人を支えることです。

人生の転機には様々な出来事が一気にやってきます。それまでの人生になかったようなことが次々と。その分身体的にも精神的にも消耗します。

そんなとき、支えてくれる人の存在は何よりも大きいと思います。このとき、あなたもその人を支えてあげましょう。

大切なのはお互い様精神です。支え支えられるという構造は関係をとても密なものにしてくれます。

4.自分の直感や経験を信じる


4つ目は、自分の直感や経験を信じることです。

なんとなくあれしたいな。なんとなくやる気出ないな。この“なんとなく”という感覚を大事にしてみてください。

“なんとなく”はあなたがこれまで生きてきた経験から導き出した直感的な感情です。この心の声に傾聴してみてください。

そして直感に従って行動してみてください。良い出来事に出会ったり、忌み嫌う出来事を回避していたりすることがあります。

直感を信じていくことで、進む方向がよりクリアになっていき、人生の転機を好転させることができるでしょう。

5.何事においても過去の自分より前進する


5つ目は、何事においても過去の自分より前進することです。

人生の転機を好転に持っていくためには、何よりも思考・行動の前進です。何かを掴み取るためには、立ち止まっていてはなにも起こらないままです。

無理をする必要はありません。一気にする必要もありません。一つひとつでいいので、半歩、そしてもう半歩前進することに心を傾けてみましょう。

心の丈に合った歯車で人生の転機を動かしていきましょう。

 

好転か暗転の答えはあなた次第


人生の転機はどこかで必ずあなたの元にやってきます。それに気づき、好転させられるか、それとも、暗転にしてしまうか、それはあなたの心次第です。

人生の転機が来たときには、それまでと違う変化が、外的にも内的にも起こります。

そこで、あなたがどうしたいか、どう生きたいかに真剣に向き合い、直感や感情に素直に従うことができれば、次第に好転に向かっていくはずです。

それに、人生の転機は他人が教えてくれるものではなく、自分自身で気づくものです。自分を大切にする気持ちを持ち続けましょう。

 

人生の転機に最高の再スタートを切ろう!


人生の転機がやってきても、どこか不安な気持ちが存在することがあります。

それは、今までとは違う感情が生まれるからです。見たこともない景色の中で、歩んだことのない道を進んでいくからです。

そんなときに支えになるのが、自分の想いと周りにいる人たちです。

どんな道でも、自分の想いを愛し認め、周りにいる人たちに感謝し、大切にしていけば、人生の転機を良い方向に持っていくことができるはずです。

そう何度もあるわけではない人生の転機に、自分なりの歩き方を見つけましょう。

 

この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

shuhei
shuhei
人生のテーマは「愛」と「自己内省」。傾聴と寄り添いを大切に。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする