2020.05.31

共感性羞恥とは?心理学的な意味と原因|あるある行動から見える◯◯な性格

nihil

nihil

共感性羞恥を感じる人は、優しくて思いやりのある素敵な人やねんで。

共感性羞恥を感じる私って、変ですか?

テレビドラマで、すれ違う恋人同士の心模様が描かれていた。

激しい言い合いやケンカに発展する予感がして、胸がソワソワする。

そのシーンがやってきそうだと感じて、見ていられなくなったんだ。

まるで自分のことのように辛く感じて、思わずチャンネルを変えた。

なぜそんな風に感じるのかうまく説明できなくてモヤモヤする。

このモヤモヤは、マンガを読んでいる時にも感じた。

主人公の大切な人が敵にやられそうになると、ページをめくれなくなる。

だけどあるとき、その感情が「共感性羞恥」というものだと知った。

共感性羞恥は、どうして感じるんだろう。

共感性羞恥の治し方はあるの?

 

共感性羞恥とは?

他人が恥をかいている姿を目の当たりにしたとき、自分も同じように恥ずかしく感じる時はないでしょうか。

心理学の世界では、これを「共感性羞恥」と呼びます。

共感性羞恥とは、人が体験したことがまるで自分の身に起こっていることのように感じること。

他にも他人が悲しんでいたり辛い思いをしていたりしても、共感性羞恥を感じることがあります。

  • 会社の同僚が上司に叱責されていた
  • 兄が親に怒られ泣いていた
  • 友達がイジられて恥をかいていた
  • ドラマで主役が片想いの相手にフラれた
  • マンガの主人公が大きな挫折を味わった

このように共感性羞恥とは、リアルの世界だけではなくドラマやマンガなどフィクションの世界を通じても感じることがあるのです。

 

こんな感覚!共感性羞恥あるある5選

共感性羞恥は、実は多くの人が経験したことがあります。

「共感性羞恥なんて感じたことないよ」という人もいるでしょう。

しかし、無意識に経験していることもあります。

では具体的に共感性羞恥とは、どういった感覚のことをいうのでしょうか。

ここからは、共感性羞恥あるあるを5つご紹介していきます。

「確かにこんな経験したことある…」と感じるものもあるでしょう。

1.テレビ番組で誰かが恥をかいたりする場面が苦手

テレビ番組で誰かが恥をかく場面が苦手、これも共感性羞恥あるあるの一つです。

例えば、以下のようなシーンでチャンネルを変えたくなったという人もいるでしょう。

  • 恋人と喫茶店で口論になり水をかけられるシーン
  • ライバルに貶められて人前で恥をかかされるシーン
  • お笑い芸人が罰ゲームで一発ギャグを披露するシーン

このようにタレントや俳優が恥をかくシーンを観ると、それがたとえフィクションと分かっていても自分が恥ずかしい気持ちになります。

2.お笑いでスベる人を見て辛くなる

普段、私たちの茶の間に笑いを届けてくれるお笑い芸人たち。

彼らは人を笑わせるプロですが、時にスベることもあります。

そんなスベった姿を見て辛くなるのも、共感性羞恥あるあるです。

スベった時のお笑い芸人の羞恥感情に強く共感し、自分が恥ずかしくなります。

「お笑いのプロである芸人がスベる」という場面を自分に置き換えてしまうのです。

お笑い芸人自身がTVなどの中であまり気にしていなくても、共感性羞恥を感じることもあります。

3.知人が見栄を張っている姿に胸が痛くなる

知人が自分の目の前で見栄を張っている姿に遭遇したことはありますか?

共感性羞恥は、そのような場面でも胸が痛くなったり辛い気持ちになったりします。

その知人を深く知っているほど、見栄を張っているかどうかはわかりやすいもの。

そして「あぁ、本当はそんなことないのにな…」と、現実と見栄の差が激しいほど胸も痛みます。

また見栄を張っている時の知人の心境をイメージして、辛い気持ちになってしまうのです。

4.誰かを踏み台にした笑いが耐えられない

他人の失敗談を自分の笑い話として、第三者に披露する人が稀にいます。

自分の失敗談ならともかく、他人の失敗談で取る笑いに耐えられないのも共感性羞恥です。

内容によっては、勝手に他人に話してほしくないものもあるでしょう。

他にも他人をイジって、自分の笑いにしようとする人もいます。

そういった場面で、全く笑えなかったり可哀想な気持ちになったりする人は共感性羞恥を感じやすい人です。

5.同僚が叱責されている姿を見ていられない

仕事中に同僚が上司に呼び出されるという場面に、出くわすことがあります。

あえて他の社員がいる目の前で、叱責する上司も中にはいるでしょう。

このように同僚が叱責されている姿を見ていられないと感じたら、それは共感性羞恥です。

まるで自分が怒られているかのような気持ちになります。

また、他の社員への見せしめにされているかのような、恥ずかしさも感じてしまうのです。

 

共感性羞恥に原因はあるの?

共感性羞恥とは、他人の失敗を見て自分が失敗したかのように感じることです。

こういった心理が働くことには、どういった原因があるのでしょうか。

共感性羞恥は、以下のような人に多くみられる心理現象です。

  • 恥ずかしがり屋の性格の人
  • 他人への優しさがある人
  • 感受性が豊かな人
  • 思いやりがあり優しい人

こういったことが、共感性羞恥を感じる原因になります。

とはいえ共感性羞恥は、決して悪いことではありません。

上記であげたように、優しさや思いやりが共感性羞恥のきっかけになります。

その優しさや思いやりは、あなたの素晴らしい部分です。

人を思う心があるからこそ生じる感情なので、前向きに捉えて問題ありません。

 

共感性羞恥を感じる人に知ってほしい4つのこと

「どうして自分のことじゃないのに自分のことのように感じてしまうんだろう……。」

そう思って、共感性羞恥の治し方を知りたいと考える人もいるでしょう。

しかし共感性羞恥を無理やり治す必要はありません。

なぜなら共感性羞恥を感じる人は、他人の痛みや悲しみを理解できるから。

共感性羞恥を感じるからこそのいい部分があるのです。

そこで共感性羞恥を感じる人に知ってほしい4つのことをご紹介します。

1.共感性羞恥がある人は他人を思いやる優しさがある

共感性羞恥がある人は、他人を思いやる優しさを持っています。

他人を思いやれるのは、相手の立場で考えられるということ。

そして相手が今どういう感情を頂いているのかを感じ取りやすいということでもあります。

相手の気持ちが痛いほどわかるため、自分のことのように感じられるのです。

「他人を思いやる」は、誰にでもできることではありません。

あなたのその優しさを大切にしてください。

おすすめ記事
本当に優しい人の特徴とは?心理テストであなたの「優しい人度」をチェック!

本当に優しい人の特徴は?優しい人診断で自分の性格を見極めて!

2.人の些細な変化や気持ちに気付ける能力の持ち主

共感性羞恥を感じる人は、他人の些細な変化や気持ちに気づける能力の持ち主でもあります。

例えば何となく友達に元気がなかったり浮かない表情をしていたりしたら、あなたはいろんな思いを巡らせるでしょう。

  • 何か嫌なことでもあったのかな
  • 恋人とケンカしたのかな
  • 身内に何かあったのかな
  • 体調が悪いのかな

人によっては、放っておけず声をかけることもあります。

そしてその声が誰かを救うことにも繋がるのです。

3.共感性羞恥を感じる場面は避けてOK

共感性羞恥には、必ずしも向き合う必要はありません。

目を背けたくなるほどの共感性羞恥を感じる場面は、避けてもいいのです。

テレビを観ていて、恥をかきそうなシーンがきそうならチャンネルを変えましょう。

マンガを読んでいて、主人公に辛いことが起こりそうならページを飛ばしてもいいのです。

上述のように共感性羞恥を感じる人には、他人を思う優しさがあります。

その優しさを大切にして、共感性羞恥と付き合っていきましょう。

4.共感性羞恥は治す必要がない

共感性羞恥を感じたときは、辛い気持ちになることもあります。

しかし共感性羞恥を治す必要はありません。

ここで共感性羞恥を感じる人のいいところをあげてみましょう。

  • 他人を思いやる優しさがある
  • 人の気持ちに気付ける
  • 感受性が豊か
  • 人の思いに共感できる
  • 物事の良し悪しを判断できる

こんなにも素敵な部分があるからこそ、共感性羞恥を感じるのです。

そう考えると治す必要は、どこにもないと思いませんか?

おすすめ記事
あなたが短所と思っていることは誰かにとって長所かもしれない…そんなことがある。

短所を長所に変えたい!自分の弱みを理解して強みに変える7つの習慣

 

この感情に名前があって安堵した…

今までテレビを観ていて悲しい場面があった時、自分のことのように感じた経験がある人もいるでしょう。

また辛くなったりいたたまれなくなったりするのは、おかしいことなのかもしれないと感じる人もいます。

「これって私だけなのかな…。」

「こう感じるのっておかしいのかな…。」

よくわからない感情にモヤモヤしてしまうでしょう。

しかしその感情には、「共感性羞恥」という名前があります。

そしてあなた以外にも、同じように共感性羞恥を感じる人はたくさんいるのです。

共感性羞恥を感じるのは、あなたが思いやりや優しさを持っている証拠。

だから心配になったり不安になったりしなくても大丈夫です。

 

人への優しい感情が共感性羞恥。誇りをもって生きて!

テレビやマンガなどフィクションの世界で起こった辛い出来事が、まるで自分に起こったかのように感じる。

「関係ないじゃん」と言われても、心が過敏に反応してしまう。

「理解できない」と言われて、人と違うことに不安になる。

だけどこの感情には、ちゃんと共感性羞恥という名前があった。

そして人への思いやりや優しい感情が共感性羞恥なんだ。

人の痛みや悲しみをわかってあげられるのは、とても素敵なことだから。

だから共感性羞恥を感じても、悪いことのように捉えなくていい。

自分のことのように他人を思いやれる自分を誇りに思おう。

その思いやりや優しさ、豊かな感受性が人を救うことだってあるよ。

おすすめ記事
幸せとは自分を愛せること。自己愛がある人から学ぶ、自分を好きになる5つの方法

【自分を好きになる方法】自分が好きな人から学ぶ、幸せになるコツ!

 

この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

nihil
nihil
服と音楽が大好きなフリーライター。田舎育ちのシティボーイ。偏見も否定もない穏やかな世界で生きていたい。万人よりもあなたに届く文章を。ニーチェと同じ誕生日。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする