2020.05.31

「人間不信でも恋愛できますか?」他人を信じられない心理と前に進む方法

小春

小春

人間不信だからと恋愛を諦めてしまうのは、もったいないことです。前に進む方法を探っていきましょう。

人間不信です。でもいつか恋愛してみたい。

心にトラウマを抱えていると、人との深い付き合いに足が踏み出しづらいもの。

「私は人間不信だから、恋愛なんてできるわけない…」

恋が始まる前から諦めてしまう人も、少なくありません。

人間不信とは、人を信じられない心理を意味します。

他人に裏切られるのが怖いと感じると、自分の心を守ることで精一杯になりがち。

「人間不信な一面を抱えていても、本当は恋愛したい」

そう願う人は、恋愛中に人間不信になる原因や人間不信を克服する方法について理解を深めてみましょう。

おすすめ記事
「女性不信かもしれません。」トラウマは急がなくて大丈夫。

女性不信かもしれない。トラウマは恋愛のせい?心理状態で診断チェック!

 

恋愛で他人を信じられない心理・原因

恋愛で他人を信じられなくなるのは、人によって心理も原因も様々。

心に深い傷を負ってしまうと、人間不信から立ち直ることに長い年月がかかることもあるでしょう。

恋愛だけではなく、人間不信となる原因は自分自身が育った家庭環境によるものもあります。

自分の心が抱える原因や、他者から影響を与えられたことが原因になることも。

自分が恋愛で他人を信じられなくなった原因を、少しずつ紐解いてみましょう。

1.過去の恋愛経験によるトラウマ

好きだった人から恋愛中に心無い言葉を投げられた経験は、心にトラウマを植え付けてしまいます。

「こんな辛い思いをするのなら、もう二度と恋愛なんてしない」

辛い恋愛経験は、人間不信になり心を固く閉ざしてしまうきっかけにもなりかねません。

言葉だけではなくDVなど身体的なものに及べば、人間不信の原因となるトラウマになる確率もかなり高くなります。

トラウマの傷が深い人は、人間不信となり恋愛から背を背けてしまう人が多いことが特徴です。

2.自分に自信が持てない

人には話せないコンプレックスや気になる体の悩み。

「例え深い関係になったとしても、相手に自分の身体は絶対に見せられない」

「人間不信のままじゃ、誰も好きになってくれるわけがない」

自分に自信が持てないと、恋愛に足を一歩踏み込む前に心に蓋をしてしまいます。

そうすると、自分に好意を寄せてくれている相手がいても、わざと離れる素振りを見せてしまうことも。

おすすめ記事
「自分に自信がない。」まずは原因を知ってみよう。自信がない自分を卒業する方法。

自信がない。自分に自信が持てない人へ。原因と心理を知って克服する方法

3.裏切られた後の自分を想像したくない

恋愛は付き合い続けるか別れるか、どちらかの道を辿ることになります。

「ずっと一緒にいよう。いつの日か、結婚したいね」と恋愛中に話しても、それが淡い夢物語となることも。

最悪の場合には、相手が浮気をして人間不信になってしまうケースもあります。

大好きな相手から裏切られたら、二度と立ち直れないと感じることもあるでしょう。

恋愛で裏切られることに恐怖を感じ、人間不信となり自分の心に蓋をしてしまう人もいます。

4.常にパートナーを疑って恋愛に疲れてしまう

相手がスマホを手放して席を立てば、目を盗んで相手のスマホをチェックしてしまう。

「今週末は友達と遊ぶって話していたけど、本当は浮気相手と会うつもり?」

恋愛中に疑い始めてしまうと、パートナーの行動全てを疑問に感じるようになります。

人間不信になった結果、パートナーの一挙手一投足を監視するようになってしまうことも。

その結果、恋愛中に自分の心も相手の心も疲弊させてしまうこともあるでしょう。

 

5.異性特有の距離の詰め方に心を閉ざしてしまう

相手とゆっくり時間をかけて距離を縮めていきたいと思っても、相手はそうではないケースもあります。

「明日は休みなの?それなら今夜はうちに泊まっていきなよ」

恋愛でいきなり距離を詰められてしまうと、人間不信の場合には思わず拒否してしまうことも少なくありません。

付き合ったばかりのときには、相手の気持ちが急いてしまうこともあるでしょう。

その結果、お互いの足並みが揃わなくなり、人間不信となり心の距離をとってしまうことも。

 

どうすればこの臆病な心から抜け出せる?

街を歩けば楽しそうなカップルだらけのときには、なぜ自分だけ不幸せなのかと落ち込むことも。

恋愛に対して臆病になる心は、自分が努力をしなければ臆病なまま変わることはありません。

恋愛で臆病な心から抜け出すためには、相手よりもまずは自分自身と向き合うことが大切。

臆病な原因を探り、人間不信になった背景や考え方を見つめ直すようにしてみましょう。

自分を知ることは、相手を深く知ることにも繋がるもの。

臆病な自分を否定することなく、まずは認めて受け入れることから始めてみましょう。

 

恋愛で人を信じられない気持ちを克服する方法

ゆっくりと時間をかけることで、人間不信を克服することはできます。

小さなきっかけやふとした出会いで、恋愛で人を信じられるようになることも。

自分の心の中の小さなスイッチを押すことで、急に目の前が開けたように感じることもあるでしょう。

ここでは、恋愛で人を信じられない気持ちを克服する6つのポイントを紹介。

人間不信を克服する方法が理解できたら、自分ができるもの方法から少しずつ試してみましょう。

1.何も残らない恋愛は存在しないと考える

相手が裏切ったとしても、時として幸福感を感じることもあるもの。

それは、相手を広義の意味で許していることを意味し、恋愛にとっても大きな意味をもたらします。

「自分が思っているのだから、相手も思って当たり前」

恋愛においてギブアンドテイクばかり求めては、お互いの心を縛り付けてしまいかねません。

相手が裏切ったとしても、恋愛は自分自身を大きく成長させてくれるものと捉えましょう。

2.疑いや失望はきちんと相手に伝える

相手への正直な思いや言葉を飲み込めば、自分の心に負荷をかけ続けることになります。

心のダムが決壊し人間不信になってしまう前に、疑いや失望は相手に伝えるようにしましょう。

少しずつ相手に伝えるよう努めることで、心に負担をかけずに相手と向き合えるようになることも。

相手に自分の気持ちを伝えるのは勇気が必要な行動であり、人間不信を回避することにも繋がります。

さらに、相手から自分への要望などを言葉で言われたときには、それを受け止めるための心の余裕も必要。

3.自分の許せる距離感を保って異性と関わる

人には、それぞれの人にとって許容できるパーソナルスペースがあります。

恋愛が苦手な人は、自分のパーソナルスペースに踏み込まれると強く拒否してしまうことも。

人間不信である場合には自分が許せると感じる距離感を保ちながら、異性と会話することから始めてみましょう。

反対に、恋愛では相手のパーソナルスペースを尊重することも大切なポイント。

自分のパーソナルスペースを理解して歩幅を合わせてくれる相手なら、恋愛関係も長続きしやすいものです。

4.自分が無理だと感じることはNOと伝える

恋愛において、長続きさせるコツは心に無理をさせないことです。

「相手が喜ぶから、我慢しなきゃ」と考え始めると、嫌なことを拒否しづらくなることも。

恋愛関係になると、言葉だけではなく体の関係でも深い繋がりを求められることもあるでしょう。

自分の中でどこまでを許容できるかを線引きしておくことで、人間不信にならず恋愛を楽しめるようになります。

大切に思う相手だからこそ、恋愛のなかで自分が無理なことはきちんと伝えるようにしましょう。

 

5.相手に合わせすぎない

デートをする場所や食事、その日に見る映画や旅行の行き先。

相手に嫌われたくないからと、全て相手の意見に合わせてしまう人も少なくありません。

しかし、相手は全く意見をされないことに対し、恋愛中に物足りなさを感じることも。

自分自身でも情報収集などをして、自分の意見ややりたいことを明確にしておきましょう。

自分の考えを明確に持つ芯のある女性は、異性の目からも魅力的に映るものです。

6.人間不信であることを相手に隠さない

相手のことをどれだけ深く思っても、人間不信を払しょくできないこともあります。

相手が自分のことを大切に思ってくれているのなら、人間不信を打ち明けてみるのも1つの方法。

人間不信になったきっかけや辛い想いを、そのまま伝えてみましょう。

相手が自分の全てを受け止めたいと考えるのなら、人間不信を打ち明けることで一層仲が深まることも。

心から悩んでいることは、大切な人と分かち合うことで心の重荷が軽くなるでしょう。

 

少し変わるだけで、恋愛でも少し前を向ける。

人間不信だった自分を見つめて認めることで、恋愛でも前向きになれることも。

人間不信だったとしても、心のベクトルが恋愛に向くことは大きな一歩です。

前進している自分を褒めながら、大切な相手に気持ちを伝えていく練習をしてみましょう。

いつまでも動けずに待っていても、物事が良い方向へ動くことはとても稀なケース。

自分が勇気を出すことは、相手を大切に思う気持ちにも結び付くもの。

精一杯の勇気を振り絞って、相手にぶつかることで相手の心の扉も開きやすくなるでしょう。

 

自分の気持ちを大切に。急がず、ゆっくりで大丈夫。

人間不信の悩みを抱えているときには、無理に焦ってしまう必要はありません。

「やっぱり、これ以上は相手に踏み込めない」と思ったら、自分の心を守れるのも自分自身。

自分の心に向き合い、ケアをしながらゆっくり1歩ずつ前へ踏み出すようにしましょう。

そんな自分を見守り、少し離れたところから見守ってくれる人がいるのなら大切にしたいもの。

辛い想いを抱えて悩んでも、恋愛で前を向こうとする姿は周囲からは魅力的に映ることも。

人間不信が克服できるように、自分のペースを守りながら足を一歩前へ踏み出してみましょう。

 

この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

小春
小春
精神科ナースとして働いた経験があり、メンタルヘルス系の記事を多く執筆しております。読む人の心がほっとほどけるような記事を執筆していきたいです。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする