2020.05.30

【男女向け】生涯未婚率とは?婚活する?独身のまま?迷ったら考えたいこと

SATOSHI

SATOSHI

人生の選択は難しいもの。そんな時こそ焦らずに落ち着いて。

私はこのまま一生結婚しないのかな…

友達の結婚式に出席した。

感動のスピーチやムービーに何度涙を流したことだろう。

そんな素敵な結婚式の帰り道で、ふと自分の将来について考えてみた。

周りの友達はどんどん結婚していく中、恋人すらいない。

というよりも仕事が好きで、恋愛よりも働いている方が楽しいと感じる。

このまま結婚せずに一生独身生活を送ることになるのだろうか?

たしか、日本の生涯未婚率は高くなりつつあるって聞いたことがある。

生涯未婚率が高いからといって結婚しなくていい理由にはならない。

生涯未婚率とは、自分の将来の参考にしていいものなのだろうか?

 

生涯未婚率とは?

生涯未婚率とは、50歳を迎えた時点で「一度も結婚を経験したことがない人」の割合を意味する言葉です。

日本では、晩婚化や生涯未婚率が増加傾向にあり、少子化の原因の一つであるといわれています。

生涯未婚率は男女ともに年々高くなっており、今後も高くなると予想されているほど。

女性の生涯未婚率の上昇は、昔に比べて女性が働きやすい社会になったことも理由として挙げられるでしょう。

経済的な余裕が生まれたことにより、結婚に対する考え方が大きく変わったといえます。

結婚しないことで、自分のためにお金を使うことができるようになったり、仕事に専念できるというメリットが生まれるのです。

このように、結婚しなくても一人で生きていける時代になればなるほど、生涯未婚率は徐々に高くなっていくでしょう。

 

生涯未婚率を引き上げる4つの原因

年々上昇している日本人の生涯未婚率。

時代の変化と同じくして、結婚に対する考え方は大きく変わるものです。

では、具体的にどのような原因から生涯未婚率は高くなるのでしょうか?

生涯未婚率上昇の原因は男女で完全に異なるわけではありません。

比率が違うとはいえ、生涯未婚率を引き上げる原因は、男女ともに共通しているものも存在するのです。

ここからは、生涯未婚率を引き上げる4つの原因を紹介します。

1.女性側が持つ価値観の変化

生涯未婚率を引き上げる1つ目の原因は、女性側が持つ価値観の変化にあります。

一昔前であれば、「女性は結婚するのが当たり前。」というような風潮がありました。

しかし最近では、「結婚が全てではない。」という考えを持つ女性が多くなっているのです。

社会的地位の高い女性が多くなったり、仕事に対する価値観が変化することも、生涯未婚率が高くなる大きな要因といえるでしょう。

「男性に頼らなくても自分が仕事をして生きていける。」という考えから、生涯未婚率は引き上げられているのです。

おすすめ記事
結婚したくない女性急増中!?結婚したくない女性が最高の人生を歩むコツとは?

女性が結婚したくない理由や心理|自分らしく生きてもいいんじゃない?

2.趣味・嗜好の多様化

生涯未婚率を引き上げる原因の2つ目は、趣味・嗜好が多様化したことです。

SNSやネットを通じて自分を発信する機会が増えたことで、人生のゴールが結婚である必要はないと考える人が多くなったといえます。

趣味・嗜好を十分に楽しむことができれば、結婚することよりも幸せだと感じるようになるでしょう。

自分の趣味を見つけやすく、行動しやすい時代だからこそ生涯未婚率が引き上げられているといえるのです。

3.結婚に対する考え方の変化

生涯未婚率を引き上げる3つ目の原因は、結婚に対する考え方の変化です。

結婚以外の選択肢が出てくることによって、これまでとは異なる考え方を持つようになります。

これは、世の中において自分の存在価値を見いだしやすくなったことが生涯未婚率を引き上げている大きな原因といえるでしょう。

結婚することが幸せに繋がるのではなく、自分らしく生きることが幸せに直結すると考える人が多くなっているのが現代。

結婚に対する焦りが無くなったことが生涯未婚率を引き上げている原因といえます。

4.男女関係の多様化

生涯未婚率を引き上げる4つ目の原因は、男女関係の多様化です。

現代社会においては、好きになる対象が異性である必要はないという考えが受け入れられつつあります。

そして、必ずしも好きな人とずっと一緒にいる必要もないという考えも広がっているといえるでしょう。

同性を好きになる人や、「恋愛に発展しなくても必要な時に一緒にいるだけでいい。」という人が多くなっているのです。

結婚しなくても互いに満たされる状況が作りやすくなったことで、生涯未婚率は引き上げられるといえます。

 

結婚しなくても全く困らない時代だからこそ…

働き方の変化や女性の社会進出によって、結婚しなくても困らない時代になり、生涯未婚率が高くなっているといえるでしょう。

しかし、自由になればなるほど、そのことに悩む人が多くなってしまうのも事実。

生涯未婚率が上がるほど、将来に対して不安を抱きやすくなります。

結婚するのか独身のままでいるのかを決断することは簡単ではありません。

結婚しなくても全く困らない時代だからこそ、自分の将来と真剣に向き合っていく必要があるのです。

結婚観に正解はありません。

そして生涯未婚率とは、世の中の動きをあらわす一つの指標なので、「自分がどうしたいか。」が大切なのです。

 

おすすめ記事
結局のところ「結婚」ってどう?結婚が愛の形であることを分からせる名言集

結婚とは何?夫婦とは?結婚の必要性について核心を突く名言・格言集

 

婚活する?独身でいる?迷ったら考えたい5つのこと

男女関係なく、年齢を重ねるごとに結婚について考えるようになりやすいものです。

婚活をするべきか、独身のままでいるべきか、どちらが自分にとって幸せなのか悩む人は多いでしょう。

悩めば悩むほど、正解がわからずに気持ちが落ち込んでしまうことも。

もしも結論を出せずに迷ってしまったら、考えてほしいことがあります。

自分一人の考え方だけでは、なかなか答えを見つけられません。

ここからは、迷ったら考えたい5つのことを紹介します。

1.周囲の意見や環境に自分を無理して合わせない

人間は周りに流されやすいという特徴があります。

無理をしてまで、周囲の意見や環境に自分を合わせないように心がけましょう。

周囲の考え方があなたに合っているとは限りません。

結婚観は人によって異なります。

あなたが一番幸せになれると感じる決断をすればいいのです。

無理して周囲の意見に合わせようとしても、あなたの幸せはなかなか見つからないでしょう。

これまで自分の考えを出さないように抑え込んでいた人は、一度解放してあげることも大切。

2.どちらかの選択に意地にならず柔軟でいる

結婚か独身か迷う原因として、どちらかの選択に意地になっていることが挙げられます。

将来の選択は簡単なことではないので、時には考えを変えてみることも大切です。

自分が一度決断したからといって、凝り固まる必要はありません。

時間が経つにつれて考え方は変化するもの。

あまり意地になり過ぎずに、柔軟でいる方が良いでしょう。

周囲の目を気にするのではなく、あなたの望む選択をすればいいのです。

3.素直になれる相手と出会ったらためらわない

素直になれる相手と出会った時は、ためらわないようにしましょう。

素直になれる相手と出会える機会は、決して多いものではありません。

たとえ結婚しないと決めた場合であっても固執し過ぎないようにしてください。

考えすぎて迷ってしまうより、感覚を大切にする方がいいことも。

結婚は好きな人と長い間ずっと一緒にいるものだからこそ、素直になれる相手どうかは大事なポイントといえるでしょう。

4.捨てきれない夢があるなら全力で追いかける

どうしても捨てきれない夢があるなら全力で追いかけることも一つ。

本当にやりたいことを我慢して結婚を選んでも、後から後悔してしまう可能性は高いでしょう。

後悔するくらいであれば、諦めがつくまではとことん夢を追いかけてみてください。

一番良くないのは、どちらも中途半端にしてしまうこと。

迷ったら、自分が一番したいことが何なのかを改めて考えてみてください。

やりたいことを再確認できれば、自然と決断できるようになるでしょう。

5.どちらの選択にしても人生に誇りを持つ

選択に迷うことは誰にでもあることなので、落ち込む必要はないでしょう。

大切なことは、選択をした後にどうするかです。

どちらの選択をしたとしても自分の人生に誇りを持ってください。

正解がないのでどちらを選んでも問題はありませんが、誰かが褒めてくれるものでもありません。

自分が選んだ選択に、あなた自身が誇りを持ってあげましょう。

自分で決断した道であれば、とにかく信じて進めば問題ありません。

おすすめ記事
みんなが結婚に踏み切った”決め手”は?妥協していいポイントは○○!

「結婚相手の決め手は何?」既婚者に聞く条件・妥協してOKな所ランキング

 

 

人生一度きり。後悔しない選択はあなた次第

生涯未婚率が高くなっているとはいえ、結婚する人がいないわけではありません。

周りの友人や同僚が結婚したことで式に招待されることもあるでしょう。

年齢を重ねて、結婚について意識する機会が増えれば、不安や迷いは大きくなってしまうものです。

だからといって考え過ぎると、精神的にどんどん辛くなってしまうことに。

そんな時は、人生は一度きりだということを思い出すようにしてみてください。

後悔するかどうかは、選択してみないとわかりません。

そして、後悔しない選択はあなた次第です。

誇りを持った生き方をすれば、後悔することはないでしょう。

婚活をすることも、独身でいることも、どちらもあなたの捉え方次第で輝かせることができます。

すぐには決断できないかもしれませんが、自分が選んだ選択に自信を持つことが大切なのです。

 

周囲の意見は参考程度。自分の人生を幸せに生きて!

周りの意見を参考にすることも大切ですが、何もかも聞き入れる必要はありません。

人によって結婚に対する考え方は異なります。

たとえ周りの人に否定的なことを言われたとしても、あまり気にしなくて大丈夫。

これまでのあなたの人生を一番知っているのは、実際に経験してきたあなた自身です。

そしてこれからの人生においても、それは変わりません。

真剣に悩んだ末に選んだあなたの選択なら、きっと輝いたものになります。

生涯未婚率を参考にし過ぎたり、周りの人があなたに思うがままの人生を歩むのは、退屈でつまらない。

自分の選んだ選択に誇りを持って、自分の人生を幸せに生きてみてください。

 

この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

SATOSHI
SATOSHI
「話す」よりも「書く」/ラーメンとお酒と欲で構成されている表現者。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする