2020.05.27

天才肌の意味とは?人を惹きつける特徴と天才肌に近づくための習慣

岡 あい

岡 あい

キラキラ輝いて見える「天才肌」は努力の天才なのかも。

あの人みたいな天才肌に憧れる…

何をするにも不器用で、どかしい人生を歩んできた。

あの人みたいな天才肌に心底憧れる。

私の抱いている理想に、あの天才肌な人は限りなく近いんだ。

私も天才肌になりたい。自分の願望や希望を現実に変えたい。

天才肌になるには何をすればいいの?

天才肌って具体的にどんな意味?

「天才肌」という言葉からは、“才能”や“生まれつきの個性”といった印象を受ける

この世界は平等ではない。生まれつきスタート地点が違って、運の良さで勝ち抜いていくことができる。

天才肌は成功する人の代表例。

無力感や劣等感が刺激されるから、羨ましくてたまらない。

同時に「変わりたい」「負けてたまるか」という気持ちもある。

もっと自分に自信を持てるように、天才肌になるための方法を知りたい。

 

おすすめ記事
どんな世界にも必ずいる天才という存在|天才になりたいなら○○あるのみ!

天才になりたい?天才の特徴と理解されない孤独…あなたは耐えられる?

 

天才肌の意味とは?

“天才肌”とは、周囲に「この人って天才?」「この人は断トツに違う」と思わせるような、優れた能力やカリスマ性を意味します

誰も思いつかない素晴らしい案を思いついたり、集団をプラスな方向へと導いたり、大きな問題をポジティブにサクサクと解決したり…。

天才肌な人は無理している様子がなく、持ち前の能力で道を切り開いていきます。

天才肌と呼ばれる人には「問題解決能力」「コミュニケーション能力」「前向きな言動」の3つが備わっていることが多く、プラスな変化を起こすキーパーソンになるのです。

そして天才肌な人自身は、無理に「良く思われよう」「目立とう」とは思っていません。

“余裕”や“謙虚な姿勢”が、より一層天才肌の魅力を際立てているのです。

 

人は「天才肌」のどんな特徴に惹かれるの?

天才肌な人は周囲から「憧れ」「尊敬」といった感情を向けられる傾向があります。

天才肌な人を見ると、なぜこんなに憧れるのだろう?

天才肌かどうか知る診断項目ってある?

天才肌のどんな振る舞いが周囲の気持ちをさらっていくのか。まずは「天才肌」の意味を深めるために、天才肌に共通する特徴をご紹介。

天才肌とは「能力のある人」という意味だけでなく「周囲に好印象を与えつつ能力を発揮する人」という意味もあります。

天才肌に対してぼんやりと抱く“憧れ”を、明確な形にしていきましょう。

1.自分に自信があり堂々とした姿

天才肌な人は様々な経験や知識に基づいて、自分の意思で行動しています。

天才肌は周囲から見ると「自信がある」「堂々としている」などのカリスマ性に映るのです。

実際のところ、天才肌な人は経験則や理論的な思考から、慎重に考えを導き出していることがほとんど。

ところが、天才肌の「肌」は「肌で感じる」という言葉が語源。

直感的な理解を意味していて、天才肌な人は周囲から「自分の直感に自信がある」と思われやすいのです。

2.何でも自分で解決できる実力

天才肌な人は比較的「愚痴」や「投げやりな態度」を見せません。

問題が起きても天才肌な人は自力で解決して、周囲の悩みに寄り添う余力すらあります。

このことから、“天才肌”は「何でも解決できる秀才」「問題解決能力が高い」という意味で捉えられる傾向に

解決できない問題に悩む人ほど、天才肌な人を見て「いいな」「羨ましいな」という気持ちが膨らみます。

時には天才肌への羨ましさが嫉妬に発展してしまうことも

天才肌な人は良くも悪くも注目を浴びやすいのです。

3.生まれ持った能力

天才肌な人の持つ能力は「生まれつき」と思われることが多いといえます。

しかし実際には、様々な経験・努力・失敗が積み重なって身に付いた能力。

天才肌な人は「過程」の部分をアピールしないため、「あの人は生まれつき違うんだ」と思われやすいのです。

また、天才肌な人は自分の長所を活かした生き方をする傾向もあります。

天才肌が輝くのは、そもそも自分らしく振る舞える環境を選んでいるからでもあるのです。

4.能力をひけらかす事をしない

天才肌と思われる人の多くは謙虚です。自分の能力をしっかり発揮しつつも、自己顕示や承認欲求のためにひからかすことはしません

プラスなモチベーションで動いて、他人のために行動できる。

だからこそ、周囲から「敬意」や「称賛」を受けやすくなるのです。

「自慢したい」「よく見せたい」「認められたい」という欲求にも意味があるため、むやみに否定する必要はありません。

ですが、“天才肌”な性質とは相反する欲求といえます

 

5.他人に媚びない孤高さ

天才肌な人は「他人に媚びる」「顔色をうかがう」などの行動がほとんど見られません。

他人からの評価で自分の価値を判断していないのです。

天才肌な人は自分の長所も短所も知っていて、自分で自分を肯定する力も、反省する力も持っています

他人へオープンな態度を取りつつも、上手に線引きができているから振り回されない。

これが“天才肌”が持つ「媚びない」「孤高」などの意味合いに繋がります。

おすすめ記事
「憧れる人はみんな人格者だった。」人格者に近づきたいならこの習慣を始めよう!

人格者になるには?人格者とは|人格者の特徴&人格者に近づく5つの習慣

 

「天才肌」に今からでもなれる…?

“天才肌”の意味を紐解くと、「生まれつき違う」「あの人は特別」と感じることも。

ですが、天才肌な人は意外と裏で努力していたり、苦労人だったり、積み重ねた経験で差が開いているケースが少なくありません

そのため、後から努力で「天才肌」に近づくことは可能です。

ただし、人によって得手不得手は違うため、憧れている天才肌の人と同じ人柄になることはできません。

「自分らしい天才肌の意味」を見つけ出し、自己成長を促す取り組みを重ねることで、着実に変わっていきます

天才肌と呼ばれる人は、どんな習慣を実践しているのか?

天才肌と呼ばれる人は、どのような考え方をしているのか?

こうした「天才肌」を作り出す要素を一つ一つ取り入れることで、新しい発見や成長が促されます。

 

あなたが天才肌になるためにできる6つの習慣

天才肌の意味を知れば知るほど憧れる。できれば私も天才肌になってみたい。

そう感じる人に向けて、ここからは「天才肌になるためにできる6つの習慣」をご紹介していきます。

どの習慣も自己成長を促すため、「天才肌になる」だけでなく「より自分らしく生きる」「毎日を充実させる」といった意味も生まれるはず。

変化していく自分をたくさん褒めて、「楽しい」「嬉しい」という気持ちを大切に行動してみましょう。

1.努力を怠らない

天才肌な人の能力が圧倒的に高いのは、その背景に並々ならぬ努力があるから。

「困ったな」「めんどくさいな」と思った時は、「でも頑張ってみよう」「乗り越えたらきっと達成感があるはず」と、努力する思考へとシフトしましょう。

この時、真面目なタイプの人は“無理に頑張りすぎる”傾向もあるため、無理は禁物です。

天才肌とは「リラックスしつつ成長すること」を意味します。

怠りたい衝動を乗り越えつつも、無理する必要はありません。

おすすめ記事
努力ができない人必見!この記事を開いたあなたは既に「努力の人」に変わっているのかも。

努力できない。努力の仕方が分からない。誰でも努力できるたった5の方法

2.知識や教養を得ることに時間を惜しまない

天才肌な人は「自信がある」「周囲に流されない」といった印象を与えます。

これは、たくさんの学びがあって、理論的な選択ができているから

自己成長を促す本を読んだり、尊敬する人との交流を大切にしたり、「知識」や「教養」を得ることに時間を惜しまない意識が大切です。

「学び」は自分自身の価値を高める行為。結果的に「自分を大切にすること」にも繋がります

息抜きの時間も大切にしつつ、意味のある自己投資をしましょう。

3.普段と違う視点から物事を見てみる

物事には複数の解決方法があります。天才肌な人はたくさんの人の視点で考え、その中から最も意味のある選択をするのです。

そのため、普段の何気ない場面でも複数の視点から物事を見てみましょう

最初は「他人の考えを受け入れる」ことがおすすめです。

自分だったらこう考えるけどこの人はどうかな?

こうした多角的な視点が持てるようになると、視野はどんどん広がって思考が磨き上げられていきます。

天才肌とは「視野が広い人」という意味でもあるのです。

 

4.好奇心を常に持って生活する

勉強や努力をするのがめんどくさい。なるべく楽な道を選びたくなる。

こうした思考を乗り越えるには「好奇心」がポイントになってきます。

「勉強しないと」「人の話を聞かないと」と頑張るよりも、「もっと知りたい」「気になる」「なるほど!」といった“好奇心”が伴った方が効果的

また、知らないことや初めて聞くものに「壁」を作りすぎないことも大切です。

「面白そう」と興味を持つことで、プラスなモチベーションで可能性を広げられます

5.人に見られることに慣れる

緊張やプレッシャーが原因で「人前で本来の能力が発揮できない」と悩む人も少なくありません。

天才肌な人は他人の目線に慣れています。

緊張している自分を受け入れたうえで、「よし、頑張ろう!」「自分ならいつも通りできる」と前向きに考えているのです。

人前でプレゼンをしたり誰かと喋ったり、「緊張慣れ」するための機会は避けすぎず、良いチャンスとして意味を見出しましょう

天才肌には「もともとあがり症」な人もいて、慣れとともに“天才肌の素質”を発揮できるようになっていきます。

6.インプットとアウトプットを繰り返す

天才肌な人は常に試行錯誤を繰り返しています。

学びから得た知識やスキルを実際に活用して、失敗したらまた挑戦する…。インプットとアウトプットを繰り返すことで、天才肌が身についていくのです。

忙しさや焦りを抱えると「インプット」が少なくなったり、自信がなくて行動できないと「アウトプット」が少なくなったり…。

偏りが出ると空回りやパンクの原因になります。

天才肌に近づくには両方をバランスよく意識することが大切です。

 

日々の習慣を変えれば、あなたは確実に近付ける。

「天才肌」という言葉の意味を、「生まれつき恵まれた人」だと思っていた。

あの人は天才肌だから何でも上手く行く。天才肌に生まれて羨ましい。

そんな気持ちがどこかにあったんだ。

でも、天才肌とは「努力を積み重ねた人」という意味もあるのかもしれない。

たくさんの失敗を経験して人は成長する。天才肌を含め、最初から上手くいく人なんていない。

同じ経験の中で「成長」を習慣化しているかどうかが、天才肌の分かれ道になるんだ。

天才肌な人を見ていると表情が軽やかで清々しい。

私は「天才肌そのもの」ではなく、リラックスした表情や幸せそうな表情に憧れていた気がする。

天才肌な人への憧れを原動力に、私らしく輝くための習慣を取り入れてみよう

 

この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

岡 あい
岡 あい
言葉と音楽をこよなく愛するライター。「生きる意味」や「人生とは何なのか」を、今日も考えています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする