2020.05.25

”人当たりがいい”の意味とは?親しみやすい人って、意外と人生うまくいく

小春

小春

「人当たりがいい性格になりたい」と思ったら、するべきことや注意することってなんだろう?

人当たりがいいあの子の性格が羨ましい…

人当たりがいい人の周りには、気が付けば人が集まっている。

「私は不器用だから、人当たりよく振る舞うことなんてできない」

「性格は生まれつきのものだから、私は人当たりのいい性格にはなれない」

人当たりがいい友人を見ては、自分の性格を悲観的に感じてため息をついてしまう…。

人当たりがいい人は、人付き合いが良好になるだけではなく、仕事やグループワークなどもスムーズに進めることができます。

この記事では、人当たりがいい人にはどのようなメリットがあるのかについて紹介します。

 

”人当たりがいい”の意味とは?

「人当たりがいい」とは、周囲に対して壁を作らない性格を意味します。

人当たりがいい人は、周囲の誰に対しても態度を変えることなく、分け隔てなくコミュニケーションをとることができるのです。

表情や言動にも余裕が感じられ、周りの人から「話しかけたい」「相談したい」と思われるという特徴も。

さらに人当たりがいい人は、周囲の人の陰口などマイナスな言葉をあまり口にはしません。

そのため、人当たりがいい人の周りには、自然と人が集まるようになります。

 

親しみやすい人が得をする5つの理由

親しみやすい人は周囲の人から好かれることで、得をする傾向があります。

周りの人からサポートを受けたり、チャンスを運んでもらえたり…。プライベートや家庭内に限らず、仕事など幅広い場面で得をしているのです。

ここでは、親しみやすい人が得をする5つの理由について紹介します。

1.信頼を得やすい

親しみやすい人は、嘘をつかないため信頼を得やすいという特徴があります。また、物事を最後までやり抜く継続力や、困ったときも臨機応変に対応できる柔軟性を持ち合わせています。

仕事仲間からの信頼も厚くなることで、大きなプロジェクトを任されたり仕事で成功することに繋がるのです。

親しみやすい人がアイディアを提案すれば「この人が言うことなら間違いはない」と思わせることもあるでしょう。

2.コミュニケーションが円滑になる

人当たりがいい人は、仲間にも初めて会った人にも分け隔てなく接することができます。

人に対して壁を作らないため、知らない人から話しかけられる機会も多いでしょう。その結果、人脈が広がり信頼できる仲間を多く得られるようになります。

親しみやすい人に対しては心を開きやすく本音で話ができるため、より多くの人と円滑なコミュニケーションをとることができるのです。

3.仕事の幅が広がる

仕事で飛躍的に成長しやすいのも、人当たりがいい人の特徴です。親しみやすさがあるため話しかけやすく、上司から仕事を任されることも多いでしょう。

自社だけではなくクライアントとも円滑にコミュニケーションが取れるため、案件を獲得しやすくもなります。

その結果、自然に仕事の幅が広がるようになり、昇進や昇給が早くなるといったメリットが生じるのです。

おすすめ記事
人当たりがいい人って、意外と仕事もできるんだよね…

【社会人必見】仕事ができる人7つの特徴|仕事ができるようになりたい!

4.物腰が柔らかい雰囲気が異性にモテる

物腰が柔らかく人当たりがいい人は、寡黙な人よりも異性にモテやすいといえるでしょう。

人当たりがよく物腰柔らかな姿勢は、ルックスに関わらず異性の目を引き付けます。

困っているときや落ち込んでいるときに「相談したい」と思える雰囲気を醸し出していることもあり、異性からの信頼も厚いのです。

意識せずとも異性を引きつける魅力を持っているのが、人当たりがいい人だといえるでしょう。

5.親しみやすさで友達ができやすい

親しみやすく人当たりがいい人は、どんな環境でも自然と友人が集まるようになります。

気張らずに付き合いやすい性格だと、飲み会やイベントに誘われることも多いでしょう。

それは、相手に「一緒にいて心地よい」「一緒の空間を楽しみたい」と思わせることができているからです。

信頼できる友人は、人生を楽しむうえでなくてはならない存在。なによりも大きな宝物となります。

 

イエスマンにならないように気をつけて!

人当たりがいい人になることを意識するあまり、知らず知らずのうちに「イエスマン」になっていることがあります。

友人や会社の人からの頼みを断ることができず、気が付けば便利屋になっていませんか?

イエスマンは自分自身の意志がなく、周りに流されやすいことを意味します。

イエスマンにならないためには、自分自身の軸をぶらさないようにすることが大切です。

周囲に優しく接するのは素敵なことですが、自分が嫌だと感じることを進んで行う必要はありません。

人当たりがいいことは、お人好しで意志がないこととは違う意味であると覚えておきましょう。

おすすめ記事
親しみやすく且つ正しい行動ができる本当の人格者に私はなりたい…!

人格者になるには?人格者とは|人格者の特徴&人格者に近づく5つの習慣

 

無理なく親しみやすい印象を身に付ける方法

自分の心に無理をさせず、人当たりのよさを身に付けるには”いくつかのルールを自分のなかで決めておくこと”がポイントになります。

「我慢しすぎない」ことを念頭に置き、自分の心のなかで上手に線引きをするようにしましょう。

そうすることで、心にも負荷をかけずに人当たりのいい印象を身に付けることができます。

ここでは、無理なく人当たりのいい印象を身に付けるための6つの方法を紹介します。

1.自分に合わない人にも物怖じしない

自分には合わないと思う人にも物怖じしないことで、人当たりのいい印象を与えることができます。

多くの場合は、自分には合わないと思う人に対して距離をとってしまいがちです。

しかし、苦手意識を持たずに相手に接することで、コミュニケーションは円滑になります。話を重ねるうちに、自分には合わないと思っていた人が親友になっているケースもあるでしょう。

2.「初対面は低姿勢」をルールにする

初対面の人に対して低姿勢で接することは、第一印象を良いものにします。

初対面の人から馴れ馴れしい態度を取られて、良い気分になる人はいないでしょう。初めて会った人だからこそ礼節はわきまえて接したいものです。

初めて会った人に対して尊重する気持ちを持つことで、人当たりのよさが身についていきます。

3.相手の目を見て会話する

会話をするときに相手の目を見る。そんな些細なことでも人当たりがいい印象を与えられます。

相手の目を見ることは「あなたの話に興味があります」「あなたの話をきちんと聞いています」という意思表示です。

目を見て会話をすることで、話している相手は安心感を感じるようになるでしょう。その結果、お互いにリラックスして話せるようになり、居心地の良さを感じるようになります。

4.笑顔でいれば口数が少なくてもOK

優しい笑顔でコミュニケーションを楽しめるなら、口数を多くする必要はありません。

コミュニケーションをするときに「沢山話さなければ」と焦ってしまうこともありますが、大切なのはその場を楽しむことです。

喋ることが苦手でも、笑顔で接するだけで人当たりのいい印象を与えることはできます。まずはリラックスして、その場の雰囲気や会話を楽しむことを心掛けてみましょう。

5.ストレスは適度に発散する

ストレスが溜まりすぎるとコミュニケーションにも影響を及ぼすため、適度に発散するようにしましょう。

人付き合いのなかで無理をしすぎると、ストレスは溜まるばかりになってしまいます。心に余裕がない状態では、穏やかに人と接することが難しくなってしまうのです。

没頭できる趣味がある場合には、休みのときに楽しんでストレス発散しても良いでしょう。

おすすめ記事
ストレスは付き物だから…日々の習慣で解消して損のないように暮らしてみない!?

あなたのストレスはどれ?簡単な解消方法で毎日のストレスを軽減する方法

6.人のいい所に目を向けて褒める

コミュニケーションをとるときには、人のいい所に目を向けて積極的に褒めるようにしましょう。

どんな人にでも、悪い所や弱い所はあって当然のこと。悪い所にフォーカスするのではなく、いい所に目を向けることで自分にもストレスは溜まりづらくなります。

いい所が褒められれば、誰でも嬉しい気持ちになるものです。人当たりがいい人は、相手のいい所に目を向ける特徴があります。

 

人当たりがいいことは、人生を楽に生きる術の一つ。

人当たりがいいことで、より人生を楽に生きられるようになります。

表情や言動に少しずつ気を配ることで、誰しも人当たりがいい性格に近づくことができます。

コミュニケーションが上手くいかないときには、人生を窮屈に感じるものです。

コミュニケーションをとるときにまずは相手に興味を持つようにしてみましょう。

目を見て笑顔で話を聞くことから始めれば、人当たりがいい印象を与えコミュニケーションが円滑になることを実感するでしょう。

 

親しみやすい雰囲気を身に付けて、人間関係を楽しもう!

人間関係を楽しむためのポイントは、親しみやすい雰囲気を身に付けること。

学校でも仕事でも、人間関係は切っても切れないものです。人生を楽しむためにも、円滑な人間関係に恵まれたいと考えるでしょう。

そのためには、自分が小さなことから変わっていく必要があります。

コミュニケーションが苦手だと感じるなら、人当たりがいい友人や同僚をお手本にしても良いでしょう。

人当たりがいいことは、人生を楽しむために必要なスキルです。

無理なく親しみやすい雰囲気が身に付けられるよう、普段のコミュニケーションから実践できることを試してみましょう。

 

この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

小春
小春
精神科ナースとして働いた経験があり、メンタルヘルス系の記事を多く執筆しております。読む人の心がほっとほどけるような記事を執筆していきたいです。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする