2020.05.16

無視はNG?彼女を怒らせたときの正しい対処法|仲直りのコツは◯◯?

nihil

nihil

彼女には、怒ることよりもできるだけ楽しいと思える時間を提供してあげたい。

「彼女を怒らせてしまった。どうしよう…」

些細なことがきっかけで、彼女を怒らせてしまった。

君が怒るたびに「なんで怒ってんの?」って思ってた。

そんなことでいちいち怒らないでよ、と。

君は「もういい」と怒りながらも、許してくれた。

だけど今回は、LINEの返信もないし電話にもでない…。

今までなら、このまま放置していても時間が解決してくれた。

でもそれは時間が解決していたんじゃなくて、彼女を我慢させていただけだった。

怒らせるたびに、君は悲しんで傷ついていたんだろう。

気づけなくてごめんね。

君が許してくれるなら、何だってするし変わる努力もする。

たくさん反省したし、どうすればいいのかも考えた。

だからもう一度、僕にチャンスをくれないか。

 

気づいてる?彼女を怒らせた4つの原因

喧嘩して感情的になると、お互いに「相手が悪い」と思うものです。

そして「男と女は分かり合えない生き物」と投げやりになることもあります。

しかし、歩み寄ることを諦めてはいけません。

「恋人は自分を映し出す鏡」という考え方があります。

つまり恋人は、似た者同士なのです。

彼女のことを責めたてるだけではなく、自分の行動や発言を省みましょう。

彼女を怒らせた原因は、あなた自身の可能性もあるのです。

1.彼女の気持ちを無視する出来事があった

付き合い始めは、彼女の気持ちに対して敏感な彼氏が多いです。

付き合いに慣れてくると、「好き」という感情が当たり前になっていきます。

距離感も何となくわかってきて、自分を出せるようになるでしょう。

しかしそこで気をつけたいのは、自分本位の付き合い方にならないようにすること。

無意識のうちに、彼女の気持ちを無視した行動や発言をしてしまうと喧嘩に発展することがあります。

2.彼女に対して失礼な行動や発言をしてしまった

「親しき仲にも礼儀あり」という言葉があります。

親しくなると距離感が近くなり過ぎて、彼女に対して失礼な行動や発言をしてしまうこともあるでしょう。

悪気がない発言でも、彼女を怒らせたり傷つけたりすることもあります。

「そういうつもりじゃなかった」としても、彼女に伝わったことが全てなのです。

たとえ故意じゃなくても彼女が嫌な思いをしたのであれば、素直に謝ることを心がけましょう。

3.してほしくないことが直らない

彼女が「してほしくない」と言ったことを何度もしてしまったことはありますか?

そういう行動に対して「してほしくない」と言うのは、彼女にとって勇気のいることです。

話し合いや喧嘩の末に「もうしない」と約束しても、また同じことを繰り返してしまう男性も一定数います。

しかしそれは、彼女からすれば裏切られた気持ちになるため注意が必要です。

彼女を怒らせただけでなく、場合によっては愛想を尽かされる可能性もあるでしょう。

おすすめ記事
「ねえ、もうしないで?」で喧嘩するのやめにしない?

もう喧嘩しない!メンヘラ彼女も頷く彼氏からの回答11選

4.自分への気持ちを再確認したい

男性の中には、彼女からたくさん「好き」と言ってほしい人もいるでしょう。

しかし彼女の気持ちを確認するために、何度も好きかどうかを聞くのはよくありません。

彼女からすれば「伝わっていないのかな、信じてないのかな」と感じるからです。

理由もなく安心感や満足感を得るために、自分への気持ちを何度も確認するのは控えましょう。

今彼女が一緒にいてくれること、それが答えです。

 

怒らせた理由、何度も繰り返してない?

付き合いが長くなれば、彼女を怒らせたり言い合いになったりすることもあるでしょう。

時に価値観や考え方の違いから、喧嘩してしまうこともあります。

彼女を怒らせた時は、ちゃんと自分を省みるようにしましょう。

しかしその時の反省や謝罪が、その場しのぎになってしまっては意味がありません。

同じことを何度も繰り返さないように気をつけることが大切です。

嫌なことを何度もされると、彼女に限らずイライラするでしょう。

そしてイライラしたり怒ったりする行為は、エネルギーがとても消費されます。

彼女が怒ることさえもしなくなったら、もう元通りの関係には戻れない可能性が高いです。

「言われるうちが華」だと思いましょう。

 

仲直りしたい!彼女を怒らせた時の上手な対処法

喧嘩したり彼女を怒らせたりしたら、きちんと仲直りしましょう。

「放っておけば大丈夫」と思っていると、後悔する結果になる可能性も大いにあります。

また男性の中には、プライドが高い人も多いです。

「自分は悪くない」と言い張って、さらに彼女を怒らせたり悲しませたりしてしまう人もいます。

彼女を怒らせてしまった時に仲直りするためには、どういった対処法があるのでしょうか。

1.直接会って素直に謝る

「怒っているからそっとしておこう」というのはよくありません。

彼女と直接会う機会を作って、素直に謝ることをおすすめします。

しかし彼女の方は、怒っていると会いたくないと思うものです。

そういった時は彼女に「また明日連絡するね」と一言入れて、翌日に改めて連絡しましょう。

会う時は基本的に彼女の予定に合わせるべきですが、仕事など外せない予定がある場合は「◯◯日空いてる?」とこちらから提案するのもありです。

2.相手の話を真面目に聞く

彼女が怒ることには、何かしらの理由があります。基本的に理由もなく怒ることは、彼女もしないでしょう。

まずは彼女の話を真面目に聞いてあげてください。

もちろん彼氏サイドにも言いたいことはあります。

しかし彼女が話し終わるまでは、グッと堪えて聞くことが大切です。

彼女の話の途中で遮ったり反論したりすると、話そうとしてくれている気持ちを抑え込むことになりかねません。

3.今後同じことをしないと約束する

彼女の話を真面目に聞けば、怒らせてしまった理由を教えてくれるでしょう。

そして自分に非があったなら、今後同じことをしないと彼女に約束します。

誓約書を書かされるといったことはなくても、口約束で終わらないようにすることが大切です。

同じ過ちを繰り返すと、彼女を裏切ることになってしまいます。

口で言うのは簡単です。

これからの行動で、誠意を彼女に見せていきましょう。

4.抱きしめるなど特別な行動をする

彼女に謝ることはもちろん大切なことなのですが、抱きしめるなど特別な行動をするのも一つの方法です。

ただし急に彼女を抱きしめて「もう仲直りしよう」と伝えると、真剣に考えていないと思われるので気をつけてください。

抱きしめるのは、ちゃんと彼女の話を聞いて謝って仲直りしたあとにしましょう。

もしくは、「抱きしめたら仲直りの証」と二人のルールをあらかじめ決めておくのもよいです。

5.反省の証にプレセントを贈る

彼女を怒らせた時は、反省の証として彼女にプレゼントを贈るという方法もあります。

特に仲直りのきっかけ作りが苦手な人は、プレゼントを用意するとよいでしょう。

また反省の気持ちを上手く言葉にできるか不安なら、手書きの手紙を添えるのもおすすめです。

手書きなら文字に思いが乗るので、反省の気持ちも伝わることでしょう。

ただし「良いもの買ってきたから許して」といったように、プレゼントを引き合いに出して許しを請うのはNG行動です。

おすすめ記事
彼女との仲直りには○○が重要!仲直りが難しい場合の対処法は?

彼女と喧嘩した時は◯◯が重要?怒らせた彼女へ正しい謝り方&仲直り方法

 

これは逆効果!彼女を怒らせた時のNG行動

彼女を怒らせてしまった時、対処法を誤ると逆効果になりかねません。

ただでさえ最悪な空気…。間違ったことをして、取り返しがつかなくなるのは避けたいところです。

彼女を怒らせた時は、慎重に行動・発言するようにしましょう。

では具体的に彼女を怒らせた際、どういったことをしてしまうと逆効果になるのでしょうか。

ここからは、やらない方がよいNG行動についてご紹介していきます。

1.面倒だと放置する

「熱が冷めるまでそっとしておこう」

「時間が経ったら怒りも収まるだろう」

このように彼女を怒らせておきながら、面倒だからと何もせず放置するのはよくありません。

彼女がまだ「怒り」という感情をぶつけてくれているうちに、然るべき対応をとるのがベターです。

反省の色を見せたり謝ったりしないままだと、そのうち彼女も愛想を尽かせてしまいます。

仲直りするためには、ちゃんと彼女と向き合うこと大切です。

 

2.自分は悪くないと言い張る

彼女を怒らせてしまった時によくないのは、自分は悪くないと言い張ることです。

自分では悪くないと思っていても、事実として相手は嫌な気持ちになっています。

悪気があったかどうかではなく、彼女にどう伝わっているのかを考えましょう。

そして「恋人は自分を映し出す鏡」です。

本当に自分には、落ち度がないのかをよく考えてみてください。

彼女が悪いと思った時、自分にもまた悪い部分があるものです。

3.腹いせに他の女性と遊ぶ

彼女を怒らせた時は、これ以上の焚きつけるような行動は控えるべきです。

腹いせに他の女性と遊ぶという行為は、彼女からすれば誠意も反省の色も見えません。

場合によっては浮気と思われますし、最悪の場合別れることにもなるでしょう。

他の女性と遊んでいる時も、彼女は一人イラつきながらも落ち込み辛い思いをしています。

腹いせするために時間を使うなら、その時間を彼女との間に生じた問題を解決するために使いましょう。

4.LINEで軽く謝る

LINEで軽く謝るという謝り方では、彼女に誠意が伝わりません。

誠意が伝わらなければ、彼女は「本当に悪いと思ってる!?」と感じて逆効果になってしまいます。

テキストだと顔も表情も声もわかりませんし、今どこで誰と何をしているかも見えません。

「片手間に謝っているだけなんじゃないか」と思われる可能性もあります。

誠意の伝わる謝り方としては、やはり直接会うのがよいです。

5.怒ってる理由を聞く

一般的に男性には、「言わないとわからない派」の人が多いです。

理由をはっきりさせたうえで改善策を講じ、問題を解決していきたいと考えています。

そして女性には、「言わなくてもわかってほしい派」の人が多いです。

なぜ怒っているのか理由を聞かないとわからないのは、真剣に考えていないからだと捉えます。

とはいえ、とりあえず謝ればいいというわけでもありません。

話しかけたり謝ったりして、根気強く向き合っていきましょう。

 

彼女は無視や放置しないで向き合ってほしいんだ。

カップルによって、喧嘩した時の対処法はさまざまです。

・言いたいことを言い合う

・仲直りのルールを決める

・冷静になるための時間を作る

・納得いくまでとことん話し合う

このように、お互いの考え方や価値観と向き合い上手く付き合っています。

楽しく過ごすためには、恋人同士で話し合ってお互いに合う解決方法を模索することも大事です。

しかし基本的に彼女は、無視や放置をしないで向き合ってほしいと考えていることを覚えておいてください。

喜怒哀楽のある恋愛は、見方次第では素敵な恋愛といえるでしょう。

それでも怒ったり悲しくて泣いたりするのは、何か問題が生じたとき。

問題を解決するのは、無視や放置ではなくお互いに向き合うことなのです。

おすすめ記事
知ってる?私達、本気で別れたいわけじゃないんだよ。

彼女と別れたくない男性へ!別れそうな時の対処法&別れ話回避法ご紹介!

 

怒る彼女には理由がある。自分が変われるチャンス!

人には、自分なりの考え方や価値観がある。

同じ人なんて一人もいない。

だからたとえ大好きな彼女とも、すれ違うことがあるんだ。

その些細なすれ違いから、言い合いや喧嘩になることだってある。

彼女を怒らせたり悲しませたり、傷つけたりすることもあるだろう。

悪気があったわけじゃない。

君をわかってあげられなくてごめんね。

でも君が怒ることに、何か理由があるのはわかる。

仲直りするために、君のことを聞かせてほしい。

前みたいに君が笑ってくれるように、一緒に笑い合えるように変わるから。

今まで以上に君と向き合っていきたいと思ってるんだ。

言葉で伝わらないなら、行動で示してみせるよ。

 

この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

nihil
nihil
服と音楽が大好きなフリーライター。田舎育ちのシティボーイ。偏見も否定もない穏やかな世界で生きていたい。万人よりもあなたに届く文章を。ニーチェと同じ誕生日。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする