2020.05.14

女性が結婚したくない理由や心理|自分らしく生きてもいいんじゃない?

Riri

Riri

「結婚」は、あくまでも選択肢の一つ。

彼氏はいるけど、結婚したいと思えません…

年を重ねるごとに増えていく、既婚者の友人。

大切な友達が幸せそうにしているのは、私自身にとっても喜ばしいこと。

でも、自分のことはというと…

数年付き合ってる彼氏がいるけど、一向に「結婚したい」とは思えないんだ。

「まだ結婚しないの?」「二人で結婚の話はしてるの?」

周りから飛んでくるのは、”いつになったら結婚するのか”という私を心配する声。

心の中では「結婚だけが幸せじゃないし」「自分のペースで生きたいし」なんて考えてる。

口にしたら両親をガッカリさせてしまいそうだし、女友達とは距離ができそうで言えないけど。

私の選択って、周りとズレてるよね…?

結婚したくない自分の気持ちに負い目を感じてる。女性があえて結婚しない生き方って、アリ?

 

結婚したくない女性の心理と本音

彼氏がいても結婚したいと思わない。

周りの人から何を言われても「結婚したくない」気持ちが変わらない。

一般的には、女性は「幸せな結婚をしたい」「素敵な家庭を築きたい」と願うもの。特に彼氏がいれば、結婚を考えるのは自然な流れであるともいえます。

それに反して「結婚したくない」と思うのは、どうしてなのでしょうか?

結婚したくない女性の心理と本音を探ってみましょう。

1.経済的に自立していて男性に頼る必要がない

女性の社会進出により、経済的に男性に頼る必要のない女性も増えてきました。

「女性は家事が仕事」「安定した生活をするために結婚が必要」という価値観が一般的でしたが、それは時代の流れとともに変わりつつあります。

バリバリ仕事をしている。自分の収入だけで生活が成り立つ。

経済的に自立している女性は、将来を考えた結婚を必要としていないため、「無理には結婚したくない」と思うのです。

2.誰かと一緒で不自由を感じるなら自由でいたい

自分のペースで生きていきたい。

たとえ大事な人であれ、誰かのためにやりたいことを我慢したくない。

誰かと一緒にいることで不自由な人生を送るなら、一人で自由に生きていきたい。そんな思いから、結婚したくないと考える女性もいます。

結婚すると、家族のために時間を使うことも増えるもの。自由を望む女性は、自分の時間が減ることによる”人生への後悔”を懸念しているのです。

3.妥協で結婚したくない

インターネットが普及し他人と繋がりやすくなった今、妥協で結婚したくない女性は増えています。

「もっと色々な世界を見てみたい。」「たくさんの人と出会ってみたい。」そんな欲を叶えることが難しくなくなったのです。

妥協してまで、そこまで好きじゃない人と結婚したり、一度の出会いにこだわる理由はありません。

もし結婚するなら、心から「結婚したい」と思った時に結婚する。女性が結婚したくないと思うのには、社会的な価値観の変化も影響しています。

4.子供を持つことが現実的ではない

女性が結婚したくない理由として、子供を持つことが現実的ではない背景があります。

果たして自分が子供を育てられるのか。

自分たちのことで精一杯なのに、子供ができたら経済的・社会的に保証されるのかが不安。

純粋に「子供が欲しい!」と思うことができず、結婚したくないという女性もいるのです。

彼氏がいても結婚を望まない女性は、「子供がいないのなら、特に結婚する必要はない」と考えているところもあります。

 

そもそも結婚するメリットとは?

女性が結婚したくないと思うのには、それぞれの理由・心理があるものですが、「結婚を選択しない方が幸せでいられる」という点が共通しています。

その反面、結婚することによって得られるメリットがあるのも事実。

もし「結婚したくない」と感じたら、結婚ならではの良いところにも一度目を向けてみましょう。

メリットを知った上で再度考えることは、後悔のない選択につながるものです。

それでも結婚したくないと思うのか、いつか結婚したいと思い直すのかは、あなた次第といえます。

1.自分だけでは味わえない幸せを感じられる

結婚することによって、自分だけでは味わえない幸せを感じられます。

一人だからこそできることや、自由な時間が増えるのは独身女性のメリットです。しかし、その幸せは誰かと一緒にいる幸せとはまた違うもの。

家族がいれば、自分を待ってくれている人がいる喜び。夫と子供と一緒にのんびりする時間など、自分だけでは叶わない幸せがあります。

やるべきことが増えたり手間がかかったりすることもありますが、大事な人から必要とされる・役に立てることも結婚生活の魅力です。

2.精神的な充足感を味わうことができる

女性が結婚するメリットに、精神的な充足感を得られることが挙げられます。

結婚して共に生活をしていると、お互いのすべてを受け入れ合っている感覚になれるもの。無条件に愛し合える関係は、精神的な安定をもたらしてくれるのです。

一人なら自分を奮い立たせる必要のある場面でも、家族がいてくれるだけで力をもらえることも。

結婚によって心が満たされているからこそ、安心して何かに打ち込めるということもあるのです。

3.孤独や寂しさを感じない

孤独や寂しさを感じないのは、結婚生活の特徴です。

結婚すると「自分の居場所はここにある」といつでも感じることができます。

結婚とは、二人が正式に夫婦となり誓いを交わすもの。それだけに「本当に愛されている」という実感を持てるのです。

家の中に家族がいることで、「誰かに会いたい…」「寂しくて辛い…」と思うことがなくなります。寂しさによるストレスから解放されるのは結婚のメリットです。

おすすめ記事
「寂しいです。」孤独感を感じたら思い出してみて欲しい。

孤独とは?孤独感を感じたとき、辛いときに思い出して欲しい10のこと

 

結婚したくない?しないのも立派な選択肢なんだ。

結婚するからこそ、感じられる幸せがあるのはわかる。

でも、自分にとってはやっぱり結婚が必要なものとは思えない。

素直に「結婚したくない」と思うのなら、それも立派な選択肢の一つ。

結婚しなければ女は幸せになれない、結婚が人生のゴールだなんてことはない。

幸せの形は人それぞれで、誰かに足並みを揃える必要なんてないんだ。

大事な友達や家族から「結婚した方がいい」なんて言われたら、戸惑ってしまうかもしれない。

それでも、自分の気持ちに正直に生きることを大切にして。

今は、女性が結婚しなければ生きていけない時代ではないから。

あなたが「結婚したい」と思ったらする、「結婚したくない」と思ったらしなくていいんです。

おすすめ記事
結婚しなくても幸せな時代で、結婚をした女性はどう感じてる?

結婚したくない理由&心理|結婚した女性に聞く「結婚とは?」

 

結婚したくない女性が自分らしく生きるコツ

結婚したくない。この気持ちとうまく付き合いながら、幸せに生きる方法って?

ここからは、結婚したくない女性が自分らしく生きるコツをご紹介します。

「結婚したくない」思いを持っていると、周囲との気持ちにズレが生じることで、自分らしい生き方がブレてしまうことも。

「何だかやりづらいな…」「やっぱり結婚しなきゃダメか…」と、無理に自分を封印してしまうことのないよう、意識的に取り入れてみましょう。

おすすめ記事
様々な生き方がある中であなたなりの”幸せ”を手にするコツとは?

「幸せになりたい!」本当の幸せとは?忙しい毎日でも幸せになるコツ5選

1.周囲の結婚に気持ちをざわつかせない

結婚したくない女性が自分らしく生きるには、周囲の結婚に気持ちをざわつかせないことが大切。

次々と結婚していく友達を見ると、置いてけぼりにされたような感覚を抱くことがあります。

「自分だけ取り残されてる?」「女として負けてる?」

そんな風に、誰かが結婚するたびに自分と比較しないよう心がけましょう。

結婚は周囲の目を気にしてするものではありません。プライドが前に出て結婚を決めてしまうと、後悔する可能性があります。

2.人生でやりたいことを最優先に生きる

人生でやりたいことを最優先に生きることで、結婚に対するフラットな考え方を保てます。

結婚することで、仕事や趣味を諦めるのが嫌。

そう思うなら、結婚の優先度はそこまで高くありません。

自分にとって何が大切なのか、「ここだけは譲れない」ポイントはどこなのか。その点がブレなければ、自分らしい人生を送ることができます。

逆に考えると、それを理解できる男性となら結婚できる可能性もあるのです。

3.親や家族には結婚の意志がないことを伝える

結婚したくないと思うのなら、親や家族にはその意思を伝えておきましょう。

身内からは「まだ結婚しないの?」「早く結婚しないと」と会うたびに言われることも多いもの。そのたびに複雑な心境になってしまうので、勇気を出して意思表示することが大事です。

適当にはぐらかしてしまうと、親や家族は心配して何度も聞いてきます。

自分が結婚しないことを申し訳なく思うだけでなく、家族にも「いつまでも結婚できなくて大丈夫かな?」と不安を抱かせる要因になるのです。

4.結婚しないことを負い目に感じない

結婚したくない女性は、結婚しないことを負い目に感じないように意識しましょう。

結婚しないからといって、寂しい人間というわけではありません。自分の人生が充実したり、結婚以外でも自分らしい居場所を作ることができます。

生き方には正解なんてないものです。

結婚して幸せにしている人もいれば、生涯独身で幸せにしている人もいます。

結婚だけで優劣を決めず、自分にとっての幸せを見失わないことが大切です。

5.他人への興味を持ち続ける

結婚したくないと思っても、他人への興味は持ち続けるようにしましょう。

世の中は人と人との協力によって成り立っています。自分らしい生き方を追求しながらも、一人で生きているわけではないと感じることも大事です。

また人との関わりを持つことで、自分らしさを受け入れてくれる男性との出会いがあったり、何かのきっかけで価値観が変わる可能性があります。

人間関係の中で素直に「結婚してもいいかも」と思えたなら、あなたにとっては良い変化です。

 

今の時代正解なんてない。あなたらしく生きて。

女性は、経済力のある男性と結婚して、子供を産むことが一番の幸せ。

そんな価値観は、今の時代にはすっかり似合わなくなってしまった。

みんなが同じ方向を見て、まったく同じ行動をとる時代はもう終わったんだ。

それよりも大切なのは、自分自身がどう思うか。どんな生き方を幸せと感じられるのか。

「あたたかい家庭を築きたい。家族をサポートすることが幸せ。」

「夫婦生活も大事だし、お互いが自分の趣味に打ち込む時間も大事。」

「何よりも自分の選択を優先して、後悔ない人生を送りたいから結婚したくない。」

どの生き方を選んでも、正解なんて一つもないんだ。

だからこそ、あなたらしい選択をして。結婚にとらわれず、自分の気持ちに素直に生きてみよう!

 

この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

Riri
Riri
人目を気にして生きてきた人生から、自分のために生きる人生にシフト。幸せになれるメンタリティや生き方について発信します。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする