2020.05.14

理想的なセックスの時間は?平均的な時間&理想の性行為をするポイント

西田彩花

西田彩花

2人で試行錯誤する時間も、幸せなものにしたい

セックスの時間って平均どのくらいなんだろう?

大好きな人とのセックスは、幸せな時間。

だけど、毎回幸せだと感じるわけじゃない。

私が満足できない日もあるし、彼が満足していないかもと不安になる日もある。

セックスの時間が短いと、大切にされていないような気持ちになる。

長いと、それだけ愛情を感じられるような気もする。

だけど、長すぎると痛かったり疲れたりすることもあって難しい。

セックスの平均的な時間って、どれくらいなんだろう。

人に聞きにくいけど、なんだか大切な気がする。

もっと彼との愛を深めたい。

お互いに無理をせず、満たされるセックスが理想。

彼がどのくらいの時間のセックスを求めているのか、知りたい。

もっと愛を感じたいし、感じてほしい。

本当に愛を確かめ合えるセックスは、どのくらいの時間なの?

 

どこからどこまでがセックスなの?

セックスという単語だけ聞くと、挿入を思い浮かべる人も少なくありません。しかし、挿入だけがセックスではありません。

前戯はもちろん、その前にイチャイチャするところからセックスは始まっています。

イチャイチャする時間で、気分が高揚し、愛し合いたいという欲求が強くなるのです。

その後挿入をして、男性が射精したら終わりとなると、女性側が不満を覚えがち。女性はセックスの後に余韻が残るので、ピロートークがあると、より満たされるセックスになります。

挿入のみをセックスの時間と捉えず、その前後も大切な”セックス”なのです。

おすすめ記事
ピロートークとは?セックスへの印象が変わるトーク術をみに付けろ!

ピロートークの意味とは?相手が喜ぶセックストークの内容&例文を大公開

 

セックスの時間は男性次第で決まりがち!?

セックスは、男性主導になりがちです。積極的になるのが恥ずかしくて、セックスの進め方を男性に委ねる女性も多くいます。

進め方を委ねていると、挿入する時間だけでなくイチャイチャする時間なども男性次第。どこをどれだけ重視するかも、男性によって違います。

さらに、挿入時間には個人差があります。早漏か遅漏かによって、時間が全然違うからです。

男性は射精後、賢者タイムが訪れる人がほとんど。そのため、ピロートークにかける時間も男性次第で変わってきます。

男性の性格や体質などが、セックスの時間に大きく関わってくるといえるでしょう。

 

パターン別の平均セックス時間

男性によってセックスの時間は異なります。

セックスの時間に不満を持っている場合でも、一般的な比較材料があれば安心できる場合もあるでしょう。

また、平均時間と大幅に異なっていることがわかれば、満足できていないということを相手に伝えやすくなります。

身体的な面もある分、安易に責めると相手を傷つけたり、プレッシャーを与えたりしてしまいます。

彼とのセックスを思い出しながら、平均時間を見てみましょう。

1.一般的といわれるセックス時間『30分〜1時間』

一般的なセックスの時間は、30分〜1時間程度です。

この時間に当てはまるけれどセックスには不満があるという方は、”時間”が問題ではない可能性を疑って。

女性は性行為そのものではなく、行為の中で愛情を感じることによって満たされます。そのため、ハグやキスなどもとても大切。

密着感のある体位も有効なので、試してみるのがオススメです。

2.前戯が短い場合『15分〜1時間半』

前戯が短く、すぐに挿入するという男性では、セックスの時間に幅があります。

女性が濡れたことを確認してすぐに挿入し、すぐに射精する男性であれば、15分程度で終わることも。

挿入を長く楽しみたいという男性であれば、前戯が短くてもセックス全体の時間は長くなります。さまざまな体位に移行する場合、1時間半程度かかることもあるため時間は様々です。

もし満足していないのであれば、挿入時間の長さではなく、前戯の短さが問題だと考えた方が良いでしょう。

 

3.男性が早漏の場合『10分〜20分』

男性が早漏であれば、自ずと挿入時間が短くなります。10〜20分と、比較的短時間。

ただし、身体的な個人差なので、早漏であること自体を責めないで。男性側が気にしているパターンは多いです。

厚めのコンドームを使ったり、男性側に刺激の少ない体位を試したりと、解決策はあります。

一緒に理想のセックスを考えてみることが、愛情を深める第一歩です。

4.男性が遅漏の場合『1時間半〜2時間』

男性が遅漏であれば、挿入時間が長くなります。1時間半〜2時間と、長めのセックスになるでしょう。

挿入時間が長すぎると、女性側が痛みを感じるなどの問題点があります。ただ、遅漏も身体的な個人差なので、一方的に責めないようにしましょう。

マスターベーションの刺激が強く、膣内での射精が難しくなっているパターンも。刺激が少ないよう工夫するのも、改善策のひとつです。

セックス中であれば、女性から口や手での愛撫をしてみて。興奮が高まると、射精しやすくなります。

 

”理想的なセックス”男女で内容が異なる要因は?

セックスでお互いに愛情を深めるためには、双方の理解が大切。

しかし、理想的なセックスには、男女差があります。つまり、自分のペースのみで進めると、相手の不満へとつながりかねません。

自分が嬉しいからといって、必ずしも相手が嬉しいとは限らないのです。

まずは、なぜ男女差があるのかを知っておくと、相手のことを理解しやすくなります。

1.男女で”イク”までの時間が異なる

イクこと自体が必ず重要というわけではありませんが、絶頂は男女ともに気持ちいいもの。

男性がイクこと、つまり射精は、一般的に挿入が終わることを意味します。前戯、もしくは挿入している間に女性がイケれば、女性も満足感を得やすいです。

しかし、女性はイクまでに、男性よりも時間がかかることがほとんど。男性側は根気よく攻めなければならない部分があります。

お互いがイクまでに要する時間が異なるという認識をしましょう。

2.”前戯”への認識が大きくずれている

前戯で愛情を感じる女性は多いです。しかし、濡れたら良いと思っている男性も少なくありません。

セックスにおいて、男性は挿入を最重要視しがち。女性は挿入以外のものも大切にします。

挿入するために前戯が必要なのは確かですが、それだけだと、前戯の時間が短くなってしまいます。前戯で愛情を感じたい女性にとっては、物足りなく思うことも。

もちろん女性側からスキンシップを取ることも大切。挿入以外の時間でも、愛を深める工夫をして。

3.挿入にかける時間の個人差

女性側が理想的なセックスの挿入時間を持っていたとしても、どの男性にも当てはまるとは限りません。

遅漏や早漏といった、身体的な面での個人差があります。

男性全員が、挿入時間をコントロールできるわけではないのです。また、コンディションによって変わることも。

身体面での違いは、本人にはどうしようもできない部分があります。

理想の時間を強く持ちすぎず、その人とより満足できるセックスをするにはどうすれば良いかを考えた方が良いでしょう。

4.そもそも女性がイケるかどうか

セックスでイッた経験がないという女性もいます。イッたことがない女性をイカせるには、男性側にテクニックが必要です。

男性は、AVで見たように彼女を気持ちよくさせてあげたいと思うもの。しかし、AV女優はプロなので、一般の女性とは違うと考えて。

女性はイクものだと張り切りすぎると、時間も長くなってしまい、疲れてしまいかねません。ときには苦痛に感じる女性もいます。

イクよりも、愛情を感じたいという女性も多いでのす。

 

男女で前戯への認識が違う理由

セックスでの認識において、男女差が顕著になりやすいのが、前戯やピロートーク。

一般的に男性は一気に興奮し、一気に熱量が下がります。対して女性は、興奮が高まるのも収まるのも、緩やかです。

一気に高まった男性がすぐに挿入すると、女性はまだ高まりきっていなかったということも。

気持ちが高まる工程で、愛情を感じます。前戯をおざなりにすると、女性が不満を持ちやすいのです。逆に、前戯が丁寧だと充実感を得やすいともいえます。

おすすめ記事
前戯とは?前戯の質で男の価値が変わる!?前戯とセックスのこと

前戯とは?セックスの時間・前戯の丁寧さで見抜く「本当にいい男」

1.男性は「早く挿入したい。」

早く挿入したいと思っている男性は少なくありません。セックスでは性的欲求を満たせるので、どうしても挿入を優先してしまう面があるのです。

前戯をしたからといって、自分が気持ちよくなるわけではありません。挿入すれば、お互いに気持ちよくなれると思っている男性もいます。

しかし、女性からすると、前戯に時間をかけてほしいもの。丁寧な前戯であれば、大切にされているという感覚も湧きます。

女性が心も体も満たされるのが、前戯なのです。

2.女性は「前戯をもっとして欲しい。」

前戯が丁寧だと、大切にされて愛されていると感じる女性は多いです。

セックスを挿入のみで捉えず、イチャイチャや前戯、ピロートークも大事にしています。

毎回単調な前戯のみだと、愛情を感じられず、不満につながりかねません。

また、女性は受け身になりがちですが、女性からも愛撫するように心がけると、お互い嬉しい時間になるでしょう。

男女問わずテクニックに自信がなくても、そこに愛情があるかが一番大事。

 

時間の理想を考えるよりエッチの内容を濃くしてみよう

セックスが充実しているかどうかは、単純に時間だけでは計れません。

何を重視するかは男女差がありますし、人それぞれで考え方も違います。

さらに、身体的な面でどうしようもできない部分もあります。

理想のセックス時間を決めておいても、必ずしも相手と合致するわけではないのです。

充実したセックスをしたいのであれば、時間よりも内容を考える方がベター。内容が濃ければ、満足度も高くなります。

理想的なセックスの内容にも男女差がありますが、ここは思いやりでもカバーできるところがあります。

自分と相手が何を求めているかが大切。求めているものを理解して、お互いに愛を持って接すれば、二人だけの充実したセックスになります。

 

セックスをお互いの理想に近づける7つの工夫

男女差があるとはいえ、個々で考え方は違います。カップルの数だけ、理想のセックスがあるのです。

セックスについて話し合うのは勇気がいることですが、認識の違いでセックスレスになったり、別れ話になったりするのは悲しいこと。

デリケートな問題でもあるので、相手を気遣いながら話してみるのが良いでしょう。

話し合うのはハードルが高ければ、セックス中におねだりをするのもひとつの方法。相手の反応を見ながらやり方を変えてみるのもオススメです。

1.二人で理想のセックスについて話してみる

セックスは二人の問題です。他の誰かが上手くいったからといって、必ずしも自分たちに当てはまるわけではありません。

とはいえ、本音で話し合うのはなかなか難しいこと。自分の気持ちを言うのは恥ずかしいですし、相手に要望を言うときは傷つけてしまいかねません。

デリケートだからこそ、わからない部分が多いのも事実。話し合える関係性であれば、お互いを責めず、認め合いながら進めていきましょう。

一緒に充実させていきたいというスタンスが大切です。

2.女性がイケるセックスを模索する

イった経験のない女性がいるように、セックスで女性がイクのは難易度が高め。

ただし、女性がイクように模索するのは、悪いことではありません。その女性の性感帯が新しくわかることもあります。男性の努力している姿に、愛情を感じることもできます。

むりやりイカせようとするセックスは苦痛になりますが、少しずつ頑張ってみるのは、女性が満足するセックスに近づきます。

相手も気持ちよくなるようなセックスを心がけてみて。

 

3.男性はオナニーの間隔を改める

男性の射精が挿入の終了になるので、男性側もできれば射精のタイミングをコントロールしたいところ。

身体的な特徴を変えるのは難しい部分があります。しかし、オナニーの間隔を変えてみるだけで、早漏や遅漏に良い影響を与えることも。

早漏気味の男性は、オナニー頻度を高めると、イキにくくなります。逆に、遅漏気味の男性は頻度を低めてみて。

また、オナニーでの射精するタイミングをコントロールすれば、セックスにも活かせます。

4.前戯に時間をかけて満足度と時間に変化をつける

前戯に時間をかけてほしいと思うのは、女性の方が多いです。しかし、女性から手や口で愛撫されると、男性も嬉しいもの。

挿入だけが目的のセックスだと、単調になってしまいます。マンネリの原因にもなり、悪化すればセックスレスにも…。

ハグしたりキスしたり、お互いに愛撫し合ったり。一方的な前戯ではなく、双方が思いやりを持って前戯をすることが理想のセックスに近く鍵となります。

5.2人で様々な体位を研究する

体位を変えると、刺激の強さが変わります。単純に、女性側が感じやすいものは、女性の満足度を上げやすいです。

もちろん男性も感じやすい体位がありますが、あえて刺激の弱い体位を挟むことによって、射精時間をコントロールするというメリットも。

二人で体位を研究することが、お互いの満足度にもつながります。マンネリ防止にもなるので、試してみて。

6.セックスする時間帯を変えてみる

違う時間帯にセックスするだけで、新鮮な気持ちになります。いつもとは違った面が見えて、もっと濃いセックスになるきっかけにも。

オススメの時間帯は、朝。夜よりもセックスにかける時間が短くなりがちな上、体力があります。短時間で満足しようとするため、自然と充実した内容になるのです。

朝誘うこと自体が、セックスについて話し合う機会になることも。

おすすめ記事
夜よりも感じる人続出!?朝セックスのススメ|朝セックスのメリットとは?

いつもより感じられる?朝セックスのススメ|寝起きエッチ10のメリット

7.スローセックスを試してみる

前戯から挿入、後戯まで、ゆっくりとしたペースで愛情を確かめ合えるスローセックス。普段より話もできるため、相手のことをより深く知ることができます。

即物的なセックスとは全く違うので、愛情を深めやすいのです。

スローセックス自体、満足感を得やすいものですが、その後のセックスにも良い影響を与えるのでオススメです。

おすすめ記事
スローセックスとは?恋人を夢中にさせるスローセックスのテクニックを大公開

スローセックスとは|恋人を骨抜きにする!スローエッチのテク7選

 

時間も大事だけど、愛が一番大事なんだ。

セックスでも大切にされたいし、大切にしたい。

時間の長さで悩んでいたけれど、それ以上に大事なことがある。

短いから、長いからといって、愛されていないわけじゃないんだ。

コントロールできない部分もあるし、コンディションによっても変わるはず。

だから、時間だけで不安になるのはやめよう。

私の理想と彼の理想がぴったり合えば簡単なんだけど、男女差があるみたい。

それだったら、私と彼二人だけの、理想的な内容を目指してみよう。

私も愛を伝えてほしいから、私からも愛を伝えてみる。

二人で試行錯誤しながら、形にしたい。

幸せな時間を、もっと幸せにしたいから。

 

この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

西田彩花
西田彩花
悩むことも、きっと人生

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする