2020.05.11

「付き合いたては不安…」会う頻度や距離感は?長続きの秘訣教えます!

小春

小春

付き合いたては漠然とした不安に包まれやすいもの。不安はどうやったら払拭できる?

付き合いたては「幸せだけどすごく不安。」

ずっと好きだった人と付き合うことができた。

幸せいっぱいで、思わず周りの人達にも自慢したくなる。自然に頬もほころんで、次のデートが待ち遠しくて仕方ない。

幸せなはずのに、なぜか付き合いたては不安な気持ちも付きまといます。

「毎日のようにLINEはするけれど、会う頻度はどれくらいにすればいいんだろう?」

「どれくらいの距離感をとってデートをすればいい?」

など、やっとの思いで成就した恋を長続きさせたくて考えすぎてしまうこともあるでしょう。

付き合いたてのころは幸せな気持ちが溢れるけれど、わからないこともたくさん。

この記事では、付き合いたてで不安に感じる心理や長続きするカップルの秘訣について紹介します。

 

付き合いたてに不安を感じる人の心理とは?

「両想いになったのに、なんでこんなに不安に感じるの?」「付き合いたてでこんなに不安に感じるのっておかしいかな?」

彼氏のことを好きな気持ちが大きくなるほど、心配な気持ちや不安な気持ちも大きくなってしまう。

モヤモヤとした不安を感じてしまい、心の底から幸せを感じられないのはなぜなのでしょうか。落ち込んでしまう前に、付き合いたてで不安を感じやすい心理3つを理解していきましょう。

1.正しい距離感が分からない

「バイト終わった?」「明日はデートできる?」

付き合いたては相手と片時も離れたくないと思うもの。気が付けばスマホを手にとって不要な連絡ばかりしてしまうことも少なくありません。

相手も同じペースで連絡をしてくれる場合は問題ありませんが、返信が遅かったり素っ気ない態度だったときに「連絡しすぎたかな…?」と不安になることがあります。

付き合いたてだと、どれくらいの距離感をとればいいのかよくわからず不安になってしまうのです。

2.相手の真意が分からない

付き合うことになったはずなのに、彼氏の周りにいつも女の子がいる…。

そんな状況を目の当たりにすれば、「私達って本当に付き合っているのかな?」と不安を感じてしまうのも当然です。

付き合いたては、二人がカップルになったことは広く周知されていません。”彼女持ち”とわかれば遠慮するような場面も、知らなければ異性同性関わらず普段通りに接してくるでしょう。

他にも、彼氏の家へ遊びに行きたいと言っても「汚いからまた今度ね」とはぐらかされているなど、期待している反応が得られずに相手の心理がわからないことで不安を感じてしまいます。

3.恋愛のトラブルに不慣れ

付き合いたてだからこそ、恋愛のトラブルに柔軟に対応することはなかなか難しいものです。

些細なことで相手を怒らせてしまった。

デートを楽しんでいる最中だったのに「友達の急な呼び出しで…。」と彼氏が帰ってしまった。

そんな時、どうリカバリーしていいかわからず不安になってしまうのです。

付き合っていくなかで、徐々に相手の生活習慣や交友関係は見えてきます。対処法も自然と身に付くので、トラブルが起きたときも落ち着いていられるようになるでしょう。

 

知っておきたいカップル長続きの秘訣は?

「長い片思いをしていたから、お付き合いも長続きさせていきたい」「せっかく掴んだ両想いなんだから、私の不安な思いだけでつぶしてしまいたくない」

マイナスな気持ちばかりに囚われていては、彼氏の気持ちが離れてしまう原因を作ってしまうことにもなりかねません。

不安な思いをプラスな気持ちに変えて、せっかくのお付き合いを長続きさせていきましょう。ここでは、カップルのお付き合いを長続きさせる秘訣5つをご紹介します。

1.相手に依存しない心持ちで付き合う

「気が付けば、生活の中心が彼氏一色になってしまう」「絶対、彼氏と別れるなんて考えられない」

彼氏に依存するつもりはなくても、付き合いたての頃は気持ちが高まっているため恋愛に対する比重は大きくなりがちです。

自分自身の大切な予定や友人との予定まで彼氏のためにキャンセルするようになっていたら、彼氏に依存し始めているサイン。

譲れないものや大切なものを守りながら、依存しすぎない心地よい関係を築いていくようにしましょう。

おすすめ記事
「彼氏への依存が辛い…」彼氏への依存を克服する9つの方法

「私は彼氏依存症」もう依存するのをやめたい。依存を克服する9つの方法

2.我慢せずに意見できる関係を意識する

付き合ったばかりの頃から、自分の”素”をさらけだすのは難しいこと。

「私は本当はこっちの遊園地に行きたい」「私はそういうことを言われると傷つくからやめて」心の中で思っていることにも、つい蓋をしてしまいがちです。

しかし、我慢ばかりしていると、いつか心の中にしわ寄せはどんどん増えていきます。長続きさせる秘訣として、思ったことは素直に伝えるようにしていきましょう。

彼氏も「言ってもらわないとわからない」と感じていることも、多くあるものです。

3.お互いが一人でいる時間を大事にする

学校や仕事が終われば、彼氏とデート。休日はもちろん、一日中彼氏と一緒に過ごす。

付き合いたては一時も離れたくないと感じることもありますが、そういった行動が共依存や束縛に繋がってしまいます。

行動や言葉を強く束縛してしまえば、お互いが心地よく感じられず一緒にいること自体をストレスに感じてしまうことも。

離れている時間を大切に過ごすことで、共に成長し、良好な関係を築くことができるのです。

 

4.常に新しい楽しみを求める努力を怠らない

デートへ行く場所や家の中で遊ぶときに、何をするのか彼氏に任せっぱなしになっていませんか?

お互いにマンネリを感じてしまう前に、まずは自分から「今日はこっちに行ってみたいんだ」「新しいゲーム、一緒にやってみない?」と提案することが大切です。

付き合いたてのころから、デートプランは相手任せにすることなく自分からもアイディアを出すようにしましょう。

5.愛情表現を適度に行う

好きな気持ちが溢れてしまうと、「大好き」「愛してる」を毎日何回も繰り返してしまいがちです。

付き合いたては、ついつい好きの想いを伝えたりスキンシップも多くなりますが、愛情表現が過度になってしまうと「重すぎる」と思われてしまう原因に。

愛情表現は相手の反応をみながら、特別な時間のときに思い切って伝えるようにしましょう。

 

会う頻度や距離感は?付き合いたてのNG行動

付き合いたてなら「できるだけ毎日会いたい」「いつも側にいたい」と考えてしまうもの。

付き合いを長続きさせていくためには、お互いが心地よいと感じる距離感を掴むことが重要なポイントとなります。不安な気持ちに振り回されること無く、付き合いたてこそ冷静な対応を心がけましょう。

ここでは、付き合いたてのNG行動5つを紹介します。

1.毎日会うのはNG

付き合いたては、つい「すぐに彼氏に会いたい」という気持ちを優先させてしまいます。

でも、「毎日会うのは何のため?」「毎日会うために犠牲にしてしまっていることは何?」と一度立ち止まって考えてみてください。

もし、他の予定をつぶしたり自分の趣味の時間を犠牲にして毎日会っているのなら、会う頻度を減らす必要があるといえます。

離れている時間でもお互いを大切に思い合えるからこそ、長くお付き合いを続けていくことができるのです。

おすすめ記事
「彼氏に会いたい…」重いと思われる?上手な会いたい気持ちの伝え方

「彼氏に会いたい…」我慢すべき?恋人が会いたくなる女性でいる秘訣

2.二人の関係の発展を焦らない

付き合いが始まれば、付き合いたてだとしても「結婚」を意識するものです。

「親から結婚を急かされているから、早くプロポーズしてほしい」「周りは皆結婚しているから、早く私も結婚したい」

自分が結婚適齢期に入っているなら、関係を早く発展させたくて焦ってしまいます。そんな焦る気持ちや不安感は、相手にも伝わるもの。

まずは、お互いが関係をどうさせていきたいのかを話し、お互いの気持ちや不安感への理解を深めていくようにしましょう。

3.連絡を疎かにしない

付き合いたては、どのくらいの間隔で連絡をすれば良いのかわからず考えすぎて遠慮しまうことも少なくありません。

「重いって思われないか不安だから、あまり連絡しないようにしよう」と連絡を控えたとします。しかし、もし相手も同じように考えていたとしたら、ほとんど連絡を取り合わないカップルになってしまいます。

少なくとも、仕事終わりや夜寝る前などの落ち着いたタイミングを見計らって「今日も一日お疲れ様」「今度のデート、楽しみにしてるね」などの連絡はとるようにしましょう。

おすすめ記事
彼氏が音信不通…その原因は?彼と連絡が取れない時の対処法

彼氏から連絡こない…音信不通の理由|音信不通の時の対処法&NG行動

4.短い時間で相手の全てを知ろうとしない

彼氏の好きな食べ物や好みの洋服、せっかく付き合えたんだから彼氏のことはなんでも知っておきたい。

付き合いたてだと、「彼氏を知りたい」と思う気持ちも急いてしまうものです。

どんなにたくさん言葉を交わし合うカップルでも、相手のことをしっかりと知るためには長い時間がかかるもの。

慌てず、二人の時間を育みながら、相手のことを少しずつ知ることも付き合う楽しみの一つです。

5.一度に魅力を全部伝えない

付き合いたてのうちに自分の魅力を全て見せきってしまうのは、一番始めにフィナーレの打ち上げ花火を上げてしまうようなものです。

男性には狩猟本能が備わっているため、付き合い始めてからも追いかけたくなる女性に惹かれる傾向があります。

そのため、始めから手のうちを全て見せてしまうのではなく、少しずつ時間をかけて見せていきましょう。

長い時間をかけて少しずつお互いを理解し合うことで、いつも新鮮な気持ちを持てるようになります。

 

初めて知るし長続きしたいなら、優しさが大事なんだ。

付き合いたてのときには、幸せな気持ちと不安な思いが背中合わせにある。

だけど、不安な思いを抱えているのは相手も同じ。

まだまだお互いのことを知り合うための大切な期間に、時間をかけて話してみることが大切です。

不安な気持ちを話しあって二人で乗り越えることができれば、二人の絆はもっと深まります。

彼氏を信じる気持ちを持つことも、不安な気持ちを和らげてくれるでしょう。

彼氏の気持ちを優先するなど優しい気持ちを持つと、自然と心の余裕も生まれてくる。

実った恋が末永く続くように、不安な気持ちに振り回されないようにしたいものです。

 

この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

小春
小春
精神科ナースとして働いた経験があり、メンタルヘルス系の記事を多く執筆しております。読む人の心がほっとほどけるような記事を執筆していきたいです。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする