2020.05.07

焦って結婚すると後悔する!?女性が結婚を後悔しないための心構え6選

久保佳奈子

久保佳奈子

それぞれの道を進むために、自分で選びとろう。

焦って結婚したこと…実は後悔しています。

「結婚」は幸せを表す言葉だと思っていた。

女性としての幸せを手に入れられる。

みんなから一目置かれる存在になれる。

若いうちにちゃんと結婚できた人だと思ってもらえる。

旦那さんとずっと一緒にいられる。

どうして私は、結婚をしたのに幸せじゃないのでしょうか。

夫とずっと一緒にいる生活は苦しい。

時間もお金も、一人の時の方が好きに使えた。

あの夫婦の方が幸せそうで、自分が醜く見える。

幸せのゴールである結婚で失敗した私。

どんなに後悔しても、もう変わることはできないのかな。

 

女性が結婚を後悔する理由とは?

結婚をして、幸せになる夫婦はたくさんいます。

しかし、「結婚」=「女性の幸せ・全ての幸せ」というわけではありません。

結婚に後悔する女性も多い中、女性はどのような原因で苦しんでいるのでしょうか。

1.価値観が合わず生活が息苦しい

女性が結婚を後悔する理由の1つ目は、「夫との価値観が合わないことで、毎日に息苦しさを感じるようになったから」です。

結婚前は、一緒に生活をするわけではありません。

休日にデートをしたり、夜に食事をしたり。

共に過ごす時間は、楽しい空間として二人笑って居られることが多いです。

しかし、結婚後はお互いの生活を一緒にすることとなります。

そんな日々で価値観が合わないことに気づくと、結婚に対する後悔の念を感じるようになるのです。

2.授かり婚で気持ちの準備ができなかった

女性が結婚を後悔する理由の2つ目は、「授かり婚によって結婚を決意したことで、自分の気持ちが追いつかなかったから」です。

結婚にはさまざまな形があります。

授かり婚によって結婚を決意する夫婦もいて、当然その後夫婦生活を円満に送っている家庭もあります。

しかし、中には結婚に対する気持ちの整理ができず、後悔を抱いてしまう女性もいるのです。

「どうしてあの時、結婚してしまったんだろう…。」

「もっと他の人生があったのかな。」

自分の人生について考えてしまい、夫婦生活にも行き詰まってしまいます。

3.将来に対する考えのすれ違い

女性が結婚を後悔する理由の3つ目は、「これからの未来に対して考えの違いを感じたから」です。

生活を共にしていくうちに、お互いの考え方が変化していくこともあります。

結婚当初は、二人で同じ未来を思い描いていたのに、いつの間にか心が通い合わなくなってしまった…。

そんな状況に、苦しみや辛さを感じてしまいます。

4.金銭感覚が違いお金の悩みが絶えない

女性が結婚を後悔する理由の4つ目は、「金銭感覚が大きく違うから」です。

結婚生活において、お金は大切なものです。

「愛があれば大丈夫。」

結婚当初はそう感じていても、現実が甘くないことを知ってしまうと、苦しみが際立ってしまいます。

「これから生活はどうなっていくのか。」

家族の生活に不安を感じることで、後悔を抱いてしまうのです。

5.家事・育児に対する理解度の相違

女性が結婚を後悔する理由の5つ目は、「家事や育児よるすれ違い」です。

結婚して二人だけだった時には、何の問題もなかった。

子どもが生まれてから、夫に対する不満は増えるばかり。

どうして私だけが、こんなに負担を強いられなければいけないの…?

家事・子育ては、夫婦二人で協力して行っていくものです。

しかし、夫からの協力や感謝の気持ちが感じられないと、ただただ苦しさが膨らんでしまいます。

6.スペック以外何も見ていなかった

女性が結婚を後悔する理由の6つ目は、「相手の収入や容姿など、客観的に良いとされる部分しか見ていなかったから」です。

お付き合いをしている時には、相手のスペックを自慢要素として感じることもあるでしょう。

「私の彼は、すごく良い会社に勤めているの。」

「とてもかっこいいのに、私と付き合ってくれるのが不思議なくらい!」

すごい人と付き合っていることをアピールすれば、自分自身の自慢になる。

しかし、結婚生活は長く、密接な関係を築き上げていくものです。

上辺の良い部分しか見ていなければ、当然時間を経るうちに相手の欠点に悩まされることとなるでしょう。

7.結婚してから態度が変わって辛い

女性が結婚を後悔する理由の7つ目は、「相手の態度が結婚してから一変してしまったから」です。

結婚による関係性の変化は、多くの夫婦が経験します。

夫婦ではなくても、人と人との関係性は常に変化していくものです。

そのため、時間が経って二人の関係が変わっていくのは決して悪いこととは限りません。

しかし、夫婦になってから相手からの愛情を感じられなくなってしまうと、結婚生活に苦しさを覚えてしまいます。

8.親の反対を押し切り勢いで結婚した

女性が結婚を後悔する理由の8つ目は、「両家の親との関係がうまくいっていないから」です。

現行の結婚制度を踏襲すると、結婚にあたって両家の繋がりや双方の同意は重要視されます。

そのため、親の許可が得られていない状態での結婚をすると、その後の関係にもしこりが残ってしまいます。

新婚の頃は、二人で頑張るぞ!と張り切っていた。

でも、もう限界かもしれない。

二人ぼっちでやっていけるほど、結婚は簡単じゃなかった…。

時間が経過して気持ちが落ち着いてくると、後悔を感じるのです。

 

焦って結婚をすると何が起きる?

結婚したことが後悔に繋がってしまう夫婦の中には、焦りを感じて結婚に踏み切った人がいます。

「周りがどんどん結婚していく。」

「私だけ、取り残されてしまうのかな…。」

そんな不安を抱え、焦って結婚を決めてしまうと、その後どのような弊害が発生するのでしょうか?

1.見極める時間がなくすれ違いが生じる

結婚する相手とは、生活を共にします。

お互いの持っている価値観や金銭感覚、築きたい家庭の形や仕事への考え方。

それぞれがこれまでに作ってきた歴史の中で、それぞれの考えを持っています。

全てが一致することはありませんが、お互いのスタンスを知って理解しているかどうかで、結婚生活は変わります。

「焦って結婚を決めたから、相手のことをよく知らない…。」

数年経って相手の価値観が自分と合わないことに気付き、後悔を感じることもあるでしょう。

2.結婚そのものへの憧れが強く相手への尊敬がない

よく言われることですが、結婚はゴールではありません。

あくまで夫婦としてのスタートラインに立っただけです。

しかし、結婚をゴールだと捉えて、「とにかく結婚に辿り着かなければ!」と焦ってしまった人は、相手を大切にしつづけることが難しくなります。

尊敬できない相手と生活を共にするのは、当然苦痛です。

結果的に、「結婚」に縛られた自分に苦しめられることとなるでしょう。

3.相手の家族や親族との付き合いまで見極められない

家庭ごとに差はあるものの、結婚をすれば義実家や親族との付き合いも発生します。

相手のご家族・親族のことまで知らずに結婚してしまうと、親族付き合いに悩まされることもあります。

夫のことは好きだけど、どうしても親族との相性が悪い…。

夫にも言い出しにくく、自分一人で抱えてしまいがちな問題です。

 

結婚前に同棲してゆっくり向き合うのも大切なんだ。

これから結婚しようか悩んでいる女性は、タイミングを決めかねているかもしれません。

そんな時には、結婚を前提とした同棲を始めるのも一つの手段です。

「結婚するかも分からないのに、同棲なんてできない!」

「一緒に住むのは結婚してからで良くない?」

実は、同棲は相手の細かい部分を知るためには最適の方法です。

生活を共にすることで、今まで知らなかった相手の本性を見ることもあります。

まだ相手のことを詳しく知らないと感じている人は、同棲をはじめてみましょう。

おすすめ記事
結婚前には同棲をすべき!?同棲するメリットとデメリット

結婚前に同棲する?しない?メリットとデメリット&不安を解消する方法

 

結婚を後悔したら考えたい3つのこと

もしも、夫婦になってから後悔を感じたら、何をすればいいのか。

辛い時には、3つの問いかけを自分自身にしてみましょう。

一人で向き合うのが苦しい場合は、信頼できる友人と一緒に考えるのもおすすめです。

1.自分に落ち度はない?

結婚後に後悔を感じた時に考えたいこと1つ目は、自分が改善できるポイントについてです。

ハラスメント行為やDV行為などは問答無用ですが、二人の些細な喧嘩や価値観の不一致が原因で苦しさを感じている時には、自分が変えられることを考えてみましょう。

喧嘩をする時や、相手に対する怒りを感じている時は、100%相手が悪いと感じてしまうものです。

しかし、どちらかが一方的に全て悪者である可能性は極めて低いです。

「これまで、私が彼に対しておこなった失礼な行動はなかった?」

「相手に対して感謝の気持ちを持っている?」

一度自分の言動や行動を見直してみましょう。

2.二人で乗り越えられる可能性は?

結婚後に後悔を感じた時に考えたいこと2つ目は、「これから二人で同じ方向に向かって行けるか」です。

二人の意見や考え方が合わない時。

夫婦で話し合いを重ね、方向修正はしてきましたか?

言わずに溜め込んでいるばかりではなく、相手に不満は伝えましたか?

夫婦の問題は、二人の問題です。

どちらか一方がどんなに悩み、苦しんだとしても、二人で向き合えなければ改善には向かいません。

これからの二人について、二人で話をしましょう。

3.離婚の選択をして将来の自分は後悔しない?

結婚後に後悔を感じた時に考えたいこと3つ目は、「離婚を選ぶかどうか」です。

一緒にいることがどうしても苦しい場合、それぞれの道に進むこともできます。

マイナスに捉えられることが多い離婚ですが、夫婦にとってそれが幸せの形になることもあります。

とは言え、一度家族になった人と離れることは簡単ではありません。

将来を想定してみても、何を選択するのが正解かは誰にも分かりません。

しかし、今のあなたに問いかけてみてほしいのです。

「これからの私が、後悔しない選択は?」

「焦って選ぼうとしていない?」

「誰かの信念や、社会の体裁のもとで決めようとしていない?」

「私が自分で選びたい未来は?」

正解かどうかは分からない。

でも、不正解を選んでも、幸せでいられることもあります。

大切なのは自分で選びとることです。

おすすめ記事
離婚が頭をよぎったら?離婚の決断をしたら必要なこと、一応見てみる?

「別居・離婚したいんです」女性が旦那と離婚したいと思う理由や原因は?

 

後悔したくない!結婚に必要な6つの心構え

これから結婚をする女性は、不安に感じることも多いことでしょう。

「マリッジブルー」という言葉もあるように、結婚はそれだけストレスがかかるものです。

少しでも不安を軽減するために、結婚前に知っておきたい6つの心構えをチェックしましょう。

1.様々な相性が良い人を選ぶ

結婚前に注意したいポイント1つ目は、自分と相手の相性を見極めることです。

どんなに好きな人でも、合わない相手と同じ時間を共にしつづければ、ストレスが溜まります。

性格、お金の使い方、仕事への考え方、家族との関わり方、趣味の時間。

自分がどのような相手を求めているのかを知り、それに合った相手を選びましょう。

2.何か一つでも尊敬できる相手を選ぶ

結婚前に注意したいポイント2つ目は、相手を尊敬できるかどうかです。

尊敬できない人と一緒にいても、相手に対してプラスの感情は持てません。

小さなことでも、「この人のここが好き、すごい!」と思える人を選びましょう。

3.感謝の言葉を交わせる関係であること

結婚前に注意したいポイント3つ目は、「ありがとう」を言い合える相手であることです。

どんな人との関係でも、感謝の気持ちを持つことは重要です。

結婚相手となれば、より大切なポイントとなるでしょう。

ことあるごとに、感謝を言える人か。

悪い時には、素直に謝れる人か。

「ありがとう」と「ごめんなさい」をチェックしましょう。

 

4.隠し事をしない関係であること

結婚前に注意したいポイント4つ目は、相手を傷つける嘘をつかないかです。

たとえ夫婦と言えど、お互いがお互いの全てを把握しあえるわけではありません。

それぞれの人間関係や生活圏は、家庭だけに止まらないため、当然知らないことも出てきます。

だからこそ、相手を無条件に信頼できるかどうかはとても大切です。

相手を傷つけることはしない。

自分の都合のために隠し事をしない。

真摯に向き合ってくれる相手を選ぶことが重要です。

5.将来お互いが協力し合えそうか

結婚前に注意したいポイント5つ目は、これから先の長い時間を想定することです。

結婚はスタートです。そこから夫婦二人の生活は始まっていきます。

夫婦になったばかりのうちは、高揚感や新鮮な気持ちもあり、お互いに幸せでいられるでしょう。

しかし、夫婦の時間はずっと積み重なっていきます。

「この先ずっと一緒に居られる相手か。」

「一時的な感情の高ぶりではないか。」

「本当に信頼できる、結婚したい人か。」

疑心暗鬼になる必要はありませんが、「早く結婚したい」と思う気持ちが強い人ほど、冷静に判断する時間も大切です。

おすすめ記事
将来設計で理想の人生に近づける!誰でもできる、人生計画の立て方とは?

人生設計や将来設計とは?人生計画表を作って、理想の人生を見つけよう。

6.どこまでならお互い許せるか共有しておく

結婚前に注意したいポイント6つ目は、妥協できるラインをお互いに知っておくことです。

どんな相手を選んだとしても、全てが自分と一致するわけではありません。

家族でも理解できないことがあるように、自分とは違う人と完全に意見が合うことはあり得ません。

だからこそ、時には許容や妥協することも大切です。

許せるポイントや程度、気になるポイントは、人によって差があります。

たとえば、掃除の頻度や程度。

「家の中は、ホコリ一つでも気になる。」

「ある程度清潔に保てていれば、細かい部分は頻繁に掃除しない。」

たとえば、お金をかけるポイント。

「食には惜しみなくお金をかけたい!」

「なるべく出費は減らして、貯金がしたい。」

たとえば、休日の過ごし方。

「人と会うのが好きだから、外に遊びに行きたい。」

「家でゆっくりしたいから、二人でのんびり過ごしたい。」

このように、さまざまな軸を挙げながら相手と自分を比較し、許容できる程度の相手を選びましょう。

後から不一致に気づくことで、結婚生活のストレスは大きくなります。

 

結婚がゴールじゃないんだ。後悔のない選択を!

あなたがご主人と結婚をしたことは、あなたの人生で変わることのない事実です。

そこには、幸せな時間もあったかもしれない。

もしかしたら、見失っている幸せは今も在りつづけているのかもしれない。

そして、夫婦としての時間はこれからも続いていきます。

これから、二人でどのような生活を築いていくのか。

それぞれの道を進むために、一歩踏み出すのか。

あなたが後悔しないように、あなた自身で選びとりましょう。

 

この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

久保佳奈子
久保佳奈子
1994年生まれのライター・エッセイスト。不安障害/うつの経験から、生と向き合うようになりました。健やかに生きるための方法や、メンタリティについてをメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする