2020.05.05

我慢汁(カウパー液)で妊娠する?人に聞けない精子と避妊の全て、教えます

岡 あい

岡 あい

我慢汁は“妊娠させるため”のもの。大丈夫なんてないよ。

彼氏に「カウパー液じゃ妊娠しないよ」って言われました

彼氏とセックスする時に「ちょっとだけ入れさせて?」って頼まれた。

カウパー液じゃ妊娠しないよ。我慢汁に精子は出ないんだから。

そう言ってるけど、本当なのかな…?

だってちゃんと精液と同じ匂いがするし、精液と同じところから出てるし。

そのまま彼の言葉を信じていいのかわからない。

とりあえず笑顔を取り繕ってごまかしたけど、彼は不機嫌そうな表情をしてた。

後から「我慢汁」「カウパー液」について調べてみると、色んな情報が出てきてさらに戸惑ったんだ。

我慢汁でも妊娠するから危険です。我慢汁はほぼ妊娠しないから大丈夫。

いったいどの情報が正しいの?

我慢汁で妊娠するかどうかって大切なことなのに、なぜ真逆な意見に分かれるの?

もし我慢汁に妊娠の可能性があるのなら、私が私を守らないと。

おすすめ記事
男性が喜ぶフェラのテクニック「実は…」フェラ中に男性が抱える本音とは?

【気持ちいいフェラのやり方】男の本音・彼氏が喜ぶテクニック&コツ!

 

我慢汁とは?

我慢汁(=カウパー液)とは、男性が興奮した時にペニスから出る、透明のヌルヌルした液体のこと。

我慢汁は性器の挿入をスムーズにしたり、尿道での精液の流れをスムーズにしたり、精子そのものを保護する役割を持っています。

膣内に我慢汁が入ると、膣内が「妊娠しやすい環境」に整えられる効果も。我慢汁は、妊娠させるために重要な役割を持っている分泌液なのです。

カウパー液は精液じゃないから妊娠しないよ。

膣内射精しなければ妊娠しないから、ちょっと挿入しても大丈夫。

このように言われることがありますが、我慢汁でも妊娠します

男性が性的な興奮を感じている時点で、我慢汁にはたくさんの精子が混ざっているのです。射精しなくても、挿入するだけで我慢汁によって妊娠します

 

どうやったら我慢汁の侵入を防げるの?

ペニスから精子が漏れ出るのをコントロールできる人はいません。

我慢汁の分泌を我慢するのは不可能。射精を我慢する感覚とは全く異なり、無意識に分泌されます。

「膣外射精すればいい」「ピストンしなければ大丈夫」と考えて挿入する人がいますが、挿入した時点で膣内には精子が入り込むもの。

さらに、我慢汁がついた手で膣内に触れるのも危険といえます。

精液と同じように避妊しないと、我慢汁の侵入を防ぐことはできないのです。

また、避妊せず挿入すれば、性感染症のリスクも伴います。

「生で挿入したい」という心理が先にあって、「我慢汁は大丈夫」という理由は後付けです。「我慢汁は妊娠しない」という情報に根拠はありません。

おすすめ記事
生理中のセックスは妊娠しないって本当?生理中のセックスが危険なワケ

生理中セックスのリスク|生理の時に「エッチしよ」って言う男とは別れろ!

 

我慢汁もシャットアウト!正しい避妊法

妊娠を望んでいないのなら、我慢汁もしっかりとシャットアウトする必要があります。

相手の主張に折れたり、「嫌われたくない」などの心理から自分を犠牲にしてはいけません。

男性は女性に比べてリスクが低いため、残念なことに「性に対する認識」が甘いケースもあります。時には女性から積極的に避妊する必要があるのです。

我慢汁もしっかりシャットアウトするために、正しい避妊法をチェックして、自分を守るための性の知識を深めましょう。

1.勃起直後にコンドームを装着する

「カウパー液は妊娠しない」と考える男性は、興奮して勃起すると「早く挿入したい」「ゴムをつけるのがわずらわしい」と感じる傾向があります。

そのため、勃起直後にしっかりとコンドームを装着しましょう。

この時、女性からつけることができると、男性も「受け入れよう」という気持ちになりやすくなります

もしコンドームの装着が男性任せになっている場合は、女性からつけることで、その場のムードや彼の興奮を萎えさせないようにしてみましょう。

おすすめ記事
コンドームをつけても妊娠する原因とは?正しい避妊の知識をつけよう

コンドームをつけても妊娠することがある!?避妊失敗の原因と正しい使用法

2.低容量ピルの服用

コンドームだけに頼ると「男性任せの避妊」になります。そのため、低用量ピルの服用により、女性主体の避妊をすることもおすすめ

その代わり、「ピルを飲んでいる」と聞くと「生でセックスできる」と考える男性もいるため、ガードを緩めないようにしましょう。

ピルの注意点としては、うっかり飲み忘れたり、下痢や嘔吐で排出されて避妊効果が弱まることもあります。

また、コンドームのように性感染症を防ぐことはできないため、コンドームとピルを併用するのが正解です。

3.IUD(子宮内避妊具)

子宮内にIUDという避妊具を入れて、精子を阻止したり、受精できなくする避妊法があります。

IUDは3年、5年、10年といった長い年数入れ続けることができる避妊具。

長期で避妊したい人向けに使われています。

注意点としては「IUDも避妊率は100%ではない」ことと「性感染症は防げない」ことです。

ピルを飲めない人や飲み忘れが心配な人は、IUDの方が相性が良い場合があります。入れてみたい時は、取り扱いのある産婦人科へ相談しましょう。

 

セックスは、男性に任せきりじゃだめなんだ。

女性はセックスで口出ししてはいけない。

男性に主導権を握らせるもの。

こうした意識を持っていると、男性に任せきりのセックスになってしまいます。

「我慢汁なら妊娠しないよ?」「ちょっとならいいでしょ?」と言う男性に対して、全てを委ねすぎると危険です

女性からもリードして、しっかりNOを言える状況にしましょう。

彼が不機嫌になったら嫌だから。嫌われたくないから。

そう感じているとしたら、その恋愛は「男性に主導権を握られている状態」といえます。

恋愛は二人で築き上げていくもの。どちらかの意見に偏ると、もう片方が自己犠牲的になっていきます。

無理に合わせても、その先にはさらに悲しい未来が待っているだけ。女性からも動いて、幸せな恋愛を手に入れましょう。

 

流されたらダメ!男性の「危険な一言」

「我慢汁なら大丈夫」と思っている男性は、様々な言葉を使って女性を説得します。

ここからは、流されてはダメな男性の「危険な一言」をご紹介。

性欲のスイッチが入ると理性的な判断ができない人は数多くいます。普段信用できる人だとしても、甘い誘惑に乗るのはNGです

自分の身体や未来を犠牲にしてはいけません。しっかりと自分の意思で断り、妊娠することがない“女性に優しいセックス”を貫き通しましょう。

1.「少しだけ生でしたい。」は少しでもNG

お願いだから、少しだけ挿入させて。入れるだけだから…ね?

このように、妥協しているように「少しだけ」とお願いする男性がいても、「少しでもNG」です。

ピストン運動の前に「生でしたい」とお願いされるケースが多いですが、一瞬でも避妊無しで挿入してはいけません

勃起直後にコンドームを装着することを徹底して、男性が「生でしたい」と発言する余地すら与えないようにしましょう。

迷っていると「押せばイケる」と思われてしまいます。

2.「外出しするから。」は危険すぎる!

大丈夫、外出しするから安心して。中に出さなければ妊娠するわけないよ?

これは前述したように「我慢汁は妊娠しない」と過信しているサインです。大丈夫ではないため、受け入れてはいけません。

リスクを背負わない本人は、自分にとってプラスに感じる情報を信じる傾向があります。

「生でしたい」という願望が強い人は、「我慢汁も危険」と聞いたことがあっても、「外出しすれば大丈夫」という情報を信じたくなるのです。

3.「今日は安全日だよね?」安全日はありません。

生理前日から生理までを「妊娠しない安全日」と信じる人もいます。ですが、「安全日といわれる時期でも妊娠する」のが事実

「安全日」という言葉は、「避妊具をつけたくない」「生でしたい」と考える人の中で信じられている理論です。

望まない妊娠が後を絶たないため、「安全日」という言葉を信じてはいけません。

また、「安全日」を理由に避妊しない人は、妊娠した先のことよりも「目の前の快楽」に意識が向いています。

4.「ゴムするなら別れる。」別れましょう。

ゴムをつけると窮屈だし気持ち良くないから、仕方ないじゃん。

ゴムするなら別れるよ?

このようにすぐに別れを持ち出す人とは別れましょう。

自分の欲求を通すために「別れ」をチラつかせる行為は、あまりに思いやりや愛情に欠けています。

もしその先付き合ったとしても、気に入らないたびに「別れるよ?」と口にするはず。早い段階で別れた方が、労力と時間と愛情を無駄にせずに済みます。

本当に相手のことが好きなら、「別れ」の一言で揺すりません。

5.「子作りしてみる?」その言葉、本気じゃないよ?

「子作りしてみる?」と言われると、“できちゃった婚”を受け入れているように思えますが、残念ながら本気ではありません。セックスで興奮するための演出です

性的コンテンツの描写の一つに「子供ができちゃう」などの表現があり、快楽を高める手段として簡単に「子作りしてみる?」と発言する男性もいます。

結婚していない男性からの「子作り発言」はスルーしましょう。妊娠した後にはぐらかされると、深く傷つくことになります。

 

万が一心配なことが起きたら…

コンドームも100%信頼できるわけではなく、時には破れたり穴が空いたりします。

もしもの時は「緊急避妊ピル(別名モーニングピル)」という措置があるので、覚えておきましょう。

無理矢理襲われたり性犯罪に遭った時も、「緊急避妊ピル」を使うことで、望まない妊娠の可能性ををある程度まで下げることができます。

緊急避妊ピルは性行為から72時間以内(3日以内)に飲む必要があるもの。できる限り早く産婦人科に行って、処方してもらいましょう。

3日を過ぎて効き目が下がったとしても、避妊効果はあるため諦めてはいけません。

緊急避妊ピルはホルモンが大きく変動するため、吐き気を伴うことがあります。服用してすぐに吐くと効果が薄れるため、しっかりと医師の説明を聞いて従いましょう

 

我慢汁でも妊娠するよ。自分の身体、大事にしよう

我慢汁は妊娠しないなんて嘘。我慢汁でも妊娠する。

「我慢汁だから大丈夫」と思っている人に、子育ての準備ができてるといえる?

家族を養う覚悟があるといえる?

我慢汁で妊娠して人生が大きく変わるのは女性。

子供一人を育て上げるのには、労力・時間・お金、そしてたっぷりの愛情が必要。

「我慢汁は妊娠しないから、生でしよ?」という発言に愛情は感じられない。

自分を思いやってくれる人と妊娠の喜びを分かち合おう。

望まない妊娠を受け入れてはいけない。

そして、「我慢汁ならいいでしょ?」を受け入れるかどうかも、自分の選択だから。

私は徹底してNOを貫く。だって私の身体が大事だもの。

幸せになりたいからこそ、不本意なセックスをシャットアウトして、愛のあるセックスを受け入れよう

 

この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

岡 あい
岡 あい
言葉と音楽をこよなく愛するライター。「生きる意味」や「人生とは何なのか」を、今日も考えています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする