2020.05.04

ミニマリストの部屋は快適?断捨離で暮らしやすい部屋づくりをしてみよう

SATOSHI

SATOSHI

たくさんの物に囲まれる生活、辞めてみない?

ミニマリストになりたいけれど、物で溢れている…

似たようなデザインのパンプスが大量に並んでいる玄関。

バーゲンセールで購入したものの、一回しか使っていないバッグたち。

私の部屋はたくさんの物で溢れかえっている。

そのほとんどは、何かの役に立つと思ってずっと置いてあるが、未だに機能を果たしていない物ばかり。

最低限の物しか部屋に置かないミニマリストが羨ましい。

どうしてあんなに少ない物だけで生活できるのか、想像もつかない。

綺麗に整理されたインテリアに、広さを感じさせる統一感。

見ているだけで格好良さを感じる。

物で溢れているこの部屋を何とかしたい。

ミニマリストになって、快適でゆとりある生活を送りたい。

こんな私でも、ミニマリストになれるのかな?

 

今の自分を変えてミニマリストになりたい理由

最近、ミニマリストのことを耳にしたりSNSで目にする機会が多くなりました。

ミニマリストとは、最低限の物しか持たずに生活をしている人のことです。

ミニマリストの中には、外へ出る時に財布すら持たない人も。

必要最低限の物しかないと寂しさを感じる人もいますが、実は、ミニマリストに憧れる人は年々増えています。

今の自分を変えてミニマリストになりたいと思っている人は案外多いのです。

どうして人は、ミニマリストに憧れるのでしょうか?

1.物を探す生活が嫌になった

ミニマリストになりたい理由の一つに、物を探す生活が嫌になった場合があります。

部屋に物が溢れていると、必要なものを必要な時に見つけるのは困難といえるでしょう。

物を探すだけでストレスなのに、急いでいる時に見つからないと余計ストレスが溜まってしまいます。

長い間これが続くと、生活自体が楽しくなくなってしまうこともあるでしょう。

部屋に物が多く整理が苦手な人ほど、ミニマリストに憧れるのです。

2.使わない物に囲まれて快適ではない

使わない物に囲まれて快適でないことも一つの理由です。

部屋に溢れている物のほとんどが、使わない物である可能性は高いといえるでしょう。

使わない物ほど、部屋の中の目に付きやすい所に置かれているものです。

まるでインテリアの一部のようになりがちですが、使わない物に囲まれていると快適に過ごすことはできません。

物が溢れている状態を改善して快適な生活を送りたいと思っている人ほど、ミニマリストに強い憧れを抱くのです。

3.テイストがバラバラな部屋がお洒落とは程遠い

テイストがバラバラでお洒落な部屋とは程遠いことも理由の一つ。

部屋に物が溢れている人は、欲しいものはどんどん購入する特徴があります。

加えて、使わない物でも捨てることはほとんどありません。

これでは部屋のテイストに統一感は生まれにくくなります。

対して、ミニマリストの部屋は物が少なくシンプルで、テイストも統一されているのでお洒落に見えるのです。

物が多い人ほどお洒落への意識は高いので、ミニマリストになりたいと感じるでしょう。

4.本当に必要な物が何か分からなくなった

本当に必要な物が何か分からなくなった人も、ミニマリストになりたいと思うでしょう。

物が多い部屋では、何が必要で何が不必要か分からなくなっていきます。

物が多いと、こだわりや必要性を考えることが少なくなるでしょう。

必要な物が明確であれば、新しいものをどんどん揃えることはありません。

物の必要性を感じにくくなっている人ほど、必要な物だけを揃えているミニマリストに憧れるのです。

 

このままだと、部屋も自分も見失いそう…

最低限必要の物だけで生活しているミニマリストとは正反対にいる私。

必要な物がすぐに見つからない毎日。

だけど新しい物はどんどん購入してしまう。

物が増えれば増えるほど、整理する気力も湧かなくなってきた。

部屋に物が溢れていることで、なんだか気分が下がっている気がする。

必要な物が何か分からないだけじゃなく、自分の調子をコントロールすることもできなくなってきた。

このままだと、部屋も自分も見失ってしまうかも…。

気持ちが落ち着く唯一のプライベート空間なのに、調子がおかしくなってしまっては意味がない。

部屋も自分も見失わないためにも、心に余裕があるミニマリストになりたい。

 

ミニマリストに学ぶ、物が少ない暮らしのメリット

物が少ない生活は、不便に感じられることが多いです。

部屋に物が溢れている人は、「何かあった時のために使いそうな物は用意しておきたい。」という考えを持っているでしょう。

しかし実際には、物が溢れているよりもミニマリストのように物が少ない生活を送る方が良いことも。

そして、物が少ないことで得られるメリットはたくさんあるのです。

ミニマリストのように物が少ない暮らしをすると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

1.部屋の掃除時間を短縮できる

部屋の掃除時間を短縮できるメリットがあります。

まず、物が少ないと整理するのに時間がかかりません。

そして、動かす物も少しだけなので、短時間で掃除ができるのです。

短時間でできるので、日ごろから掃除をする意識もつくようになるでしょう。

ミニマリストの部屋が綺麗なのは、掃除が簡単にできることも理由なのです。

身の回りを綺麗にすることは心を豊かにすることにも繋がります。

2.何がどこにあるかすぐ分かる

物が少ない暮らしをすると、何がどこにあるかすぐ分かるようになります。

必要な物が少ないことと、基本的に目につく所に全てあるので探しやすいのです。

また、ミニマリストは把握しておく物の数が少ないことも、物の場所が分かる特徴といえるでしょう。

自分の部屋の物の位置を把握しているので、探す時間がかかることによるストレスを感じることはありません。

ミニマリストにとって物がすぐに見つかる部屋づくりは、心に余裕を持つために大事なのです。

3.無駄な買い物を減らせる

無駄な買い物を減らせることもメリットといえるでしょう。

物が少ない暮らしをすることで、本当に必要な物だけを買うようになります。

また、節約という観点から、ミニマリストにはメリットがあるといえるでしょう。

そこまで必要でない物との判断がしっかりと出来ているので、無駄な買い物を減らすことができるのです。

無駄遣いが無くなることは、浪費を改善することにも繋がるので、より生活が豊かになるでしょう。

4.空間を広く見せられる

ミニマリストは空間を広く見せられるというメリットもあります。

たとえ部屋が狭くても、物が少なければ広々とした空間に見せることができるのです。

物が溢れていると部屋中を囲まれてしまうので、見晴らしが良くありません。

物が少ないことで、空気の入れ替えや自然の光が入りやすいこともメリットといえます。

空気を入れ替えることで部屋での居心地も快適になりますし、自然の光は朝の目覚めを良くしてくれるでしょう。

5.時間を有効に使うことができる

ミニマリストは時間を有効に使うことができます。

物が少ないと、趣味や自分磨きに割ける時間が多くなるのです。

例えば普段家に帰ると必ず付けるテレビも、実は習慣になっているだけで観たいものがあるわけではないのです。

このテレビ自体がなければ、他のことに専念することができるでしょう。

このように、物が少ない暮らしは、本当に必要なことに時間を使うことができるというメリットがあるのです。

おすすめ記事
シンプルに生きることは幸せに生きることなんだ。

自分のために生きる|シンプルに生きる方法と幸せに生きるためすべきこと

 

ミニマリストの部屋づくり!5つのコツ

物が少ないことは、住みやすい部屋になるだけではなく人の心も豊かにすることができます。

これまで物に囲まれながら生活してきた人も、ミニマリストのメリットを知ることで、部屋を変えたいと思うでしょう。

しかし、ただ物が少ないだけでは快適な部屋がつくれるとはいえません。

ミニマリストの部屋をつくるには、いくつかのコツが必要です。

ここからは、ミニマリストの部屋づくりにおける5つのコツを紹介します。

1.不要なものを徹底的に断捨離する

1つ目のコツは、不要な物を徹底的に断捨離することです。

まずは溢れている物の中から必要な物を選ぶことが大切。

「あなたにとって本当に必要な物が何か?」を知ることで、不要な物を断捨離する決心がつくでしょう。

断捨離は一度限りの行為なので、そのあとすぐに物を買い過ぎないようにすることがポイントです。

せっかく断捨離をしたのにまた物が増えてしまっては、物とお金の無駄遣いになってしまいます。

「なぜ必要・不必要か?」を明確にすることが一番大切です。

おすすめ記事
断捨離には嬉しい効果がたくさん!?正しい断捨離をするためのコツ

断捨離のすごい効果とは?正しい断捨離のやり方とメリット&コツ5選

2.細かい持ち物はデータで管理する

2つ目は、細かい持ち物はデータで管理することです。

最近では、持ち物を管理するアプリもあります。

自分が持っている物を写真やデータで管理することができるのでおすすめ。

「必要になった文房具を購入したけど、あとから部屋の中に同じものがあった。」なんて経験はありませんか?

アプリや管理データがあれば、このようなミスを防ぐことができるといえます。

アプリなどを駆使することで、無駄な買い物を徹底的に減らしていきましょう。

 

3.インテリアの色やデザインを統一する

3つ目は、インテリアの色やデザインを統一することです。

色やデザインが統一されている部屋は落ち着いて見えるので、リラックスできるようになります。

ミニマリストの生活の質が高く心に余裕があるように感じるのは、部屋のテイストにこだわりがあるからなのです。

インテリアを統一することで、イメージに合うものしか買わなくなるので、物が溢れたり無駄遣いをしなくなることにも繋がります。

あなたの好きな色やデザインを決めて部屋づくりを開始していきましょう。

4.一気に全て完成させようとしない

4つ目は、一気に全て完成させようとしないことです。

部屋づくりは案外体力を使います。

一回で終わらせるには体力も気力も必要になるでしょう。

せっかく快適な部屋を目指しているのに、一気に詰め込んで面倒に感じてしまっては意味がありません。

断捨離をする日、家具を移動させる日など、同じ作業ごとで分けるのもおすすめです。

何回かに分けてイメージを固めながら、あなたの理想の部屋を少しずつ完成させていきましょう。

5.気に入ったものにお金をかけてみる

5つ目は、気に入った物にお金をかけてみることです。

気に入ったものにお金をかけることで、一つ一つの物を大切にする習慣が身につくでしょう。

また、無駄な買い物を減らして一つの物にかけるお金を大きくするようにもなります。

考え方が変われば、お金の使い方も大きく変わるもの。

お気に入りの物ができれば、たとえ数が少なくてもあなたの心は満たされるようになるでしょう。

物を大切にする心は、部屋づくりに欠かせないことなのです。

おすすめ記事
もう汚部屋なんて呼ばせない!変わるなら、今かもよ?

片付けられない人の特徴とは?汚部屋が片付かない原因と苦手克服のコツ

 

ミニマリストの部屋を継続する3つのポイント

ミニマリストといえば、常に部屋の中の物が少なく綺麗なイメージが強いです。

しかし、誰でも簡単にミニマリストの部屋を維持できるわけではありません。

ミニマリストに憧れて部屋づくりを行っても、しばらくすれば物が溢れた部屋に戻っていることも。

一体ミニマリストはどのようにして部屋を継続しているのでしょうか?

ここからは、ミニマリストの部屋を継続するためのポイントを見ていきましょう。

1.定期的に友人を招く

定期的に友人を招きましょう。

ミニマリストの部屋を維持するためには、自分以外の人が部屋に入る状況をつくることが効果的です。

友人を招くことで部屋を綺麗にしておくようになります。そして、友人を招くことで部屋の評価ももらえるでしょう。

あなたがミニマリストに憧れたように、友人もあなたの部屋に関心を持ってくれるかも。

綺麗な部屋を評価してもらえるとモチベーションがアップします

2.全ての物に置き場所を決めておく

全ての物に置き場所を決めておくことも大切です。

物に定位置があれば、あちこちに移動することもないのですぐに見つけられます。

持ち物を把握することで不要な物が増える心配がなくなるのと、放置されて散らかることがありません。

また、置き場所が決まると使った後も自然と元の位置に戻したくなります。

置き場所を固定することは違和感にも気づきやすくなるので、ミニマリストの部屋を継続することができるでしょう。

3.SNSで発信する

SNSで発信することもポイントです。

・大勢の人が見る可能性があるので部屋を綺麗にする意識が上がる。

・自分の部屋を客観的に見るきっかけになる。

というメリットがあるので、一石二鳥といえるでしょう。

また、SNSで発信をすることで同じミニマリストの情報を得ることもできます。

評価だけでなく、自分にはないミニマリストの良い所を知ることができるでしょう。

 

無理せず、楽しみながらミニマリストになろう!

ミニマリストは物が少ないので制限が多いように感じるかもしれませんが、無理をしているのでは続きません。

本当に必要な物が何か分かった時に、初めてミニマリストの良さに気づくことができるのです。

物が少ない部屋を楽しめるようになることがミニマリストの醍醐味といえるでしょう。

まずは、部屋の物を大切にする意識を持つことから始めてみてください。

無理せず自然体のままで、快適な生活が送れるミニマリストになりましょう。

 

この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

SATOSHI
SATOSHI
「話す」よりも「書く」/ラーメンとお酒と欲で構成されている表現者。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする