2020.04.30

気持ちいいセックスの体位とは?女性が喜ぶ体位とエッチのテクニック集

西田彩花

西田彩花

思いやる心こそが、愛を深める

女性が気持ちよくなる体位が分かりません…

セックスは好きだけど、もちろん相手あってこそ。

女性は気持ちいいと思ってくれているんだろうか。

もしかしたら、僕だけ気持ちよくなっているのではと不安になる。

テクニックに自信があるわけじゃない。

だけど、好きな女性には、気持ちいいと思ってほしい。

僕の体位はいつも同じパターンだ。

相手はそれを不満に思っていないだろうか。

男性が気持ちいいと思う体位だけでなく、女性が気持ちいいと思う体位を知りたい。

そうすれば、彼女も満足してくれるかもしれない。

愛し合う行為だからこそ、一緒に気持ちいいセックスをしたいんだ。

直接聞くのは、男としてのプライドが邪魔をする。

だけど、本当は知りたい。

女性が好きな体位は、どういったものなのだろう。

おすすめ記事
彼女とセックスしたい時の誘い方|自然にセックスに誘うテクニック

https://dariame.jp/2019/11/04/post-20196/

 

エッチで体位が気になる3つの原因

セックスをしているときに、ふと不安になってしまう。

女性が気持ちいいだろうと思っていた体位を試してみても、反応が良くないと気になります。全て自己流にしていると、本当にそれが正しいのかわからなくなってしまうのです。

女性が演技することもあるというのはよく耳にする話で、実際はどうなのかというのは、なかなか踏み込めないところ。直接真意を聞くのが難しい分、余計に不安になってしまうのです。

1.AVで見た体位を試しても女性が感じていなかった

AVでは、いろいろな体位を見かけます。AV女優が気持ちよさそうにしていると、試してみようかなと思うことも。

けれど、実際に試してみると、女性の反応が良くない、なぜだろうと不安や悩みにつながります。

基本的に男性が見るAVは、男性が興奮するように作られているもの。実際のセックスで女性が気持ちよくなる体位だとは限りません。痛みを感じてしまう女性もいるほどです。

AV女優は、男性向けAVの演技にも長けていますし、慣れもあります。みている時から「一般の女性とは感覚が違うかも」と思っていた方が良いでしょう。

2.いつも同じ体位ばかりで終わってしまう

自分の好きな体位や動きやすい体位を中心にセックスしていると、どうしても偏ってしまいます。そしてそれが必ずしも女性の好きな体位とは限りません。

マンネリを感じてしまう女性もいれば、自分本位だと捉えてしまう女性もいるでしょう。相手の本音がわかりにくい分、不安になってしまうのも真理です。

それでもどの体位が良いのか、正解は見えないまま結局同じ体位ばかりのセックスを繰り返してしまい、悪循環に。

3.自分だけ気持ちよくなっていないか不安

自分が気持ちいいかどうかはわかりますが、女性が気持ちいいかどうかは、はっきりと伝えてもらわないとわからないもの。だけど、女性側は恥ずかしくて言えないというケースも多々あります。

自分が好きな体位でセックスしている場合でも、全く不満を漏らさない女性も。一見気持ちよさそうにしていても、実は演技かもしれないと不安がよぎってしまいます。

自分ばかりが気持ちいいのではなく、一緒に楽しむセックスを目指したいものです。

 

女性がもっと感じる?!セックスの体位5選

女性の本音が見えにくいセックス。何を気持ちいいと思うかは人それぞれですが、人気の体位はあります。

いつも同じ体位だとマンネリ化しやすいので、セックスに変化をつけること自体が実は効果的。だとしたら、人気の体位を試してみた方が良いでしょう。セックスが気持ちいいと思われると、男としての自信にもつながります。そしてそれは次を楽しむきっかけにも。

彼女から思わず本音が出てきたら、嬉しいこと。お互いに気持ちいいセックスを楽しむことが、愛を育む一つの手段にもなるのです。

1.伸展位(しがらみ)

正常位に似た体位です。女性が仰向けで脚を閉じたまま横になり、挿入。太ももが閉じているので、膣の締まりが良いのです。

深い挿入はできませんが、クリトリスやGスポットを刺激できる体位。

単純に気持ちいい体位というだけでなく、密着感が人気の理由。ぴったりと体がくっついていると、女性側は安心感や幸福感などを感じることができます。

激しい動きはできないので、ゆっくりと愛を確かめられる体位。テクニックも必要なく、スローセックスを楽しむような感覚でできます。

2.対面座位

座った状態の男性に、女性が向かい合って挿入する体位。

キスやハグしながらのセックスで、女性は充足感を得やすいと言われています。

また、女性も動ける体位の一つ。体重がかかるので、気持ちいいと感じやすい体位でもあります。ちょっと違った彼女を見られて、男性も嬉しいかも…!

一緒に動くのも良いですし、女性が動いているときに愛撫するのも良いでしょう。男性側への刺激は少なめですが、女性には人気の体位。早漏で悩んでいる人も、試してみる価値ありです。

3.騎乗位

男性が仰向けに寝て、女性が上から挿入する体位。比較的オーソドックスな体位ですが、「本当に女性が好きなんだろうか?」と思ってしまうことも。

騎乗位は、女性が主導権を握る形になります。恥ずかしかったり、上手く動けなかったりと、抵抗感を持っている女性も。そうしたところから、積極的になれない女性もいるのです。

しかし、男性側が精神的な安心感を与えたり、体を支えたりするなどサポートすることによって、女性も動きやすくなります。実は愛を深めるチャンスの体位なのです。

4.寝バック

女性がうつ伏せで寝た状態で、男性が後ろから挿入する体位です。セックスするときにバックをする人は多いでしょうが、これは変則的。バックからそのまま寝バックに移行してみても良いでしょう。女性が受け入れやすく、マンネリ防止にもなります。

寝バックは、膣内への刺激が強く、女性も感じやすいです。さらに、覆いかぶさるようにして密着すると、充足感も覚えます。

そのまま首筋や胸などを愛撫すると、気持ち良さも倍増。いつも同じ体位という人も、試してみて。

5.立ちバック

よく聞く体位ですが、実際にやったことがある人は意外と少ない体位。立ったままセックスするので、最初から女性側が抵抗感を持つことが多いのです。

しかし、一度やってみると病みつきになる体位の一つ。ベッドとは違う場所でもできるので、違った刺激にもなり、マンネリ打破にも向いています。

Mっ気のある女性のほうが、ハマりやすい傾向。同時に言葉責めしてみるのもオススメ。女性が自分の体を支えやすいよう、手をつく場所や持つ場所を配慮すると、セックスに集中しやすいです。

 

ただイカせるだけじゃない!エッチのテクニック

女性が気持ちよくなるように、と考えがちですが、実はそれだけが女性の満足につながるとは限りません。

女性はセックスに、単純な快楽のみを求めているわけではないのです。相手との愛を確かめるのが好きなので、愛情をたっぷり注ぎましょう。イカせるためのテクニックばかりが大切なわけではないのです。

体だけでなく心も気持ちよくなってほしいという思いが、彼女の満足感へとつながります。思いやりを持っていても、伝わらないことがあるからこそ、思いやりがきちんと伝わりやすいテクニックもいくつかあるので、試してみて。

1.挿入時に言葉責めも行う

「言葉責めなんて恥ずかしい」と男性側も思うかもしれませんが、これが効く女性は結構います。

セックス自体、女性にとっては恥じらいを伴う行為です。それをする相手は、好きであり信頼しているから。好きという思いと信頼感がないと、なかなか行為には至れません。

そんな相手から、改めて恥じらいをくすぐる言葉をかけられると、恥ずかしいのに嬉しいような感覚になるのです。単純に今どのような状態なのかを耳元で囁くだけでも大丈夫。

大切にしているのを大前提にして、言葉責めをするのは効果的。

2.女性の体をサポートする

女性は男性に比べて筋力が少ないことがほとんどです。セックスをするとき、どうしても体への負担がかかります。そこで女性が自分自身を支えられなくなることも。

そんなときは、女性の体を物理的にホールドしてあげて。支えきれていないところを持ってあげてサポートすると、女性もセックスに集中しやすくなります。集中したほうが、気持ちいいと感じやすいのです。

新しい体位を試すときは、特に意識してみて。女性は安心するので、挑戦しやすくなります。

※(物理的にホールド)支えてイキやすくする

3.常に数点のスポットを刺激する

イカせようと思うあまり、1点集中して攻めてしまうことも。しかし、女性の性感帯はたくさんあります。同時に刺激することで、より気持ちいいと感じるのです。

最初は反応が良くなくても、徐々に良くなってくることも。女性はムードも大切にするので、すぐにスイッチを切り替えるよりも、少しずつ身を任せます。

多くある性感帯を複数刺激されることで、今まで知らなかった気持ちよさを知ることも。一緒に探すのも、女性にとっては嬉しいのです。

4.相手のペースに合わせる

男性と女性では、どうしても体力が違います。セックスでは体力を使うので、男性側が女性に合わせた方が良いでしょう。セックスは男性が主導権を握ることが多め。女性には恥じらいもあり、言い出せないこともたくさんあります。

女性の反応を見つつ、ペースを合わせるようにしてみて。わかりにくかったら聞いてみましょう。

ペースを合わせてもらうと、女性は大切にされていると実感します。その方が、愛を感じやすいのです。

 

セックスでより愛を深められる5つのポイント

セックスで愛を深めたいと思うのは自然なこと。ただし、セックスでの感じ方は男女差があります。男性の考えでセックスを進めると、女性側は愛を感じられず、満足しないことも。

気持ちよくなってほしいと思うあまりに、やみくもにテクニックを磨くのは賢明ではありません。同じように、気持ちいい体位だからといって、愛を感じるわけでもないのです。

女性は単純に気持ちいいかどうかより、相手の思いで愛を感じます。女性が思いやりを感じやすいポイントを意識してみて。

1.相手の反応に合わせてセックスする

一般的に性感帯と言われる部分はありますが、どこを気持ちいいと思うかは、女性によって違います。女性の反応を見ていないと、不満に終わってしまうことも。

女性の体は繊細なので、時に痛みを感じることがありますが、それを言い出せない女性もいます。

男性側が攻めているときは、相手の反応をよく見るのが大切。気持ちいいと感じるときの仕草や表情などを見て、それに合わせて加減したり、刺激する箇所を変えてみたりしましょう。

おすすめ記事
”前戯”とは?いい男は前戯で女性を気持ちよくできる!

https://dariame.jp/2019/06/06/post-13338/

2.愛撫は優しく

女性の体は繊細です。AVを見ていると、激しい愛撫をしているように見えます。だけど、実際はそこまで激しくしないでいいのです。

激しく愛撫されると、痛がる女性がほとんど。優しい愛撫の方が、実際に気持ちいいし、大事にされているという嬉しさが強くなるのです。

AVの激しい行為には演出が含まれているため、一般的なセックスとは別物と考えて。デリケートな体を優しく扱うという意識を持っていると、女性も嬉しくなって愛を深められます。

3.褒める

セックスでは、普段見られない部分や反応を見られます。女性はそれを恥ずかしく思うのです。女性同士で体を比べ合う機会は滅多にありません。自分の体がキレイなのかわからないまま、自信が持てない女性も多くいます。

だからこそ、好きな人に褒められると嬉しいもの。それで羞恥心が消えるわけではなくても、心を開くきっかけに。

ただし、決して過去の女性と比べるようなことはしないこと。今目の前にいる彼女だけを見て、思う存分褒めてあげましょう。

4.一回でたくさんの体位を試そうとしない

新しい体位に挑戦するときの注意点です。気持ちよくなってもらいたかったり、マンネリ打破したかったりと、ついつい先走ってしまいがちですが、そこは抑えましょう。

新しい体位は刺激的ですが、その分女性にとっては恥ずかしいものでもあります。一回に何度も新しい体位を要求されると、戸惑ってしまうのです。

まずは安心できるムードを作ることが大切。いっぺんに無理しようとせず、ゆっくりと試してみると、女性側も受け入れやすいのです。

5.スムーズに体位を変える

セックス中の会話は、愛を深めるために大切なこと。だけど、違う体位をするときに「こんな格好をして」と何度も言われると、羞恥心が先に出てしまうことがほとんど。これでは新しい体位を試すことができません。

また、体位を変える際、ペニスが抜けてしまうと、気まずい空気にもなります。女性側はどうして良いのかわからず戸惑ってしまうことも。

会話は確かに大切ですが、体位を変えるときはスムーズにした方が、良いムードを保ったまま進められます。

 

二人で気持ちいい体位を追求してみて!

マンネリ化してしまいがちだったセックス。

もしかしたら、彼女は気持ちよくなっていないのかもと不安だった。

セックスのことは、聞きにくいからこそ、不安になる。

だけど、本当は彼女にも満足してほしい。

今までは、男性だからと僕が頑張るばかりで、空回りしてしまっていたかもしれない。

女性の気持ちや感じ方は、男性とは違うんだ。

女性は不満に思っていても、言いにくいかもしれない。

だったら、彼女のことをもっと見てあげた方が、満足してくれるはず。

テクニックや体位にばかり気を取られていたけれど、彼女のことをしっかりと見ることが、愛情を深めるコツなんだ。

言いやすいムードになれば、彼女も話してくれるかも。

そうすれば、一緒に気持ちいいセックスができるだろう。

僕の中にある固定概念だけでセックスするのではなく、彼女の気持ちを考えてみよう。

一緒に気持ちいい体位を探すというスタンスが、気持ちいいセックスにつながり、愛情も深められる。

好きな女性だからこそ、きちんと愛し合いたい。

今までとは考え方を変えて、一緒に気持ちのいいセックスを見つけてみよう。

おすすめ記事
体の相性とは?パートナーとのセックスの相性を確かめる方法

https://dariame.jp/2019/03/10/post-7113/

 

この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

西田彩花
西田彩花
悩むことも、きっと人生

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする