2020.04.29

”虚栄心”の意味とは?虚栄心の強い人の心理&特徴|克服方法7選!

Chihiro

Chihiro

気がついたら小さな嘘で塗り固められた自分になってない?

「私、虚栄心が強いかも…」

常に、自分を誰かに認めてもらいたいと思っている。「すごいね」とか、「面白いよね」とか、何か一つ賞賛の言葉が欲しくて。

だから、自分を良く、大きく見せたくて、つい誇張して話をしてしまう。少し話を盛ったくらいならばれないし…。

けれど、自らをふと省みた時、見栄ばかり張っている自分の言動に嫌気が差したり、「あの子って、虚栄心の塊じゃない?」なんて噂を耳にしてしまった時。

「私は何のために、自分をよく見せようとしているのだろう?」「こんな自分、生きづらいな。」

自分を良く見せようとし過ぎてしまったが故に、後からなんだか心苦しくなってしまったこと、ありませんか。

その正体は、「虚栄心」です。

”虚栄心”その意味とは?

「虚栄心」とは、「自分を本当以上に大きく見せようとする心」という意味。

そこに悪気があってもなくても、「自分の存在感を、より強めたい」と思う心理は自然なものですし、誰しもが持ち得ている感情でもあります。

ですが、人は様々な経験を積むことにより、自分の「身の丈」というものが分かるように。その経験則に基づいて、人は現在のレベルを己で把握し、他人とコミュニケーションを取ります。

自分の身の丈をある程度分かっていると、自分を必要以上に飾り立ててしまった時に、多少なりとも罪悪感が沸き上がるもの。

虚栄心が強い人とは、他者との比較や、「何かにおいて自分が他人より劣ること」を気にする気持ちが強い為、この「身の丈」の範囲から大きく外れてしまうことをためらわなくなってしまうのです。

しかし虚栄心は、「自分を認めてもらいたい」という気持ちの表れ。強く思ってはいるけれど、上手に表現できていないだけなのです。

直感的に感じた虚栄心から物事を考えるのではなく、自分自身の見方や「他人から認めてもらう」ことの捉え方を変えれば、あなたの本来持っている魅力に、あなた自身で気が付くことが出来るようになります。

ここからは、虚栄心が強い人に見られる心理や特徴をご紹介。

 

虚栄心の強い人に共通する心理や特徴

1.自分に自信がない

虚栄心が生まれてしまう原因。その根幹にあるものは、「自信の無さ」です。

「ありのままの私なんてつまらないんじゃないか。」「ちっぽけな人間だと思われたらどうしよう?」

ありのままでの自分でいることは誰かから嫌われてしまうことなのではないかと不安が生まれ、周囲の目や評価を過度に気にしてしまう。

そうして、あるべき姿から誇張させて話をしたり行動をしたりして、他人からの攻撃から自分を守る為に盾を作ってしまうのです。

2.プライドが高い

「他人より、私が前に出ていたい。」「周囲の人の中で、自分が1番面白い人間なのだと示したい。」

そんなプライドが、虚栄心を含んだ言葉となってそのまま話に出てしまうのです。例えささいな事柄であっても、一目置かれようとして話を盛ることも日常茶飯事に。

話したその時は周囲の称賛を得られ、スカッとするかもしれませんが、それは一種のフェイクストーリー。時には噂話となって、自分の知らないところであらぬ方向に話が膨らんでいったりするものです。

虚栄心からついた嘘の話を突き通さねばならなくなると、それが後からあなたを心苦しくさせてしまいます。

3.嘘をつく癖がある

虚栄心を日常的に持ってしまっていると、自分を良く見せるために嘘をつくことさえも普通になってしまいます。

小さな嘘から始まり、ないこともまるであったかのように話したり、話を大幅に脚色したり…。

自分を良く見せようとしてつき続ける嘘によって「その場限りの人」として見られてしまったり、却ってあなたへの信頼に傷をつけてしまいます。

虚栄心ばかり優先し、自分という存在を嘘で塗り固めてしまっては、あなたが本来持っている魅力が見えづらくなってしまうのです。

4.人を比較しがち

虚栄心が強い人とは、心の奥で他人と比較することにより自らのアイデンティティを確立していることがほとんど。

他人と自分を比較し、優劣をつけたり評価を巡らせることによって「自分の方が優っていると思われるもの」を見出す心理とも言い換えられます。

何かが相手よりも優れていることを感じて初めて安堵感を覚える為、自分が一歩前に出る為に、比較対象として他人を使ってしまうことも虚栄心の強い人の特徴です。

5.外見へのこだわりが強い

虚栄心が強い人は、外見にもこだわりを持っています。

外見は自分の内面の一番外側、という言葉もあるように、外見は人の第一印象の中で大きな割合を占めます。

おしゃれだ、綺麗、持ち物のセンスが良い…。外見をパッと見て、「大体こんな人なのだろうな」と、相手の印象に対して、一種の固定概念のようなものが生まれがちです。

虚栄心が強い人というのは、この「相手からの評価」を過度に気にしてしまうが故に、他者との比較が常態化してしまうのです。

「他人の目に映る自分は、より魅力的でありたい」と思う心理は、とても素敵なこと。しかし、良い自分だけを見せようと無理に背伸びしてしまってばかりいる姿は、「本当の自分」ではないかもしれません。

 

“虚栄心=プライド”ではない!

虚栄心は、英語で「Vanity」と訳します。これは「うぬぼれ、自慢心、虚栄心」という意味を含んでいます。

一方、「Pride」は、「誇り、自尊心(自負心)」という意味。双方を意味だけで見ると、かなり違った印象を受けませんか?

虚栄心とは、必要以上に自分を良く見せようと、見栄を張ること。プライドとは、元から自分の中にある何かに対しての自負(誇り)の気持ち。

似たようで、厳密に言うと実はその心持ちに違いがあるのです。どちらも自分に対する向上心の表れで、素敵な心理状態です。ですが、過度に気持ちが高すぎてしまうと、誰かにとっては鼻についてしまうことがあるかもしれません。

おすすめ記事
プライドが高い人の特徴は?余計なプライドを無くして楽に生きよう!

プライドが高い人11の心理&特徴|プライドが高い原因と改善策とは?

 

”虚栄心”あるのはいけないこと?

前述している通り、「虚栄心」を持つことにデメリットばかりあるわけではありません。

出世したい、羨ましがられたい、たくさんの異性に好かれたい、など…。誰もが心の中に持つ「更に上にいきたい、よく見られたい」という心情は、人間としてごく自然なものです。

ですが、ないことをまるであったかのように話したり、一時の羨望の為に自分の話だけをしてばかりでは、周りの人はいい気持ちはしません。

人にはその人の良さがある。それと同じように、自分には自分の良さがある。比較するものではなく、認め合うもの。

そう割り切れた時、後味悪く感じていたはずのあなたの中の虚栄心は、「向上心」に代わります。

 

「虚栄心を無くしたい」克服する7つの方法

自分を大きく見せようとすることと、自信を持つこと。似ているようで違う、この二つの大きな違い。それは、「ありのままの自分」をどこまで受け入れ、そしどのようにして磨き、自分の真の魅力としていくかということ。

「つまらない人間」として認定されるのは、誰もが怖いことです。でも、取り繕ってばかりいては誰もあなたの真の魅力に気付きことが出来ません。

心の中の余分な虚栄心を克服して、あなた本来が持つ魅力をあなた自身で引き出しましょう。

1.他人と比較するのをやめる

誰かがあなたより優れていようと、誰かがあなたより目立っていようとも、見て見ぬふりをしてしまいましょう。過度に気にしてみるのをやめると、肩の荷がふっと軽くなりますよ。

難しければ、自分と他人を比較の天秤にかけるのではなく、「過去の自分」と現在の自分を天秤にかけるように意識してみて。

赤の他人からの評価に沿って自分の行き先を決めてしまうより、自分の好きなことに、本来行ってみたかった方向に進んでみる。そうすることで、自ずと自分の成長に気が付くことが出来たり、軸がしっかりしてくるはずです。

2.他人の良い部分に目を向ける

いつも自分の話に夢中になってしまったり、自分が一番じゃないと気が済まない。そんな人は、意識して自分以外の誰かの話をじっくり聞いてみましょう。

比較や競争などの気持ちは一旦横において、相手の話に聞き入り、何か一つでもいいな、と思えるところを発見するのです。行動を見るときも同じ。

虚栄心が追い付く前に、相手のことを認める気持ちを持ちましょう。

3.他人の良いところを認める

自分にはない良さに気が付けたときも、積極的に言葉に出して相手に伝えましょう。他人の長所を言語化することは、巡り巡って自分にとっての発見にも繋がります。

「こんな考え方も良いな」とか、「こういうところが尊敬できるな」とか…。

誰かと向き合うということは、まず相手の長所に気が付き、認めることから始まります。褒められて嫌な気分になる人はいないですよね。誰しもが大小有れど、「虚栄心」を持っているのです。

その虚栄心をうまくコントロールできるようになることを心がけてみましょう。

4.自分のコンプレックスと向き合う

虚栄心が強い人は、自分が抱えているコンプレックスに捉われすぎいて、あるいは目を背けたくて弱さを認めることを恐れて、考えすぎてしまいます。そのため、本来の自分のことではないような嘘をついてしまったり、誇張表現をしてしまうのです。

ですが、虚栄心を含めコンプレックスと向き合うことは、実は後から自分にとってプラスに働くことも。

自分の根幹にあるネガティブな部分を見つけ、

「どうしたらこの気持ちは晴れるのか?」「本当はどうありたいのか?」と自問自答しながら、考える時間を設けてみましょう。ゆっくりで構いません。

自分と向き合い、弱い部分も自分の強みも認めてあげましょう。そして、もう一度自分を見直すことを繰り返してみて。あなたも知らなかったあなたの新たな一面が、きっと見えてきます。

おすすめ記事
コンプレックスと向き合って前に進んで人は成長する。

自分の顔が嫌い…自信がない外見コンプレックスをプラスに変える方法

5.自分の長所や特技を生活に活かす

自分を見つめ直し、見えてきた長所はどんどん磨きましょう。もちろん、よく他の誰かから褒められるようなことももちろんしっかりと受け止めておきましょう。

「誠実だね」とか「いつも清潔感があるよね」とかなんでも良いのです。それはあなた本来の良さであり、好感を抱いてもらいやすい部分。

相手から見ても良く映るところは、積極的に日常生活にも取り入れることが効果的です。虚栄心に駆られて誰かと比較する暇もないくらい、自分のことを好きになってしまいましょう。

 

6.努力して自信をつける

あなたが好きなこと、得意なこと、そして長所など。

自分が何か打ち込めること、自然と得意としていることに目を向け、精進してみるのも良いでしょう。夢や目標に向かって一所懸命に努力したことは、紛れもないあなただけの功績、財産になるものです。

無理に取り繕って、自分を大きく見せようと虚栄心を持たずとも、何かに向かってひたむきに頑張るあなたの周りには、自然と人が寄ってきます。

7.自分が素直になれる人を大切にする

虚栄心を無くしたい、とはいっても無理をしたり、頑張りすぎは良くありません。

心が疲れてしまった時には、好きな自分も嫌な自分も、全てをひっくるめた自分のことを受け入れてくれる人に頼ることも大切です。無理せずともありのままの自分になれたり、素直になれる人といると、身も心もリフレッシュできます。

そんな人が近くにいてくれるということに感謝し、大切にしましょう。

 

虚栄心を取り除き自信のある自分に!

虚栄心は誰にでもあるもの。人に認めてもらうことも大切だけど、まずは自分が自分のことを好きになる。自分をよく知り、無理に背伸びをしすぎない。

ありのままの自分を愛し、無理に着飾ることのない人生は、きっと今よりも楽で楽しいものになるはずです。そして、ありのままの自分で生きる人は、男女関係なく美しくみえます。

まずは自分の虚栄心と向き合って、どんな時に出てしまうのかを考えて付き合って行くようにしましょう。あなたはあなたらしく。楽しんで生きられますように。

おすすめ記事
自分に自信がない人へ|心理と原因を知って克服しよう!

自信がない。自分に自信が持てない人へ。原因と心理を知って克服する方法

 

 

この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

Chihiro
Chihiro
人と話すことが好きですが、同時に聞き上手な人でもありたい。 ミステリーとサスペンス、少年ジャンプが好き。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする