2020.04.17

誰にも聞けない女性のオナニー|頻度と回数は?NG行為も知っておこう

Riri

Riri

女性であることを楽しめたなら。

「他の女性のオナニー事情、気になります…」

誰にも言ってないけれど、実は夜な夜なオナニーをしています。

それは彼氏にも女友達にも見せられない、自分だけの秘密の時間。

物心ついたときに覚えたオナニーの方法は、今でもずっと変わっていない。

でも、この方法が正しいのか、それとももっと良いやり方があるのか、自分ではよくわからない。

もしかしたら、今以上に気持ちよくなれるオナニーの仕方があるのかもしれない。

それ以前に自分のオナニーのやり方が間違っていたらどうしよう。

こんなにオナニーしてるのは私だけかもしれないし、そもそも女性ってオナニーするもの?

考えれば考えるほど、他の女性のオナニー事情が気になってしまう。

こんなこと誰にも聞けないから、ここだけの話としてコッソリ教えてくれませんか?

おすすめ記事
興味があるのはセックスもオナニーも一緒?|セックスに対する4つの本音

20代女性の経験人数って平均何人?女性のセックス事情と本音大公開!

 

自分のオナニー頻度は多いか少ないか、悩まない?

同じ女性でも、オナニーの頻度には個人差が大きく出るもの。

性欲の強さや興味の有無、そもそも「女性はオナニーしなくていい」と考えている人も。

「毎晩必ずオナニーしています。」

「一度で二回オナニーしちゃいます。」

「オナニーなんて、生まれてから一度もしたことありません。」

自分のオナニー頻度が「多すぎるのでは?」あるいは「少なすぎるのでは?」と悩んだとき、実はそこに正解はないのです。

女性の中には一生オナニーをしなくても平気な人もいます。

ですが、オナニーによって快感を味わったり、リラックスした気持ちになったり。「感度を高めてパートナーとのセックスをもっと楽しむ」という女性もいます。

女性のオナニーは必須ではありませんが、オナニーによるメリットが得られるのも事実です。

 

女性のオナニーに対する3つの本音

女性のみんなは、オナニーについてどう思っているの?

なかなか話題として持ち出しにくいだけに、本当のところが気になる…。

一般的に「女性はオナニーしないもの」「口にしてはいけないこと」といった風潮があるため、積極的な情報交換がしづらいです。

大胆な話もできる友人・恋人同士なら話題に上がることもありますが、それはごく一部といえます。

でも本当はオナニートークがしてみたい! “女性のオナニーに対する本音”を覗き見してみましょう。

1.自分の回数や方法は適切なのか?

女性のオナニーは実態が見えないため、自分のオナニー回数や方法が適切なのかよくわかりません。

毎晩オナニーしてる私って、性欲強すぎなんじゃ…?

ムラムラしちゃった時だけアダルトグッズで解消してる。でもこれって正解?

誰にも聞けないからこそ、自分のオナニーに対して不安を感じることも。

女性が気持ちよくなれるオナニーの方法・NGポイントをしっかり押さえておけば、回数は多くても少なくても大丈夫です。

日常生活に支障をきたさない範囲で、オナニーを楽しみましょう。

2.正直、自分以外の女性のオナニーに興味がある

「正直、自分以外の女性のオナニーに興味がある」という女性は意外といます。

興味があるけど身近な人には聞けない。みんなの裏側がもっと知りたい。

何らかの方法で”女性のオナニー事情”を知りたいと思うのは、実は特別なようで特別じゃないのです。たくさんの女性が密かに抱いている、性に対する好奇心。

求めているのは男性目線のエロではなく、女性が普段隠している”本当の姿”であるといえます。

3.もっと気持ちいい方法を知りたい

オナニーする女性は、オナニーの気持ちよさを知っています。

だからこそ、もっと気持ちよくなりたい。もっと快感を得られる方法が知りたいと思うのです。

当然のことながら、自分がどうしたら気持ちいいのかは自分が一番よくわかっています。そのため知識を増やす機会がない・情報交換の場がないと、どうしても同じオナニーの方法に偏りがち。

だから本音では「女性がオナニーで気持ちよくなれる方法」を知れるのなら、ぜひとも教えてもらいたいと思っているのです。

 

女性ってオナニーするとキレイになるんだよ?

女性がオナニーするとキレイになるって本当?!

女性がオナニーして「気持ちいい」と感じると、女性ホルモンの働きが活発になるといわれています。絶対とは言い切れませんが、女性ホルモンには肌をキレイにする・体つきが女性らしくなる効果も期待できます。

また、ストレスが溜まって肌が荒れたり体調を崩した経験はありませんか?

女性がキレイでいるためには、日々を幸せに過ごすことも大切です。

オナニーで気持ちよくなる・幸せを感じてストレス解消することは、実は女性の”キレイ”に関係しています。

だから、女性がオナニーするのは良いことなのです。

こんな嬉しいメリットが得られるなら、オナニーに対して前向きな気持ちを抱けます。

 

試したくなる”気持ちいいオナニー”テクニック!

女性がオナニーで気持ちよくなるために、大事なことを教えて?

自分なりに見つけたやり方でオナニーをしているなら、この機会に”女性が気持ちいいオナニーの方法”をチェックしてみましょう。

女性がオナニーで押さえておきたいことを、5つのステップに分けてご紹介します。

まだチャレンジしたことのない方法を試して、今までになかった快感を味わってみませんか? 気持ちいいポイントが増えれば、オナニーがもっと充実すること間違いなしです。

1.気持ちが高ぶるグッズを探してみる

オナニーでもっと気持ちよくなるために、気持ちが高ぶるグッズを用意してみましょう。

女性用に開発されたアダルトグッズは、見た目も可愛くオナニーが楽しくなるものばかり。しっかり女性目線で作られているので、外側からも内側からも気持ちよくなれます。

中には口紅・動物の形をしたものや、お風呂で使える防水仕様のタイプも。

グッズを揃えることで、オナニーへの意欲がより高まります。ムーディーなキャンドル・ランジェリーなどを、あえて自分のために購入するのもおすすめです。

2.クリトリスを優しく刺激する

女性器の外側にある「クリトリス」は、女性がオナニーで最もイキやすい部分です。

まずはクリトリスを触ることで”外イキ”を体感してみましょう。

あまり力を入れすぎず、優しく撫でることがポイントです。強くすると「後から痛くなる」「力を入れないとイかない体質になる」といったデメリットがあるので要注意。

「なかなかイケない」場合は、アダルトグッズを使ってイキ方を覚えるのも一つの方法です。そうすることで、じっくり時間をかければイケるようになります。

3.乳首を触れてよりエッチな気分に!

オナニーをするとき、”イク”ことが目的になっていると初めから下半身に手を伸ばしがち。

もちろんそれでも良いのですが、より気持ちよくなるためにはセックスと同じでムード作りが大切です。まずはバストや乳首に触れて、エロティックな気分を盛り上げてみましょう。

そうすることで下半身がじっくりと濡れていき、より感度が高まります。

淡白なオナニーに慣れると「性欲を満たすのはオナニーで十分」と思ってしまうことも。

女性にとって、全身で気持ちよくなる効果は大きいのです。

4.ポルチオの感度を上げてみる

膣の奥にあるポルチオは、プニッとした感触が特徴の性感帯です。

刺激を与えて開発すれば”中イキ”に近づくことができます。ポルチオでイケる体が手に入れば、男性とのセックスでも何度も絶頂を味わえるように。

ただし女性によっては、オナニーでは指が届かないことも。その場合はアダルトグッズを使用して、ポルチオを適度に刺激してみましょう。

開発をするときは痛くならないよう優しくすることで、少しずつ感度が上がっていきます。

おすすめ記事
こんなテクもマスターしない?恋人を夢中にするスローセックスのテクニック

スローセックスとは|恋人を骨抜きにする!スローエッチのテク7選

5.Gスポットを探って更なる快感を

Gスポットは、膣口から3〜5cmほど入ったあたりに存在する性感帯です。クリトリスのような突起物はないものの、指で触れた感触が「ザラザラ」しているのが特徴。

この部分を優しく刺激することで、更なる快感を得てみましょう。

痛くならないよう、まずはしっかりと中を濡らしてから指を挿入することが大切です。

クリトリスほどイきやすい場所ではありませんが、刺激を与えて次第に気持ちよさが感じられると、すぐイケるようになる・潮を吹くこともあります。

 

これはNG!女性のオナニーでダメな3つのこと

女性がオナニーライフを満喫するためには、オナニーでのNG行為を知っておくことも大切。

間違ったやり方を続けていると、自分の体を傷つけたり、男性とのセックスで気持ちよさを感じられなくなってしまう可能性があります。

せっかくの気持ちいいオナニーをデメリットにしてしまうのは避けたいところです。

そこで“女性のオナニーでダメな3つのこと”をご紹介します。オナニー・セックスを存分に楽しむために、それぞれ日頃から意識しておきましょう。

1.長い爪や清潔ではない状況でオナニーする

女性がオナニーをするときは、衛生面を意識することが大切です。

女性器はとてもデリケートな部分。清潔ではない状態でオナニーすると、細菌が入り感染症を引き起こしてしまう可能性があります。

手が汚れたまま食事を摂らないのと同じで「体の中に汚いものが入る」と考えると抵抗があるはず。

また、長い爪でオナニーすると女性器が傷ついてしまうことも。

自分では見えにくい部分だけに、知らず知らずに傷めつけてしまわないよう注意しましょう。

2.アダルトグッズに頼りすぎる

女性のオナニーでは、アダルトグッズばかりに頼りすぎるのはNGです。

アダルトグッズはピンポイントで気持ちいい刺激を得られるため、安定してイキやすいところがメリット。しかし、そればかりになってしまうと実際のセックスでイキにくくなってしまう可能性があります。

人同士のセックスは、グッズのように同じ動きが続くものではありません。

決まった刺激に慣れないためには、色々な方法でオナニーすることが大切です。

3.同じ方法でばかりオナニーする

アダルトグッズに限らず、同じ方法でばかりオナニーするのは避けたいところ。

同じイキ方を続けていると「そのやり方でなければイケない」状態を引き起こしてしまいます。そうすると、オナニー・セックスどちらも単調になってしまいがち。

女性がオナニーで気持ちいい場所を開発することは、オナニーが充実するだけでなくセックスのマンネリを防ぐことにも繋がるのです。

「セックスが好きじゃない」なんて思ってしまわないよう、オナニーの幅を広げてみましょう。

 

オナニーは悪いことに見られがちだけど…

女性がオナニーするなんていやらしい。誰にも言っちゃいけない。

そんな風に、女性のオナニーというと世間的には”悪いこと”として見られがち。

でもそれは「女性がオナニーする」事実が広まっていないからでもあります。最近はインターネットを通じて、女性がオナニーするメリットが少しずつ視覚化されてきました。

キレイになれる。ストレス・孤独感を適度に解消できる。セックスの感度が上がる。

女性のオナニーには、実はいいことがたくさんあるのです。

 

セックスが気持ちよくなるオナニーを楽しもう!

女性がオナニーをすることは、ただの”性欲解消”だけじゃない。オナニーとは、たくさんの隠れたメリットが得られるものなんだ。

気持ちがイキイキとして充実する。一人の時間も楽しめる”魅力的な女性”になれる。

「なんか最近キレイになったね」って言われる可能性も。

オナニーは女性を内面から美しくしてくれる、素晴らしいものなんだ。

さらに、オナニーには男性とのセックスをより気持ちよくする効果があります。

気分の高め方が上手になったり、「気持ちいい」と感じられる場所を増やしたり。男性に合わせるのではなく、二人で気持ちよくなるセックスができるのです。

女性が女性であることをもっと楽しむために、気持ちいいオナニーを満喫しましょう。

おすすめ記事
彼氏とのセックスで感じない?オナニーの方法変えてみない?

最近セックスが気持ちよくない…彼氏とのエッチで感じない原因とは⁉︎

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

Riri
Riri
人目を気にして生きてきた人生から、自分のために生きる人生にシフト。幸せになれるメンタリティや生き方について発信します。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする