2020.04.15

前向きになる方法を教えて?気持ちが沈みがちな今だからこそ考えたいこと

Riri

Riri

今生きているだけでも素晴らしいことなんだ。

緊急事態宣言で外出自粛…前向きになれないよ。

緊急事態宣言、外出自粛。

ニュースを見てもSNSを開いても、どこも同じ話題で持ちきりだ。

頭の中を巡るのは、この先に対しての莫大な不安。

「このままだと仕事を失い、やりたいことも永遠にやれないんじゃないか?」

「自分や大切な人がウイルスに感染して、幸せな日々を過ごせなくなるんじゃないか?」

考えれば考えるほどに恐ろしくなっていく。だけど、何も考えないなんてとても無理。

“緊急事態”だなんて言われたら、今まで通りじゃいられないもの。

でも、今のままではウイルスよりも先に”不安感”に押し潰されてしまいそう。

こんな時でもポジティブでいられる人たちって、どんな考え方をしているの?

気持ちが前向きになる方法を知って、ほんの少しでもいいから未来に希望を抱きたい。

 

コロナウイルスの影響で前向きになれない理由

コロナウイルスが流行している今、前向きになれないのにはいくつかの理由があります。

ほんの少しでも「前向きになりたい」と思ったときは、その原因を探り当てることがまず必要です。原因がわかれば、そこに対する考え方を変えることで、気持ちが楽になる可能性があります。

正面から向き合うのは苦しいことですが、前向きになるために考えてみましょう。

外出自粛をネガティブに過ごすと、苦しい期間が長く続いてしまいます。自分を守るためにも、今考えておくことは大切なのです。

1.見えない敵と戦っている感覚に陥っている

コロナウイルスは目に見えず、日常では実在しているのかもよくわからないもの。そのような見えない敵に日常生活を脅かされ、戦っているような感覚を抱いていることが「前向きになれない」原因になります。

毎日がウイルスとの戦い。実態はわからないけれど、危機感を持って過ごしている。

戦っている感覚が強くなるあまりに、常に最悪の事態を想定し「気分が沈む」ことがあるのです。これは、頭の中が”見えない敵”でいっぱいになっている状態といえます。

2.慣れない状況に不安を抱えている

緊急事態宣言に外出自粛。慣れない状況に不安を抱えていると「前向きになれない」と感じることがあります。

経験したことのないシチュエーションでは、全く先が見えずに戸惑ってしまうもの。特に対象が”コロナウイルス”という解決策が見えないものだけに、より不安になりやすいのです。

はたして、世界はこの状況を乗り切れるのだろうか?

考えているだけで何もできない。どうしたらいいのだろう?

行き場のない不安感を抱えると、グルグルと悩み続けて止まらなくなってしまいます。

3.周りの環境に流されてしまう

周りの環境に流されてしまうことが「前向きになれない」原因になります。

例えば、時間を多く共にする家族・友人・職場の人など…。こういった身近な人からネガティブな話を聞いている。

SNSで見ているアカウントや、毎日読んでいるニュース・ブログが不安を煽る内容のものである。

このような情報に影響を受けて、気持ちが沈んでいる場合があるのです。環境に流されていると、情報を受け取るたびに気分が落ち込んでしまいます。

4.人との交流が難しい

一人暮らしで誰とも会えなくて辛い。

同居している家族・恋人以外との接点がなくなり、ストレスが溜まっている。

外出自粛により、他人との交流が難しく「前向きになれない」ことがあります。

友達と直接会ってお喋りができない。こんな事態に気軽に連絡していいのかもわからない。こういった孤独感を抱えると、気持ちが沈んでいってしまうのです。

家でもできる交流方法や趣味が見つからないと、日に日に苦しくなってしまいます。

5.時間を持て余しマイナスなことを考えてしまう

外出時間がなくなったことで、時間を持て余しマイナスなことを考えてしまう。そうなると、考えれば考えるほどに「前向きになれない」状態を引き起こしてしまいます。

何もやることがないと、あれこれ考え始めるのは自然なこと。

自粛期間中は自由な時間が増えるうえに、”コロナウイルス”という見えない不安が付きまとっているため、あまり考えすぎるとネガティブになりやすいのです。

思考する時間は大切ですが、”今できること”にも目を向ける必要があります。

 

無理なポジティブは不要だけど…

こんな状況で前向きになるなんて、難しすぎるよ…。

でも、どうにか前を向かなくちゃ自分が潰れてしまうし、立ち直れなくなるのが見えている。

緊急事態宣言。そして外出自粛となった今、前向きになる方法を知って気持ちを明るくしたい。

とはいっても、無理に明るく振る舞ったりポジティブな振りをする必要はありません。

自分の気持ちを封印してまで”前向き”になろうとしても、心が辛くなってしまいます。

大切なのは、自分にできる範囲で「前向きになる方法」を取り入れること。

そうすることで、今より少しだけ気持ちが楽になれるから。

この状況を乗り切るために、無理なく”前向きになる方法・考え方”と向き合っていきましょう。

 

おすすめ記事
騙されたと思って見てみて欲しい”元気が出る言葉・名言集”

元気が出る言葉・名言20選|心に響く前向きな”いい言葉”に耳を傾けてみよう

 

前向きな気持ちを保てる人の特徴とは?

前向きになる方法を教えて?

前向きになる方法を知るには、前向きな気持ちを保っている人の特徴をつかむことが近道です。日頃から前向きに生きている人は、特徴そのものが”前向きになる方法”を表しています。

本人が意識しているかどうかに関わらず、前向きでいられるのには明確な理由があるのです。

だからこそ、その言動を参考にすることで”ポジティブな気持ち”に近づくことができます。まずは一つずつじっくりと見ていきましょう。

1.人に何かを与える姿勢を持っている

前向きな気持ちを保っている人は、人に何かを与える姿勢を持っています。

ネガティブになっているときは、気持ちが内側に向いて考えすぎていることが多いもの。これは”考えること”だけに焦点が当たっている状態です。

意識を外側に向け、誰かの役に立つ・人に与える言動をとれば、”喜んでもらうこと”に焦点が当たります。

どんなに孤独な場面でも、人に何かを与えられる人は「生きている価値」を感じられ、前向きな気持ちになれるのです。

2.趣味をたくさん持っている

“趣味をたくさん持っている”ということは、すなわち”気分転換の手段が多い”ということでもあります。容易に楽しい時間を過ごせるため、気持ちを前向きに保っていられるのです。

また、趣味の多い人は「時間が空いたら趣味に充てよう」と考えるため、時間を持て余してネガティブになることがほとんどありません。

常に「何か楽しいことないかな?」「自分が楽しめることは何かな?」と貪欲になれることも、ポジティブでいられる理由の一つです。

おすすめ記事
外出不要の暇つぶし30選|外出自粛期間を乗り越えるための誰でもハマる暇つぶし

外出自粛…家でできる暇つぶし一挙30選!大人でも楽しめる遊びを探そう!

3.他人に過剰な期待をしない

前向きな気持ちを保てる人には、他人に過剰な期待をしない特徴があります。

他人に期待をすることで明るい気持ちになれる場合もありますが、過剰な期待は「裏切られた」「何でやってくれないの?」といった怒りの感情を呼び起こしてしまうのです。

期待しすぎず「他人は思い通りにコントロールできないもの」と心得ておくことで、安定した気持ちを保っていられます。あくまでも、今の自分にできることを大切にしているのです。

4.困難を乗り越えた経験を持っている

困難を乗り越えた経験を持っている人は、別の困難が降りかかってきたときにも上手く対応ができます。

どのような気持ちでいればいいのか・行動を取ればいいのかがわかり、「困難は乗り越えられるものだ」と自信を持っていられるのです。

そのため、経験したことのない状況でも落ち着いて前向きな気持ちを保てます。

初めは苦しいこともありますが、一度”乗り越えるための考え方”をつかめると後が楽になるのです。

5.成長意欲がある

「変わりたい」「もっと成長したい」という”成長意欲”は前に進む原動力になるもの。そのため、常に成長意欲のある人は前向きな気持ちを保っていられます。

あらゆる状況を「これは成長するチャンスだ!」とポジティブに捉え、楽しむことができるのです。

うまくいかなかったり予想外の出来事が起こったりしたときは、自分が大きく変わる転機にもなります。そこからプラスにするのもマイナスにするのも、全ては自分次第だと考えているのです。

 

前向きな気持ちがもたらす3つのメリット

コロナウイルス、外出自粛…。あらゆるニュースに気持ちが沈みがちな今だからこそ、前向きになる方法を”自分のもの”にしたいところ。

前向きな気持ちが手に入ると、心への負担が軽くなる以外にもいくつかメリットがあります。

前向きになることは自分のためだけではなく、誰かのためにもなれること。そう思うと「少し頑張ってみようかな?」と感じることができるもの。

今後の人生、そして大切な人との時間を豊かにする”3つのメリット”をご紹介します。

おすすめ記事
ネガティブ思考は毎日の習慣で改善しよう!少しでも前向きに生きるために。

ネガティブからポジティブな考え方に!マイナス思考を改善する毎日の習慣

1.時間を有効に使える

前向きな気持ちを手に入れると、時間を有効に使えるようになります。

気持ちが沈んでいると「悩む時間が増える」「気が重くて動けない」「仕事へのやる気が出ない」など、時間の使い方がネガティブな方向に働いてしまうことがあるのです。

一日・一週間はあっという間に過ぎていくもの。

前向きな気持ちでいられれば「誰かのために時間を使う」「趣味を楽しむ」「仕事で成果を出す」など、先につながる時間の使い方ができます。

2.精神的な成長につながる

前向きな気持ちを持つことは、精神的な成長にもつながります。

どんな時でも「楽しみを見つけられる」「ネガティブに考えすぎない」ようになると、あらゆる困難を乗り越えていけるのです。

生きていれば、辛いことや予想外の出来事が起こる場合もあります。そんな場面でも“前向きになる方法”を知っている人は、自分らしくポジティブに乗り切っていけるもの。

そして、その度にまた成長し、自信と生きやすさが増していくのです。

3.周りを巻き込む力を得られる

前向きな気持ちによって、周りを巻き込む力を得られます。

「この人に付いていきたい」と思わせる人には、ポジティブで強いエネルギーがあるものです。

誰かのためになりたい。みんなで楽しいことをしたい。

だから、そのために協力してほしい。

前向きな人は、周りから応援・協力してもらいやすくなります。逆に「どうせうまくいかない」「失敗すると思う」とネガティブに考えると、仲間ができにくくなるのです。

 

コロナで辛いとき、前向きになれる5つの考え方

毎日のように目に飛び込んでくる、悲しいニュースや不安を煽る言葉たち。

「前向きになりたい」とは思いつつも、どうしても辛くなってしまうこともあるものです。そんなとき心の支えにしてほしい、前向きになれる5つの考え方をご紹介します。

前向きになれないのは、目の前のことにきちんと向き合っているからです。だからこそ、ほんの少し考え方を変えるだけで気持ちがすっと軽くなることも。

辛いときに意識したい”言葉のお守り”として、心の中に置いてみてください。

1.『今しかできないことをするチャンス』

いつまでこんな状況が続くのだろう?

外出自粛には、いい加減疲れてしまった…。

そう感じたときは『今しかできないことをするチャンス』だと考えましょう。

趣味がない人は趣味を見つける。仕事に役立つ勉強をしてみる。家の中を綺麗にする。外出自粛中だからこそ、時間をかけてできることが沢山あります。

自分自身や日々の生活と向き合って、人生を豊かにするきっかけとなるのです。

2.『友人や家族とのコミュニケーションの好機』

「外出ができない。アウトドア派の自分には辛すぎる。」もともと外に出るのが好きでアクティブな人にとっては、家にいることが苦痛に感じる場合も。

そんなときは『友人や家族とのコミュニケーションの好機』だと考えましょう。

普段は忙しくてお喋りができなかった相手とでも、じっくり話ができるいい機会です。ビデオ通話を楽しんだり、オンライン飲み会・お茶会を主催してみるのもおすすめ。

今のうちに仲を深めることで、事態収束時に遊ぶのがもっと楽しくなります。

3.『周りの人もそれぞれの環境で頑張っている』

辛くなってしまったら『周りの人もそれぞれの環境で頑張っている』ことを思い出してください。

友達も家族も、職場の人たちも。直接は見えなくても、みんな別々の屋根の下で頑張っているのです。それぞれが事態収束を目指して、前向きに生きようとしています。

一人一人が今置かれている環境の中で力を尽くすからこそ、先行きは明るくなるもの。

頑張ってくれている人たちに感謝をすること。そして自分自身も前を向いていきましょう。

4.『未来でこの日々を笑顔で振り返りたい!』

先行きが見えない状況に不安を抱いてしまう。そんなときは『未来でこの日々を笑顔で振り返りたい!』と考えてみましょう。

あのときは本当に頑張った。よく乗り越えられたよね。

みんなでこの日々を讃えられたなら、とてつもない喜びを感じることができます。その瞬間を想像してみるだけでも、明るく前向きな気持ちになれるもの。

きっと、人生を振り返る上では欠かせない”大きな出来事”として思い出に残るはずです。

5.『みんな不安を抱えて耐えている』

前向きになれたと感じても、ふとした瞬間に不安になり落ち込んでしまうこともあります。そんなときは『みんな不安を抱えて耐えている』と考えてみてください。

毎日頑張っている人も、明るく楽しんでいる人も、少しも不安がないわけではありません。

心の中には不安な気持ちを抱えながら、前向きになるために努力しているのです。

でも、そうやってみんなが生きているからこそ「未来への希望」が持てる。そのことを忘れずに、明日も明後日も生きていきましょう。

 

前向きに乗り切って、少しだけ強くなろう。

不安、孤独、悲しみ。

これらの感情と向き合って、すぐに前向きになるのは簡単なことではありません。

誰しも「ウイルス」「緊急事態」と聞いて、初めからポジティブな気持ちにはならないもの。

でも、どうして前向きになれないのか。前向きになれる考え方とはどんなものなのか。

それを知ることができれば、たとえ気持ちが沈む瞬間があっても立ち直ることができます。

生きていて感情がある限り「何も感じない」「何が起こっても平気」なんてことは難しい。

だから”前向きになる方法”を使って、少しだけ強くなろう。

今こそじっくり考え、この先も味方になってくれる”ポジティブな考え方”を身につけてみよう。

 

この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

Riri
Riri
人目を気にして生きてきた人生から、自分のために生きる人生にシフト。幸せになれるメンタリティや生き方について発信します。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする