2020.04.13

【洋画&邦画】絶対に泣ける映画30選|こんな時こそ観たい作品集めました

KABU

KABU

思いっきり泣ける名作にトリップ

泣ける映画で涙を流して、すっきりしたい!

彼にひどく傷つくことを言われた。もう今日は何も手につかない。食欲も湧かないし、眠りたくもない。

悲しすぎて、頭の中では彼に言われた音葉が堂々巡り。このまま朝を迎える勢いなんだ。

なんとかして気分を変えたい。明日も仕事なのに、この状態ではどうしようもない。

とにかく少しでも気分を晴らさないと…。暗い部屋で一人、ぼんやり光る画面を吸い込まれるように見つめている。

最近忙しすぎて観ていなかった映画。こんな時には絶対に泣ける作品がいい。

思いっきり泣いてすっきりできる作品を探している。

 

おすすめ記事
泣きたい気分は涙を流して晴らす|泣きたい時に涙を流す9つの方法

泣きたい時に、思いきり涙を流す。泣きたい気分の時に素直に泣く方法9選

 

【洋画編】絶対に泣ける映画15選

ここからは、泣ける映画作品をご紹介していきます。まずは洋画編です。

違う遠い国の出来事でも、人と人とが織りなす感動的なストーリーは絶対に泣けるもの。

今の自分の人生と重ね合わせて観ることで、教訓を得られることもあるでしょう。気になる作品はぜひチェックしてみましょう。

人生を変えるほど素晴らしい名作が揃っています。泣ける作品が多いので、参考にしてみて。

1.『タイタニック』

名作中の名作、タイタニックは上映時間が少し長めです。眠れない夜のお供にぴったりの作品です。

身分の差がありながらも恋に落ちてしまう2人。その美しくも切ないラブストーリーに絶対に泣けるでしょう。

実話となった事件があるので、船の描写や海の表情もリアルに作り込まれています。

自分も同じ船に乗り合わせたような感覚で楽しめます。2人の愛の結末から目が離せない、泣ける映画です。

2.『ニュー・シネマ・パラダイス』

誰にでも忘れられない思い出があります。この映画は、遠い少年時代を想起させる名作です。

主人公の大切な思い出を通して、好きだったものや大切にしていた人、愛しい時間を思い出させてくれるでしょう。

映画通にはたまらない泣ける映画です。感傷的な気分に浸りながら、郷愁を感じること間違いなし。

これは、今現在厳しい現実で生きている大人たちにこそ観てほしい作品です。遠い日の思い出に包まれましょう。

3.『ライフ・イズ・ビューティフル』

家族の絆を描いた、絶対に泣ける映画です。ナチス政権の残酷な運命に晒されても、息子をウソで守った父の偉大な愛が描かれます。

苦しい時に笑うことの素晴らしさを教えてくれる作品です。悲しいシーンもありますが、観賞後は胸が温かくなります。

タイトルにある通り、人生は美しく儚いもの。

時代のせいにせず、自分の人生を美しいと思えるか自分次第だと考えさせられる内容です。

4.『エターナル・サンシャイン』

恋人と別れた時、楽しかった思い出もすべて消せてしまえたらいいと思ったことはあるでしょうか?

失恋の喪失感と痛みにどう向き合うのか考えさせられるのがこの作品です。

心理描写が素晴らしく、多彩な映像表現にも注目です。

消したいはずなのにまだ消えてほしくない、彼女と過ごした愛しい日々。失恋した時に観てほしい泣ける映画です。

5.『グッド・ウィル・ハンティング』

トラウマと向き合うことや、人を信じる勇気を与えてくれる名作です。

絶対に泣ける究極のヒューマンドラマといえるでしょう。

過去のある出来事によって、人間不信になった青年。彼が周りの人々と心を通わせながら、少しずつ変わっていきます。

自分の過去を受け入れてくれる人がいる。もう一度その手をとって人を信じてみようと思わせてくれるのです。

6.『マイ・フレンドフォーエバー』

差別や偏見を乗り越えて、真の友情を築く青春ストーリーです。親友の顔を思い出して泣けるような映画です。

隣に越してきたのは、エイズにかかっている少年。孤独だった主人公と彼は友情を育んでいきます。

対照的な彼らの母親の姿からも学ぶことがあります。2人の心の距離が近づいていく様子に、絶対に泣けるでしょう。

7.『レナードの朝』

命の重さについて考えさせられるこの作品。

絶対に泣けるのは、愛する人とのダンスシーン。

生きている限り、人は変わり続ける。

成長するチャンスがあることに改めて感謝できると思います。

誰かのために生きることの尊さを学べる作品でもあります。泣ける映画なので、ぜひ観てください。

8.『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』

タイムスリップものを題材にした作品はたくさんあります。そのなかでも一際泣ける映画がこれです。

もしも時間を昔に戻せたらと、想像しながら観てください。

主人公が最後に選択した未来について考えさせられます。

通り過ぎた時間に、たくさんの愛おしい瞬間があったことを忘れていませんか?

自分の生き方を見つめ直すきっかけにもなるでしょう。

9.『きっと、うまくいく』

インド映画のなかでとても評価が高いこの作品。ポジティブで前向きな主人公が魅力です。

日本と同様、厳しい社会の中で生きている登場人物たち。歌って踊って泣ける映画です。

音楽と映像が好きな人にはたまらない映像でしょう。

きっと、うまくいく。

そんな前向きな気持ちを取り戻せます。

10.『リメンバー・ミー』

ディズニー作品のなかでも泣ける映画といえばこれ。

亡くなった大切な誰かを思わずにはいられない作品です。

主人公である少年が大好きな音楽を手放さず、死者の国で大冒険する姿に夢中になって楽しめます。

主人公の歌声で愛する人の記憶を思い出すひいおばあちゃんの表情に注目です。ここは絶対に泣けるシーンです。

11.『アイ・アム・サム』

知的障がいをもって生まれた父親と娘の泣ける映画です。親が子を想う強さが描かれています。

ただ側にいたいだけの2人を引き裂く様々な問題。社会的なメッセージも込められています。

親子なのに親友のような関係でもある2人。父の元を離れようとしない娘の心情を知ったあなたは、絶対に泣けるでしょう。

 

12.『最強のふたり』

大富豪だけど車椅子生活を送っている主人公は、介護人としてある青年を雇います。

不真面目で貧しい青年は雑なところもありますが、根が優しい人間です。彼だけは主人公をひとりの人間として対等に扱うのです。

2人の心の距離がどんどん近づいていくシーンは胸が温かくなります。実話を元にした泣ける映画です。

13.『ワンダー 君は太陽』

先天性の疾患により、人とは違う顔で生まれてきた主人公。偏見を浴びながらも、学校に通うことにします。

輝く個性と魅力で次々に周囲の人の心を動かしていく彼の姿には勇気をもらえます。

しっかり者の優しい姉が漏らした台詞は絶対に泣けるでしょう。自分の個性を抱きしめたくなる泣ける映画です。

14.『しあわせの隠れ場所』

里親とうまくいかない青年を迎え入れ、まるで本当の家族のように接してくれる温かいファミリー。

青年は前向きな気持ちになり、アメフト選手としての道を進みます。人種も血の繋がりも超える、真実の愛の物語です。

実話をベースにした泣ける映画です。

優しさによって誰かの人生が変わっていく可能性を信じることができます。

15.『ギフテッド』

特別な才能をもった子供、それがギフテッド。

神様からの贈り物として、数学の才能を与えられた少女が登場します。

才能を巡る家族の在り方について考えさせられるでしょう。生まれてきただけで、誰もが特別であることを思い出します。

未来を縛られそうになる天才少女を救えるのか?主人公と少女の心の交流には絶対に泣けるでしょう。

 

【邦画編】絶対に泣ける映画15選

ここからは、邦画で絶対に観てほしい泣ける映画をご紹介いたします。

字幕なしでどっぷりと作品の世界観にはまれます。自分を物語の主人公に重ね、涙するでしょう。

かけがえのない人との別れを描いた作品が多くあります。どれも絶対に泣けるストーリーです。

愛し合える人がいる今を生きていることに感謝せずにはいられません。

ぜひ、あなたのお気に入りの作品を見つけて。

1.『世界の中心で、愛をさけぶ』

やっと想いが叶って結ばれたカップル。しかし、彼女は病を患っています。近づく別れの予感に、絶対に泣けるでしょう。

この作品は、愛する人を救いたいと願う主人公の切ない姿が映し出されます。あっという間に過ぎ去る青春に切なくなります。

学生時代に恋人がいた人は、感情移入しやすいでしょう。泣ける映画の定番ともいえます。

2.『永遠の0』

戦争によって散っていった数々の命。その残酷さと生きることの大切さを教えてくれるのがこの作品です。

特攻隊員でお国のために死ぬことが当たり前だった時代。臆病者といわれても自分を信じる勇気もった人がいました。

家族のために生きることを選ぼうとした特攻隊員の姿をみて絶対に泣けます。ぜひ観てほしい作品です。

3.『余命1ヶ月の花嫁』

愛する人の命の終わりがあと1ヶ月だったら?

自分にも、相手にもいつか命の終わりがきます。

その事実とどう向き合い、共に乗り越えていくのか。その答えがこの作品には描かれています。

互いを思い遣る夫婦の温かい愛に、絶対に泣けるでしょう。結婚の本質が描かれた泣ける映画です。

4.『湯を沸かすほどの熱い愛』

余命宣告を受けたある母親の、強さとたくましさを感じる作品です。

前向きで明るい母の愛に泣ける映画です。

タイトルにある湯を沸かすとは、銭湯のこと。家族がそれぞれの問題を乗り越え、絆を取り戻すまでが描かれます。

血の繋がりや本当の家族の在り方について考えさせられる映画です。

絶対に泣けるので、ぜひ一度観てください。

5.『あの夏、いちばん静かな海。』

北野武監督によって作られたこの作品。サーフィンと出会った聾唖者のカップルが主人公の純情ラブストーリーです。

極端に台詞が少ないからこそ、音楽の美しさも際立っています。久石譲さんが手掛けました。

2人がサーフィンを通じて知り合った人々との絆と思い出が爽やかに描かれています。

ほろりと泣ける映画です。

6.『おくりびと』

天国に旅立つ人を見送る仕事がテーマになっています。納棺師として働き始めた男性が主人公として描かれています。

日本独自の倫理観を感じることができる作品です。自分の死生観を問い質される、泣ける映画です。

故人をしのぶことで、命の重さを教わった主人公が成長していく様子にも注目の作品です。

7.『手紙』

弟の学費のために強盗殺人を試みて刑務所行きになった兄。殺人という重たいテーマと家族について考えさせられる作品です。

兄との血の繋がりを呪いのように思っていた主人公も、愛する人を見つけたことをきっかけに少しずつ変化していきます。

犯罪者側の家族の苦しみと、世間のバッシングについて考えさせられるでしょう。とても泣ける映画です。

8.『星になった少年』

象使いになることを夢見て成長する青年の物語です。動物愛と人との成長が描かれるハートフルストーリーです。

いじめられていた少年も、動物たちとの触れ合いを通してどんどん成長していきます。

生き物が好きな人は絶対に泣ける映画です。

坂本龍一氏の音楽と、美しいタイの風景にも注目してほしい素敵な作品です。

9.『ソラニン』

愛する人が突然いなくなってしまう。そんな急な出来事に心が追いつかない主人公。

喪失感を描いた泣ける映画です。

かけがえのない人の死とどう向き合い、立ち上がるのか?この映画はそれを教えてくれます。

主人公が想いを吐き出すように歌うシーンは鳥肌が立つでしょう。絶対に泣けるので、ぜひ観てください。

10.『君の膵臓をたべたい』

人気小説が元になったこの作品は、他人や社会に興味のない少年が、ある少女と出会ったことで変化する様子が描かれています。

一見すると闘病もののよくあるラブストーリーにも見えますが、

メインキャラクターとなる2人の距離感が絶妙です。

タイトルになった言葉の意味がわかるシーンは、絶対に泣けるでしょう。

11.『今、会いにゆきます』

雨の日に死んだ妻が帰ってくる。主人公と記憶を失くして帰ってきた妻、息子の三人の絆を描いた泣ける映画です。

愛し合っていた記憶を丁寧に思い出しながら、一緒に生きている幸せを噛み締める夫婦の姿に絶対に泣けるでしょう。

失った記憶のピースがハマる瞬間が秀逸です。

梅雨の時期になると観たくなる名作です。

12.『この世界の片隅に』

広島に落とされた原爆。その瞬間まで、一生懸命に生きる人たちがいました。アニメーションが美しい泣ける映画です。

どんな時代でもひたむきに、日常のなかに幸せを見つけられる主人公。その姿から学ぶところは多いでしょう。

穏やかでのんびりした主人公が、不条理な世界に向かって一度だけ叫ぶシーンは絶対に泣けるでしょう。

13.『秒速5センチメートル』

叶わなかった遠い日の初恋を思い出して、ノスタルジックな気分に浸れるこの作品。

新海誠監督が手掛ける美しいアニメーションにも注目です。少年と少女の悲しいすれ違いが描かれています。

自分の切ない初恋を思い出して絶対に泣けるでしょう。恋愛とは無縁の青春時代を送った人も、別の意味で泣ける映画です。

14.『聲の形』

障がいによって耳が聞こえない少女をいじめていた主人公。2人の心の触れ合いと葛藤を描きます。

人をいじめることになんの疑問も持っていなかった主人公。健常者と障がい者の間にある差別がいかに残酷か考えさせられます。

成長した彼が自分の罪を認め、どう彼女と向き合っていくのか?一度は観てほしい泣ける映画です。

15.『火垂るの墓』

戦争の残酷さと命の儚さを描いた作品です。幼い妹を必死に守ろうとする主人公の姿に絶対に泣けるでしょう。

幼いながらも力を合わせて必死に生きる姿。美しい兄弟愛に降りかかる過酷な運命にとても胸が痛みます。

平和な世の中だからこそ、戦争で起こった話を忘れてはいけないでしょう。

力強く生き抜く使命を感じます。

 

おすすめ記事
外出自粛中の暇つぶし30選|時間を有効に使って充実した毎日に!

外出自粛!?家でできる暇つぶし方法30選|大人でも楽しめる遊びを探そう!

 

明日を生きるために、気持ちをリセットしよう。

泣ける映画を観て思いっきり涙を流すと、心が軽くなります。また明日から頑張ろうという明るい気持ちになれるでしょう。

それは、物語の主人公たちの姿が生きる勇気を与えてくれたから。

辛い問題を前にして、苦しみながらも必死に前を向こうとする姿に胸打たれます。

心にため込んだ感情を浄化してくれるのが、泣ける映画なのです。

自分の人生を前向きに生きるための糧になります。

お気に入りの心に響くセリフを探しながら、映画時間を楽しめますように。

 

おすすめ記事
気分転換が必要な時に試したい13のリフレッシュ法とは?

気分転換が必要な時に。不安定な気分を変える13のリフレッシュ方法!

 

この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

KABU
KABU
人にやさしい言葉を

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする