2020.04.03

デートの誘い方|驚異の成功率は◯◯が重要?上手に女性をデートに誘う方法

久保佳奈子

久保佳奈子

恋を成就させるために、相手のことをもっと知ろう!

「断られないデートの誘い方を知りたい!」

女性をデートに誘いたい。

そう思っても、断られた時のことを考えると、怖くて勇気が出ないのです…。

好きなあの子は、自分のことをよく思ってくれているのかな?

LINEは続くけど、なんとなく返信をくれているだけじゃないの?

そもそも、何を話せばいいのか分からない…!

好きな人とのデートを成功させるためには、何を心得ておけばいいの?

お付き合いをしていない段階の恋愛は、悩みがつきません。

相手に振り向いてもらうためにしている行動が、逆効果になってしまうこともあります。

この記事では、気になる女性をデートに誘う時に知っておきたい情報をお伝えしていきます。

あなたの恋が実るように。

見落としたくないポイントを一緒にチェックしていきましょう!

 

”デートの誘い方”重要な5つのポイント

まずは、実際にデートのお誘いをする前に抑えておきたい大切なことを5つお伝えします。

何からすればいいの?

勢いよく、とりあえず誘っちゃえ!

その前に、一呼吸おくことも重要です。

勢いだけで動かずに、極力成功に近づくための鍵となる点を抑えていきましょう。

1.力を抜いて気軽に誘う

気になる女性や好きな人をデートに誘う時、緊張しない人はいません。

大切にしたい恋であればあるほど、その分緊張度も増してしまうでしょう。

今のあなたも、肩に力が入っている状態ではありませんか?

相手をお誘いする前に、緊張をほぐしておくことが大切です。

緊張しすぎてしまうと、相手にプレッシャーを与えてしまったり、必要のないことまで口走ってしまうことにもなります。

ただでさえ緊張する場面。

「気が抜けすぎかな?」と感じるくらいに、フランクな形で声かけをするのがおすすめです。

2.カッコつけも卑下もだめ!自然体で

デートのお誘いをする時は、あくまで自然な態度を意識しましょう。

極端に素っ気ないふりをしたり、反対に自分を下げるような発言をするのもおすすめしません。

お誘いの時点で不自然な態度を感じたら、女性側は「デート中もずっと不自然なのかな」と不安を抱きます。

最初から完全に心開いた関係になれるわけではありませんが、自然体で仲良くなれるように、自分がいつもと同じ態度でいるように心がけましょう。

3.恋愛テクニックに頼りすぎない

いわゆる「恋愛成就のマニュアル」のようなガイドを丸々体現しようとするのも控えましょう。

この記事でご紹介していることも含め、恋愛を成功させるように操ることができるテクニックは存在しません。

なぜなら、私たちは人間同士で恋をするからです。

お互いの気持ちがある。

一人一人の感じ方が違う。

そんな中で、「これをやれば絶対に恋が叶う!」と100%言い切れることはないでしょう。

そうしたテクニックばかりに囚われてしまうと、あなたが本来持っている魅力を生かせなくなってしまいます。

あなたの恋を後押ししてくれるスキルを実践しながら、最終的にはあなた自身で判断することが大切です。

テクニックに惑わされすぎないように注意しましょう。

4.準備期間は長い方がいい

恋に落ちるスピードは、恋愛ごとによって異なります。

出会った瞬間、恋をすることもある。

長い付き合いの友人が、好きな人になることもある。

どのくらいの期間を経て好きになったのかは大切ではありません。

重要なのは、恋をしてからどのくらい相手のことを思いやれるかです。

好きになって、自分がデートをしたいからと言って、相手の都合を考えずにデートに誘うのは避けましょう。

自分の気持ちだけでなく、相手の気持ちを思いやることを忘れてはいけません。

5.やっぱり会って直接言われたい

「大切な気持ちを伝えられる時には、直接言われたい。」と感じている女性は多くいます。

LINEなどでやりとりをし、お互いを知っていく時間も素敵です。

ですが、大事な告白は直接しましょう。

デートのお誘いをLINEでして、その流れで「好きです!」などと口走ってしまうことがないように。

タイミングや状況を大切にしてみましょう。

 

気合いの入り過ぎはNG!その理由とは?

好きな人と話をする時には、誰でも緊張してしまうものです。

「ついつい構えすぎてしまって、言いたいことも言えなかった…。」

「勇気を出してデートに誘ったのに、断られてしまった…。」

空回りして恋愛終了してしまうのは、悲しい…。

ですが、気持ちが強ければ強いほど、空回りする可能性が高くなることもあります。

緊張が強くなり、相手にプレッシャーを与えてしまうのです。

デートのお誘いをする前に、一度自分の気持ちを落ち着けるのがおすすめです。

おすすめ記事
デートに誘われるなら○○がいい!?意外な女性心理

デートに誘われるときは〇〇の方がいい!

 

女子から好印象のデートプラン3つの注意点

女性が「嬉しい!」と感じるのは、どのようなデートなのか?

お互いが心地よくデートを楽しむためには、3つの注意点を意識する必要があります。

デートの計画を立てる際には、最低限これらのポイントだけは抑えましょう!

1.安心できる昼間のデートを考える

デートで相手に良い印象を持ってもらえるように注意すべき点1つ目は、日中の約束にすることです。

夜のデートとなると、お酒を飲むことや、終電なども気になります。

「遊び目的で誘われているのかな?」と不安に感じたら、女性はお誘いをOKしてくれないでしょう。

昼間の約束であれば、そのような心配をする必要はありません。

お互いが何も気にせずにデートを楽しめるよう、日中の時間帯で約束をしましょう。

2.あらかじめおおまかな予定を伝える

デートで相手に良い印象を持ってもらえるように注意すべき点2つ目は、相手にも予定を共有することです。

「サプライズにしたいから、当日のお楽しみにしよう!」

そう思って女性にデートの内容を伝えないのは、女性にとっての準備が負担となります。

どこに行くのか分からなければ、適している服装やメイクも分かりません。

予定に合わせて持っていきたい物があっても、事前共有がなければ困ってしまいます。

どうしてもサプライズにしたい場合には、大まかな内容だけでも伝えるように気をつけてください。

3.相手の「これしたい」を必ず盛り込む

デートで相手に良い印象を持ってもらえるように注意すべき点3つ目は、相手が楽しめる内容にすることです。

どんなに楽しみなデートでも、内容に対して全く興味が持てなかったり、「つまらない」と感じてしまうことであれば、デートは失敗に終わってしまいます。

デートの内容を考える際には、相手がやりたいことや興味があることを事前に聞き出し、当日楽しんでもらえるように演出しましょう。

それを口実にお誘いをすることも可能になりますし、相手との距離を縮める良い方法の1つとなってくれます。

 

デートに誘うのに重要な5つの”理由付け”

気になる人や好きな人が居ても、初めてデートにお誘いする時には、何と言ってお誘いすべきか悩んでしまいます。

「デートをしよう!」と誘うだけだと、ストレートすぎて相手を萎縮させてしまいかねません。

勢いだけで誘わずに、しっかりとデートの口実を用意しましょう。

ここでは、デートの理由にしやすい5つの話題をご紹介します。

1.美味しい食事を理由にする

デートのお誘いを持ちかけるためにおすすめの話題1つ目は、食事です。

一緒にお出かけをするのに、外食は持ってこいの機会となります。

「あそこのお店が評判で気になってるんだけれど、一緒に行かない?」

「前に気になるって言ってたお店、今度一緒に行こうよ!」

二人で行くこと自体よりも、お店に行くことを目的とした誘い方であれば、相手も気負いせずに来られます。

2.相談事・頼み事を理由にする

デートのお誘いを持ちかけるためにおすすめの話題2つ目は、相談に乗ってもらうことです。

「最近仕事が上手くいかなくて、ちょっと意見もらえないかな…。」

「今度の送別会の出し物で悩んでて、一緒に考えてくれない?」

このように、悩み事やお願いしたいことを口実にし、二人で会う時間をセッティングすることもできます。

話の目的が分かっていると、女性側も承諾しやすくなるでしょう。

3.趣味の共有を理由にする

デートのお誘いを持ちかけるためにおすすめの話題3つ目は、趣味です。

お互いに同じ趣味を持っているのであれば、悩むことなくその趣味のイベントなどを口実に誘いましょう。

共通の趣味ではなくても、デートの口実にすることはできます。

たとえば、女性の趣味に対して興味を持ち、「教えて欲しい!」と伝えてみることもおすすめです。

あなた自身の趣味に巻き込もうとする時には、相手が面倒に感じないよう、注意を払いましょう。

4.観たい映画を理由にする

デートのお誘いを持ちかけるためにおすすめの話題4つ目は、映画観賞です。

シーズンごとに放映される作品が異なる映画館は、最もデートに誘いやすい場所とも言えるでしょう。

相手が気になっている作品を聞き出し、「一緒に観にいこう!」と誘うのも良し。

「この映画すごく面白いらしいんだ!」と伝え、あなたが観たい映画に付き合ってもらう形を取るのも良いでしょう。

5.ショッピングを理由にする

デートのお誘いを持ちかけるためにおすすめの話題5つ目は、買い物です。

日常的な買い物は、デートにはなりません。

しかし、特別な買い物をしたい時や、一緒に選んでもらいたい時には、「付き合って欲しい!」とお誘いすることができます。

知り合いへのプレゼント選び。

二人の共通の友人に対する誕生日プレゼント。

一人で選ぶのには悩んでしまう大物家電を買う時。

女性視点からのアドバイスが欲しい買い物。

ある目的の物を見つけるためのお出かけであれば、デート内容にも困りません。

 

デートに誘う絶好のタイミング4選

デートの口実を見つけても、どの瞬間に、なんて声をかけたらいいのか分からない…!

誘うタイミングを伺っているうちに、機会を逃してしまうなんてこともあります。

躊躇いすぎずに、思い切って誘うにしても、良いタイミングを見計らうことはとても重要です!

どんな時に誘えばいいのか分からない人は、ここでご紹介する4つの瞬間を意識的に見つけてみましょう。

1.会話が尽きてきたと感じたら

INEのやりとりがずっと続いている時。

定期的に電話をするほどの仲になれた時。

話す機会が増えれば増えるほど、当然会話がなくなる瞬間も生じます。

そんな時こそ、デートのお誘いをしましょう!

デートプランを考えたり、何が好みかを聞いてみたり。

二人で会う時の予定を立てるために、話題も生まれます。

直接会って話ができれば、さらに二人の距離を縮められるきっかけにもなるでしょう。

2.何かを起点に盛り上がったとき

二人での会話やテンションが盛り上がった瞬間も、デートに誘うチャンスです。

共通の趣味の話で盛り上がったなら、二人で趣味活動のデートをするのも良いでしょう。

好きな食べ物などについての話に花が咲いたなら、食事に誘うこともできます。

せっかく話が膨らんだなら、それにちなんだデートに誘いましょう!

ただし注意したいのは、あなたが一方的に盛り上がっていないかです。

自分が楽しくなっているだけで相手の反応が悪い時は、テンションを合わせることが必要です。

3.他愛のない会話が続いているとき

何てことのない話題でずっと話が続いている時も、デートのお誘いに向いている瞬間の一つです。

心を許していない人や、あまり好みではない人とは、特に必要もないのに会話を続けませんよね。

他愛もない話がずっとできるということは、あなたと相手の波長が合うことの証明とも言えるでしょう。

とりとめもない会話の中で、自然と一緒に出かける提案をするのがおすすめです。

4.相手が何かに興味を示したら

デートのお誘いにおすすめのタイミングとしては、相手が興味を示してくれた瞬間も挙げられます。

「最近これが気になっているんだよね。」

「このお店ずっと行きたいんだー!」

「ここ行ったことある!すっごく素敵で大好きなの!」

「私、アウトドア系のイベントに行くのが好きなんだー。」

相手の好みや興味関心を知る機会は、話をしている中にたくさん転がっています。

自分の興味がないことでも、相手の好みを知ることは、相手を知ることにも繋がります。

「自分は好きじゃないから」などと突き放すことはせず、一緒に楽しんでみる姿勢を持ちましょう。

たとえ恋愛対象として見られていなかったとしても、好きなことを一緒に楽しむ友達として、まずは仲良くなれるきっかけになります。

 

印象の悪いデートの誘い方。NG例5選

相手に好印象を与えられるデートのお誘いとは反対に、相手の気持ちを引かせてしまうNGな誘い方もあります。

これまでデートに断られた時、無意識のうちに行ってはいませんでしたか?

デートのお誘いで気をつけたいポイントを5つチェックしていきましょう。

1.しつこく誘う

相手に嫌な印象を与えやすいデートの誘い方1つ目は、しつこくなってしまうことです。

興味がある相手ならまだしも、興味もない人から何度も何度もデートに誘われたら、あなたはどのように感じますか?

「鬱陶しくなる」というのが、多くの人の答えとなるでしょう。

仕事が忙しかったり、友人とのイベントなどで本当に休日も余裕がないのに、毎週のようにデートに誘ってくる人。

たとえ興味がある相手だったとしても、「相手の状況を鑑みて、尊重できない人」と認定され、引かれることにもなりかねません。

一度お誘いをして断られたら、相手の反応を見極めましょう。

反応が良くない場合には、二人だけでなく共通の知り合いも交えた会にするなど、工夫を加えてみましょう。

2.相手主体の誘い方

相手に嫌な印象を与えやすいデートの誘い方2つ目は、誘っている側が先導してくれないことです。

誘ってもらえたのが嬉しいと感じても、相手がスケジュールや行く場所などをなかなか決めてくれないと、「本当にデートしたいの?」と不思議に感じてしまいます。

あなたから誘うのであれば、ある程度のプランを考えた上で提案しましょう。

相手の反応が良くなかった時のためにも、いくつかの計画を考えておくと安心です。

3.夜遅い時間のプラン

相手に嫌な印象を与えやすいデートの誘い方3つ目は、夜遅くのデートを設定することです。

夜に会うことが悪いわけではありませんが、安心して電車で帰れる時刻に設定されていないと、女性は不安に感じます。

「もしかして、体の関係を持ちたいだけ?」

「夜遅くに帰るのは危険だし、早めの時間がいいのに…。」

お付き合いを始めた二人で、一緒に帰路につく場合には、夜遅くのデートでも問題ないでしょう。

しかし、これから関係を深めていく状態のときは、相手がしっかりと帰れるように早い時間でデートをセッティングするのがベター。

4.前触れもなく誘う

相手に嫌な印象を与えやすいデートの誘い方4つ目は、突然誘うことです。

今まで仲が良かったわけでもない。

LINEなどで、たくさん話をしてきたわけでもない。

共通の趣味で盛り上がったわけでもない。

そんな関係でいきなりデートに誘われると、女性はびっくりしてしまいます。

近しくない人が急に近距離に入ってくると、不快感を感じる人もいるでしょう。

突然デートに誘っても、お互いを知らない状態ですから、当然勝算も低いはずです。

デートに誘う時には、段階を踏んで相手との距離を近づけていきましょう。

5.誰でもいい感が伝わる内容

相手に嫌な印象を与えやすいデートの誘い方5つ目は、相手が誰でも良さそうに感じられてしまう誘い方です。

いわゆる、定型文のような誘い文句。

相手の都合をまったく考えていない、自分勝手なスケジュール。

どんなデートをするのか話をしても、「どこでもいい」。

こんな誘い方をされたら、女性としては「なんで誘ってきたの?」と呆れるでしょう。

相手のことを本当に思っているのなら、「○○ちゃんとデートがしたいんだ」という気持ちが伝わるように誘いましょう。

自分都合でなく、相手の立場に立って計画することは必須です。

おすすめ記事
デートの誘いを断られたら?断られた後の正しい対応

【男女別】デートの誘いを断られた理由&断られた後の正しい対応方法

 

デートの成功率を上げるのは意外な◯◯?

どんなに考えて、準備をしても、デートのお誘いが成功するとは限りません。

しかし、相手にあなたの気持ちをまっすぐに伝える方法はあります。

それは、相手と直接お話をすることです。

LINEやInstagramなどのSNSで会話が弾むのも、素敵なことです。

ですが、告白など、大事な気持ちを伝えたい時には、相手に直接話をしましょう。

顔を合わせながら、あなたの気持ちを伝えることで、恋の成功率はグッと高まるのです。

 

あなたらしさで誘って、デートを楽しもう。

気持ちを伝えるための方法や、注意すべき点は、挙げたらキリがないものです。

それらを網羅しても、恋が成功するかどうかは分かりません。

スキルを持ったり、注意点を抑えることも大切です。

しかし、それ以上にあなたらしさを忘れないようにしましょう。

相手に、あなたの魅力が伝わるように。

自然なままでお付き合いができるように。

あなたの恋が上手くいくことを願っています。

おすすめ記事
付き合うまでのデート回数は?最高な告白のタイミング

最高な告白のタイミング|付き合うまでのデート回数&告白の仕方ご紹介!

 

この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

久保佳奈子
久保佳奈子
1994年生まれのライター・エッセイスト。不安障害/うつの経験から、生と向き合うようになりました。健やかに生きるための方法や、メンタリティについてをメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする