2020.03.31

効率的なリモートワークとは?ストレスなく自宅で仕事をこなせる方法10選

久保佳奈子

久保佳奈子

おうち生活を、心地よく過ごすために。

新型コロナの影響で、突然リモートワークに…

今まで、自宅での仕事を求められたことはなかった。

出社をしての仕事が当たり前だった。

でも、新型コロナウイルスの影響で、突然リモートワークをすることに…。

家から出なくていいなんて、嬉しすぎる!

そう思ったのは、最初だけ。

「集中できる環境がない自宅での仕事は、しんどい。」

「家に子供がいる中では、仕事が捗らない。」

「自分だけでなく、家族もリモートワークを始めたので、落ち着かない。」

いつまで続くのか分からないこの状況。

上手く在宅勤務を乗り切るには、何をすればいいの?

そもそも、リモートワークとは?

在宅勤務が辛い原因は?

解消する方法を教えて!

この記事を通じて、リモートワークとの付き合い方を一緒に考えていきましょう。

リモートワークとは?

新型コロナウイルスの影響によって、日々さまざまな情報が飛び交う中。

「リモートワーク」という言葉を耳にする機会が増えました。

リモートワークとは、会社に出社せずに自宅やカフェなどで仕事をする勤務形態のことを指します。

「テレワーク」や「在宅勤務」とほぼ同義の言葉です。

2020年の東京オリンピックに向けてリモートワークの導入準備をしている企業もあったため、近年では広がりを見せている働き方の一つです。

それが思いもよらず、コロナウイルスの影響で外出を控えることが余儀なくされるようになり、今年に入って以降、リモートワークは一気に広がっています。

 

リモートワークで生じる5つの問題

「家で仕事をしてください」とだけ指示を出されれば、最初のうちは出社の必要がないことを嬉しく感じます。

しかし、リモートワークには距離があるからこその弊害や問題点もあります。

リモートワークをする上で抱えやすい課題を5つチェックしてみましょう。

1.コミュニケーションが円滑にいかない

リモートワークで発生する課題の1つ目とは、同僚やお客様とのコミュニケーションがスムーズに進められなくなってしまうことです。

顔と顔を合わせながら対面で話をする時は、表情や身振り手振りが常に見えます。

隣同士で座っていると、必要最低限の会話だけでなく、雑談も生まれるため、仕事でギスギスすることがあっても解消できる場があります。

しかし、お互いがリモートで働いていると、思うようにコミュニケーションが取れず、認識の相違が生まれてしまうこともあるでしょう。

一つ一つの確認や認識のすり合わせにも時間がかかり、ストレスを抱えやすくなります。

2.捺印する書類等の扱いに困る

リモートワークで発生する課題の2つ目とは、書類やデータの扱いに困ってしまうことです。

企業が取り扱っている書類やデータの中には、当然ながら社外秘のものがたくさんあります。

出社ができないとなると、書類の扱いに困ってしまうのです。

さらに、捺印が必要となる書類がある場合には、今までのように簡単には捺印できず、時間がかかることになります。

3.自宅に仕事ができる環境が整っていない

リモートワークで発生する課題の3つ目とは、自宅での作業環境が整っていないことです。

主に出社して仕事をしている人の中には、家には仕事ができる環境がないという人も大勢います。

「デスクがないから、仕事に集中するスペースがない。」

「安い椅子しかないし、ずっと仕事をしていたら腰への負担が大きすぎる…。」

このように、自宅に仕事環境が整っていないことによっていつものように作業が進まず、ストレスを抱いてしまうようになりがちです。

4.wi-fi環境やPC設備が整っていない

リモートワークで発生する課題の4つ目とは、パソコンの環境やインターネットの通信環境に問題があることです。

自宅で仕事をすることがない人は、家にwi-fiを引いていないこともあります。

会社に行かなければwi-fiが使えず、そもそも仕事にならない人もいるのです。

そのような場合であっても、普段の状況下であれば、カフェなどを利用することで問題を解消できます。

しかし、昨今のコロナウイルスによる影響のもとでは、外出をして作業することは難しいため、仕事が進められなくなってしまいます。

5.慣れない環境での仕事がストレスを生む

リモートワークで発生する課題の5つ目とは、「いつもと違う状況」にストレスを感じてしまうことです。

毎日同じ時間に起きること。

毎日同じ場所に出社すること。

毎朝ミーティングからスタートすること。

毎日同じ時間に帰ること。

今まで、毎日が同じことの繰り返しに感じられてしまう日々に嫌気が差した経験は、誰にでもあるでしょう。

実は、その毎日のルーティーンこそが、私たちの心身を健やかに保ってくれることにつながっているのです。

これまでと違う毎日を過ごすことになれば、環境も時間の使い方も全てが変わります。

環境の変化により、仕事にもプライベートにもストレスを感じてしまう可能性もあります。

おすすめ記事
リモートでいつもの集中力が発揮できないあなたへ。集中力を高める13の方法

仕事に集中できない時の原因は?集中力を高め、集中する方法13選

 

自宅で仕事するストレス、みんなどうしてるの?

仕事は外でやるもの。

自宅はリラックスするための空間。

今までそうやって分けてきたのに、突然自宅での作業が求められるようになった。

「なんだか集中できないな…。」

「漠然と感じるストレスがある。」

「いつもは隣で仲良く仕事している人に、イライラしてしまう。」

こんな感覚が生じていることは、おかしなことじゃないんだ。

リモートワークになって、新たなに感じるストレスがあって当然なんだ。

みんなはどうやってテレワークに取り組んでいるのだろう?

何をすれば、最小限のストレスでこの期間を乗り越えられるのだろう?

 

効率的にリモートワークを成功させる10の方法

いつもと違う空気感。いつもと違う働き方。

そんな状況下だからこそ、仕事に対するストレスは最小限に抑えて、効率的にリモートワークを進めましょう!

何に気をつければいいか分からない…。

不安な気持ちが募る時には、ここでご紹介する10個の方法を実践してみましょう。

1.会社に行くつもりで服装に気を使う

上手にリモートワークをこなすための方法1つ目は、いつでも外出できるような服装に着替えることです。

家にいる時に、わざわざおしゃれをする人は少ないかもしれません。

しかし、家で仕事をする時には、シャキッとする服装になることがおすすめです。

リラックスモードの格好をしていると、身体だけでなく心も緩みすぎてしまいます。

いつでも眠れる環境もあるため、パジャマのまま仕事をしていれば、気づいた時には寝ていた…なんてことにもなりかねません。

外に出られる格好になれば、人から見られている時のように気持ちもシャキッとします。

スーツ着用とまでは言いませんが、自分の気持ちが切り替えられるような服装に着替えましょう。

2.誘惑につながるものは視野に入れない

上手にリモートワークをこなすための方法2つ目は、家の中にある誘惑を排除することです。

家でのリラックス空間を実現している人ほど、家の中には様々な誘惑が転がっています。

スマホで見続けてしまうYoutube。

始めたら止まらないゲーム。

一度つけたら見続けてしまうテレビ。

ベッドに入ればいつでも寝れる環境。

誘惑に打ち勝つことができないから、在宅勤務が向かないと感じている人もいるでしょう。

そんな時に、誘惑を感じてしまう自分を責める必要はありません。

誰しも楽しいものに流されそうになるのは当然のことです。

誘惑は、排除することで対処しましょう。

目に入らないように隠してみたり。

寝室から離れてみたり。

1Rで環境を分けることが難しい人は、「昼寝禁止」などと張り紙を貼るのも効果的です。

誘惑に打ち勝とうとするのではなく、誘惑を見えなくすることが大切です。

3.自宅に仕事専用のスペースを作る

上手にリモートワークをこなすための方法3つ目は、家の中に作業スペースを設けることです。

会社に行くと、出社するだけで「仕事モード」に入れることがあります。

休日明けで頭がボーッとしていたのに、会社に着いたら気持ちが切り替わった経験がある人も多いでしょう。

仕事をする空間を設けることで、私たちの心にある仕事スイッチをONにできます。

家の中でも、仕事のための空間があれば、スイッチをONにできるようになります。

部屋を分けることが難しい場合には、仕切りを設けるだけでも構いません。

自分だけのスペースを確保しましょう。

4.集中力が切れたら場所を変える

上手にリモートワークをこなすための方法4つ目は、集中できなくなったら場所を移動することです。

場所を移すと言っても、現在のコロナウイルスによる影響下では外出はできません。

外出はできなくても、家の中で移動してみましょう。

たとえば、ベランダにスペースがある人は、換気もかねて外で作業をしてみるのもおすすめです。

誰もいないお風呂や洗面所なども、実は一人きりになれる空間です。

「こんな場所で?」と思うような場所が、意外とお気に入りのスペースになるかもしれません。

色んな場所を仕事スペースとして試してみましょう。

おすすめ記事
急にリモートになったって、集中できないよ…。そんな時、試してみて!

仕事や勉強に集中できない原因とは?長時間集中力を維持する5つの解決策

5.日光を浴びたりこまめに換気する

上手にリモートワークをこなすための方法5つ目は、太陽の光を浴びて定期的に新鮮な空気を吸うことです。

ずっと自宅での作業を続けていると、疲れは溜まる一方です。

いつもと違う状況。世間の騒がしさ。家族の状態。

さまざまな要因が気になって、作業に集中できなくなる瞬間も増えます。

そんな時には、日光浴がおすすめです。

朝はいつも通りの時間に起床し、窓際でひなたぼっこをしましょう。

空気を入れ換えることも、気分を変える一つの手段です。

いつもの休日に自宅で過ごす時とは違った時間の使い方を意識してみましょう。

 

6.SlackやZoomを活用する

上手にリモートワークをこなすための方法6つ目は、オンラインで利用できるツールを上手に活用することです。

突然テレワークに切り替わったことで、同僚とのやり取りがスムーズにいかない人もいるでしょう。

「伝えたいことがなかなか伝わらない…。」

「いちいち丁寧なメールを送るのは時間がかかる。」

「相手の顔が見えないと、様子が分からない。」

遠隔での作業によってストレスを感じている場合には、オンラインのツールを使いましょう。

チャットツールであれば、slack。

ビデオ通話であれば、zoom。

目的や利用シーンによって使い分け、円滑なコミュニケーションを取っていきましょう。

7.部屋を片付けて環境を整える

上手にリモートワークをこなすための方法7つ目は、過ごしやすい空間を保つことです。

学生時代に、「勉強をしようと思うと、なぜか片付けが捗る」経験をしたことはありませんか?

部屋が片付いていなかったり、環境が整っていないと、私たちの集中力は切れてしまいます。

気になってしまって、業務に集中できなくなってしまうのです。

まずは仕事に集中しやすい環境を作りましょう。

小さいお子様やペットが居てどうしても空間が散らかりやすい場合には、自分の作業スペースだけを守りきるようにするのがおすすめです。

全てを綺麗に保とうとすると、片付けられない自分に苛立ちを感じてしまうことにも繋がります。

「必要最低限のスペースだけは、絶対に整える。」

この意識を大切にしてください。

8.一時的な環境だと割り切る

上手にリモートワークをこなすための方法8つ目は、完璧な環境を自宅で整えようと思わないことです。

日常的にリモートワークを行っている人であれば、自宅での作業スペースをより良い環境に整えることも必要となるでしょう。

しかし、新型コロナウイルスの影響によって一時的にリモートワークが必要となっている場合には、完璧な状態を作ろうとしないことも大切です。

完璧な状態を目指してしまうと、現状に不満を感じ、ストレスが増えてしまいます。

今は一時的に自宅での仕事になっているだけ。

そう割り切ることで、「仕方ない」と良い意味での諦めがつきます。

あなた自身でも、会社のせいでもない。

誰のせいにすることもできないからこそ、「まあどうしようもない!」と割り切りましょう。

9.一定時間集中したら休憩を挟む

上手にリモートワークをこなすための方法9つ目は、常に切り替えを意識することです。

会社にいる時間だと、実は近くの人と会話をしたり、時々雑談をすることで、無意識のうちに息抜きができています。

しかし、全てが自宅で一人だけの空間となると、ずっと書類やPCとにらめっこし続けることになります。

もちろん集中する時間は大切にしながら、定期的に休憩を取りましょう。

無理に集中し続けようとすると、逆に疲労を溜めてしまいかねません。

他人の目がないからこそ、自分で管理する意識が大切です。

おすすめ記事
気分転換が必要と感じたら|気分をガラッと変える13の方法とは?

気分転換が必要な時に。不安定な気分を変える13のリフレッシュ方法!

10.仲間とのやり取りに時々ジョークを挟む

上手にリモートワークをこなすための方法10個目は、オンライン上での会話にも笑いを入れることです。

今この状況に慣れている人は居ません。

誰もが初めての経験で、過敏になる部分もあって当然です。

そんな中で、真面目なメールのやり取りしかなければ、お互いに刺々しくなってしまうでしょう。

チャットやメールでのやり取りには、あえて笑いをもたらすような内容を含めましょう。

お互いに励ましあい、気をかけあうことで、前向きになることもできます。

ただでさえ空気が重いからこそ、クスッと笑えるような一文を交えることがおすすめです。

 

快適なリモートワークはあなた次第!

「自宅から出なくていい仕事」とだけ言えば聞こえが良いリモートワーク。

実は、自宅だからこそ感じるストレスや問題点も多くあります。

今までと違う環境で仕事をするのは、誰にとってもストレスです。

あなたが感じるストレスを否定する必要はありません。

感じて当然のストレスです。

この状況だからこそ、いかに自分が心地よく過ごせるかを意識しながら過ごしましょう。

仲間と一緒に、助け合いながら。

自宅での仕事に集中できる状態を目指しましょう。

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

久保佳奈子
久保佳奈子
1994年生まれのライター・エッセイスト。不安障害/うつの経験から、生と向き合うようになりました。健やかに生きるための方法や、メンタリティについてをメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする