2020.03.28

身長差カップルあるある10選!恋人とのハグで起こるハプニングとは?

「私たち、身長差カップルです。」

好きになった相手とは偶然“身長差”があった。

そのまま惹かれ合って、相思相愛になって、付き合うようになって…。

気付いたら“身長差カップル”になっていた。

周囲の人は自分達カップルの姿を見るたび、その身長差に注目する。

でも、自分達はお互いの魅力に惚れたのであって、身長差で選んだわけじゃない。

付き合うときは身長差なんて気にならなかった。

ただ、お互いのことが「好き」だから付き合っただけ。

ところが、実際に関わりが深まると様々なところで「身長差の影響」を感じる。

身長差カップルだからこそ感じる「良いこと」も「悪いこと」もあるんだ。

身長差は二人の恋愛に素敵なスパイスを足してくれる。

「身長差なし」では体験できない感覚一つ一つが、付き合っている実感を与える。

 

”身長差カップル”とは何cm差くらい?

“身長差カップル”とは、具体的にどれくらいの「身長差」を意味するのか?

日本人の平均的な顔の大きさは20cmから25cmくらいです。そのため、20cm以上の身長差を感じると目線が変わり、周囲から見ても「身長差カップルだな」という印象を受けるように。

ちなみに、自然にキスできる“恋人との理想の身長差”は、15cm程度までといわれています。

身長差が20cm以上となると、“身長差カップル”ならではのスキンシップが可能に。抱きしめた時に身体がすっぽりとはまり、30cmほどの身長差ともなればかなりの「差」を感じます

身長差があると「守られている感覚」や「守っている感覚」を味わいやすいメリットも。身長差は男らしさや女性らしさを感じる要素の一つといえます。

 

おすすめ記事
体の相性って身長にも関係ある?セックスの相性を確かめる17の特徴

https://dariame.jp/2019/03/10/post-7113/

 

身長差カップルあるある10選

知り合いに身長差カップルがいるけど、どんな気持ちなのかな?

好きな人との身長差がどう影響するか気になる。

他の身長差カップルがどんな気持ちか知りたい。

実際に“身長差カップル”を経験する人は、身長差がない場合と比べてどんな感覚を味わうのか?

“身長差カップル”は「良いこと」も「悪いこと」も両方経験します。ここからは、“身長差カップル”ならではの「あるある」を10個ご紹介

“身長差カップルの視点”で恋愛がどう映るのか、一緒に覗いてみましょう。

1.歩くペースが合わない

身長差があると必ず“足の長さ”が異なります。そのため、一歩ずつの歩幅が合わず、無意識にペースがバラバラになってしまうのです。

身長の高い側が寄り添ってペースを合わせられると、身長の低い側が無理せずに済みます。そのため、身長差がある時は、高い側から「歩くの速すぎない?」と聞けるとベストです。

とはいえ、歩く速度は無意識レベルの問題。もし二人のペースが合わなくても「ちょっと待ってよ~」と駆け寄って甘えるくらいの方が、やんわりと可愛く寄り添えます。

2.キスやハグしづらい

身長差カップルは顔の位置が違うため、キスやハグをしにくい傾向があります。

キスするには「背伸び」や「屈む」といった姿勢を変える動作が必要。

長時間激しいキスをすれば“疲れる原因”になります。

ハグした時に顔同士がくっつかず、胸にすっぽりと包まれながら「どんな表情だろう?」と想像することも。

ですが、身長の低い側が段差に乗ったり、一緒に寝転びながらであれば、全然身長差は気になりません。

キスやハグしづらいとしても、むしろそれが「スキンシップしている実感」を与えます。

おすすめ記事
キスには色んな種類があるって知ってた?正しいやり方も解説!

https://dariame.jp/2020/03/12/post-43438/

3.エスカレーターでスキンシップできる

身長差カップルはエスカレーターの段差に乗ると、普段感じている身長差がフラットに近づきます。一気に顔が近くなって、お喋りやキスがしやすくなるのです

エスカレーターに乗りながら見つめ合うカップルの光景はとても魅力的。こうしたギャップを自然に生み出せるのも、身長差カップルの嬉しいポイントといえます。

また、身長差がないカップルは逆に、エスカレーターに乗ることで「身長差カップルの目線」を知ることが可能です。

4.後ろからハグで頭乗せ

こちらは身長差カップルならではの“ドキドキするスキンシップ”の一つです。

バックハグすると、身長が低い側はすっぽりと包まれて、身長が高い側の顔が上に乗る形になります。

まるで子供と親が接する時のような“愛らしさ”が感じられるのです。

この「頭乗せ」が成立するのは、身長差が20cm代後半などの限られた身長差カップルだけの特権。家でくつろいで座りながら「頭乗せ」をされたら、漫画のような展開にキュンキュンします。

おすすめ記事
ハグに隠された癒し効果とは?ストレスを解消させるハグの仕方

https://dariame.jp/2019/12/23/post-31187/

6.常に上目遣い

女性の“上目遣い”は、男性をドキッとさせる要素の一つ。

身長差カップルなら常に上目遣いなので、いつだって可愛さ満載です。

低身長女子に対して「可愛い」と言われがちなのは、こうした上目遣いの効果も影響しています。

また、上目遣いの可愛さがベースになっているからこそ、前述した「エスカレーターなどの身長差がなくなる場面」でドキドキするもの

身長差が埋まった時に「あれ、なんか色っぽい?」と感じやすくなるメリットがあるのです。

7.女性の身長が高い場合もある

“身長差カップル”には、女性の方が身長が高いケースもあります。

身長差で愛情が変わることはありません。ですが、時にはちょっと「気まずいな」と感じてしまうことも

特に男性は「身長の高さ」を気にする傾向があり、「自分より身長の低い女性が好き」というケースが少なくありません。

しかし、逆に「身長の高い女性はカッコよくて好き」「モデルさんみたいで魅力的」という意見もあります。

人によって価値観は変わるため、「気まずい場合」も「気まずくない場合」もあるのです。

8.お互いの身長に合わせて靴を迷う

靴選びによって身長差は変わります。そのため、身長差カップルはお互いの身長に合わせて靴選びを迷う傾向も。

身長が低い側は「頑張って相手に近づけよう」とヒールを履いたり、身長が高い側は「少しでも靴底が薄い方が良いかな」と試行錯誤したり…。

こうした努力をするだけで、身長差は10cm程度変わります。しかし、毎回ハイヒールを履くと足へのダメージがあり、無理は禁物です

靴による身長の変化も「楽しみ」の一つとして捉えられると、靴選びすらワクワクします。

9.身長差を使って愛情表現をしやすい

身長差があると愛情表現の幅が広がります。身長差のないカップルが無理に「差」を作るのは難しいこと。それに対して身長差カップルは「差を楽しむ」「合わせる」の二つの選択肢が生まれるのです。

あえて大胆にハグしたり、顎クイしながら屈んでキスしたり、頭を撫でたり…。身長差があるとロマンチックな愛情表現に繋がります。

身長差カップルはプラス面もマイナス面もありますが、あえてプラス面に注目して楽しみましょう。

その方が前向きで特別な恋愛になります。

10.実際の身長より高く(低く)見られがち

身長差カップルは注目を浴びやすく、身長が低い側は実際よりも低く思われ、身長が高い側は実際よりも高く思われがちです。

これは、対照的な身長の二人が並ぶと、目の錯覚を起こしやすいから。身長差カップルは「いずれかが極端に高い・低い」というより、「お互いが高め・低め」なだけだったりします。

そのため、「あれ、案外身長高いんだね」「思ったより大きくないんだね」と言われるのです。

身長差カップルはそれだけ、良くも悪くも周囲の視線を集めるといえます。

 

 

 

身長差なんて気にしない。だって大好きだから。

身長差カップルってどんな感じ?

身長差があるから困ることってないの?

興味本位で聞かれることがあっても、身長差カップル本人はあまり気にしていません

好きになった相手と偶然身長差があった。ただそれだけのことです。

身長差があってもなくても、相手への愛情や関係性に影響はありません。

身長差だけでなく、肌・目・髪の色の違い、体型の違い、言語の違いなど、人それぞれ様々な個性を持っています。

どんな「差」があっても、それが理由で恋愛感情の根本が変わることはないのです。

“痘痕も靨(あばたもえくぼ)”という言葉のように、「惚れれば相手の全てが魅力的」と感じるもの。好きになれば身長差すら「愛しい」と思えます。

大好きな気持ちの前で、“身長差”は問題にならないのです。

 

他のカップルと比較しないで、思いっきり楽しもう!

“身長差カップル”として注目を浴びることは多い。

付き合い当初は「身長差があるとどうなんだろう?」と心配になることもあった。

でも、身長差があるからといって、自分達の恋愛感情が変わることはない

身長差を気にしてしまうのは、他のカップルと比較するから。

身長差が気になったら視点を変えてみよう。

ファッションの系統、金銭感覚、味覚、体質、生活習慣…。

どんな人間でも必ず「差」が生まれる。誰だって違う。同じ人間なんていない。

“身長差カップル”は、生まれつきの「差」が目に見えてわかるだけなんだ。

だけど、「身長差なんて気にしない」なんて言いながら、やっぱりこの身長差はドキドキする。

お互いの姿形をそのまま愛し抜こう。

その先にはきっと、深い愛情が待っているから。

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

岡 あい
岡 あい
言葉と音楽をこよなく愛するライター。「生きる意味」や「人生とは何なのか」を、今日も考えています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする