2020.03.18

「結婚相手の決め手は何?」既婚者に聞く条件・妥協してOKな所ランキング

結婚の決め手って何?分かりません。

付き合ってもうすぐ5年になる彼がいる。周りの友達や両親からは「そろそろ結婚?」なんて聞かれることも…。

人生の一大イベントである結婚。それに大きな夢を抱いている女の子もたくさんいる。

でも私は、あまりピンとこない。

せっかく結婚しても離婚する人が多いし、仮面夫婦になる可能性だってある。

一生愛する人と添い遂げるために、結婚で失敗したくない。慎重になるのは当然のこと。

今付き合っている彼は可もなく、不可もなく。正直言って、自分に釣り合っていると思う。

ずるずると長く一緒にいたから、相手が空気みたいに、そこにあって当然の存在になりつつある。

でも私は、彼に結婚の決め手を感じられない。一体、どうすればいいんだろう?

幸せな結婚生活を送っている既婚者たちに聞いてみた。「結婚相手の決め手って何?」

優しいから。高収入だったから。波長があったから。なんとなく…。結婚相手の決め手は人それぞれ違う。

何を参考にしたらいいのか余計にわからなくなる。私はただ、幸せな結婚がしたいだけなんだ。

おすすめ記事
結婚とは?結婚を語る上で外せない往年の格言・名言

結婚とは何?夫婦とは?結婚の必要性について核心を突く名言・格言集

 

結婚相手の条件、みんな妥協するの?

たまに聞く「今の結婚相手は妥協した」という言葉。確かに、必ずしも自分の理想通りの相手と結婚できるわけではありません。

容姿端麗、性格がよく、収入や肩書も…。欲張りな私たちは、たくさんのことを結婚相手に望みます。

心のどこかで、自分を幸せにしてくれるヒーローのような人を探しているのです。

結婚することで、今以上の生活を手に入れようと玉の輿を狙う人もいます。

それは、自分が結婚相手を幸せにするのではなく、結婚相手に自分を幸せにしてもらおうとする受け身な考え方からくるもの。

しかし現実は、完璧な人が自分を選んでくれる保証なんかない。それをわかっていても、妥協して誰かと結婚するのは嫌だ。

好きでもない相手と結婚すれば、苦しむのは自分自身です。

婚活パーティーなどでも、交際相手の条件を決めることは普通に行われています。

容姿や職業など、場合によっては条件に足切りが設定される場合も…。

結婚相手の決め手として外せない条件とは何か。その答えは自分自身で決めるしかありません。

おすすめ記事
結婚で妥協してはいけない条件とは?妥協NGな7つの条件

妥協して結婚するのは絶対NG!結婚で妥協してはいけない7つの条件

 

男性が思う結婚相手の決め手7選

ここからは、実際に結婚相手の決め手として選ばれる項目を見ていきましょう。具体的に7つほどご紹介します

面白いことに、男性と女性では選ぶ項目に違いが見られました。それぞれ順番にご紹介していきます。

まず始めは男性編です。

結婚相手の決め手となるポイントを自分が満たしているか、確認してみるのもいいでしょう。

男性が重視している項目を押さえれば、今の彼からプロポーズされる可能性もあります。

1.顔やスタイルが好みだった

男性は女性以上に視覚からの刺激を感じやすい生き物。女性より見た目を重視する傾向にあるのが理解できるでしょう。

顔やスタイルが自分の好みの女性には優しくなれるもの。結婚相手の見た目を決め手とする男性は多いのです。美しい女性とバージンロードを並んで歩くだけでも、周囲から憧れの視線を向けられるでしょう。

結婚してからも、「綺麗な奥さんだね」と周囲から言ってもらえます。誰に見せても恥ずかしくない妻は憧れです。

 

 

2.家庭的な一面に惹かれた

男性の胃袋を掴むという話があるように、女性の家庭的な一面に惹かれて結婚を決める男性は多くいます。

花嫁修行として料理教室に通う人が多いのも納得です。料理以外でも、家庭的なイメージが湧く瞬間はたくさんあります。

例えば熱が出た時に、優しく看病してくれる女性。それが結婚の決め手になったという人もいるでしょう。

家族になった時を想像しやすい相手とは、自然な流れで結婚することができるのです。

3.性格や価値観が合う

結婚相手にするなら、一緒にいて楽な女性が良いと答える男性も多いでしょう。いつも背伸びして付き合うのは疲れます。

性格や価値観が合う女性なら、喧嘩をする頻度も少なくて済みますし、気を遣う必要もありません。自然体なままでいられます。

様々な価値観がありますが、金銭感覚は夫婦間で最も重要視されるポイントで、似ている方が良いとする意見も多いのです。

「二人ってよく似ててお似合いだね」周囲から言われたこんな一言が、結婚の決め手となることも…。

4.仕事や趣味に対しての理解がある

結婚してからよく聞く、鬼嫁エピソード。妻が夫のやることに干渉することが多くを占めます。

夫の趣味のプラモデルを妻が勝手に捨てたり、夫が趣味のゴルフや飲み会に出ることを許せない妻も…。

男性は結婚しても自由を好む生き物。結婚相手の決め手として、仕事や趣味に対して理解があることを重視します。

最近では、共働きでお小遣い制を強要しない妻を選ぶという人も少なくありません。束縛されれば逃げたくなるのが男心です。

5.一緒にいると楽しく癒された

職場で戦っている男性は、家にいる時くらいゆっくりしたくなるもの。一緒にいると癒される女性は人気があります。

飾らない優しい女性となら、友人のように気兼ねない結婚生活が送れるでしょう。

安らぎを与えてくれる優しい笑顔が好まれます。笑いの絶えない楽しい家庭を築けるでしょう。

「女は愛嬌」という言葉がありますが、彼女でも妻でも、明るい女性が選ばれやすいのは確かです。

6.落ち込んだとき、元気を与えてくれた

人生いい時ばかりとは限りません。結婚してからも男性は様々な悩みを抱えるときがあります。

会社で大きな失敗をした時や、体調が悪くて不安な時。男性はへこんだ時、元気を与えてくれる女性に心惹かれます。

どちらか一方が落ち込んでいる時も支え合って乗り越えていくのが夫婦。結婚の決め手は、自分を元気づけてくれる存在です。

男女関係なく、自分を勇気づけてくれる相手を人生の配慮とするのがふさわしいでしょう。

7.面倒見がよく、良い母になると思えた

男性は、自分の母親によく似た女性を妻に選ぶという説があります。意外と甘えたがりな一面をもった男性もたくさんいます。

そのため、面倒見が良く将来子供ができた時に良き母として振る舞える女性を結婚相手として選ぶ人も多いのです。

か弱く美人で守ってあげたい存在も素敵ですが、妻にするなら、いざという時に力を発揮する強さも求めます。

特に子供好きな男性であれば、母のようにたくましい一面を相手に求めるのは自然なことでしょう。

 

女性が思う結婚相手の決め手7選

ここからは女性が結婚相手に重要視する7つの決め手についてご紹介していきます。

男性編と違い、細やかな気遣いなど内面に関するポイントが多くを占めています。具体的な部分もたくさんあります。

女性が理想とする男性像に近いものが多いので、知っておいて損はありません。今付き合っている彼女の気持ちが知りたいという人は、ぜひ読んでみてください。

当てはまるポイントが少なければ、それが結婚の障壁になる可能性も…。

プロポーズを仕掛ける前に、あらかじめ直せる部分は直しておきましょう。

 

 

1.安心できる経済力があった

昔からある考えですが、経済的に安定している男性が選ばれやすい傾向にあります。

これは、婚活パーティーなどでも重視されるポイントです。高収入の男性は比較的モテます。

自分にもし何かがあった時、子供ができた時、豊かな暮らしを保障するために経済力は重要な項目です。

女性は本能的に子供を守ろうとする考えがあるので、高収入の男性を希望する人が多いのも事実です。

2.誠実で一途に愛されている

夫婦問題でよくある浮気や不倫といった問題。誠実な男性を結婚相手の決め手にする女性も多くいるでしょう。

自分を真っ直ぐに愛してくれる正直さは非常に魅力的です。

恋愛は、惚れた方が負けと言われます。自分を愛してくれる男性だと安心感があり、結婚後のトラブルのリスクが少ないと考えるのです。

そのため相手が自分のタイプではなくても、愛される方が幸せだという理由で結婚する女性がいます。

自分に惚れている相手と結婚すれば、夫婦間の主導権をもつのも容易いのです。

3.尊敬できる部分が多くある

自分が苦手なものに対して知識が豊富である。自分が不得意な事柄をフォローしてくれる…。

そのように、相手に尊敬できる部分がある人を結婚の決め手にする女性も多くいます。

夫婦は足りない部分を互いに補い合うもの。尊敬できる人かどうかは、とても大事なポイントです。

礼儀正しく自慢できるような夫なら、知り合いにも紹介しやすいでしょう。女性は、周囲からどう見えるのかも重視します。

4.自然体で楽しく過ごせる

男女ともに自然体で過ごせる相手を選ぶ傾向にあります

家の中にいても常にバッチリメイクを要求され、少しでも太れば指摘してくる…。そんな関係は女性の気持ちが休まりません。

結婚相手とは長い人生を共にします。少しくらいダメな部分を見せてしまっても一緒にいてくれる相手でないと、居心地の悪い環境に身を置き続けることになってしまうのです。

自然体の自分を受け入れてもらうことで、相手からの深い愛情も感じます。

5.いつも優しく包容力がある

優しく包容力がある男性を結婚相手の決め手とする女性もいます。女性は男性に守ってほしいと思うもの。

悩んでしまった時や、悲しいことがあった時。隣で支えてくれる包容力のある男性は、頼りになります。

いつか子供が生まれても、優しい父親になる姿が想像できるでしょう。器の大きい男性なら妻も子供も守ってくれそうです。

父性を求めるようにして、何十歳も歳の離れた男性と結婚する女性もたくさんいます。

6.価値観が合うと感じた

価値観が似ている人といると一緒にいると楽です。そのため、価値観が合うことを結婚相手の決め手にする人も多いでしょう。

離婚の原因に、価値観の相違をあげる人が多くいます。実際に、長年の考え方を変えるのはとても難しいこと…。

しかし、元々価値観が似ている相手と結婚すれば、無駄な喧嘩は起こりません。

何かを決める際にも争うことはあまりなく、穏やかな夫婦関係を築くことができるでしょう。

7.決断力があって頼れる

頼れる男性を結婚相手に選ぶ女性も多いでしょう。一家の大黒柱として、決断力がある男性に魅力を感じます。

男性が女性の尻に敷かれた方がいいとする意見もよくありますが、男女関係なく「男らしい潔さ」は必要です。

優柔不断な男性は、いざという時に家族に迷惑をかけたり、危険な目に遭わせる恐れがあります。

女性が引っ張っていくだけの力関係だと、いつか妻側の負担が大きくなってしまうでしょう。

 

 

意外?結婚で妥協していい部分ランキング!

ランキング形式で見ていくと、よく耳にするような理由がたくさん登場していました。

考え方は人それぞれですが、ランキングの上位に当てはまる部分なら、妥協しても幸せな結婚生活を手に入れることへの影響は少ないといえます。

ここからは、既婚者の人が「結婚で妥協して問題なかった」と回答した点をランキング形式でご紹介します。

結婚の決め手に選ばれていた項目もあるため、自分の譲れないポイントと照らし合わせながらチェックしてみましょう。

1.【三位】顔やルックス

容姿を結婚の決め手にする人が多いのは確かですが、既婚者の意見によると、意外にも容姿は妥協してよかったと答える人が多数。

毎日顔を合わせていると、好みの顔も次第に見慣れてくるもの。最初に抱いた感動も、徐々に薄れていきます。

見た目より、清潔感や身だしなみに気を遣えることの方がよっぽど大事です。歳をとれば、容姿は変わっていくものだからです。

家族のために若々しくいようと努力する人は、良い歳の重ね方をします。結果的に、満ち足りた表情をしているでしょう。

「自分は容姿が恵まれていないから結婚できない」そう絶望する必要はありません。

2.【二位】学歴

学歴が良くても、必ずしも仕事で成功するとは限りません。高学歴ゆえにプライドが高く、会社では扱いづらいとされる場合も…。

学生時代とは違い、結婚において学歴を重視する人は少なくなります。一般教養があれば、十分だとする意見も多いでしょう。

男性のなかには、自分よりも学歴が低い女性をあえて選ぶ人もいるようです。これは、相手に見下されることを恐れているから…。

天然で放っておけない雰囲気の女性や、守ってあげたくなるような女性が男性に選ばれることは事実です。

女性も、優秀で賢く偉そうな人より、母性本能をくすぐってくる謙虚で可愛いタイプを指示する声も多くあります。

3.【一位】収入

収入のある相手ならば、自分は楽することができる。甘えた考えで、結婚相手の決め手に収入を挙げる人もいます。

最近は、共働き世帯が増えています。相手の収入だけに頼って生活しようとする人自体が減っています。

病気や怪我で働けなるリスクを背負っている以上、夫婦ともに稼げる状態をキープできるのが理想的

収入よりも重視されるのは「金銭感覚」です。稼ぐよりも節約する時代。二人で協力して家計を守るのがベター。

このように、結婚相手の決め手となるのは、お金の使い方が似ている人です。

 

完璧は追い求めないで。結婚は程よい幸せがベスト!

できれば自分の理想通りの人と結婚したい。そんな夢を抱く人も多くいるでしょう。

側にいてくれる大切な人に、多くを求めすぎてはいませんか?

自分が相手から完璧な姿を求められたら、どのように思いますか?理想を押しつけられて、窮屈に感じるでしょう。

すべてが完璧な人間などいません。自分のだめなところも含めて愛してくれるような人となら結婚したいと願うもの。

愛し抜けるポイントが一つでも満たされていれば、それは十分結婚の決め手になります。

容姿が悪くても、愛情の深い人なら結婚したいと思う人がいます。

収入が低くても、一緒にいて楽な相手と結婚する人もいます。

完璧でなくても、結婚生活がうまくいっている夫婦はたくさんいるのです。

自分は欠点ばかりだから誰にも愛されないと、塞ぎ込む必要はありません。

相手の好きなところをたくさん発見するのは自分の心がけ次第。

結婚はスタートライン。幸せな結婚生活は、自分たちで努力して作り上げていくものなのです。

互いの良いところを引き出せる相手を探しに行きましょう。

おすすめ記事
なんとなくの結婚は後悔不可避!?最悪の事態を回避する考え方

なんとなく結婚すると後悔する?失敗する理由と地獄を回避する10の方法

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。

今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。 

 

KABU
KABU
人にやさしい言葉を

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする