2020.03.08

旦那にイライラする…夫が嫌いでムカつく!イライラに効く5つの対処法

最近旦那にイライラすることが多い…

急いで帰って作っておいた夜ご飯。

「今日ちょっと寂しいね」

なんて夫に言われると頭にくる。

じゃあ自分で作ればと言いたい気持ちを押し殺す。

ドライヤーをかけていると、髪の毛が落ちていると嫌そうな顔。

細かいことにうるさい夫。ちゃんと後で掃除するから黙っててほしい。

友人夫婦と出かけた帰り道。

「向こうの奥さん、すごいスタイル良かったね」

悪気がないのはわかってる。でも夫に言われた一言のせいですごく嫌な気分。

もしかしてこれが、旦那にイライラするって感覚?

一緒にいる時間が長いと、小さなことが目についてしまうんだ。

結婚する前はこんなこと思わなかったのに…。

 

「夫がムカつく!」イライラの原因5選

旦那にイライラするという意見をもつ女性は多くいます。

テレビの街頭インタビューでは夫の悪口が飛び出すことも…。最愛の夫のはずなのに、一体どうしてなのでしょうか?

「私ってひどい奥さんなの?」そう心配することはありません。旦那にイライラする時は誰しもあります。

妻が旦那にイライラするのは、原因があるからです。

ここからは、その原因を一つずつ見ていきましょう。自分にも当てはまるものがきっと見つかります。

1.妻への感謝の意思表示がない

いつも家事や育児を頑張っていても、夫はそれに感謝を示さない。

長く一緒に過ごしていくうちに、夫婦の間で気遣いが減っていきます。

「こんなに家族に尽くしているのに…」

妻はそう思って旦那にイライラするのです。

最近は共働き家庭が多く、社会には忙しい女性が溢れています。女性は体力面でもか弱く、ホルモンのサイクルによって体調不良が起こることも…。

一生懸命に頑張っている妻に、ちゃんとありがとうと伝えていますか?

2.気持ちを察してくれない

女性は共感能力が非常に高い生き物です。ちょっとでも嫌な表情をすれば、相手に伝わると思ってしまう…。

また、自分が悩んだり悲しい時には静かになることもあります。そうすれば夫が雰囲気を察して、声をかけてくれるだろうと期待するからです。

残念ながら、そういった変化を見逃す夫は多くいます。

仕事が忙しく、余裕のない時もあるでしょう。しかし妻は、気持ちを察してくれない旦那にイライラするのです。

3.何でもかんでも妻任せ

夫婦はかけがえのないパートナー。そのために家庭での役割を分担して支え合うべきです。

「俺は仕事が大変だし、たくさん稼いでるから君がやってよ」

そのように、何でもかんでも妻任せにする夫がいます。

子育て・家事・ゴミ出し。些細なことでも積もり積もって不満は大爆発。

「どうして私ばっかり。あなたも少し手伝いなさいよ」旦那にイライラする妻は後をたちません。

子育てに関していえば、育児方針について意見を交換する場も必要です。

4.上から目線の物言い

年上で物知りで、頼りになると思って結婚した夫。

「できないことは俺がやってあげるよ」そんな優しい一言が最初は嬉しかったのに…。結婚してからは、上から目線の物言いが勘に触るようになった。

「ちょっと考えたらわかることでしょ?どうしていつもそうなの?」小さな失敗をいちいち指摘してくる旦那にイライラする妻がいます。

夫婦喧嘩の原因は、言い方だったりするのです。

正論を言う時にも、配慮は十分必要でしょう。

5.文句ばかり言ってくる

一緒に暮らしていると、相手の行動がよく目につきます。元々は他人だった夫婦。相手の習慣に理解を示せないこともあるでしょう。

許せないことを目撃すると、小さなことでも文句を言いたくなります。しかし、文句ばかりを言う旦那にイライラする妻も多いのです。

「シャツの下の方ちゃんとアイロンかかってなかったんだけど…」

せっかくやってくれた家事に文句を言えば、口うるさい夫だと思われてしまうのです。

 

 

夫にイライラしないために、みんなどうしてる?

夫婦は元々は他人と言われますが、一緒に暮らしていくとそれがよくわかります。

夜更かしが好きな夫と朝型の妻。インドアな夫とアウトドアな妻。

小さな価値観の違いやすれ違いが、夫婦喧嘩の火種になります。

他にもたくさん原因はあります。

例えば、どうしても許せない相手のポイントを発見した時です。

綺麗好きな妻が、服を脱ぎっぱなしにする夫に目くじらを立てるケースです。

互いに譲れないポイントというものはあるもの。

妻が旦那にイライラする時、それをどうやって抑えればいいのでしょうか?

ここからは、旦那にイライラする妻とそうでない妻を比較していきます。

その違いがどこにあるのか、ぜひチェックしてみましょう。

おすすめ記事
イライラは自分のために解消しよう!5つの解消法

イライラが止まらない!イライラする自分が嫌になる理由と5つの解消法

 

夫にイライラする妻としない妻の違いは?

夫婦喧嘩をあまりしない穏やかな夫婦。

一発触発の雰囲気が漂う険悪な夫婦。

当然ながら前者になりたいと願う人が多いでしょう。

旦那にイライラする妻も、それをやめたいと思っています。またその逆も然り。夫も良好な夫婦関係を築きたいと思っています。

旦那にイライラしない妻には、ちょっとした共通点があります。

ここからはより具体的に見ていきます。参考にして、できるものがあったら真似してみましょう。

1.旦那に必要以上に期待しない

「うちの旦那ってそういうとこあるのよ。まあ慣れたからいいけど」夫の悪い点について話す時、こんなふうに笑い飛ばせる妻がいます。

それは、夫に必要以上に期待していないから。

いつも完璧で理想通りの人などいません。夫に悪いところがあるのは当然のこと。

それすらも許容する母のように寛大な気持ちをもつこと。そうすれば、旦那にイライラすることもないでしょう。

2.他人だからと割り切れる

「どうせ夫婦なんて他人だもの。イライラして当然よね」互いの癖や行動パターンが違うの当たり前のこと。

夫婦は最初からすれ違うものだと認識していれば楽になります。長年かけて培ってきた考え方や行動パターンを変えるのは難しいこと。

夫は自分の思い通りにはならないと割り切って考えることも大事です。

逆に言えば、相手もそう思っている可能性も…。

3.ストレスを上手に解消している

旦那にイライラすることがあれば、それを上手に発散する妻もいます。

「またパパ飲み会だって。こっちも美味しい出前でも取っちゃおう」

相手への怒りを溜める前に上手く解消すればいいのです。趣味のボクササイズで夫の顔を思い浮かべて汗を流すという人も…。

知らぬが仏。夫が帰宅したら、優しい妻に戻ればいいだけです。

両親が喧嘩せずに良好な関係でいれば、子供たちも安心します。

4.良い部分も理解している

「ひどいところがあるけど、意外に優しいところもあるんだよね」夫の悪いところばかりではなく、良いところもちゃんと思い出せますか?

人は相手の悪いところに目がいきがちです。

結婚した時に好きだった部分を再発見して、まずは落ち着きましょう。

「細かいのが嫌だけど、その変わりに金銭感覚もしっかりしてる」

物事には両面があります。夫の弱点を強みに変換してみるのもおすすめです。

5.イライラの原因を理解して回避している

「酔っ払って帰ってくるとうるさいから、先に寝てしまおう」

旦那にイライラするポイントがわかれば、未然に防ぐことができます。

どういったシチュエーションで起こるのか、相手のパターンを事前に暗記しておきましょう。そういった場面に出くわしそうになったら、目をそらすことでイライラを回避できます。

片目を瞑って相手を見る戦法です。無駄なストレスが溜まらないのでおすすめです。

 

 

旦那へのイライラを解消する5つの方法

わかっていても、相手を許せない。今すぐ怒鳴ってしまいそう…。

感情をそのままぶつけてしまうと、夫婦喧嘩が絶えません。喧嘩があまりに多ければ、離婚を招く危険性もあります。

せっかく結婚した大事な人。いがみ合うよりも笑い合っていたい。これからも愛し愛されながら、ずっと一緒に生きていきたい。

旦那へのイライラが抑えきれなくなったら、以下の行動をおすすめします。

5つの具体的なイライラ解消法です。ぜひ実践してみてください。

1.イライラの原因を旦那に伝える

イラッとすることがあっても、その場で相手を怒鳴るのはNG。

まずは旦那にイライラしたことをメモに書き出してみましょう。落ち着いた頃にそれを頭の中で整理して、優しく伝えてみてください。

ポイントは、夫婦喧嘩にならないように伝えること。

できれば夫の機嫌がよく、自分もイライラしてない時にしましょう。

「言いにくいんだけど、イライラしちゃったことがあってね…」言葉を選んで優しく伝えれば、相手も理解を示してくれます。

2.旦那と少し距離を置く

一度頭にきたら、すぐに気分を切り替えるのは難しいもの。きっかけとなった出来事が終わった後も、夫に腹が立ってしまうでしょう。

イライラした時は、その原因と一定時間物理的距離を置くことが効果的です。気持ちが静まるまで、少しだけ夫と距離を置いてみましょう。

夫が家にいる時には、なるべく顔を合わせる時間を減らすようにしましょう。

真っ直ぐ家に帰らずに映画を観に行く。子供を連れて友人の家に遊びに行くなどです。

急に無視すると関係は悪化します。自然な感じを心がけましょう。

3.没頭できる趣味を作る

旦那にイライラする時には、まずその感情を頭の外に追い出すことが大事です。没頭できる趣味をもっていれば、気が紛れます。

例えばジグソーパズルやハンドメイドなど細かい作業に没頭する。

ライブに出かけたり、ホットヨガで汗をかくなどです。

家にいると相手を思い出してしまうなら、気晴らしにドライブもありです。好きなことにのめりこんでいるうちに怒りが静まるでしょう。

4.ストレスの発散を定期的に行う

旦那にイライラすることが日常的な出来事なら、ストレス発散も定期的に行うことで気持ちを安定させることができます。

例えば、週に一度は料理教室に行き、お茶会に参加して夫の愚痴を言ってから帰る。もしくは、腹が立ったら実家に帰って親に話を聞いてもらうなどです。

ストレスを発散できるようなイベントを、日常に組みこんでしまいましょう。鬱々とした思いをリフレッシュする機会を作ればいいのです。

なければ自分に合う方法を探してみるといいでしょう。

おすすめ記事
精神的ストレスの原因は?女性向けストレス解消法11選

【リラックス方法】精神的ストレス原因や心理は?女性向けストレス解消法

5.反面教師にして自分を成長させる

旦那にイライラするポイントをよく考えてみましょう。

自分も夫に似たような振る舞いをしたことはありませんか?

内容は違えど、相手への思いやりが欠ける行為をしている場合も…。

夫を反面教師にして、今の自分の生活を振り返ってみてください。そうすることで、より自分が成長できます。

旦那にイライラする一瞬を乗り越えれば、寛大で包容力のある自分になるのです。

夫が成長のきっかけを与えてくれていると思いましょう。

 

可能な限りイライラは解消して楽に生きよう。

年老いるまで連れ添って歩く夫婦。

同じご飯を食べ、服を一緒に洗濯して、肩を並べて面白いテレビを見る。

当たり前の日常。でも側にいてくれることは当たり前ではありません。

明日急にひとりきりになってしまったら?寂しくてたまらないでしょう。

良い時も悪い時も、ずっと一緒に暮らしていくたった一人のパートナー。

イライラなんかせず、幸せな時間を共有したいものです。

夫婦は違って当たり前。それでも苛立ってしまったら発散しましょう。

何度も繰り返していくうち、相手のスタイルが理解できるようになる可能性も…。

諦めなければ、互いに悪いところを少しずつ改善し合うこともできます。

ストレスフリーな居心地の良い夫婦関係を目指してみましょう。

笑顔が絶えない家庭が築けるよう、応援しています。

おすすめ記事
ストレスフリーな優しい毎日を選ぼう|ストレスを溜めない方法

ストレスフリー|ストレスのない生活がしたい。優しく生きる11の方法

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。

今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。 

 

KABU
KABU
人にやさしい言葉を

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする