2020.02.28

LINEのアイコンで女性心理がバレる⁉︎不評なプロフィール画像9選

気になる女性のプロフィール画像は?

女性のLINEのプロフィール写真って、意外と男性も女性も見てるんです。

「あ、アイコン変わった」「この写真盛れてるな」とか、色々なことがバレるんです!

アイコンはやっぱり自分が一番よく見える写真がいいし、一種自分のアイデンティティを表現するもの。

自分らしさが出るし、自分の性格が丸わかりしちゃうのは、SNSのプロフィール写真より、LINEのプロフィール写真なんです!

そこで今回は、LINEのアイコン画像で読み取る女性心理&LINEのアイコン別女性のタイプ診断をご紹介!

さらに、同性・異性に不評なLINEのプロフィール画像も徹底解説していきます。

 

LINEのアイコン画像で女性の心理がわかる⁉︎

LINEのアイコン画像で女性の心理がわかるかどうか。

女性がどんなタイプで、どんなものが好きで、どんな系統の子なのか、LINEのアイコンは全てを見透かしてしまうのです!

LINEのアイコンって、会話の時にいつも見えるものだからこそ、少し良く思われたいという気持ちが前に出てしまったり、自分の世界観を表現しようとするもの。

だからこそ、男性にも「この子は、こんな子なんだろうな」と思われたり、女性にも「この子って実はこんな子だったんだ」と思われます。

女性心理が丸わかりのLINEのアイコン画像について、ここからどんどん深掘りして見ていきましょう!

 

LINEのアイコンで探る女性のタイプ診断!

LINEのアイコン画像で探る女性のタイプ診断!ここでは、8つのタイプに分けて、徹底解説していきます。

あなたは今、自分のアイコン画像をどんな画像に設定していますか?

周りからどう見られているのか、ここで紹介する内容を参考にしてみましょう。

1.自撮り:自分のことが好き

自分の自撮り画像を載せている人は、自分のことが好きだったり、承認欲求が強い人だと思われてしまう傾向にあります。

加工されて、実際より輪郭が細くなっていたり、目が大きくなっている画像をLINEのアイコンにしている人は、周りから「自分に自信があるんだな」と思われているのです。

2.大人数の友達:社交的で明るい

大人数の友達と写っている写真をLINEのアイコンにしている女性は、社交的で明るい性格だと思われることが多いです。

大勢がいる場所に出かけたり、イベントに出かけたり、パーティーに参加したりと、自分で色々な場所に出かけることが好きな子だと思われます。

ですが、露出度が激しい格好でクラブに出かけている写真や、男性ばかりに囲まれている写真をLINEのアイコンにしている場合は、「この子はチャラいんだな」と思われてしまうので、気をつけましょう。

3.旅行中の自分:自由が好き・我が強い

パリなどの街並みで撮った写真と、ハワイなどビーチで撮った写真でも、かなり相手に与える印象は変わります。

旅行中の写真をLINEのアイコンにしている人は、自由人だと思われる傾向にあります。

旅行が好きな女性は、新しい価値観に触れることが好きだったり、自ら行動することが好きだという心理があるのです。

なので、旅行中の写真をアイコンにしている女性は、自由が好きで我が道を行く我が強いタイプだと思われます。

4.買っているペット:母性が強い

買っているペットの写真をLINEのアイコン画像にしている女性は、母性が強く家庭的なイメージを相手に与えます。

犬猫など、自分のペットを愛している人は、ペットをアイコンにすることが多くあります。これは、男性から見たら「この子はいい子なんだろうな」と思われますが、女性には「あざとい」と捉えられてしまうこともあるのです。

同性と異性によっても印象がかなり変わるので気をつけるようにしましょう。

5.風景画像:写真が好き・自分に自信がない

風景画像をLINEのアイコンにしている人は、自分に自信がない場合と、写真が好きな場合があります。

写真を取ることが趣味で、自分が撮ったお気に入りの写真をアイコンにしている場合は、自分の世界観を表現することが好きな女性に見えます。

ですが、ただ風景画像をアイコンにしている女性は、「自分に自信がない」と思われてしまったり、自分を表に出すことが苦手なんだなと思われる傾向にあります。

 

6.体の一部:ミステリアスだと思われたい

体の一部だけをLINEのアイコンにする女性は、男性からは何も思われなくても、女性からは「ミステリアスだと思われたいんだろうな」という印象を与えます。

胸だけをアイコンにする人はなかなかいませんが、自分の手だけを載せたり、お腹だけを載せたり、足だけを載せている女性は、ミステリアスな印象を相手に与えるのです。

さらに、分析力が高い女性には、「この子、あざといな」と思われてしまうことも…。

7.お花・植物:穏やかで癒し系

お花や植物をLINEのアイコンにしている女性は、穏やかで癒し系タイプ!

お花や植物が大好きな女性は、そもそもプラス思考だったり、向上心が強いタイプが多い傾向にあります。

女性らしいものを好む女性なので、穏やかで癒し系な印象を相手に与えるのです。

ですが、ドライフラワーをアイコンにしていたり、枯れた植物をLINEのアイコンにしている女性は、どこか不思議な印象を相手に与えます。

世界観が強いタイプの女性だと思われたり、「ネガティブ思考なのかな?」と思われてしまうこともあるのです。

8.趣味の写真:自分の世界観が強い

自分の趣味の写真をLINEのアイコンにしている女性は、自分の世界観が強いタイプです。

音楽が趣味でギターの写真をLINEのアイコンにしていたり、写真が趣味で自分で撮った写真をLINEのアイコンにしていたり、スポーツの写真、料理の写真、自分の好きなアーティストや芸能人の写真…。

様々なタイプがありますが、自分の世界観を表に出すことや、自分のアイデンティティを表現することを恐れない「好きなものを好きだと言える」タイプだと思われる傾向にあります。

 

LINEのプロフィール画像でわかる女性心理

ここまで、LINEのアイコン別タイプ診断を紹介してきました。そこでここからは、LINEのプロフィール画像から読み取る、女性心理についてご紹介します。

1.頻繁に変える人は熱し易く冷め易い

頻繁にLINEのアイコンを変える女性は、熱し易く冷め易い傾向にあります。

今一番好きなものをLINEのアイコンにしているタイプの女性は、常にコロコロ好きなものが変わったり、その都度LINEのアイコンを変えたりします。

自撮り写真をLINEのアイコンにしている女性の中で、自撮り画像がコロコロ変わる女性は、特に熱し易く冷め易いタイプです。

常に好きなものや、自分のいいと思ったものを周りに知ってほしいという承認欲求も強い傾向にあります。

2.全く変えない人は面倒臭がりが多い

2年も3年も全くLINEのアイコンを変えない人は、面倒臭がりな傾向にあります。

特に熱し易く冷め易いタイプでもなく、一定のメンタルを保ちながら、自分にも周りにもさほど興味ない場合もあるのです。

LINEのアイコン画像を変えようと変えなかろうとどっちでもいいと思っている人は、少し冷めた性格であるといえるでしょう。

 

プロフィール画像に人柄が出るんです。

LINEのプロフィール画像にはその人の人柄がよく出るのです。

その人がどんなものが好きで、何を考えていて、何を大切にしていて、どんな世界観が好きなのか…。

LINEは他のSNSと比べて、とてもプライベートなものだからこそ、自分らしさを表現しやすい場でもあります。

自分らしさを表現することで、周りにどう思われているか気にしてしまうこともあるでしょう。

ですが、自分らしさを出すことは何も悪いことではないのです。

それでも、「自分は周りからどう思われているのか気になってしまう」という方に向けて、ここからは異性・同性に不評なLINEのアイコン画像についてご紹介します!

 

異性に不評のLINEアイコン!

異性に不評なLINEのアイコンとは、どんな画像なんでしょうか?

そもそも、異性と同性では考えていることが全くと言っていいほど違うことが多くあります。そこで、まずは異性の男性に嫌われてしまいやすいLINEのアイコン画像についてご紹介します。

今の自分のLINEのアイコンがここで紹介する4つの項目にかぶっている場合は、気をつけるようにしましょう!

1.男性芸能人の画像

男性芸能人の画像をLINEのアイコン画像に設定している女性は、男性からのウケが悪い傾向にあります。

イケメン俳優の画像だったり、自分が推してるアイドルグループの画像だったり、はたまた二次元の男性キャラクターの画像だったり…。

追っかけをすることや、オタクでいることは何も悪いことではありません。ですが、素敵な人と出会って、その人に「この子って…」と悪い印象を与えたくない場合は、画像を変更するようにしましょう。

2.お金をアピールした画像

お金をアピールした画像とは、キラキラした夜景が見えるレストランでの写真や、高いシャンパンの画像、バーキンなどの高級ブランドのバッグや、高級ホテルで撮った写真のことを指します。

そういったお金持ちアピールをする写真をLINEのアイコン画像にしてしまうと、男性からは「お金のかかる女の子なんだな」「この子は、パパ活してるのかな?」と思われて、嫌われてしまうことがあるので、気をつけましょう。

3.加工されすぎた自撮り

加工されすぎて、実物と全く違う自撮り写真をLINEのアイコン画像にしていると、男性から嫌われてしまうことがあります。

これは、女性側の方が気づきやすいですが、あまりにも加工されすぎていると、「この子、作ってるな」と思われたり、「自分のこと大好きなんだろうな」と思われてしまうことがあるのです。

加工することは悪いことではありませんが、目を大きくしすぎたり、輪郭を細くしすぎたりと、エフェクトだけじゃなく部分加工をしすぎるのは注意しましょう!

4.暗い世界観の写真

暗い世界観の写真が好きなクリエイティブな男性からの受けはいいですが、一般的な男性にはあまり好かれない傾向にあります…。

白黒の写真や、枯れたお花の写真や、薄暗い顔の写真や、ドクロの画像などは、男性ウケが悪いので気をつけるようにしましょう。

男性からは、「この子は暗いんだ」「この子世界観が強すぎて我が強そうだな」と思われてしまうこともあるのです。

 

同性に不評のLINEアイコン!

ここまでは、異性に不評なLINEのアイコンについてご紹介してきました。そこでここからは、同性の女性に不評なLINEのアイコンについてご紹介します。

1.加工されすぎた自撮り

加工されすぎた自撮りのLINEのアイコンは、男性にだけでなく女性にも不評で、嫌な印象を与えてしまうことがあります。

元々可愛い子でも、目が大きくなりすぎていたり、輪郭を削りすぎて背景が歪んでいる画像をアイコンにしていると、「この子…」「実物と全然違うな…」と悪口を言われてしまうこともあるのです。

なので、自撮りをLINEのアイコンにするときは、加工しすぎないように気をつけましょう。

2.盛れてない友達との写真

友達が盛れていないのに、自分だけ盛れている友達との写真をLINEのアイコンにしていると、「この子やってんなー」と言われてしまうことがあります。

友達と比較して自分が盛れている写真を載せてしまうと、嫌われやすくなるので気をつけましょう。

 

3.太もも・胸元をアピールした写真

太ももや胸元をアピールしたLINEのアイコンは、男性からは「いいな」と思われることがあっても、女性からは嫌な印象を持たれます。

「この子、ビッチなのかな?」と思われてしまったり、「この子、男受け狙いすぎてる」と言われてしまうこともあるので、気をつけましょう。

露出度が激しすぎる写真もあまり好かれないので、女性に無意識に嫌われたくないと思ったら、肌の露出には気をつけましょう。

4.男性を匂わせる写真

男性を匂わせる写真をLINEのアイコンにすると、「この子何考えているんだろう?」と思われたり、「男いるアピールかわいそう」と言われてしまうことがあります。

SNSでも「匂わせ」が流行っているように、彼氏はいないけど男性がちらっと写っている写真をLINEのアイコンにすると、「モテてると思われたいんだろうな」と思われてしまうこともあるので、気をつけるようにしましょう。

5.高級ホテル・バッグなど

高級ホテルや高級バックや高級シャンパンなどの写真をLINEのアイコンにすると、「パパ活してるのかな?」「自分のステータス高いアピールかな?」と思われることがあります。

なので、等身大の自分でいることを忘れないようにしましょう。

背伸びしすぎた写真をアイコンにしてしまうと、「キラキラ系女子目指してるのかな?」と嫌味を言われてしまったり、他の女性へマウントを取っているように見えてしまうことがあるのです。

 

LINEだけじゃない!SNSのアイコンは大切!

LINEだけじゃなく、SNSのアイコンも大切です。

自分のプライベートの写真なども、キラキラしすぎていたり、周りの女性にマウントを取るような投稿は控えておくと、女性との関係が悪くなることを避けられます。

SNSのアイコンは、その人を象徴してしまいます。なので、気取りすぎずに、自分らしさを出したアイコンにしましょう。

誰に何を思われても、「自分はこれが好き!」と思えるのが一番。

人の目が気になるのは悪いことではありません。誰もが持つ、当たり前の感情です。

ですが、そこばかり気にしてしまうと、自分らしく行動できなくなってしまうこともあります。

大切なのは、自分らしく生きること。

自分の人生は、自分の軸で決めましょう!

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。

今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする