2020.02.10

「彼女の男友達は全員敵」彼氏の本音!相談はOK?正しい距離感教えます

彼女の男友達に、うんざりしてる。

彼女のことは好き。でも、男友達と会うのは嫌い。

彼氏がいるのに、なんであんなに男友達と仲良くするのか…

自分の価値観と合わなくて、うんざりしているんだ。

男友達と浮気していないのは分かってる。

彼女を信頼しているから、男友達とやましいことはないと信じている。

でもさ、彼氏の気持ちを考えて、もうちょっと控えめにしてくれないかな?

男友達と出かける報告があるたびに、こっちは複雑な気持ちで送り出してるって気付いて。

 

はっきり言います。「彼女の男友達は、全員敵」

男友達とはただの友情関係。

やましいことは無いし、前々から仲良くしてるだけ。

こうした女性の意見に対して、一見了解しているように見える彼氏も、胸の内では嫉妬の炎を燃やしています。

男性は自分以外の”男”には対抗心を燃やし、彼女へ独占欲を抱くもの。彼氏にとって、彼女の男友達は全員「敵」です。

男友達のもとへ彼女を送り出す時、彼氏は彼女の気持ちを尊重しつつも、内心はシンプルに「嫌だな」と思っています。

理解のある彼氏でいたいから、我慢を重ねるのです。

 

おすすめ記事
男性と女性の本音って、こんなにも違うんだ…

男友達が多い彼女の本音と嫉妬してしまう彼氏の本音!両者対立の理由は?

 

彼氏の本音!「男友達のここが嫌」

女性からしてみると、「仲の良い友達の性別が偶然男だっただけ」であっても、彼氏からしてみると嫌な要素がたくさん。

表面上は納得してくれていても、何度も男友達と遊ぶと、不信感に繋がる可能性があります。彼氏が何を気にしているのか、理解したうえで行動することが大切です

ここからは、彼氏が男友達のどこを嫌なのか、具体的な事例を解説。彼氏の気持ちが知りたい女性、彼女への気持ちを確認したい男性は、不快に思う原因をチェックしていきましょう。

1.マメにSNSで連絡を取り合っている

実際に男友達と会っていない場面でも、マメにSNSで連絡を取ったり、絡んだりしているのを見ると、彼氏は嫌な気持ちになります。

見えないところで、男友達と何を繰り広げているのか分からない。または、見えるところで、男友達とそれっぽいやり取りが繰り広げられている。

どれも第三者である彼氏の「不安」を高めてしまうシチュエーションです。

彼女は当事者目線で見ているから安心できても、彼氏も同じように安心できるとは限りません。

2.男友達と彼女しか知らない話題がある

恋愛感情は「特別感」を出すことで深まります。彼氏・彼女の間で2人しか知らない話題があると、たちまち仲が深まるように。

逆に「男友達と彼女しか知らない話題」があると、男友達との仲が深まった印象を受け、彼氏は疎外感を味わいます。

また、知らない何かがある状況では、最悪の事態が脳裏をよぎるもの。もし浮気していたとしても、彼氏は知る余地がありません。だからこそ、彼氏は胸の内に不安を抱え込むのです

3.自分より男友達を優先する時がある

男性はどうしても、他の男性の存在を意識してしまう性質があります。そんな中、自分よりも男友達が優先されれば、彼氏は無下に扱われたような気分に。

彼氏とあまり会えない状況で男友達と会ったり、彼氏への連絡を返さずに男友達に連絡したり…。こうした事実を知るたび、彼氏は「俺って何なの?」と疑問を持ってしまうのです。

彼女にとって一番の存在でいたい。他の男性に見向きせず、一途に愛してほしい。

そう彼氏が思うのは、恋愛において自然な感情といえます。

4.浮気に発展しないか心配

今は友情関係だとしても、将来浮気に発展しない保証はどこにもありません。また、男友達が絶対に恋愛感情を持っていないか、彼氏が完全に安心する可能性は低いです。

浮気や乗り換えに発展する男女は、最初から恋愛関係になるわけではなく、友情関係などのソフトな関わりから始まるもの。

彼氏と付き合うまでにデートを重ねたのと同じように、男友達と何度も会えば、好きになる可能性はあるのです。将来破局するリスクを考えて、彼氏はハラハラしながら2人の様子を見ています

5.距離感が近すぎる

男友達を大切にすることに理解があるとしても、彼氏は「節度」を求めています

ベタベタ触れたり、パーソナルスペースに入り込んだり、「特別な関係性」に発展しそうな距離感は、不快になってしまうもの。

彼女から近づく場合も、男友達から近づいて拒否しない場合も、彼氏の嫉妬の対象になります。

本人たちの間でOKでも、傍から見ると「カップル?」と思えることは多々あり、時には彼氏目線での許容範囲を超えてしまうのです。

 

恋人と友達の違いはきちんと分けてるつもり…

ここまで、彼氏目線で嫌だと思うシチュエーションに注目してきました。ところが、女性からすると「ちゃんと恋人と友達の違いがある」と認識していて、意見が食い違うケースがあります。

こうした状況では、どちらが正しいかで衝突するより、「彼氏にストレスを溜めさせない工夫」が大切。

彼氏も男友達を人間関係から排除することまでは求めていません。

彼氏がイライラしている時には、具体的にどんなポイントが嫌なのか聞き、許容範囲を把握しましょう。人によって許せる・許せないのボーダーラインが違います。

彼氏ができたからといって、無理矢理大切な男友達との友情を切る必要はありません。彼氏・彼女のお互いが納得できるラインを探すことが必要なのです

 

 

ここまでならOK!男友達にしてもいいこと

続いて、彼氏目線で「ここまでならOK」と思えるボーダーラインをご紹介していきます。

前述したように、人によって許せるかどうかの基準は変わるもの。ここでご紹介する項目がNGというケースも、中にはあります

あくまで基準を設ける参考として、彼氏目線の考え方を取り入れてみましょう。そして、彼氏から意見を貰った時は、彼氏の価値観を尊重しつつ、2人の間でルールを明確にすることが大切です。

1.相談

異性目線の意見が欲しかったり、人柄やポジションを頼りに、男友達から相談されることがあります。

彼氏からしてみると、人に頼られた時はそれに応えてOK。誰かのために親切にできるのは、良い友情関係として映ります。ところが、あまりに深い相談事を受けると、恋愛に発展する可能性が高いです。

人は「自分が助けた相手を好きになる心理」があります。

大きな問題を解決するほど、特別な感情を抱いてしまうのです。

2.軽いボディタッチ

彼氏の本音としては、指先一つでも男友達には触れてほしくないもの。

ですが、人によっては距離が近かったり、悪気なくボディタッチしてしまうケースもあります。

不可抗力で触れたり、リアクションのひとつとして腕・肩を叩いたり、軽いボディタッチならOKという意見も。ベタベタと触りすぎることだけは無いようにしましょう。

また、そもそもボディタッチは近い距離だからこそ生じます。男友達との間に、すぐに触れられないくらいの距離感が保てると、彼氏も一安心です。

3.二人でカフェなどに行く

男友達と飲みやディナーに行くのは許せない。

ランチも「次は飲みに」ってなりそうで嫌。

2人きりだとしても、カフェでお茶をする程度なら許せる。

このように、2人で会う場合でも「嫌」と思うレベルがあります。

男友達と食事に行くと、一気にデート感が増すので、あくまでお茶する程度にしましょう。会って相談に乗る場合も、昼間にカフェに行く程度なら、彼氏側にクリーンな関係を証明できます

 

これはNG!男友達にしてはいけない3つのこと

ここからは、男友達にしてはいけないNG行動のご紹介です。

どれだけ男友達と仲が良くて、恋愛感情が無いとしても、越えてはいけない一線があります。

彼氏目線でほぼ確実にアウトになる事柄を知り、破局に繋がらないようにしましょう。

彼氏からすると、例え特別な友情関係があっても、許容範囲を一度でも超えれば許すことはできません。もし既に実践してしまったなら、次からは絶対にしないように心に誓うことが大切です。

1.キスやセックス

キスやセックスをすれば、男友達ではなくなります。

ただの男友達だから、そこまで進展するはずがない。

好きじゃないのに関係を持つことはない。

そう思っていたはずが、ふとした拍子に崩れてしまうこともあるのです。彼女からしたら「ただの友達」だとしても、男友達からしても「ただの友達」とは限りません

「タイミングさえあれば」と思っていると、彼女の心が弱った時や酔った時に、急変してアプローチを受けることもあるのです。

おすすめ記事
ねえ、実は男友達といいながら彼のこと気になってたでしょ…?

女友達は俺のセフレ。男友達とセックスした女性の本音と気をつけたいこと

2.二人きりで旅行に行く

気が合う人との旅行は楽しいもの。ですが、「気が合う人が偶然男だっただけ」という認識で、2人きりで旅行に行ってしまうと、彼氏は到底納得できません

大人の男女が2人きりで旅行する。

客観的に見たら、何もないことの方が信じられません。

本当に潔白だとしても、彼氏が理解する可能性は限りなく低いと認識しましょう。「男友達と浮気した」と思われる覚悟を持たないと、破局した後に「こんなはずじゃなかった」となります。

3.必要以上のボディタッチ

リアクションを取るなどの自然なボディタッチは許容範囲。ですが、必要以上のボディタッチを重ねれば、男友達もその気になってしまいます。

そもそも、ボディタッチしなくても会話は成立するし、仲良しでいられるもの。

思わず触れるとしても、最低限に抑える努力はできます。

ためらう様子なくベタベタとボディタッチしているのを見れば、彼氏は冷めた気分に…。キスやセックスをしていなくても、男友達へのボディタッチはNGです。

 

男友達と彼氏の境界線は、しっかり引こう。

彼女の男友達との関係性に、目くじらを立てたくない。

男友達であっても、彼女の大切な交友関係。

彼女の心を支える一人だから、これからも男友達を大切にしてほしい。

でも、彼女とは男友達との関わり方の「境界線」が違うから、苦しかったんだ。

男女で人を区別しないのはいいこと。

だけど、女友達と接する時と同じように振る舞わないで。

男友達に触れてほしくないよ。男友達との間で、隠しごとを作らないでよ。

彼氏がいるのに、なんで満足できないの?

男友達への態度と彼氏への態度に違いがないと、彼氏でいる意味がなくなってしまう。

彼氏としての実感を得るために、男友達とは違う「特別」を向けてほしい。

2人の思う「境界線」のズレを直して、男友達も彼氏も大切にできるようになろう

 

おすすめ記事
彼氏に心配されちゃう女性へ。もう一回、異性との距離感確認しておこう。

異性の友達との距離感が分からない…女友達・男友達との正しい付き合い方

 

この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

岡 あい
岡 あい
言葉と音楽をこよなく愛するライター。「生きる意味」や「人生とは何なのか」を、今日も考えています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする