2020.02.06

何もすることがない・やることがない暇な人必見!暇を解消する最高の方法

何もすることない…暇すぎる。

やっと一週間が終わって、待ちに待った週末がやってきた。

「今日は嬉しい最高の休日!」と言いたいところだけど、特に予定も趣味もない。

やりたいことなんて思い浮かばないし、さて何をして過ごそうか。

なんとなく横になって海外ドラマを流してみる。でも、気がつくと昼寝して夜になっている。

暇つぶしにふらっと街へ出かけてみる。でも、これといって新しい発見はない。

そんな繰り返しが続いているの。今週も来週も、結局暇なんだ。

何か目的を持って休日を過ごせたらいいのだけど…。

そしてまた今日も、何もすることがない。

暇で暇で、退屈だ。やることがない私でも楽しめる、いい暇つぶしってないのかな。

 

おすすめ記事
とにかく暇。そんなあなたに読んで欲しいこと

「やることがないんです」暇なときの休日の過ごし方23選

 

暇な時間を解消する最高の方法5つ

何もやることがない。やりたいことも特にない。

暇な時間をどう使ったらいいのか迷った時に、試してみてほしい最高の解消法を5つご紹介します。

暇な時にはとにかく時間がたっぷりあるもの。だからこそできる、有意義な過ごし方があるのです。

なんとなく出かけてみたり趣味に手を出したりしていても、単なる「暇つぶし」だけで終わってしまうことも。時間の過ごし方に”意味”をつくれば、暇を自分のために活かすことができます。

何もすることがない週末は、自分次第で最高の週末に変えられるのです。

1.自分の価値を上げる何かを始める

やることがない時は、自分のために時間を使えるチャンスです。

今後自分の価値が上がるような新しいことを始める。今の仕事に活きるスキルを身につける。

暇な時間をこういったことに充てていけば、どんどん成長していけます。ステップアップした結果として良い仕事がもらえる・評価されるなど、先につながるメリットが得られるのです。

まずは、自分にとってプラスになりそうなことが何かないかを考えてみましょう。

2.家族のためや大事な人のために時間を使う

暇な時には、家族や大事な人のために時間を使うのも良い解消法です。

大事な人だからこそ、喜んでもらえたり時間を共にしたりすることに大きな幸せを感じられます。せっかく時間があるのなら、身近にいる愛する人のために使えば、自分にとって意味のある過ごし方になるもの。

また、何かのきっかけで今後一緒にいる時間がとれなくなる可能性もあります。

時間は有限です。大事な人に会えるうちに会うこと、愛を伝えることを大切にしてみましょう。

3.本屋さんに行く

本屋さんは未知の世界が広がる空間。普段生活している中では出会えない考え方や知識を、誰でも手軽に得られます。

何もすることがない時には本屋さんへ行って、今まで読んだことのないジャンル・著者の本を意識的にチョイスしてみましょう。

時間があるからこそ情報を吸収しやすくなっています。いつもと違った角度で刺激を受けて、思わぬ発見や新しいひらめきが湧いてくることも。

本屋さんには人生観を変える可能性が秘められているのです。

4.未知の経験をしてみる

今まで一度も行ったことのない場所。味わったことのない感覚。

やることがない時は、思いきって知らない世界に飛び込んでみるチャンスです。

行き慣れた場所へ出かけるのもいいけれど、あえて未知の経験を選ぶことで新しい発見が得られます。

散歩の行き先を変える・遠くへ旅行に行く・コミュニティに参加するなど、何か視野を広げられるような経験をしてみましょう。今まで見えなかったものが見えてきて、自分の中で変化が起きることがあります。

5.疲れを感じるなら休むことに専念する

暇だからといって、疲れている時は無理に何かをしなくてもいいのです。時間をつぶそうとあれこれ考えると余計に疲れが溜まってしまいます。

もし疲れを感じているなら、時間があるうちにゆっくりと休むことに専念しましょう。

たっぷり休養をとることも有意義な過ごし方の一つ。何もしない時間が心と体の栄養となって、明日からまた頑張る活力に変わります。

家でゆっくり横になったり好きなスイーツを食べたりして、自分にとっての安らぎのひとときを過ごしましょう。

 

おすすめ記事
疲れたら休むのが人間の仕事です!疲れを解消する方法

「なんか疲れたな」と感じる5つのサイン|心と体が疲れた時の解消法

 

 

 

暇=新たな自分を見つけるチャンス

何もやることがない暇な時間があるのなら、それは新たな自分を見つけるチャンス。

今持て余している時間を活かして、これまでと違った過ごし方や経験ができるからです。

何か新しい行動をとった時には、初めて感じられることや気がつけることがあります。そうした体験によって、自分の考え方や行動に深みを増していくことができるのです。

暇な時こそ、新しい世界をのぞいて自分の幅を広げてみよう。

たった一つの行動が、思いもしなかった方向に進み始める。

何気なく手にとった本との出会いが、自分の考え方を変える。

新しく吸収したことが、一年後になって大きく役に立つ。

暇を有効に解消すると、何もしなければ起こらなかったはずのことが起こります。

暇な時間は、知らなかった自分に出会える素晴らしいきっかけになるのです。

 

暇を解消するとあなたに起こる3つのいいこと

「何もすることない…」と感じた時は、暇を解消することで”新しい自分に出会うきっかけ作り”ができるだけでなく、毎日の生活にもいい変化を起こせます。

その場かぎりの暇つぶしではなく、自分のためになる暇の解消をしていくことで、少しずつ内面が変わっていくのです。

ここからは「暇を解消するとあなたに起こる3つのいいこと」をご紹介します。

今やることがないのは、あなたにいいことが起こる前触れ。このチャンスを活かしましょう。

1.生活サイクルにメリハリがつく

やることがない時は、暇を解消すれば生活サイクルにメリハリをつけることができます。

「今日は何をしようかな。そうは言っても何もすることがない…。」と、なんとなくゴロゴロしてみたり、思い立ってフラっと出かけてみたり。

その時の気分で動いていると、たとえ時間をつぶすことはできても、そのために「早起きをしよう」とか「計画を立てよう」とは思わないもの。

目的を持って暇を解消することで、同じ休日でも考えて時間を使うようになります。

時間を大切にしたいという気持ちから、結果として生活にメリハリがつくのです。

2.仕事に前向きになれる

暇を解消するために新しい経験をする・知識を得ることは、仕事をする上でもプラスになります。自分を高めることが自信につながり、さらに得たものをスキルとして活かせるためです。

ただ毎日仕事をこなすだけでなく、自ら価値を上げる努力をすることで、仕事に対して前向きな気持ちになれます。

暇な時は、やることがない時間を使って「今より仕事ができる自分」を手に入れるチャンスでもあるのです。更に努力が結果として返ってくると、より仕事への面白さを感じられます。

3.人間性の幅が広がる

やることがない時には、有意義な暇の解消をすることによって人間性の幅を広げられます。

「人間性」はその人の経験や感じたことから作られるもの。暇を解消して色々な世界を知ることで、今まではわからなかった誰かの気持ちを理解できたり、人生に目的を持ったりできるようになるのです。

例えば目の前の人が辛い思いをしていた時、自ら体験したことや知っていることであれば、相手の立場になって考えることができます。

暇を利用して新しい経験をすればするほどに、人間性を養えるのです。

 

暇を感じないために身につけたい5つの習慣

暇を解消すると自分にとっても周りの人にとってもいいことが起こります。できることなら、そんな状態をずっと保っておきたいところです。

これから楽しみながら時間を使い、暇を感じなくなるために身につけたい”5つの習慣”をご紹介します。

無理なくできる範囲で取り入れていくことで、少しずつ「何もすることがない…」「やることがない…」と感じる時間をなくしていきましょう。だんだん習慣になれば、自然と暇は解消されていくものです。

1.生活習慣のリズムを整える

これからは「やることがない」と感じないために、生活習慣のリズムを整えていきましょう。

暇を解消するには、早起きをする・3食しっかり食べるなど、まずは心身ともに健康な状態で休日を迎えることが初めの一歩。

疲れた状態で暇を解消しようと思っても、さらに疲れを増やしてしまいます。元気があってこそ、前向きに新しい挑戦や試みに取り組んでいけるもの。

暇を解消するためには、たっぷりとある時間だけでなく”行動するためのエネルギー”が必要なのです。

2.人間関係の幅を広げる

人間関係の幅を広げることで、暇に感じる時間をなくしていきましょう。

今の人間関係の中で暇を感じてしまっているのなら、新しい出会いや繋がりを見つけること。広がった人間関係の中で、今までにない経験や刺激を受けることができます。

友達の友達と会ってみる。職場の人と交流を深めてみる。イベントやコミュニティに参加してみる。

きっかけを待たずとも、さまざまな方法で自分から積極的に幅を広げることは可能です。まずは今いる場所から少しずつ枠を大きくしていきましょう。

3.友人や異性とコミュニケーションを楽しむ

やることがない暇な時には、友人や異性とコミュニケーションを楽しんでみましょう。

特に誘われていないし会う予定がないという場合でも、LINEのやり取りでお互いの話をする・出かける企画を立てるなどして、仲を深めていくことができます。

時間のある休日なら一緒に遠出をしたり、ゆっくりディナーをしたりするのも楽しいもの。

忙しければ会うことも難しくなってしまいますが、何もすることがないからこそ、お互いの距離を縮めるのには最適なのです。

 

おすすめ記事
好きな人ができた!そんな時どうすればいいの?

好きな人ができたらすべき行動&NG行動|恋をしたらどうすればいいの?

4.新しいことへ挑戦してみる

暇を感じないために、新しいことへの挑戦を継続してみましょう。

いきなり大きなものに挑戦するのではなく、小さなものから始めると抵抗なく続けることができます。

新しい挑戦は、時にはうまくいかないこともあるもの。でも、たくさん挑戦するからこそ結果が出たり気がつけることがあったりするのです。

まずは小さなもので感覚を掴んでいくこと。少しずつ成功体験を積み、挑戦することへの楽しさを感じられると、やることがない時間も次第になくなっていきます。

5.自分磨きの意識を高める

やることがない時には、自分磨きの意識を高めることが大切です。

自分が成長することへの期待感を持てると、暇の解消に対して意欲的になれます。

新しい経験・挑戦で自分自身の価値を高められる。今よりもっと素敵な自分になれる。

仕事・友人・恋愛関係、あらゆるシーンにおいて自分磨きは役立つもの。「仕事がうまくいっている」「大切な人との仲が深まっている」など、成長した自分の姿をイメージしてみましょう。

自分を磨くことでどんないいことが起きるのか、具体的に考えると楽しくなってきます。

 

 

暇は自分を磨くチャンス!暇をめいっぱい楽しもう

今「やることがない」「何もすることがない」と感じているのなら、まさに自分を磨くチャンス。

新しい挑戦や何かに取り組み始めることは、時間がなければできないこと。毎日の繰り返し・やるべきことに追われているうちは難しいのです。

何も予定がない週末を、これからは自分磨きにたっぷり使う週末に。

このチャンスを活かして、未知なる世界に飛び込んでみよう。

「また今日もすることない…。」そうやってなんとなく過ぎ去っていく休日はもう終わり。

暇な時間は、選択次第で”人生を変えるほどの有意義な時間”に変わるもの。

暇を楽しめば楽しむほど、あなたはどんどん成長していける。

何もすることがない今だからこそ出会える、知らなかった自分を見つけに行こう。

 

この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

Riri
Riri
人目を気にして生きてきた人生から、自分のために生きる人生にシフト。幸せになれるメンタリティや生き方について発信します。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする