2020.01.29

家から出たくない…外に出たくない心理と原因&出かけたくない時の対処法

なんとなく、外に出たくない…

なんとなく、今日は外に出たくない気分。

なんでだろう。外に出ることが面倒で、億劫に感じてしまう。

朝起きて、どんなに天気が良くても、気分が乗らなくて「今日は仕事行きたくない」「休みだけど外に出る気分じゃない」「でも…どうしても行かなきゃいけない…」。

そんな日は、何をするのも面倒臭くて、布団から出ることすら面倒臭い。

外に出ることって、こんなに難しかったっけ?

今まで、どうやってやる気を出してきたっけ?

そこで今回は、外に出たくないと思う心理&原因、外に出たくない時の対処法をご紹介します。

 

外に出たくないと感じる心理

外に出たくないと感じる時、まずはどんな心理で外に出たくないと感じているのか知る必要があります。

その心理を知ることで、今後の対策や対処法を見つけ出すことができるのです。

そこでまずは、外に出たくないと感じる心理について5つご紹介します。

1.疲れて出かける余裕がない

疲れて出かける余裕がない時や、自分の体力に限界を感んじている時は、体の限界とともに心にも限界が訪れています。

体が疲れると、心も疲れてしまうのです。毎日のハードワーク、体力の使い方、自分のスケジュール管理を見直してみましょう。

人には必ず限界が訪れます。「限界は自分で決めてはいけない」「限界を決めたらそこで終わり」なんていうこともありますが、無理しすぎることで体調を崩してしまっては、意味がありません。

2.誰にも会いたくない

「今日はなんとなく誰にも会いたくない」という心理状態から、外に出たくないと思ってしまうことがあります。

人が嫌いなわけでも、友達が嫌いになったり、人間関係がめんどくさくなったわけではないけれど、なんとなく今日は誰にも会いたくない。

そんな気分の時は、誰にでもあります。そんな時は、人とのコミュニケーションに疲れてしまっている証拠。

SNSやメールなど、人とのやりとりを一日無くして、少し人間関係をお休みすることがおすすめです。

3.家で過ごすことが安心

家で過ごすことが好きで、元々インドアな人に多い心理。家で過ごすことが何よりも心地よく、ずっと家にいたいと思っている時は、「外に出たくない」と思うことがあります。

外で人に会ったり、アクティブに動くよりも、家で過ごすことが好きな人は、出かけることが面倒くさいと感じてしまいやすいのです。

4.人混みに行くと疲れる

繁華街の人混み。電車の人混み。会社の人混みなど、毎日人混みの中にいると、心が疲れてしまうことがあります。

穏やかな土地で、穏やかな気分で過ごしていると、なかなかこの心理にはなりません。

ですが、毎日人混みの中、通勤していると、人の多さに疲れてしまったり、気づかないうちにストレスが溜まっていることがあるのです。

5.何もやる気が起きない

全くやる気が起きない時もあります。人生何十年も生きていると、「今日は何もしたくない」「今日はずっと寝てたい」「外に出たくない」と思ってしまうことがあるのです。

ですが、これも誰にでもある感情なので、無理しないようにしましょう。

何もしたくない時は、何もしなくていいのです。心が疲れている証拠なので、しっかり体も心も休めるようにしましょう。

一日好きなことをして、心をリフレッシュさせることもおすすめです。

おすすめ記事
やる気スイッチはどこですか?やる気がない時の対処法

やる気スイッチって?やる気が出ない原因とやる気が出ない時の脱却法10選

 

家から出たくないと感じる原因

ここまで、外に出たくないと感じる心理についてご紹介してきました。そこでここからは、その心理が生まれた原因について3つご紹介します。

今後、外に出たくないと思わないで毎日スッキリ過ごせるように、原因を知って排除していくようにしましょう。

1.肉体的・精神的ストレスが溜まっている

肉体的にも精神的にもストレスが溜まっている時は、外に出たくないと思ってしまうことがあります。

家から出たくないと思う時、ストレスが原因になっていることが多くあるのです。寝ている時に、歯ぎしりしてしまっていたり、唸っていないか、睡眠中のアプリを使って録音してみましょう。

自分のストレスに自分で気づけない時は、寝ている時の自分を知ることで解決することがあります。

何よりも大切なのは、自分のストレスや限界に自分がすぐ気づいてあげることです。

おすすめ記事
ひと工夫でストレスフリーに!ストレスに強くなる

「ストレスに弱い…ストレスに強くなるには?」ストレスを感じない方法

 

2.うつなどの症状

外に出たくないと思っている時、うつなどの精神的症状の場合もあります。これは、メンタルクリニックで専門医に話し、カウンセリングを受けてみることが必要になるのです。

突然「外に出たくない」と思うのではなく、何日も続いたり、急に心に異変が訪れた時は、専門医(精神科医)に相談してみましょう。

カウンセリングを受けることで心が軽くなったり、自分の心理状態を知ることができます。

3.外出に価値を見いだせない

外出することに魅力を感じていない時や、行きたくないのに行かなきゃいけない時は、外に出たくないと思ってしまいます。

「行きたくない仕事に行かなきゃいけない。」「会いたくない人に会わなきゃいけない。」「行きたくない飲み会に参加しなきゃいけない。」など、自分の感情に反して外に出なきゃいけない時は、家から出たくないと思ってしまうのです。

一日家で寝ていたい時に、外に出なきゃいけないと、自分の心にストレスが溜まってしまうことがあるのです。

 

家から出たくない…頑張れない…

「なんか、今日は頑張れない…」「家から出るのが億劫…」「外に出る以前に、ベッドから出るのが面倒臭い…」「起き上がりたくない…」

など、心にストレスを抱えて、やる気が出ない時に、頑張らなきゃいけないと思えば思うほど、自分が疲れてしまいます。

「毎日が楽しくない。」「最近、生きるのがめんどくさい。」という気持ちに変わってしまうこともあるのです。

なので、自分の心の変化や、小さなストレスにも気づいてあげられるようになりましょう。

それにより、自分の精神的バランスを整えることができ、外に出たくないという気持ちから離れることができるのです。

 

外に出たくない時に試したい5つの対処法

外に出たくない時の心理や原因を知ったところで、対処法がわからないと、今後のためにならない…。

今度、どうしていけば、朝からやる気が出るのか?どうしたら、家から出たくないという気持ちから解放されるのか?

そこでここからは、外に出たくない時に、試してほしい5つの対処法についてご紹介します。

1.生活習慣を正す

まずは、今の自分の生活習慣を見直してみましょう。

毎日夜更かししていると、睡眠時間が短くなり、昨日の疲れが取れていないこともあります。毎日疲れが取れないまま頑張り続けていると、疲れがどんどん溜まっていき、体に負担がかかってしまいます。

睡眠だけでなく、食生活も見直してみましょう。毎日カロリーが高く、栄養価が低い食べ物など、ジャンクフードばかり食べていると、体の栄養が足りず、体が悲鳴をあげてしまうこともあります。

そして、体力をつけるためにも、少しずつ運動を始めてみると、夜ぐっすり眠ることができ、朝スッキリ目覚めることができます。

2.その日の目標を立てる

毎日目標を立てると、「今日も頑張ろう!」と気合いを入れることができます。

毎日、「なんのために頑張っているんだろう」「なんで頑張らなきゃいけないんだろう」と思いながら、頑張り続けることはできません。

なので、その日の目標を立ててみましょう。その目標を達成するために、頑張ろうとしてみると、外に出ることも苦しく無くなります。

小さな目標でいいのです。大きな目標を掲げすぎるのではなく、達成できるような小さな目標を積み重ねてみましょう。

3.仲の良い友達と会う約束をする

仲のいい友達と会う約束をしておくと、「今日は、仕事頑張ったら友達と会える!」と思って、仕事も頑張ることができます。人混みの通勤電車も乗り越えることができます。

友達でも恋人でも上司でも家族でもいい。自分の好きな人と約束を作りましょう。

そうすることで、「今日は外に出たくない…」という気持ちから解放されることができるのです。

4.ゆったり過ごせる外出先に出かけてみる

家でまったり過ごすのも良いがたまには、温泉やマッサージと言った施設を利用してみるといいでしょう。外に出たくないと思っている時でも、自分のリフレッシュのためなら家から出ようと思うことができます。

無理に休日を忙しくさせるのではなく、日頃の疲れを落とす時間を作りましょう。

仕事がある日でも、近くの銭湯に行ってみたり、仕事の後に映画を観る予定を入れてみると、外に出たくないという気持ちが薄れていきます。

 

5.休日を休むことだけに充てる

どうしても、家から出たくないと思った時は、休んでみることも大切です。

自分の気持ちに反して行動することは、自分の心に大きなストレスと負荷をかけてしまうことになります。

自分の心に負荷をかけ続けてしまうと、生きていることが嫌になったり、頑張ることができなくなってしまう。だからこそ、時には「今日は休もう!」とすることも大切なのです。

「今日だけは、体調不良ということにして、予定をキャンセルしよう。」と思うことも悪いことではありません。自分を殺して何日も頑張るよりは、一日ゆっくり休んで、次の日から頑張るようにしてみましょう。

おすすめ記事
精神的に疲れたら読んでみて。心の安定を取り戻そう

もう疲れた時・しんどい時、どうすれば?…疲れたら休むことを覚えよう。

 

出かけたくない時、心のサインに気付こう

家から出たくない時は、心のサインに気づくようにしましょう。

ストレスが溜まっているのか、疲れが溜まっているのか、自分の心が疲れているのか、嫌な用事に耐えなきゃいけないのか…。

自分の心に気づいてあげましょう。

なんで今日は外に出たくないんだろう。

自分の小さな感情にも耳を傾けてあげるだけで、自分の精神的なバランスを整えることができます。

どうしても頑張れない時に、頑張りすぎることだけは絶対にNG。

時には、自分の心も体もゆっくり休める時間を作ってあげましょう。

お風呂に入って半身浴してみたり、アロマで癒されたり、キャンドルをつけて癒されたり、読書をしたり、家で映画を見たりと、リラックス方法はたくさんあります。

自分なりの対処法を見つけておくようにしましょう。

おすすめ記事
毎日に疲れた時、ストレスを解消する方法を知っておこう!

【リラックス方法】精神的ストレス原因や心理は?女性向けストレス解消法

 

この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする