2020.01.27

「都会生活、私物語。」第2話

目黒区という、街。

22歳の私は、一人暮らしを始めて1年とちょっと。

目黒区に住んでいる。

デザイナーズのアパート。1k。お風呂とトイレ別。築4年程度。

周りの子はまだ、大学生が多いから、「いいな」「羨ましい」なんて言われる。

ちょっと見栄を張って、この家を借りた。

家とオフィスを行き来する毎日。正直、家は寝るために帰るだけの場所。

それでも、少しいい家に住みたかった。自分の生活の基準を上げたかった。

それは、周りからどう思われるかじゃない。

自分自身が、ただ、より良い暮らしをしたかった。

お金を切り詰めなくてもこの家に住めるように。そうなりたくて、この家を借りた。

窓の外、冷たい風が頬を撫でて、冬を知らせてくれる。

目黒区という街は、私に似合っている。

今の私には、ここがちょうどいい。

住宅街でありながら、駅の周りには何でもある。

それでも、部屋着で駅前を歩けるくらい、敷居が低い街。

22歳。まだ何でもできる。

22歳という歳になって、周りには年下も増えてきた。

どこに行っても「一番若い」生活から、「二番目に若い」「三番目に若い」くらいになってきた。

中目黒の行きつけのバーに行けば、いつもいる女たち。そのせいで、昔から周りは10歳以上上の人ばかり。

お世辞にも、もう若いとは言えない年齢の彼女たち。

彼女たちに、月曜〜木曜日に会うことはない。でも、金土日は必ずと言っていいほど居る。

なぜか分かる?

金・土・日に会っていた男たちは、みんな結婚して奥さんや子供を大切にしているからよ。

そんな彼女たちは、30歳を超えた頃から、口を揃えて言う。

「私も若かった頃は…」「私も25歳くらいで結婚すると思ってた。」「22歳なんて、まだ何でもできる。」「まだ焦らなくていいよ。先は長いから。」

わかってる。私は若い。まだ、十分若い。

でも、それに甘えてはいけないこともわかってる。

いつも会う彼女たちは、20代に港区で遊び、外資・経営者・広告代理店…様々なハイスペック男性と遊び、男性を選んでいた女たち。

バリキャリと呼ばれるような、キャリアも積み重ねて、会社には後輩だらけの女たち。

そんな彼女たちは、酔うと必ず言うセリフがある。

結局、男に嫉妬される女は、最後選ばれることはない。

男性の都合に合わせられない女は、結婚してもらえない。

30歳を超えたら、どこに行っても「結婚を焦ってる」、なんて言われる。

最後に選ばれない女。

私は悟った。

「私は、最後に選ばれないタイプの女」だってこと。

諦めるのはまだ早いなんて、周りからも言われる。自分でも分かってる。

でも、一人で生きていく力をつけて、一人でも生きていける女でありたい。

そう思ってしまうの。

アラサーになれば、考えは変わる?

一生働きたいと思っていても、結婚できる?

結局、家事ができて一緒にいて落ち着く女性がいいと思うのが、男性じゃないの?

「かっこよく生きてる女性が好き」「頑張ってる子が好き」なんて言う周りの男性たちは、結局仕事をすぐにやめられる女性と結婚していた。

なぜだろう。

女性としての幸せを手に入れる未来が全く見えない。

一人で生きていく強さと、女としての脆さ。

もちろん、キャリアを積み重ねながらも、結婚して出産する女性はたくさん居る。

今は、そういった女性も増えてきた。

それでもなぜだろう。私には、そんな未来が全く見えない。

今の仕事に精一杯で、まだまだやりたいこともたくさんある。

『結婚=幸せ』とは限らない。

それでも、女として、結婚して子供を産みたいという気持ちがある。

一人で生きていく強さを手に入れながらも、女性として守られて愛されたい気持ちもある。

時には一人ベッドの中で、「寂しい」と思う夜がある。

それでも、22歳になると、プライドが生まれている。

だから、「誰でもいいからそばにいて」なんて思うことはなくなった。

でも、たまに、ふと思う。

あの頃の方が、か弱くて、可愛かったんじゃないかって。

「好きな人が欲しい」そう思うようになった。

でも、恋もしていない。ドキドキなんて、いつからしていないんだろう。

今までは、ずっと好きな人がいる生活だったのに。

22歳になった今、どうやって恋をしたらいいのかもわからない。

また、振り出し。この繰り返し。

いつまで慣れないピンヒールを履いたような恋愛を繰り返すのだろう。

いつになったら、身の丈に合った恋愛で満足できるようになるんだろう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

Ayano
Ayano
株式会社DariaMe代表|22歳 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする