2020.01.27

「都会生活、私物語。」第1話

出会いと別れ、私の存在。

私たちは、生まれてから死ぬまでに、約30,000人の人に出会うらしい。

そこから、学校や会社などで出会う人が約3,000人。

親しく会話をする人が300人。

その中で、自分の友人と呼べる人は、何人いるだろうか。

親友と呼べる人は、何人いるだろうか。

恋人は、何人できるだろうか。

きっと、SNS時代の今、出会う人数はもっと膨大だろう。

都会に生まれ、都会で育った私たちは、人と出会うことも、人と別れることも、当たり前になっている。

一時期、毎日のように一緒にいた友達と会わなくなっても、特に何も思わないくらい。

人と人との繋がりに永遠って、あるのだろうか。

いつか忘れられてしまうかもしれない。

そう思ったら、友人を作ることすら、怖くなってしまうこともある。

今、欲しいもの。

幸せ。

ただ、それだけ。今、欲しいものは、小さな幸せ。

小さな幸せがほしいだけ。私たちは、幸せになるために生きているんだから。

恋人ができて幸せになるなら、それでいい。恋人が欲しい。

仕事が充実して幸せになるなら、それでいい。いい仕事が欲しい。

プライベートが充実して幸せになるなら、それでいい。休みが欲しい。

方法はなんでもいい。手段は問わない。

幸せになりたい。

ただ、それだけなの…。

大人になって気づいたこと。

夢を見ても、現実は変わらないこと。

必ずしも、努力が報われるわけではないということ。

幸せは、自分の捉え方次第だということ。

誰もが自分のしたい仕事をしているわけではないということ。

仕事は永遠に終わらないということ。

いい男は競争率が高くて、浮気する人が多いってこと。

いいお店に連れて行ってくれる男性は、いい女性を知ってるってこと。

自分の欲しいものは、自分で買わなければ何の価値もないってこと。

住む土地は、自分のレベルを教えてくれるってこと。

結婚が幸せとは限らないということ。

現実は、甘くないってこと。

他にもたくさん。

私たちは、自分を過信しすぎていたかもしれない。

大人になればなるほど、気づくことがたくさんある。忘れたいことも、たくさん増える。

価値と位置づけ。決めるのは、他人じゃない。

大人になると、勝手に位置づけされていたりする。

SNSで、幸せいっぱいの写真を載せて、キラキラ見せている女性だって、みんな、抱えている悩みは同じなんだ。

ただ、幸せになりたい。

そう思いながら生きている。

都会生活、私物語。

これは、「幸せになりたい」と嘆き、こんなことを考えている私の物語。

今という時代を生きている、一人の女の物語。

現代に生きるからこその不安、恐怖…。

赤ちゃんの時は、泣くことが仕事だった。

今は、悩むことが仕事なのかもしれない。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

Ayano
Ayano
株式会社DariaMe代表|22歳 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする