2020.01.27

独り言が多い人の心理や性格とは?独り言をやめる&やめさせる方法

独り言で困っています…     

一人暮らし、一人部屋、自分の空間となるとついつい出てしまう独り言。
誰がいる訳でもないのに会話形式で話したり、一人三役も四役もこなして空想めいた劇場を繰り広げてみたり。

自分はしていないけれど、上司や友人には独り言が多くて話しかけられているのか独り言なのかわからなくて困惑することも。

ふとした時に独り言が出てしまうから、道ですれ違った人や同じ家の中にいる親にもびっくりされてしまう…。

やめようと思っているけれど、自然に出てしまうからやめようもない日々。独り言ってどうしたら無くせますか?

なぜ?独り言を言ってしまう人の心理と性格

何かをする時・一人での時間を過ごしている時についつい出てしまう独り言。自分が独り言を言う時だけでなく、他の人の独り言も気になってしまうことがあります。

なぜかわからないけれど、癖のように独り言をブツブツとい言ってしまったり、言っている人が職場や学校などで多かったり。

独り言は、心からのSOSとも言われるほど心と直結しているとされています。そんな独り言を言ってしまう人の心理と性格について詳しくみていきましょう。

1.ストレスを抱えている

独り言の原因の一つはストレスを抱えていることとされています。一人であってもブツブツと呟き、話すことでストレス解消につながるとされているのです。

精神的に落ち着かせるために、「大丈夫・大丈夫」と言い聞かせるように独り言を呟く人もいます。一人暮らしだったり話し相手が周りにいなかったり、極度の緊張状態になると独り言が増える人に多いとされるのです。

独り言出会っても口に出したり言葉にすることで、安心感を得て、自分を保とうとしているからこそのものでもあります。ストレスを自分でうまく発散するための方法の一つが独り言なのです。

おすすめ記事
ストレスに勝つ!ストレスを感じなくなる方法

「ストレスに弱い…ストレスに強くなるには?」ストレスを感じない方法

2.寂しさを感じている

独り言が多い人は、見えない寂しさを感じているかもしれません。女性は特にですが、ストレスや寂しさを気の知れた友人とおしゃべりすることで、解消します。

しかし、なかなか友人たちとの時間が取れなかったり、人地考え込みがちな夜などには寂しさを感じて独り言が増えてしまうことも。

寂しさを感じたくないので、独り言で気を紛らわせようとしているのです。

誰かに「聞いて」と飛びつきたくても、時間や環境の都合で、そう簡単ではない時に独り言は多くなります。

また、一人暮らしを始めたてや、一人での空間が多いと、独り言は多くなりがちです。

3.コミュニケーションが苦手

コミュニケーション能力が低かったり、苦手な人を「コミュ障」と言ったりしますが、コミュニケーションが苦手な人にも独り言は多いです。自分から話しかけるのが苦手で、なんとかして気づいて欲しいときに使われることも。

「あれ?」「困るな〜」「どうしようかな」などと言って、人から話しかけられるのを待っています。

また、「こう話しかけよう」と言うセリフや言葉を、一人で練習していることも。そんな「人と関わりたいが故の独り言」が出ている時もあります。

4.マイペースな性格

独り言はあまりいいイメージを持たれませんが、マイペースな人にも独り言は多いです。

誰かが周りにいることや迷惑は考えず、自分の世界に入り込んでしまうので、独り言を言っていることにも気づきません。人前で一人で歌ったり、目立つことも嫌いではない自由な性格。

様々な考えを、自分の頭の中で考えて、口に出しながら整理するため独り言になりがちです。

”危険な独り言”もある!?

あまりいいイメージのない独り言ですが、ここまでの紹介を見ていれば、そこまで危険を伴いません。しかし、中には”危険を伴う独り言”もあります。

独り言を言う人の中には精神的な疾患が要因としてあげられることも。

「なんてダメな人間なんだ」「なんでこんなにも何もできないんだ」と必要以上にネガティブな考えをもってしまう場合は精神的に何かしらのダメージをおっている可能性も考えられます。

また、攻撃性の高い独り言も注意が必要です。幻聴のようなものから、独り言に繋がることもあり、暴力や攻撃的なものへ変わってしまうことがあります。あまりにもネガティブな独り言を言って入る人には注意しましょう。

また、自分が言ってしまって入る場合には、なるべく落ち着いて独り言の意味を考えてみましょう。

独り言をやめる方法

では、独り言はどのようにやめればいいのでしょうか?

独り言が多い環境や時間が続いてしまうと他人からの目が気になったりと、ストレスなどに影響してきます。

「気づいたら言ってしまっているから、やめ方がわからない」「独り言を減らしたいけれどどうしていいかわからない」と言う人にもわかりやすい独り言をやめる方法をご紹介します。

 

1.定期的にストレスを発散する

独り言が多い人は、ストレスも多く溜まってしまっている場合があります。定期的にストレスを発散して、自分のストレス値を保つようにしましょう。

ストレスは独り言だけではなく他にも多くの病気や不調の原因にもなり、リスクも高めるとされています。独り言がその第一歩かもしれません。

独り言の内容が変わったと感じたり、なんだか最近増えたなと感じた場合は、「ストレスが溜まって入るのかも」と、ストレスに目を向けて考えて見たりストレス発散を実行してみるのがおすすめです。

2.嫌なことを忘れる時間を増やす

嫌なことが多いと独り言もついつい出てしまいがちです。文句や愚痴も独り言の一つ。「なんだよ」「くそ」などの荒い表現として独り言が出てしまい、周囲に心配をかけてしまう原因にもなりかねません。

嫌な思い出をかき消すい言葉を独り言で言ってしまうことが多い人は、嫌なことを忘れるくらい没頭することを見つけてみましょう。仕事や趣味、部屋の掃除などの家事でもいいです。

嫌なことを思い出したり、嫌なことを考える時間を少しでも減らして自分の好きなことや没頭できる他のことに目や意識を向けるようにしましょう。自ずと独り言が減ってくるはずです。

おすすめ記事
嫌なことは忘れてしまうのが一番!嫌なことを忘れる方法

嫌なことを忘れる方法|嫌なことを忘れるには?忘れたいことは忘れよう。

3.他人と積極的にコミュニケーションを取る

一人の時間や孤立して入ると感じると、独り言は多くなります。他人と積極的にコミュニケーションを取るようにして、一人の時間や孤立している感覚を減らしましょう。

構って欲しいことから「どうしようかな〜」「なんだろうな〜」などと、ブツブツと”構ってアピール”の激しい独り言を言うくらいなら、自分から周りに頼って助けを求められるように努力してみることが大切。

話しかけられるの待ちでは、何も変わりません。独り言が多いことで周囲から距離を置かれることもあるので、自分から、コミュニケーションを取る努力をしていきましょう。

4.周囲の視線を気にして生活する

独り言は、他人から見るとちょっと不気味です。そのため、独り言や独り言を言って入る人に対して恐怖心や不信感を抱く人も多く、人間関係が円滑に進まないことも。

過剰に考える必要はありませんが、独り言が多いことで、不信感など他人から少し変な目で見られるかもしれない、不信感を抱く人もいる、と言うことを理解しましょう。

誰もが、独り言に対して返してくれるわけでも、興味関心がある人なわけでもありません。中には「できれば関わりたくないかも」と感じる人もいるのです。家の中では別ですが、社会に出たら少しだけ周囲からの目を気にして生活しましょう。

5.独り言の危険さを理解する

危険な独り言以外にも、独り言は危険を伴います。自分でどちらの自分が本当かわからなくなったり、嘘が本当に思えてきたり、少し攻撃的になったり。独り言が多いのはいつも危険と隣り合わせの証拠です。

独り言が多いのは、様々な人からのあらゆるサイン。心身ともに健康でいるために、自分の独り言について理解しましょう。

危険な発言ではないか、なぜ今独り言が出てしまったのか、など、自分の独り言について考えたり理解をする時間を作って見てください。独り言の危険さは、しっかりと向き合わなければ理解できずに終わってしまいます。

家族・友人の独り言をやめさせる方法

自分だけではなく、友人や家族学校や職場などで独り言が多い人も。そんなつもりはなくとも、周囲にまで気を使わせてしまって職場などであれば生産性もぐんっと下がってしまいます。

とはいえ、何をしたらいいかさせたらいいかわからない。自分が、友人や家族の独り言をやめさせるにはどんな方法があるのでしょうか。

1.独り言を自覚させる

独り言が多い人の中には、無自覚で話している人もいます。声に出すことまでが無自覚なので、独り言が多いことにも気づきません。

そのため遠回しに伝えても理解できないなんてことも。「最近独り言多いよね、なんかあった?」などと声を抱えて自覚を促しましょう。いくら周りが言っても、本人が自覚していなければ、独り言はなくなりません。

まずは本人に「独り言が多い」ことを自覚させましょう。

2.「大丈夫?」と声を掛ける

独り言は、心からのSOSの場合があります。本人は無自覚でも、心はSOSを出しているので独り言が増え、悲観的な考えにつながってしまことも。

「独り言多いけど大丈夫?」「なんかあった?」などと、深く聞かないとしても声をかけてコミュニケーションをはかりましょう。一人じゃないこと、気にかけている誰かがいることを伝えてみましょう。

一人ではないこと、助けを求めてもいいことがわかれば自ずとコミュニケーションを取れるようにもなるので、独り言も減ってくるはずです。

 

3.会話の機会を増やす

独り言のありなしにかかわらず、会話は普段から多いに越したことはありません。ちょっとした変化や些細な異変も、普段から会話していれば気づくことが多いもの。

普段からの会話が、ストレス発散や寂しさなどの解消にも繋がります。ストレスの軽減はもちろん、どんな人で、どんなことが得意で苦手なのかなどお互いを知るにも良いこと。

お互いの距離感や微妙な立場の差なども含め、普段から会話をして信頼関係を築いたり、お互いの近況を知ることで、効率やモチベーションにも関わり、変化が見えてきます。

おすすめ記事
信頼関係を築く方法とは?信頼される人になろう

信頼関係を築くのに大切なこととは?その方法を知り信頼される人になろう

 

独り言は心からのSOSかも。心の声を聞いてみて!

ついついしてしまう独り言。自分ではなくとも、職場や学校で一人音を言っている人が気になる、なんてことも。

もしかしたら、それは心からのSOSかもしれません。あまりにも独り言が多い時は「ストレスが溜まっているのかも」「友人たちと最近会えていないから寂しいのかな」などと、少し自分と向き合ってみましょう。

また、職場や学校などで、独り言が多い人に遭遇した時も遠巻きになるのではなく「何かあった?」「心配事あるなら聞くよ?」などと声をかけてみてください。その一言で、相手は救われるかも。

独り言は心のSOSなのかもしれないことを心に留めて生活してみてください。

 

この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。

今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする