2020.01.25

両片思いの意味とは?9つの特徴で片思いから両思いになれる可能性を判定

好きな人とのすれ違いが辛い…

彼の姿を見るたびにドキドキする。

わざと話しかける口実を作って、接点を増やしてみたり。

彼の姿がバッチリ見える場所に座って作業したり。

もちろん仕事はちゃんと頑張ってるけど、彼のいる日常が楽しみになっているんだ。

つまり、「彼に惚れちゃった」ってこと。

最近彼とプライベートでも出かけるようになって、2人の雰囲気はいい感じ。

だけど、なかなか付き合う段階までいかない…。

彼からの愛情は感じるのに、決め手がなくて、結局進展しないまま中途半端な関係を続けている。

まるで、お互いに片思いしてるみたい。

相思相愛ならすぐ恋人になれると思っていたのに、もどかしい距離感がいつまでも埋まらない。

好き同士に見えるのに、どうしてすれ違いになるの?

 

おすすめ記事
片思いって、大人になればなるほど辛いもの。

大人になってからの片思いって、こんなに辛いんだ…

両片思いの意味とは?

「両片思い」という言葉は、お互いに片思いしている状態を意味します。

本当は両想いなのに、確信が得られずに「自分は片思いしている」と思い込んでしまうのです。

また、何か事情があって、告白したいのにできないケースもあります。

大人になると、両想いの確信が得られてから告白するように。職場恋愛や仲間内では「絶対に振られたくない」という慎重な思考が影響して、両片思いになりやすい傾向があります。

当てはまれば両片思い!?両片思いの特徴

両片思いの状態では「なんとなく好意は感じるけど、確実に好きかわからない」と悩んでいるケースが多く、自分では両片思いになっているかどうかすら、自信を持てません。

そこでまずは、両片思いの特徴や共通点を一挙にご紹介していきます。

もし当てはまる個数が多い場合、両片思いの恋愛をしている可能性が高め。きっかけさえあれば、片思いから両思いに進展することも。どれくらい該当するかチェックしてみましょう。

1.特に用がなくても連絡を取り合う

両片思いの2人は特別に用がなくても、連絡を取り合います。恋人のように頻繁にコミュニケーションを重ね、お互いが日常の一部になっている状態。

ここまで来たら「付き合うきっかけが生まれるんじゃないの?」と思えますが、両片思いの状態では、恋愛の駆け引きが少なめです。

ただしそこには、親友や長く連れ添った恋人のような信頼関係が、しっかりと築き上げられています。

2.自然と目が合う

好きな人のことは無意識に目で追ってしまうもの。これは男女共通の心理です。

両片思いの状態だと、お互いのことが好きだから、目が合う回数も増えます。無意識に目で追うようになり、自然と目が合うのです。しかも、目が合っても気まずい雰囲気になりません

「好きな人とやけに目が合うな」と思ったら、それは好き同士だからの可能性が大。遠くにいる場合や、大人数でいる場合にも目が合うなら、好意の表れといえます。

3.周囲からカップルだと思われている

当事者同士は「嫌われるのが怖い」からこそ、お互いが両思いかどうか自信が持てません。でも、周囲の人には滲み出る好意が伝わるもの。

思い切って友達に相談したら、「え、付き合ってるんじゃなかったの?」と言われることも。それくらい、両片思いの状態は、周囲から見て好き同士なのが丸分かりなのです。

両片思いから付き合ったとしても、周囲からは既にカップルだと思われているので、特別驚かれることはありません。

4.共通点が多く、話が合う

両片思いになる人には、恋愛以外の話題が尽きないという特徴もあります。ラブラブな会話をしなくても、2人の満足度が高いのです。

趣味や好みなど共通点が多くて、常に話が盛り上がり、気付いたら長時間話し込むこともしばしば。話が盛り上がりすぎて、告白のタイミングすらなくなるほど。

好きなことや価値観が合うのは素敵ですが、あまりに合いすぎると、親友のような関係性になって恋愛に発展しにくくなるのです。

5.悩みや嬉しい出来事を一番に報告する

両片思いの状態は、2人の間に深い信頼関係が築き上げられています。そして、辛いことがあって悩んでいる時、嬉しい出来事があって誰かに話したい時、真っ先に出来事を報告するように。

一番に報告するのは「心の拠り所」になっている証拠です。

相手と感動を共有したいと思い、相手の感情を自分のことのように思えるのが恋愛。

お互いの出来事を共有し合える関係性は、両片思いの特徴なのです。

 

6.二人きりで行動することが多い

好きな人とは2人きりになりたいもの。集団で過ごしている時よりも深い話ができるし、心置きなく2人の時間を楽しむことができます。

また、グループで遊びに出かけていても、両片思いだと自然と2人で行動するように。無意識の間にお互いを求めるのは、根本に「居心地の良さ」や「お互いの存在を求める心理」があるからです。

「気付くと2人きりだな」と思った時、それはお互いが好きだからといえます。

7.集団でいても二人の世界に入ることがある

両片思いの2人の間には、特別な雰囲気が漂っています。周囲とは切り離された、2人の世界ができているのです。

多くを語らなくても通じるコミュニケーションや、自然と溢れる笑顔が、「2人の世界」を演出します。周囲から見ても分かるほどの一体感であることがほとんど。

集団でいても特別な雰囲気が出ているから、「多分2人は付き合っているんだろうな」と思われるように。こうして、周囲にカップルだと認識されるのです。

8.プライベートな会話が多い

お互いに好きだと、踏み込んだ話題が増えます。「相手のことを知りたい」「自分のことを知ってほしい」という心理が働き、自然とプライベートな会話が多くなるのです。

話題が過去の恋愛経験や、恋愛における価値観、将来像に及ぶ場合、両片思いである可能性は大。

ただの友達に、そこまで踏み込んだ話はしません。

誰しも自分の胸の内は簡単には曝け出せないもの。お互いに信頼していると、安心感から素の自分を表現することができます。

9.頻繁に物の貸し借りをしている

話す口実を作りたいと思った時、「物の貸し借り」をするようになります。

物を借りている側は、相手の存在を離れていても感じられて、なんだか幸せな気分に浸れるもの。また、貸す側は「今頃どうしてるかな」と想像が膨らむように。

物を返す時には会うきっかけが生まれます。貸したのが本やCDなら、そこからさらに会話が盛り上がることも。物の貸し借りには、ラブラブな2人ならではの感情がたくさん伴うのです。

片思いから両思いに進展しない4つの理由

両片思いの特徴を見ていくと、2人の間には信頼関係や愛情が読み取れます。それなのに、なぜ片思いから両思いに進展しないのか?

理由は大きく4つ考えられます。両片思いとは「告白したいのに告白できない状態」が招いた結果。「なぜ告白できないのか」に焦点を当てると、進展のきっかけが掴めます。

それでは、片思いから両思いに進展しない「4つの理由」を見て、両片思いを脱却するヒントを探りましょう。

 

おすすめ記事
告白する前に読んでみて!成功・失敗のシチュエーションを大公開!

告白成功する場所は?成功・失敗するデートスポット&タイミング大公開!

1.シャイで自分から気持ちを伝えられない

告白するには勇気と覚悟が必要です。シャイな性格の持ち主は、告白の重たい雰囲気に耐えられず、自分から気持ちを伝えられなくなります。

恥ずかしがりの根本には「他人の反応が気になる」「プレッシャーに弱い」といった心理が影響しており、告白しやすいように誘導することが不可欠

また、自分に自信が持てない性格だと、「相手が自分を好きかどうか」も自信が持てず、告白する前に悩んでしまいます。

2.恋愛経験が少なく、どうしていいかわからない

恋愛経験が少ないと、相手を好きになっても進め方が分かりません。

どんなタイミングで、どう告白すればいいのか。

相手はどんな気持ちなのか。

分からないことだらけだと、手詰まりになって、結局何もできなくなるのです。

人は未経験の分野に対して大きな不安を抱きます。実際は達成する能力を持っていても、「分からない」と思うだけで、本来のパフォーマンスが発揮できなくなってしまう結果に

そして、本当は付き合いたいのに行動できず、両片思いに陥るのです。

3.友達の期間が長く、関係崩れるのが嫌

両片思いとは、信頼関係や恋愛感情があるのに、恋人までは進展できずにいる関係。そこには「友達期間が長い」という前提が考えられます。

友達としての信頼関係が築けていると、せっかく積み上げた関係性が崩れるのを恐れてしまうのです。それだけ相手がかけがえのない存在ということ

友情と恋愛が共存した関係性は、簡単に告白できないデメリットがありますが、いざ付き合うと仲良しなカップルになる傾向があります。

 

4.どちらかに恋人がいる

どちらかに恋人がいて、浮気になるから告白しない場合も。

両片思いとは、フリー同士の恋愛関係とは限らないのです。

恋人がいるのに他の人を好きになり、別れる選択ができないから悩んでいる…。恋愛において、同時に2人を好きになったり、他の人と付き合うか悩むことは少なくありません。

また、相手と付き合えるか分からないから、今の恋人と別れられないというケースも。常に恋人がいる状態をキープしたい人は、確実に付き合える状態でしか別れません

片思いから両思いになる4つの方法

両片思いの状態から両思いになるには、今までと違うアプローチが必要になります。

両片思いとは、お互いが「告白」に至れなかったり、積極的になれなかった末の関係性。状況を変えるには、勇気を出して恋愛関係に足を踏み入れることが重要なのです。

ここからは、お互いに片思いしている状態からどう脱却すればいいのか、「4つの方法」をご紹介していきます。ぜひ取り入れて、進展のきっかけを作りましょう。

おすすめ記事
仲のいい友達でも、異性として意識してしまうことがある。好きな人に見せる脈ありサイン

仲のいい男友達を好きになった|効果的な脈ありサイン&恋人になる方法!

1.自分からアプローチをかける

両片思いの状態は、どちらかが勇気を出してアプローチしないと、平行線を辿る一方です。そのため、自分からアプローチをかけてみましょう。

「男性から告白されたい」「勇気がないから相手に告白してほしい」と思っていても、時間が経過してしまいます。

もし、待っているうちに、相手が他の人を好きになったとしたら?

もし、待っているうちに、相手が他の異性にアプローチされたら?

後悔するなら、ためらわず自分から行動しましょう。

2.恋愛話をして異性として意識させる

両片思いの時、付き合うカップルに比べて「恋愛話を避ける」傾向が見られます。ためらいがあるから、恋愛から逃げて、両片思いを定着させてしまうのです。

そこで、思い切って恋愛話をして、異性として意識させてみましょう。恋愛に対する価値観を共有したり、結婚を見据えた年齢なら将来の話をしたり…。

踏み込んだ話をするうちに、付き合った場合の未来を想像できるようになります。

相手に「両片思いを乗り越えた将来像」を連想させましょう。

3.自分が好きだと間接的に伝える

相手が両思いを確信するためには、「好意」を感じさせるアプローチが不可欠。間接的に自分が好きだと伝えましょう。

一緒に居るとすごく幸せ。

会えるのが楽しみ。

〇〇君のそういうところ、好きだな。

これからもずっと仲良しでいたいな。

こうした、「好き」が伝わる言葉遣いをすることで、両片思いで落ち着いてしまった心が揺れ動きます。

無理に告白までする必要はありません。大切なのは「両思い」だと認識させること

相手からもアプローチのお返しがあれば、告白の勇気に繋がります。

4.2人きりの空間で緊張感を作る

リラックスした信頼関係があると、ドキドキ感が不足して恋愛に発展しにくくなります。自然体で向き合えるのは素敵なこと。ですが、付き合うために、緊張感を作ってみましょう

くっつきそうな距離まで接近してみたり、じっと目を見つめたり、「可愛い」「カッコいい」などの言葉を伝えたり…。普段と違う雰囲気づくりができるとベスト。

どうしても恥ずかしい時は、一緒に飲みに行ってお酒の力を借りてしまいましょう。

職場での両片思いは発展しにくい!?

両片思いになる原因として「職場恋愛」が挙げられます。

同じ職場の人に告白して振られたら、次の日から仕事が気まずい雰囲気に。しかも、職場の人間関係は何年も続くため、将来を考えて慎重に行動する必要があります。

また、もし成就して付き合ったとしても、別れたらもっと気まずい未来を迎えるリスクも。付き合ってみないと分からないことは多く、確実に結婚できるとは限りません。

後先を考えた結果、両片思いになり、さらに両片思いからの脱却も困難になるのです。

ところが、職場で恋人を見つける人の割合は多いもの。

慎重に相手を選ぶからこそ、結婚を意識しやすいメリットもあります。

職場での両片思いは発展しにくい代わりに、付き合うと真剣な恋愛になりやすいのです。

 

両片思いのドキドキ感を楽しんで

両片思いはもどかしい。ドキドキしすぎて胸がはち切れそう。

もう限界まで好きになって、どうにかなってしまう。

でも、こんなに好きになれる経験は特別だと感じる。

両片思いになったのは、お互いが相手を大切にする慎重な性格だから。

そして、今あるドキドキ感は、大好き同士だから湧き上がる感情なんだ。

勇気を出して、「好きな気持ち」を君に届けてみようと思う。

両片思いの今も充分幸せだけど、やっぱり君の彼女になりたい。

私からの愛情、しっかり受け止めてね。

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

岡 あい
岡 あい
言葉と音楽をこよなく愛するライター。「生きる意味」や「人生とは何なのか」を、今日も考えています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする