2020.01.22

【男女別】デートの誘いを断られた理由&断られた後の正しい対応方法

「デートの誘いを断られてしまった…」

遠巻きに見て憧れる。話すたびにドキドキして嬉しくなる。

そんな片思いの状態に痺れを切らして、勇気を出してデートに誘ったんだ。

デートに誘わないと、恋愛は進まないから。

でも、せっかく勇気を出したのに、デートの誘いを断られちゃった。

デートを断られたら、もう2人に未来は無いってこと?

デートを断られたら、もう2度と誘っちゃいけない?

デートを断られたら、相手に嫌われるの?

拒絶されたのが悲しくてたまらない。

一緒にデートする未来を思い描いていたから、突き落とされた気分になる。

断られた場合なんて想像していなかった。想像したくもなかった。

どうしてデートを断られたのかな。

デートに誘い断られた後、どうすればいいのかな。

 

デートの誘いを断られる理由

デートの誘いを断られると、「嫌われてる?」「自分に魅力が無い?」と辛い気持ちがこみ上げることも。ところが、断る側は様々な理由を持っています。

断られた理由をネガティブに想像しすぎるのは禁物。理由によっては、まだまだデートするチャンスがあるのです。

ここからは、男女共通の「デートの誘いを断られる理由」をご紹介。2人の関係性に照らし合わせてチェックしましょう。

1.好みのタイプではないから

誰しも好みのタイプがあります。デートに誘ってくれた相手が好みのタイプではない時、好きになる未来が想像できず、早い段階で深い関わりを避けるのです。

好みのタイプには「見た目」と「性格」があります。会った時に雑談できる関係性なら、好きな有名人は誰なのかなどを聞き、どんなポイントが魅力的なのか質問すればタイプが見えてくることも。

また、相手の服の系統を見て、並んだ時に絵になるファッションや髪型、メイクをすると、好みに近づく可能性が上がります。

2.仕事が忙しく疲れているから

恋愛をしたり、誰かと食事や遊びに出かけるには、ある程度の余裕が必要です。仕事が忙しくて疲れ切っていると、デートに応じる気力や体力がない可能性があります。

年齢・性別問わず、仕事後の時間帯だと「ちょっとした食事すら体力的に辛い」と感じることも。また、繁忙期には疲労が蓄積されて、普段持っている行動力も発揮できなくなります。

デートに誘ってOKを貰うには、相手の状況も大きく影響しているのです。

3.予定が合わないから

デートに誘って「その日は別の予定が入っていて」「来月は予定が埋まっていて」と言われると、定番のお断りに思えます。

ところが、「角が立たないように断っている場合」も「本当に予定が合わない場合」も、両方あり得るので、一回で引き下がるのは勿体ない。

仕事が忙しかったり、プライベートを充実させている人は、先々まで予定が埋まっています。相手の予定に合わせられれば、デートに行けることも

デートの誘いを断られても冷静に!

「デートの誘いを断られた」となると、期待値が高いほど強いショックを受けます。

何がダメだったんだろう?

自分はデートすら行きたくない相手なのかな?

もうこの恋は諦めないといけない?

こうした自問自答が永遠と続き、次第に自信を無くしがち。ところが、前述したように、デートの誘いを断られた時は、「相手の都合が理由」のケースもあります。

一概に「断られる=悪い評価」とはいえないのです。

また、一回デートの誘いを断られたとしても、回目の誘いが必ず断られるわけではありません

全く同じ誘い方では断られる可能性がありますが、「この人とは何があってもデートしたくない」という意思を持っているケースは少ないのです。

【男性編】デートの誘いを断られた後の正しい対応

ここからは、デートの誘いを断られた後の対応についてご紹介していきます。

正しい対応方法は男女別に変わり、男性から誘う場合は「女性の気持ちを汲み取ってエスコートすること」が重要です。

女性は「自分に寄り添ってくれる男性」を求めています。同じアプローチ方法を繰り返したり、力業で押し切るよりも、相手の気持ちや状況に合わせる工夫が効果的なのです。

それでは、具体的にどんな工夫をすればいいのか、正しい対応方法を見ていきましょう。

おすすめ記事
「避けられてる…?」そんな時こそ正しい対応を

「好きな人に避けられてる気がする…」避けられる時の対処法&NG行動!

1.断られた理由をしつこく聞かない

デートの誘いを断られたとなると、「理由を知りたい」という欲求が湧き上がります。「日程が合わない」「今は忙しい時期」などの理由がないと、なおさら納得できないもの。

ところが、理由を聞く場合、「しつこく尋ねる」のはNGです。質問を重ねるのは自分のための行動。相手に対しては「面倒」「責められている」など、ネガティブな印象を与えかねません。

断る側の心情を汲み取り、断った事実は追求しないようにしましょう。

 

2.継続的に連絡をする

相手が今は恋愛モードになれない時、一回の誘いで諦めず、継続的に連絡をすることが大切。状況が変わるとOKしてくれる可能性があります。

ここで注意したいのが「しつこい連絡」や「連続で誘う」こと。

連絡を送ってから時間が経っても返事があるなら、まだデートのチャンスがあります。

ところが、焦って追いかけると、相手を急かすことに繋がるのです。

前のめりになりすぎず、相手のペースを乱さないように連絡をしましょう。

3.相手の趣味や好みを探る

忙しい中でも時間を作ってもらったり、好みのタイプでなくてもデートに応じてもらうには、相手の趣味や好みに合わせたアプローチが効果的。

女性が「話していて楽しい」と思えば、「デートしたら楽しそう」というポジティブイメージに繋がります。女性をその気にさせるには、良い未来を想像させるのがポイントなのです。

相手の趣味や好みを探り、その話題を振って楽しいコミュニケーションを取りましょう。相手の関心が向く事柄に絡めたデートの誘いなら、OKされやすくなります。

4.違ったプランで誘ってみる

断られた時と同じプランで再びデートに誘っても、女性からすると選択肢が変わりません。同じように断られたり、悪いイメージが根付くことも。

それよりも、相手の好みや趣味のリサーチ結果に基づいたアプローチの方が、「私に寄り添う努力をしてくれた」という印象に繋がります。

一回断られたとしてもイメージアップは可能。その後の努力次第で、一途で女性想いな人柄として評価されます。違ったデートプランを用意して、彼女を喜ばせましょう。

5.少し先の日程で指定して誘う

予定が合わずデートを断られたのなら、少し先の日程を指定するとOKされやすくなります。

また、もし一回目の誘いで当日や近すぎる日程を提案している場合、「軽い印象」を与えて断られた可能性も。

「すぐにでも会いたい」と思っても、急な誘いはNGであることがほとんど。女性は遊びの男性をふるいにかけ、誠実な男性を選びます。

誠実性をアピールするためにも、待つことは重要なのです

【女性編】デートの誘いを断られた後の正しい対応

続いて、女性に向けた正しい対応方法のご紹介をしていきます。

男性は女性から誘われた時、好みのタイプかどうかを重視する傾向が見られ、そもそもの印象づくりが重要です。また、仕事が忙しいと他事を考えられないことも。

そして、男性は追われると逃げる傾向があるで、連絡頻度などを工夫して、「追いたい」と思わせるアプローチが有効といえます。

それでは、男性への具体的な対応方法を見ていきましょう。

おすすめ記事
男性の好意のサインを知っておこう!

気になる男性から好意のサイン!行動や態度から男性心理を見抜こう!

1.一回連絡を断つ

男性はストレートなアプローチを好みます。ですが、何度もズルズルと送れば「しつこい」と思われるように。

男性へのアプローチは「押し引き」がポイントです。デートの誘いを断られたら、一回連絡を断ってみて相手の反応を見ましょう。

男性は追われているうちは「安心」しています。

ところが、急に追われなくなると、「安心」が「不安」に変わって追いかけたくなるのです。

一途に好きでいてくれる女性ほど、引いた時のギャップは強烈な武器になります。

2.こまめな連絡を繰り返す

「デートに誘うこと」を目的にアプローチしすぎると、相手の心に寄り添ったコミュニケーションを見落としてしまいます。まずは男性にこまかな連絡を繰り返し、関係性を構築しましょう。

デートに誘って断られた後のやり取りは、男性に好印象を抱いてもらうことが目的です。男性が関心のある話題を振ったり、男性が楽しめるやり取りにするのがベター。

共通の好きなことや趣味が見つかれば、次回デートに誘うための材料にもなります。

3.間隔を開けてもう一度誘う

デートを断られたら、間隔を開けてもう一度誘うことがおすすめ。ただし、間隔を開ける期間に「断られる原因」を極力なくすことが前提です。

もし「男性が忙しい」のを理由に断られたのなら、彼の仕事やプライベートが落ち着いたタイミングや、重荷にならないデートプランで誘いましょう。

「タイプじゃない」場合は、彼のルックスや性格に合わせたイメチェンを試みてから誘う方が効果的です。

 

4.潔く諦める

男性は異性に対する好みがハッキリしていることが多いです。

女性からの誘いを断る場合、既に「恋愛対象になり得るか」の答えが決まっているケースがほとんど。

そのため、1人の男性にこだわらず、潔く諦めて次に行くのも良策です。叶わない恋愛を追いかける時間を、タイプだと思ってくれる男性との恋愛に費やす方が、幸せになれる可能性があります。

彼への恋愛感情が中途半端に燻るのなら、「次断られたら諦めよう」と心に決めて、気持ちの整理のために再度デートに誘ってみましょう。

おすすめ記事
人生には諦めが必要な時がある…片思いの諦め方

片思いを諦める方法を教えて?諦める恋愛の見極め方&綺麗に忘れる方法

 

断られたら”終わり”じゃない。ここから始めよう

勇気を出したデートの誘いが断られた時、私の中の愛情が拒否された気分になった。

デートに誘うまでのためらいや葛藤が、一瞬で塵になったんだ。

でも、それは期待値が高すぎてショックを受けただけ。

デートに誘ってOKされることが恋愛の全てではない。

断られたとしても、そこからの対応次第で、この恋愛はまだまだ形を変える。

「デートに誘った」ことで恋愛はスタートしたばかりなんだ。

まずは相手に寄り添える異性になりたい。友達の枠を少しだけ超えた存在になりたい。

そのためには、相手の心に寄り添って楽しんでもらうことが不可欠。

「デートしたい」と思う根本には「一緒に楽しい時間を過ごしたい」という前提があるはず。

相手との信頼を築いて、笑い合える仲になろう。

好きなことを楽しく語れる仲になろう。

その先に、一歩進んだ関係性があるから。

 

この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

岡 あい
岡 あい
言葉と音楽をこよなく愛するライター。「生きる意味」や「人生とは何なのか」を、今日も考えています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする