2020.01.22

威圧感の意味とは?高圧的な人の心理&うまく付き合っていく方法

威圧感の意味とは?

「威圧感」とは、人と接する時に相手から受ける”抑えつけられるような感覚”のこと。

高圧的。プライドが高い。堂々としている。口調が強い。こういった態度が人に対する威圧感を生み出します。

威圧感という言葉自体は、ポジティブなものではなく”恐怖を感じる”という意味合いで使われるもの。威圧的な上司・威圧的な恋人と聞くと、あまり良い感じはしません。

威圧感のある人と接すると「強く出られて怖い」とか「怒られそうで思ったことを言いづらい」などといった気持ちを抱きやすいです。

しかし威圧的な態度をとる人には、その行動に裏付けられる心理が隠されています。この心理を知ることで、高圧的な人とも上手に付き合い、萎縮せず自分らしい毎日を送りましょう。

おすすめ記事
怖いと感じる人の特徴と上手な関わり方を学ぼう

威圧感が怖い。高圧的な人の態度に隠された意味と7つの上手な関わり方

 

威圧感ある人・高圧的な人の特徴

相手に対して威圧感を与える人ってどんな人?

ここからは威圧感ある人・高圧的な人に見られる特徴をご紹介します。

高圧的な人は、意外と悪気なく威圧感を出してしまっているケースが多いです。その行動の裏側には長所が隠されていることも。

特徴を知ることで「悪い人ではなかったんだ」と思えるようになります。身近にいる高圧的な人を思い出しながら一つずつ見ていきましょう。

1.態度が悪く見える

威圧感を与える人は、他人からは態度が悪く見えます。

無表情や怒ったような顔つきをしている・物言いが鋭いなど、相手が「心地よくない」と感じる態度をとってしまうのです。こういった人に心を開くのはなかなか難しいもの。

客観的に見て「怖い」とか「偉そうだ」と思われる態度が、相手に威圧感を与えてしまうのです。

自分を強く見せるためにあえてやっている場合もあれば、悪気なく無意識にやっている場合もあります。

2.コミュニケーションが上手じゃない

コミュニケーションが上手くないために高圧的に見えるケースがあります。

やわらかい表情を意識したり、相手を気遣った言い回しをする。こういったことが苦手でぶっきらぼうに接してしまうと「威圧的な人」と受け取られてしまいます。

本当は「仲良くしたい」と思っていても、コミュニケーションの取り方がわからないことで素っ気ない態度になってしまうのです。

根は優しいけど上手な立ち振る舞いが難しい。高圧的な人の中にはそんな一面をもった人もいます。

3.堂々としている

堂々としているのは威圧感がある人に見られる特徴の一つです。

物怖じしない態度でいつでも自信満々な人は、弱さを感じさせないため「高圧的」だと思われることがあります。主張がしっかりしていて芯があるため、目の前にいるとひるんでしまうのです。

堂々とした態度は人から舐められないためには必要ですが、寄り添ってほしいと考える人にとっては距離を感じるもの。一緒にいると「気軽に意見を伝えられない」と萎縮してしまいます。

4.仲間意識が強い

高圧的な人の特徴として”仲間意識が強い”ところがあります。

普段は強気だけど、一度信頼した相手には強い仲間意識を持つ。そんな情に厚い一面があるのです。「大切な仲間を守るためなら何でもする」と行動力も人一倍。

その反面で、警戒心があり”仲間”と認めるまでに時間がかかるのも特徴です。一度認めるまでは相手に対して敵対心を持つことが多く、態度が悪く見えるため「高圧的な人だな」と思われます。

5.意外と臆病

威圧感を与える人は”意外と臆病”という特徴があります。

強く装っている見た目とは裏腹に、本当は繊細な内面を持っているのです。その臆病な一面を隠すために”威圧感”という仮面を被っています。

相手のことが嫌いで高圧的な態度をとっているわけではありません。

人と関わる時に「傷つきたくない」「馬鹿にされたくない」という気持ちを抱えていて、不安に押し潰されてしまわないように自分を守っているのです。

 

威圧感ある人・高圧的な人の心理

どうしてあの人は高圧的な態度をとるんだろう…。もう少し優しくできないの?

威圧感ある人と接していると、時に居心地の悪さを感じることもあるもの。自分らしくいられず窮屈になってしまうと、関係を避けたいと思うようになります。

しかし、高圧的な態度をとってしまう人は「嫌がらせをしよう」と考えているわけではありません。その行動の裏に隠された心理を知り、少しずつ心の距離を近づけて上手く付き合っていきましょう。

1.舐められたくない

威圧感ある人の心理に「舐められたくない」というものがあります。

「人から舐められると馬鹿にされる・振り回される・立場が悪くなる」といった不安を抱えているのです。舐められないように強い態度でいることで自分を守っています。

例えば高圧的な態度をとる上司は、部下に対して「強く言わなければならない」と思っているもの。立場を守るためにも威圧感を出しているのです。

そこに対して悪意はなく、あくまでも自分のプライドを守るために高圧的になっています。

 

 

2.威圧的でいる方が楽

「威圧的でいる方が楽」なため、威圧感ある態度をとっていることがあります。

自分の行動が客観的に見てどうかは気にしていません。それよりも、威圧的でいることで面倒やトラブルを避けられるという居心地の良さに甘えているのです。

強気でいれば、変に絡まれたり余計なお願い事をされたりしない。こういったメリットを優先してガードを作っています。

その一方で人に「近づきにくい」という印象を与え、敬遠されてしまうのです。

3.下の立場の人を従えたい

高圧的な人は「下の立場の人を従えたい」という心理を持っています。

自分が上になり強い立場でいることで「揺るがない関係を築き安心したい」という思いが隠されているのです。これは仕事・恋愛・家族・友人など、あらゆる関係の中でいえること。

人を従えることによって、居場所を確保すると同時に自尊心も満たされます。

誰かに嫌われたいわけではなく仲間が欲しいのです。自分にとって”居心地の良い関係性”を作るため、威圧的な態度をとっています。

おすすめ記事
職場の御局様と上手く付き合う方法とは?

御局様とは?職場にいるお局の特徴|対策を立てて上手く関わろう!

 

威圧感ある人・高圧的な人と上手に付き合う方法

身近に高圧的な人が現れた時、関係を断つ前に試してほしい”上手に付き合う方法”をご紹介します。

威圧感ある人は「悪気はない」のが本当のところ。だからこそ上手く対応ができれば、自分次第で良好な関係を築けることもあります。

高圧的な人と出会うたびに避けていくのは大変です。どうせなら”敵”ではなく”味方”にできた方が、自分にとっても楽になります。

相手の気持ちや特徴を尊重しながら上手くコミュニケーションを取っていきましょう。

1.真っ向から否定しない

威圧感ある人に対しては、ムキになって真っ向から否定しないことが大切です。

相手の態度に腹を立てて躍起になったところで、謝罪をして譲ってくれることはありません。むしろ余計に威圧的にさせてしまうので、付き合っていく上では逆効果です。

相手から不快に感じる態度・言葉をかけられたとしても、気にせず流すようにしましょう。

「この人にとってはこれが当たり前なんだ」と思っておけば、ストレスが溜まらなくなります。

2.真っ向から受け入れない

相手を真っ向から否定しないことは大切ですが、だからといって全てを受け入れないようにしましょう。

高圧的な人との付き合いの中では、理不尽なことも起こります。

例えば職場で上司から怒鳴られて、人格を否定するような言葉を浴びせられたとき。その言葉を鵜呑みにして「自分はダメな人間なんだ」と思い込んではいけません。

大切なのは”上手に受け流す力”です。スルーさえできれば、相手の言動に疲れることもなくなります。

3.極端に萎縮しない

威圧感ある人の前では、極端に萎縮しないことを心がけましょう。

相手が高圧的な態度を出してきたからといって「打たれ弱い感」や「傷ついている感」を漂わせても、一向に関係は改善しません。

あまりに萎縮しすぎると、弱みに付け込まれて態度がエスカレートする場合もあります。

仕事上であれば”対等に仕事をする立場”を崩さないこと。知人であれば”相手に合わせてやりたいことを我慢しない”姿勢が大切です。

4.適度に褒める

「威圧的だな」と感じる人は、心の底では誰かに認められたいと望んでいます。

強気な態度の裏側にあるのは「自分を守りたい」という気持ち。だからこそ、人から褒められることで気持ちが満たされるのです。

無理に媚びて相手を褒めちぎる必要はありません。嘘はつかず、素直に良いと思ったところ・尊敬できると思った長所を伝えるようにしましょう。

適度に褒めることで”自分を受け入れてくれる人”として認められることがあります。

5.気に入られるように立ち回る

高圧的な人に対しては”気に入られるように立ち回る”のも得策です。

日頃は高圧的な人でも、一度仲間意識を抱いた人に対しては強い態度を取らなくなることがあります。

自分の立場を大切にしているため、相手が好きなものや考え方など、良いと思ったものは褒めたり話題に出したりしてみましょう。あくまでも相手を基準にして近づくことが重要です。

プライベート・趣味など共通の話題をうまく利用して、自分にとっても良い方向に働くよう立ち回ることで距離は縮まっていきます。

 

相手の真意を掴んで味方にしよう!

周囲に高圧的な人がいると「なんだか厄介だな」と感じてしまうもの。

何でここまで強い態度をとられなきゃいけないんだろう…。

この人がいなければ自分らしくいられるのに…。

威圧的な態度をとられて「居心地がよくない」と思うのは自然なこと。

でも実は、威圧的な態度の裏側には”立場を守ろうとする気持ち”があった。

その本意に気づいたからこそ、距離を置くのではなくこちらから近づいてみよう。

今は距離があるから威圧的になっているだけなんだ。

心と心をグッと近づけて、相手にとって頼もしい味方になってみよう。

「守る心」が強い高圧的な人は、あなたにとっても強力な味方になることがあるから。

おすすめ記事
要領よく生きていたい!要領の良い人の特徴と心得

要領がいい人11の特徴|仕事・恋愛・人間関係、全て要領よくなるには?

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。

今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。 

 

Riri
Riri
人目を気にして生きてきた人生から、自分のために生きる人生にシフト。幸せになれるメンタリティや生き方について発信します。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする