2020.01.21

「なんか疲れたな」と感じる5つのサイン|心と体が疲れた時の解消法

誰にでもある「なんか疲れた…」

「いくら働いても疲れない人間になりたい。」

残念ながらそんなロボットみたいな人間はどこにもいません。一生休まずに生きていくなんて不可能だから。

誰だって働きすぎてキャパオーバーになれば疲れてしまうもの。

今あなたが感じる「なんか疲れた…」という感覚は自然なものだし、なかったことにしなくていいんです。

「いまいち気分が上がらないな」とか「なんか疲れたな」と感じたら、それは「一度休もうよ」っていう心のサイン。

感情を無視して走り続けていたら、気がついた時にはクタクタになってしまう。

「なんか疲れた」なら一度立ち止まってみて。

自分の心が求めているもの・欲しがっているものをたっぷり注入してあげましょう。

すっかり疲れが消え去ってから、再び動き出せばいいのだから。

 

身体と心が疲れてる5つのサイン

人間誰しも、あまりに疲れを溜め込みすぎるとしまいには動けなくなってしまいます。だからといって「疲れないように一生何もしない」ことはできない。

それなら「なんか疲れたな」を感知する身体と心のサインを知ってみましょう。自分自身でサインに気がつければ、手遅れになる前に疲れを癒せるのです。

ここからは日常で起こる”身体と心が疲れているサイン”を5つご紹介します。

もし今の状態に当てはまっていたら、少し休む時間が必要です。

1.寝起きがけだるい

「寝起きがけだるい」と感じるようになったら身体と心が疲れているサイン。

寝起きの良さには個人差がありますが、いつもと違うけだるさや「起きたくない」という気持ちを感じる時は疲れている可能性があります。

「この間まではすっきり起きられていたのにな」と思うのなら、疲れを癒す時間が必要です。

起きたくないのに無理して起きるのは辛いもの。頑張って重たい体を持ち上げるよりも、軽やかに起きられる状態を目指しましょう。

2.やる気が出ない

やる気が出ないのは「なんだか疲れた」という状態を表すサインです。

モチベーションを上げて仕事を頑張っていたはずなのに、急にやる気がなくなった。何のために頑張っているのかもよくわからない。

そんな気持ちを感じる時は、身体と心が疲れてしまっています。

“やる気”は無理矢理出すものではなく自然と湧いてくるものです。やる気がないままに働き続けていると、更にやる気を失い動けなくなってしまうことも。

3.出かける気にならない

出かける気にならない時は、身体と心が疲れているサインです。

仕事に行くことや休日に遊びに行くことを「面倒だな」と感じるようになったら、疲れを解消してあげる必要があります。

外に出かけるのには多少なりとも気力が必要です。その気力が足りていない状態が「なんか疲れたな」という気持ちとして表れているのです。

前向きに出かけられるようになるまで、一旦休んでみましょう。

おすすめ記事
休日なのに動けない?休日の疲れに効く6つの対処法

休日やる気が起きない。疲れた気分で休日動けない辛い原因と6つの対処法

4.食欲がない

最近食欲がないと感じるようになるのも、あなたが疲れているサインです。

働けば自然とお腹は空くし「ご飯が食べたい」と感じるものですが、食欲を感じられない時は何かしらの不調のサインであるといえるのです。

ただ疲れている場合もあれば、病気の症状として食欲が失せている可能性もあります。

単純に疲れているのならリラックスできる時間をつくることが重要です。食欲不振が続いている時は、他の症状とあわせて専門医での受診を検討しましょう。

5.前向きになれない

前向きになれないのは身体・心が疲れているサインです。

元気がある時なら自然と前向きになれるもの。「なんか疲れたな」と感じていると、前向きになること自体が難しくなってしまいます。

疲れている状態なのに「考え方を変えよう」「気合いで乗り切ろう」と、無理にポジティブ思考へ持っていこうとしても更に疲れてしまうだけです。

一度疲れを取れば、難しかった”前向きな気持ち”が簡単に持てるようになります。

 

 

「なんか疲れた」と感じる原因とは?

ある日突然「なんか疲れた」と感じてしまうのには何らかの原因があります。

ここからは、心と体が疲れたと感じる原因を5つご紹介します。

どうして疲れてしまったのかを知ることで、原因を改善したり”自分が疲れやすい状況”を理解してうまく付き合っていけるようになります。

「なんか疲れたな」という気持ちを甘えだと思って無視しなくていい。自分を労わるためのきっかけにしていこう。

1.仕事が忙しすぎる

毎日仕事に追われ続けている。そんな忙しすぎる状況が「なんか疲れた」と感じる原因になります。

繁忙期だけでなく、常に仕事がフル稼働の状態だったり長時間労働が続いたりしている場合も、気づかない間に疲れが溜まるものです。

単純に休みが少なくて体が疲れている。仕事量が多すぎてストレスが溜まっている。「なんか疲れた」と感じるのにはこういった原因が考えられます。

忙しすぎる時は意識的に休みをつくる、仕事量の配分を調整するなどしてガス抜きをすることも大切です。

2.人間関係がうまくいかない

人間関係がうまくいっていないと「なんか疲れたな…」と気持ちが落ち込むことがあります。

職場でうまく意思疎通が取れなかったり、理不尽な嫌がらせを受けたり。何かうまくいかないことがあると「何がいけないんだろう」「どうしてこんな事するんだろう」と考えるうちに心が疲れてしまうのです。

また、うまくいかない相手と関わる時間が長いほどストレスが溜まってしまいます。

「なんか疲れた」気持ちから解放されるためには、その場から離れる・環境を変える・相手との向き合い方を変えるなどして対策を取ってみましょう。

3.恋愛がうまくいかない

人間関係と同様に、恋愛がうまくいっていない時も「なんか疲れたな」と感じるきっかけになります。

必死に追いかけているのに振り向いてくれない。最近すれ違いが続いている。

なかなか満たされない状況が続くと、心が疲弊して「なんか疲れた」と思ってしまいます。

好きな人から大切にされたいと思う気持ちは、何も悪いものじゃない。それでも、別の人間同士だからこそうまくいかない時もあります。

感情を発散する機会や、恋愛以外のことに目を向ける時間も作ってみましょう。

4.将来が不安で仕方ない

“将来が不安で仕方ない”という気持ちを抱えていることが「なんか疲れた」と感じる原因になります。

自分はこの先うまくいくのか・ちゃんと幸せになれるのか。不安を抱えても、その気持ちを原動力にして行動できる人はごく一部です。

どうしたらいいのかわからずに、不安な気持ちのまま立ち尽くすことは少なくありません。なかなか先が見えない状況が続くと「なんか疲れたな」と感じる時があります。

不安な気持ちを消すために無理に行動しなくても大丈夫。今は目の前の楽しい時間を大切にしよう。

5.自分に自信がない

自分に自信がないことが「なんか疲れた」と感じる原因になります。

思い通りにいかない出来事があったり、人と比べたりすると途端に自信を失ってしまうことも。自信がなくなると、程度によっては「どうせ自分には無理だから」と思い、何もできなくなってしまう場合もあります。

色々と考えすぎて動けなくなると「なんか疲れたな」という気持ちを抱くのです。

だからといっていきなり「自信を持とう」なんて難しいもの。まずは自信を失った環境から離れて、自分を大切にする時間をつくりましょう。

 

おすすめ記事
精神的に疲れたら見てみて!心の疲れの解消法

精神的に疲れた…。心が疲れた時どうすればいい?|心の疲れを解消しよう

 

「疲れたな」と感じたら放っておかないで!

「なんか疲れたな」と感じたら、すでに疲れが溜まっています。

この「なんか疲れたな」のサインを敏感にキャッチできるようになったら、自分を限界まで追い込んでしまう事態を防げるのです。

自分で自分を追い込まないで。感じ取ったサインを放っておかないで。

もし自分を見失うほど疲れてしまったら、そこから回復するまで長い時間がかかります。そうならないためには「なんか疲れたな」と感じた時点で、自分を労わってあげることが大切なのです。

頑張った自分にご褒美をあげよう。

立ち止まることは悪いことじゃないんです。人がどうとかどう思われるとか、今は何も気にしなくていい。

自分自身を壊さないため、心地よく生きていくために「なんか疲れた」のサインを大切にしよう。

 

 

なんか疲れたら試すべき9つの解消法

なんか疲れたという時は、どうやって疲れを取ればいいの?

ここからは「なんか疲れたな」と感じたら試すべき9つの解消法をご紹介します。

誰にも遠慮なんてせず、今は自分の疲れを解消することだけに時間を使ってみましょう。

自分を大切にすることで周りの人も大切にできる”心の余裕”が増えるもの。「自分を優先するなんて」と思わなくても大丈夫です。

1.思い切って一日休む

なんか疲れたという時は、思い切って一日休んでみる。そうすると体も心も癒されます。

たとえ仕事の日だったとしても構いません。「なんか疲れた」のサインを無視して働き続けることが、疲れをより悪化させてしまうからです。

仕事を一日休むのか、休まずに疲れきって何ヶ月も仕事に行けなくなってしまうのか。こう考えると、一日休むことへの罪悪感を減らせるようになります。

「なんか疲れた」と感じた時点で休んでしまえば、早めに疲れを解消できるのです。

2.仲の良い友人と遊ぶ

なんか疲れたと感じたら、仲の良い友人と遊んで日頃の疲れを吹き飛ばしましょう。

心が疲れた時はいろいろと頭の中で考えすぎている可能性があります。難しく考えるのは一旦やめて、友達と他愛もない話をしたりお出かけしたりするのも良い解消法です。

ただし気を使ってしまうと逆効果なので、自分らしくいられる友人と遊ぶことが重要です。

なんか疲れたという気持ちからリフレッシュできれば、自然と前向きな意欲が湧いてくるものです。

3.趣味を思い切り楽しむ

「なんか疲れたな」と感じた時、もし趣味があるのなら思い切り楽しむ時間をつくってみましょう。

芸術・手芸・読書・キャンプ・ダンスなど…。アウトドアでもインドアでも、何でもOK。

自分が夢中になれる趣味に心ゆくまで没頭することが大切です。

なんか疲れたと思う時は、無意識に自分の欲求を抑えてしまっているもの。心を解放して自分だけのとっておきの時間を過ごすと、生きていることが楽しく感じられます。

4.何も気にせず笑う

なんか疲れたら”何も気にせず笑う”と気持ちがリフレッシュします。

疲れている時は心の中にモヤモヤが溜まった状態です。このモヤモヤをなくすには外側に出すことが大切。

Youtubeで面白動画を観るも良し、お笑いライブに足を運ぶも良し。愛想笑いではなく純粋に楽しめるものが理想です。

人目を気にせず喜怒哀楽を出すと感情がすっきりします。なんか疲れた時はあえて頭の中を面白いことでいっぱいにして、無心で爆笑してみましょう。

5.何も気にせず泣く

何も気にせず笑うのと同じ理由で、何も気にせず泣くのは「なんか疲れた」という感情を解消するのに有効な方法です。

外側へ感情を思い切り出すことで気持ちがすっきりする効果があります。

感動して泣ける映画を観る。辛いことがあるなら我慢せず一人で泣く。

泣けるだけ泣いた後は気持ちが吹っ切れて、すがすがしい気分を感じられるものです。普段から感情を抑えているほど効果を実感できます。

6.旅行に出かける

なんか疲れた時は、のんびりと旅行に出かけてみるのも良い解消法です。

毎日のようにストレスの原因に直面していると、なかなか逃げ場がなく行き詰まってくることも。そこで日常と違う環境に身を置けば、一旦”考えること”から離れられます。

頭の中がクリアになって、今までと違う視点から物事を見られるようになるのです。

心も体も休めるためには、忙しく動くのではなくゆったりと過ごす旅行にしましょう。また、短期間にすることで再び日常生活に戻りやすくなります。

7.ふらっと出かける

なんか疲れたら気分転換にふらっと出かけてみましょう。

運動や散歩をするような感覚でのんびり歩くと、凝り固まった疲れが少しずつ取れていきます。特に用事や目的がなくてもOKです。

好きな音楽を聴きながらでも考えごとをしながらでも、とりあえず気の赴くままに一人で出かけてみましょう。じっとしている時とは違った感覚で物事に向き合えるようになります。

天気の良い日に陽の光を浴びながら歩くと、さらにリフレッシュできるのでおすすめです。

8.欲しいものを買う

「なんか疲れた」と感じてゆっくり休んでみたけど、あんまり気分が変わらない。そんな時は欲しい物を買って物欲を満たすと、気持ちが晴れやかになる可能性があります。

仕事が大変な時に自分の欲求まで抑えていると、体だけでなく心も疲れてしまいやすいです。そこでテンションが上がるような買い物をすると、気持ちのバランスがうまく取れるようになります。

欲しい物があるけど忙しくて買えていない・我慢しているのであれば、ご褒美に買うのも良い解消法です。

9.目標を作ってみる

「なんか疲れたな…」とやる気や自信を失っている時には、目標を作ってみるのも有効です。

目標の内容は仕事に関するものでも趣味に関するものでもOK。何かを追いかける楽しさや、成果が出た時の喜びを実感すると人生が面白くなります。

何かに夢中になっていると、考えすぎて「なんか疲れた」と思う時間もなくなるものです。

小さな目標から始めて一つずつ達成していくと、その分幸せと達成感をたくさん得られます。

 

しっかりと身体と心を労ろう!

「なんか疲れた」と感じるのは弱音でもないし、甘えでもない。

本当に疲れすぎた時には、自分が疲れているのかどうかもわからなくなってしまう。

「なんか疲れた」と思ったその瞬間が休むベストなタイミングなのです。

疲れているのが当たり前。大人はみんな我慢する生き物だ。そんな風に思い込まないで。

周りに気を遣って疲れを無視していたら、何もできなくなってしまうから。

「今だけ我慢すればいい」という積み重ねが、休んでも取れない疲れを作り上げる。

今「なんか疲れた」って感じてるならすっきり解消してしまおう。

それが自分にとっても周りの人にとっても、良い結果をもたらすから。

なんか疲れた時に休むのは仕事のうち。自分を労って「疲れを溜めない」ことを当たり前にしていこう。

 

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。

今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。 

 

Riri
Riri
人目を気にして生きてきた人生から、自分のために生きる人生にシフト。幸せになれるメンタリティや生き方について発信します。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする