2020.01.19

他人に期待しない生き方がしたい。人生で人に期待しない方法5選

他人に期待しない人生って実際どう?

人生裏切られることだらけ。思ったとおりの結末なんて無くて、辛い経験ばかり重ねてきた。

そして傷つくたびに、とある思考が原因になっていると気付いた。

私、いつも他人に期待してる。

期待するから裏切られる。期待するからショックを受ける。期待するから現実から逃げたくなる。

なら、他人に期待しない人生を生きれば、この苦痛から解放されるんじゃない?

他人に期待しないで生きるからって、何か困ることってある?

「期待しない」という選択肢は、明るい未来へ繋がるように見える。

そして同時に、期待しない自分は、希望や夢から遠ざかるようにも思える。

今まで望んできた夢が叶った試しなんてないから、もう何も信じたくない。

他人に期待しない人生って、実際のところどうなの?

 

他人に期待しない生き方3つのメリット

他人に期待しすぎる性格の持ち主は、現実を突きつけられるたびに「摩擦」に苦しみます。

物事は思い通りにならないもの。期待した結果を得られることは少なく、何度でも裏切られた気持ちになるのです。

では、他人に期待しない生き方にするとどうなるのか?この生き方にも、メリットとデメリットの両方があります。期待しない考えとの相性が良ければ、今よりも楽に生きられることも。

まずは他人に期待しない生き方のメリットについて知り、自分の悩みにマッチした解決策かどうか考えてみましょう。

1.自分がより成長できる

「他人に期待しない」と決めると、他人を頼ることなく「自分の力だけ」で物事を解決する必要が生じます。その結果、自分依存の状態になり、自分で解決する能力が身につくように。

他人に期待しない生き方は、苦労と責任を自分一人で背負う代わりに、成長スピードが上がるのです。

その代わり、このメリットには「一人で抱え込みやすい」というデメリットも伴います。人は完璧ではないもの。期待しない生き方は、時に自分の限界を迎え、孤独の中でもがく未来も招くのです。

2.人間関係がこじれにくい

他人に期待しないことで、人間関係のトラブルが減り、こじれにくくなります。

誰かに対して「怒り」や「不快感」を感じる時、感情の根本には「期待通りに動いてほしい」という思惑が隠れているもの。そして、期待と現実が一致しなかった時、摩擦がストレスを生み出すのです。

期待しないことで、裏切られる仕組み自体が無くなります。他人の言動に対して感情を込めない方が、人間関係は円滑に。物事の本質だけを見れる状態に近づきます。

3.人の信頼を得やすい

期待している時、人は「相手が自分の思った通りに動いてくれる」と思っています。少なからず、甘えや依存があるのです。

それに対して、期待しない生き方をすると「自立した頼れる人」に見られるように。周囲の人からすると、干渉されないからこそ居心地がよく、信頼を得やすくなります。

期待しない人間関係は、相手にプレッシャーを与えません。

ありのままの相手を否定することがないから、期待しないことで、誰かの思想や価値観を傷つけずに済みます。

 

他人に期待しない生き方3つのデメリット

他人に期待しない生き方には、一見大きなメリットがあるように見えます。ところが、同時にデメリットも存在していて、人生が大きく変わってしまうことも

「期待しない生き方」を選択する前に、自分にとって受け入れられるデメリットか、しっかりと向き合うことが大切です。

期待しないことで人間関係がどう変わるのか。期待しないことで自分はどんな人間になるのか。期待しないで生きると訪れるデメリットを、一つずつ確認していきましょう。

1.仕事のやり方が限られる

他人に期待しないことで、自分依存の状態になると前述しました。その結果、チームワークの要素がある仕事が不向きになり、自分一人で完結する仕事を選ぶ必要が出てきます。

仕事を選ぶ際、「会社に所属する」というスタンダートな決断をすると、少なからず人に振り回されることが増えるもの。信頼関係を築けば、どうしても期待してしまいます。

ほとんどの仕事を自分の責任で完結させる。その覚悟があれば、「自己成長できる」というメリットを生かして、仕事で活躍することができます。

2.淡白な人間関係になりやすい

他人に期待しないと人間関係が限られます。多くの人は他人に期待する生き方をしており、期待しない姿を見て「冷たい」「考えが読めない」と思われることも。

期待しない生き方をする人にとって、居心地が良いのは、同じように期待しない生き方をしている人。あるいは、他人の気持ちを優先する人です。

期待しない状態で素が出せる相手はごくわずかであるため、親密になれる人は極端に限られるようになります。

おすすめ記事
ストレスのない人付き合いのやり方とは?

人間関係に疲れた。面倒くさい。ストレスがかからない人付き合いのコツ

 

3.恋愛に消極的になりやすい

恋愛は「他人に期待すること」の繰り返しです。

自分を好きになってほしい。かまってほしい。

甘えさせてほしい。愛してほしい。

こうした期待を抱くことで、相手を強く求める感情が湧き上がります。期待しない生き方に対して、恋愛は対極的な性質を持つのです。

期待しない人は次第に恋愛に消極的になり、一人を好むように…。同じように淡泊なパートナーと出会う可能性は低く、付き合うまでのハードルが高くなります。

 

仕事で他人に期待したくない…

仕事をする際、上司・同僚・部下・顧客・取引先などの様々な立場の人と関わる必要があります。そして、目標や期限などといった制約があり、複雑に絡み合っているもの。

複数人が同時に動いていれば、思った通りに物事が進まないのは日常茶飯事です。仕事上の人間関係で期待しすぎると、何度でも裏切られることになります。

期待と違う結果と向き合うたびに、仕事で他人に期待したくないと思うように。

ところが、前述した「期待しない生き方をすると自分依存になる」という特徴は、組織の中では不向きとも考えられます。

職場において他人に期待しない生き方はできるのか?結論から言うと可能です。

メリットを得つつデメリットを最小限にするには、要点を押さえる必要があります。

おすすめ記事
仕事ができる大人になりたい!仕事のできる人の7つの習慣

【社会人必見】仕事ができる人7つの特徴|仕事ができるようになりたい!

 

仕事で他人に期待しない5つの方法

仕事では「程よく他人に期待しない」ことが大切。期待しないことを貫いて壁を作ってしまうと、人間関係が淡泊になり、組織におけるスムーズなやり取りが失われます。

「期待しない」と聞くと、人間不信や他人に壁を作るイメージを連想してしまうことも。ですが、実際には「自分も他人も快適に過ごすための対応方法」といえます。

ここからは、具体的にどのように仕事で「他人に期待しない方法」を取り入れるべきか解説。仕事で円滑に立ち回るための参考にしてみましょう。

1.何事もまずは自分でやってみる

「他人に期待する」という思考には、「他人をあてにする」という心理が隠れています。自力で解決することを逃げている自分や、責任を負い切れていない自分に気付くことが重要。

何事も「まずは自分でやってみる精神」を身に着けると、期待する必要がなくなり、ストレスが減ります。

また、極端に期待しない考えに偏りすぎず、人間関係の構築もスムーズに。

自分で何かを成し遂げるたびに、自分自身が成長します。自分の力を磨いて「期待しないこと」を身に着けてみましょう。

2.他人には結果を求めない

期待しないことは、他人に結果を求めないことに繋がります。自分に対して結果を求めるのは、成長や意欲に繋がるので良いこと。でも、他人に結果を求めると、多くを期待してしまいます。

他人が求める結果を達成するかどうかは、他人次第です。自分がコントロールできない分野で求めると、後々ガッカリすることに。

その代わり、他人が頑張って何かを成し遂げたら、一緒になって喜ぶようにしましょう。

期待しないとはいえ、他人を褒めることはとても重要です。

3.価値観を他人に押し付けない

人によって価値観は違うため、自分の価値観を押し付けると「叶わない期待」を生んでしまいます。

自分と同じ価値観を求めれば、他人に同じ水準の仕事を求めることに。ですが、人によって得手不得手は違い、それぞれの適性があります。期待と結果がピタリと一致することは困難なのです。

期待しないことで、相手の個性を潰してしまうリスクが回避できます。相手の長所を見つけ、肯定して伸ばすことが、相手の成長には効果的です。

4.みんなをまとめる立場になる

リーダーや役職などのみんなをまとめる立場になると、他人の責任も背負うことになります。結果的に自分自身が強い責任感を身に着け、トラブルを「他人のせい」と考えないようになるのです。

自分に責任を置けば、他人に期待しない考え方が生まれます。なぜなら、「他人に問題を解決してほしい」と望まないから。

むしろ、「メンバーが失敗しないためには何が必要か」を自ら考えるようになり、「期待しない」という発想すら消えてきます。

 

おすすめ記事
責任感を高める方法とは?責任感が強い人の習慣

仕事に対する責任感を高める|責任感が強い社会人に共通する9つの習慣

5.プライベートで気軽に遊ぶ

職場だけの人間関係だと、打ち解けることができず、お互いにすれ違いや不満を招いてしまいがち。そこで、思い切ってプライベートで遊んで、気軽な関係性を築いてみましょう。

「仕事の人」から気軽に会える仲になれば、不思議と仕事でも安心感が生まれます。そして、相手が多少失敗しても許せるように。

「失望して期待しない」のではなく「安心しているから期待しない」という考え方ができると、人との関わりは少しずつ負担がなくなっていきます。

 

期待しない生き方で快適な人生を!

他人に振り回される人生から解放されたくて、「期待しない生き方」を模索していた。

でも、その根本には「もう他人を信じたくない」という意思があったのだと思う。

期待しないことは、信じないことでも、他人に壁を作ることでもない。

他人の存在や価値観を認めつつ、どんな結果になってもありのままを受け止めること。

思った通りの結果を求める思考は、イレギュラーを認められない「不安」や「恐怖」の表れだったのかもしれない。

期待しないことで、不安やストレスから解放される。

期待しないことで、周囲の本来の姿をクリアな視界で見ることができる。

無理に「期待しないこと」を突き詰めなくてもいい。

適度に期待しない思考を取り入れて、自分にとって快適な生き方を実現しよう。

おすすめ記事
信用はするけれど、期待はしない…

誰も信用できない…期待しなきゃいいんじゃない?

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

岡 あい
岡 あい
言葉と音楽をこよなく愛するライター。「生きる意味」や「人生とは何なのか」を、今日も考えています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする