2020.01.13

もっと強くなりたい。心を強くする方法&メンタル・心が強い人の特徴とは

もっと強くなりたい。

何をするにしてもうまくいかない出来事があるたびに、すぐ悩んでしまう私。

好きな人からの返信が遅い。友達と喧嘩をした。仕事でうっかりミスをした。

自分にとって一つでも嫌なことが起こると、しばらくの間立ち直れなくなってしまう。

悩めば悩むほど無限ループから抜け出せなくなっていく。

人から受けたアドバイス通りに行動しているはずなのに、なぜだかうまくいかない。

だから、今まで色んなことを諦めてきた。

私のメンタルがもっと強かったら。些細な悩みを気にしない性格だったらよかったのに。

もっと強くなりたい。

心を強くして悩みに振り回されない人生を送りたい。今からでもできる”心を強くする方法”ってあるのかな。

おすすめ記事
メンタルが弱い人と強い人は何が違うの?まずは、自分のメンタル状態をチェックしてみよう!

メンタルが弱い人の特徴とは?弱いメンタルを改善させる13個の方法

 

精神的に強くなれば、もっと生きやすいの?

「生きる」ってどうしてこんなに大変なんだろう。

すべての物事が順調に運んでくれれば、辛い悩みなんて持たなくて済むのに。でも、何もかもが自分の思い通りになんていかないもの。そんなことはわかってる。

だからこそ「もっと強くなりたい」と考える。

精神的に強くなって、あらゆる悩みをポジティブな原動力へと変えられるようになりたい。

小さな悩みを大きくするんじゃない。小さな悩みが気にならない自分が欲しい。

強い心を手に入れられたら私は今の”生きづらさ”から解放されるんだ。

人生を自分でコントロールできるようになって、生きやすい毎日を手に入れたいんだ。

思い立った今日から”心を強くする”ために動き始めよう。

 

メンタル・心が強い人7つの特徴

「強くなりたい」と思ったら、まず参考にしたいのはメンタル・心が強い人たちの特徴です。精神を常に強く保っている人がどのような思考・行動をとっているのかを見ていきましょう。

ここからは強い人たちが持つ”具体的な7つの特徴”をご紹介します。彼ら・彼女らにとっては当たり前のように行っていることが、人生を生きやすくする秘訣になっているのです。

その特徴をもとに、自分が理想とする姿をイメージしてみましょう。

1.常にポジティブ思考

メンタルが強い人は常にポジティブ思考なのが特徴です。

物事がうまくいかなかったり失敗しても「今回はダメだった。でも次に活かそう。」と結果を受け止め、再び前向きに進んでいます。どんな出来事も自分にとってプラスになると考えているのです。

無理をして明るく振る舞うわけではありません。

“失敗も経験の一つであり、今後成長するための栄養素になる。”そんな風に何事にもポジティブな捉え方をしています。

おすすめ記事
ポジティブな人が実践していることとは?ポジティブ思考な人から学ぶ、メンタルを強化する方法!

プラス思考・ポジティブ思考の特徴&メリットとは?人生を明るくする方法

2.笑顔が多い

心が強い人は、いつ会っても笑顔でいることが多いです。

誰しも一日中いいことばかりではありません。でも、何かあるたびに悲しい顔をしていれば更に気分が落ち込んでしまうもの。だからこそメンタルの強い人はどんな時も”笑顔”を心がけています。

笑っていれば自分自身も気持ちがよく、それがポジティブ思考を後押しするのです。

周囲にも”感じのいい人”という印象を与えるため、円滑なコミュニケーションで快適な毎日を送っています。

3.周りの人にも幸せを与えることができる

自分だけでなく周りの人にも幸せを与える行動は、心が強い人に見られる特徴の一つです。

初めから「自分だけ幸せであればいい」と考えるのではなく、誰かに喜んでもらうことを通して幸せを感じています。幸せを外に循環させて、人とのつながりの中に自分の存在意義を見出しているのです。

“周りの人に幸せを与えれば自分も幸せになれる”ため、うまくいかない時は、別の部分で幸せな気持ちを感じられ、強いメンタルを保っていられます。

 

 

4.小さなことでくじけない

心が強い人は小さなことでくじけないのが特徴です。

「小さなことでくじけていたら何事も続けられない」と考え、どんな時もブレない心を持ち続けています。

少しうまくいかないことや困難が立ちはだかっても”一時的なもの”と捉えて気にしていません。

何かを成功させるためには、まずは続けることが大切です。メンタルが強い人は失敗しても”くじけず立ち直る姿勢”を忘れないため、自分の意思で流れをつくり成功へと変えていきます。

5.悩むより考える

メンタルの強い人は、悩むより考えることを大切にしています。

何か辛い出来事があったら一旦事実を受け止めて、気持ちが落ち着いてからじっくり考えるのです。悩んで辛い気持ちを巡らせるのではなく、考えることで先へ活かすようにしています。

うまくいかなかった原因と対策を見出したり、今の状態を冷静に客観視してみたり。

考えることで気持ちの整理をつけて、自分の中で納得してから気持ちよく前へ進んでいるのです。

6.何事も行動してみる

心が強い人は、悩んだり想像するだけで終わらず”何事も行動する”のが特徴です。

「こうしたい」と自分の内側で思っているだけでは状況は変わりません。心の強い人は、実際に動いてから初めて変わるものがあると知っています。

行動してダメだったら次はどうすればいいか考える。そしてまた行動する。

この繰り返しを行い、どんどん状況をプラスに変えられるのです。常に行動を恐れず成長の糧にしていくため、悩み続けることがありません。

7.人に自分の弱い部分もさらけ出せる

自分の弱い部分を隠さず人にさらけ出せるのも、メンタルが強い人の特徴です。

弱みや短所・恥ずかしい経験などを人に知られるのは勇気のいること。それでもありのままの自分で人と向き合う姿勢が”生きやすさ”をつくり出しているのです。

本当の自分を隠して強がるよりも、弱みをさらけ出す方がずっと気楽でいられます。

周りに「自分はこういう人間です」と伝えることで信頼を生み、強い自信を得ているのです。

 

メンタルと心を強くする方法

この先の人生を生きやすくするために「もっと強くなりたい」と決意したら、実際にメンタル・心を強くするための方法を知って一つずつ実践していきましょう。

どれも難しいものではなく、物事への向き合い方さえ変えれば取り入れられるものです。今までメンタルを鍛えて心を強くしてきた人たちも”考え方”に対する意識を大切にしています。

心を強くすることで、悩みに囚われないポジティブマインドを手に入れましょう。

1.心が折れる原因から離れる

精神鍛えることで強くなりたいと思うなら、鍛える前に心が折れる原因から離れるのも大切です。

原因を目の当たりにするだけで嫌な気持ちになってしまう場合、その状態からメンタルを強くしていくのはハードでしょう。心が折れているのにいきなり前向きになろうと考えるのは困難です。

心を安らかに保てば、ポジティブ体験を積み重ねてメンタルを強くしていけるようになります。

また、日頃から「心が折れるほど辛い」と感じることがあるのなら意識的に離れるのも有効です。

2.自分と向き合う時間を作る

メンタルと心を強くするためには”自分と向き合う時間”を作るようにしましょう。

いつも誰かと一緒にいたり、忙しく動いていたりすると”自分の気持ち”を見失ってしまう場合があります。それは人からのアドバイスだけを鵜呑みにすることや、思いを自分の内側に抱え込むことが原因です。

本当は自分はどうしたいのか? なぜこんな気持ちになったのか?

場所は、自宅でもお気に入りのカフェでもOKです。一人きりの時間を作って考えてみましょう。

3.悩むより考えてみる

心が強くなりたいと思ったら”悩むより考える”ことを意識してみましょう。

悩みが出てくること自体は悪いことではありません。もし悩みの種ができたのなら、感情的にならず冷静な思考を心掛けると自分にとってポジティブな要素として活かせるようになります。

同じうまくいかない状況でも、悩むと「自分はダメなんだ」と思って落ち込みますが、考えれば「今後はこうしよう」と何らかの行動に繋げていけるのです。

 

 

4.泣きたい時はしっかり泣く

心を強くするためには”泣きたい時はしっかり泣く”のも大切です。

生きていれば、時には泣きたくなるほど辛い出来事もあるでしょう。強い人はどんな時も泣かないといったイメージを持たれがちですが、モヤモヤとした感情を溜め込まないからこそ強くいられるのです。

我慢せずに思い切り泣けば気持ちがすっきりとします。人がいない場所であれば声を出して泣いてもいい。

感情を出し切った後は”じっくり自分と向き合い考える時間”を持てるようになります。

5.ポジティブな発言を増やす

“意識的にポジティブな発言を増やす”のは心を強くするために有効な方法です。

ありがとう。嬉しい。楽しい。

といった小さな発言からまずは始めてみましょう。相手が喜ぶ言葉を発するのは自らにとっても心地いいものです。

慣れてきたら口にする言葉をポジティブに変換することを心がけます。前向きな発言をするだけで、無意識に思考も前向きに変わっていくものです。

考え方がポジティブになれば自然と心が強くなっていきます。

 

メンタルを強くするために、みんなは何してるの?

生きやすい人生を手に入れたい。どんなことが起こってもブレない強い心が欲しい…。

今は気持ちが安定していても、この先も強くいられるかといったら正直自信はない。

何事にも立ち向かっていけるメンタルの強さはまだ手に入れられていない。

いつもポジティブな人や精神鍛えることで強くなった人達は何をしているんだろう。

もっと強くなりたいから、その秘訣を教えてほしい。

悩んでばかりだった自分にサヨナラしたい。無理して強がるんじゃなくて、本当の強さを手に入れたい。

強くなれれば、人の言動や自分の感情に振り回されることもなくなるから。

私はこの「強くなりたい」気持ちを原動力にして今日から変わっていく。

 

精神鍛えるために心がけたい3つの習慣

もっと強くなりたい。折れない強い心が欲しい。

そう思った今日から、精神鍛えるために心がけたい3つの習慣をご紹介します。習慣化することで安定した強い心作りに役立つものです。自分の心に負荷が掛からない範囲で、無理なく実践してみてください。

日々の積み重ねによってできたメンタルの強さは、どんな時も自分の味方になってくれます。悩まず自信を持って過ごせる人生は快適なものです。

1.ネガティブ発言をしたらポジティブ発言を繰り返す

精神を鍛えるには”ネガティブ発言をしたらポジティブ発言”を繰り返すのが有効です。

好きな人が全然LINEの返信をしてくれない。でも、彼は今仕事頑張ってるから応援しよう。

といった具合に、どんなネガティブ発言にもポジティブな要素を見つけ出し発言を足すようにしましょう。繰り返すうちに何が起こっても自然とポジティブに変換できるようになります。

ポジティブに考えるのが当然になれば、突然の出来事にも心が折れにくくなるのです。

2.自分の長所を毎日ノートに書き出す

精神を鍛えるために自分の長所を毎日ノートに書き出してみましょう。

日々を過ごす中で自分の良いところを自分で褒める機会というのはそうそうないものです。一日の自分を振り返り、良かったところや好きなところを書きながら、自分自信を褒めて認めてあげるのです。

心が折れそうになったり自己嫌悪に陥りそうになったときは、書いたことを読み返してみてください。

自分の長所を自分が一番よく知っていることは強い自信となり、安定したメンタルのベースになります。

3.無理のない程度で精神を鍛えていく

精神を鍛える時は”無理のない程度で鍛えていく”のが何よりも大切です。

自分の心にとってポジティブだと感じ、なおかつ無理せず続けられる方法でこそ効果があります。

その方法や進めるペースは人それぞれ。人から勧められた方法でも、自分にとって負担に感じるのであれば無理しなくてもいいのです。

焦らず少しずつ精神を鍛えていくことを念頭に、自分に合った習慣を見つけましょう。

 

心を強くするためにしてはいけない5つのこと

強くなりたいのなら、メンタルを鍛える習慣と同様に”してはいけないこと”にも気をつける必要があります。

してはいけないことを一つやめるだけでも、心を強くするにあたって絶大な効果が得られます。

心が強いか弱いかは考え方によって変わるもの。今まで無意識にとっていた行動が”強い心”を遠ざけてしまっていた場合は、意識することがメンタルに良い影響を与えるのです。

ここからは”心を強くするためにしてはいけないこと5つ”をご紹介します。

 

 

1.自分から悩みを深くする

心が弱い人は、無意識に自分から悩みを深くしてしまっています。

「元々は些細な悩みだったはずが悩みすぎて抜け出せなくなってしまった」ということがあります。ネガティブな方向に深く考え出すとキリがなく、止まらなくなってしまうのです。

悩みを深くすれば、その分辛い気持ちは長引いてしまいます。

自分で自分を苦しめる必要はありません。悩みができた時は事実を受け止め、解決策を探せばいいのです。

そうすることで自分を守り、心を強くしていけます。

おすすめ記事
心が弱くなった原因を思い出して?今までと反対の行動をとってみよう!

心が弱い人の原因&特徴|弱い心・我慢弱い自分を変える方法は?

2.人に流されて自分で思考することをやめる

強くなりたいと思ったら、自分で思考することをやめてはいけません。

人の意見を聞いたり同調したりすることは、味方がいると感じて安心するものです。しかし、安心感に流されて自分の意思を失ってしまっては強い心は遠ざかってしまいます。

「人の話を聞かない」というわけではなく、常に自分で思考することが大切です。判断基準を人に任せず、自分はどう思うのか・どうしたいのかという気持ちを忘れないようにしましょう。

3.SNSで悩んでることをアピールする

悩んでいることをSNSで発信することも、心を強くするためにしてはいけないことの一つです。

SNSで共感を求めてアピールしたとき、必ずしも自分が欲しかった反応が得られるとは限りません。自信を持って書いた内容であれば、どんな意見も気にならないものですが、ネガティブな内容だと余計に辛くなってしまいます。

更に追い討ちをかけるようなリアクションが返ってくると気分が下がるものです。

誰かになぐさめてもらうことを期待するよりも、自分の心と向き合う時間が大切です。

4.自分の中に全てを抱え込む

強くなりたいなら自分の中に全てを抱え込むのはやめましょう。

メンタルが強い人というと何でも自分一人で解決できるというイメージもあるものです。しかし全てを抱え込んで消化不良になってしまっては、いつまでも心のモヤモヤが晴れません。

辛い気持ちをなかったことにしなくてもいいのです。

泣きたい時は泣いたり心が折れた原因から離れるなど、何らかの行動をとる。そうすれば、自然と気持ちはすっきりしていきます。

5.努力することを簡単に諦める

今よりもっと強くなりたい時は、努力することを簡単に諦めてはいけません。

メンタルが強い人は諦めずに続けることを大切にしています。仮にうまくいかない時があっても、たゆまぬ努力によって結果としてうまくいく場合があるからです。

努力を諦めてしまうことは、うまくいくチャンスを放棄することにもなります。

努力して失敗したら改善する。この繰り返しによって強い心と成功が手に入るのです。

 

心を強くすることで、新しい道が開ける。

「もっと強くなりたい。」そう思った瞬間から、まだ見ぬ世界への道が開き始めます。

心を強くするためにとる行動に、初めは抵抗を感じる場合もあります。でもそれは、新しい自分に生まれ変わろうとしているから。心が強くなっていく自分に慣れていないだけなのです。

心を強くすることは自分の心を大切にすることにも繋がるので、抵抗する必要はありません。

メンタルが弱い自分も全て受け止めて、前だけを見て新しい道を一歩ずつ進んでいく。そうすることで見える景色は変わっていきます。

心の弱さから行動できずにいた自分、苦しんでいた自分を変えるため。

そして、より自分らしい自分に出会うために新しい道を歩き出そう。

 

少しずつでいい。心を強くする習慣をつけよう。

心を強くするために焦らなくても大丈夫。強くなりたいという思いがあれば、少しずつ精神を鍛えられます。

大切なのは自分に合った”心を強くする方法”を習慣づけること。

努力を続けていけば、その瞬間だけではない持続的な強いメンタルが手に入ります。今後の人生において”ブレない自分”を持って生きていくために、じっくりとマイペースで心を強くしていきましょう。

本当は自分がやりたかったことや思い描いていた姿を、悩み事一つで諦めてしまうのはもったいないです。輝かしい自分の魅力を自分で封印してしまわないためにも、心を強くする習慣は欠かせません。

一歩ずつ強い心に近づく努力をしていけば、気がついた時には新しい”強い自分”がそこにいるでしょう。

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

Riri
Riri
人目を気にして生きてきた人生から、自分のために生きる人生にシフト。幸せになれるメンタリティや生き方について発信します。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする