2020.01.13

あの人とキスしたい!キスしたくなる瞬間や心理&幸せなキスする方法

気になるあの人とキスしてみたい!

気になる人ができると、好きな人ができると、とある願望が頭を占領する。

あの人とキスしてみたい。

何でこんなにもキスしたくなるのかな。キスしてる瞬間を想像するだけで、毎日がキラキラ輝くんだ。

早く付き合いたい。そして、いっぱいキスしたい。

もしキスできたとして、きっと1回じゃ足りなくて、何度でもキスしたくなる。

あの人の真っすぐな性格と、クシャって笑う顔に惹かれて、私は好きになった。

人って不思議。なんで好きになると「キスしたい」と思うのだろう。

キスするだけで、毎日を力強く生きるエネルギーが生まれる。

キスするだけで、日に日に「大好き」が更新されていく。

キスするだけで、一緒に過ごす意味が生まれる。

あの人と「キスしたい」という願望は、無数の幸せを生み出すんだ。

おすすめ記事
キスという魔法。好きな人とするキスは何でこんなに幸せなんだろう。

キスという魔法にかけられて。

 

キスするシチュエーションが分からない…

誰しも恋人や好きな人ができると「キスしたい」と思うもの。ですが、なかなかキスするシチュエーションが分からず、戸惑ってしまうことも…。

自分がキスしたいと思ったタイミングに、相手はどう思っているのか?

自分がキスしたいと思ったタイミングに、2人のムードは高まっているのか?

考え出すとどうしたらいいのか分からなくなり、結局「キスしたい願望」を抱えたままモヤモヤしてしまうのです。

「彼氏とキスしたい」「彼女とキスしたい」と思うけど、実行していいのか…。お互いにキスの経験が少なかったり、付き合い始めだったりすると、「キスの正解」が分かりません。

そこでここでは、男女がキスしたくなる瞬間や、NGなキス、効果的なキスを徹底解説していきます。

 

どんな時にキスしたくなるの?

人はどんな時にキスしたくなるのか?男女によって思考が異なるため、パートナーの性別に合わせて理解しておくことが重要です。

男性目線でのキスは、「性的な接触」「独占欲」「惚れさせたい」といった要素があります。好意を抱いていない女性にキスすることも、大好きな女性にキスすることもあるのです。

女性目線でのキスは、「心を許す」「好きでたまらない」といった精神的な意味合いが強いといえます。キスするほどに愛情が深まり、好きな男性に対してキスを重ねることが多いのです。

そのため、男性から女性にキスする時は「愛情表現としての意味」を重視して、女性から男性にキスする時は「ドキドキさせるムード」を重視することが効果的。

 

【男女別】思わずキスしたくなる瞬間

それでは具体的に、男女別に「思わずキスしたくなる瞬間」を見ていきましょう。

男女別のキスしたくなるきっかけやシチュエーションを知っていると、2人の間でキスに対する認識がすれ違う心配が軽減されます。

キスしたいけどタイミングが分からない。

今キスしていいのか分からない。

デート中にこのように感じることが多い人は特に必見です。異性のキスに対する思考を知り、お互いにキスを楽しむためのヒントを得ましょう。

1.【男性】女性と肌が触れ合っていい雰囲気になった時

男性はボディタッチなどで女性と肌が触れ合った時、その先の展開を求めて「キスしたい」と思います。いい雰囲気に身を任せて、キスしたくなるのです。

そのため、もし女性が「キスしたい」と思ったら、男性との物理的な接触を増やすことがおすすめ。いやらしくない自然なボディタッチをしましょう。

人の少ない場所や薄暗い場所など、雰囲気が良くなる場所を選ぶこともポイント。状況が整うと、男性がキスしたくなる可能性も高まります。

2.【男性】他の男性に奪われたくないと感じた時

男性は「女性の気を引くため」にキスを使います。

特に顕著なのが、他の男性に奪われたくないと感じた時。独占欲からするキスは、激しくて積極的です。

彼氏からのキスがいつもより積極的だったり、普段キスしないのにキスしてくる時、彼氏の心の状態に目を向けてみましょう。心のどこかで「嫉妬心」を抱え込んでいる可能性があります。

キスしたくなるのは嬉しいですが、彼の中の不安が強い場合は、彼女側から安心させるアプローチをすることも重要です。

3.【男性】セックスしたいと思う時

男性はキスの延長にセックスを想定しています。

キスに「性的な接触としての意味」を見出しているのです。

素直に「セックスしたい」とは伝えず、たくさんのキスでアピールすることも。2人きりの空間でキスを繰り返すのは、セックスしてほしいという意思表示です。

彼氏から強くキスを求める時は、そのまま身を任せることがおすすめ。男性はスキンシップを断られると傷つきやすいです。女性から受け入れる姿勢を見せましょう

4.【女性】甘えたい時

女性は甘えたい時、キスしたくなります。キスだけでなく、抱きしめたり、撫でたり、「可愛いね」と語りかけてもらったり…。男性からの愛情表現を求めているのです

男性はキスを「性的な意味」でも捉えると前述しました。ここで、男性が不用意にセックスを求めると、女性目線では「そういう意味じゃないのに…」と思ってしまうことも。

すぐに性的なアプローチに移さず、しっかりと愛情表現して、「女性を可愛がること」を重視しましょう。

 

5.【女性】母性本能がくすぐられた時

母性本能がくすぐられた時も、相手への無償の愛を表現する手段として、キスしたくなります。

言葉では言い表せない愛情を「キス」という手段で表現しているのです。

赤ちゃんや小さな子供にキスするのと似た心理。海外のスキンシップにおける「親愛」に近い意味を含んだキスといえます。

ここでも、女性は「性的な意味」を含んでいない可能性があるため、男性は慎重に丁寧に対応しましょう。ニッコリと笑顔で抱きしめるなど、男性からも深い愛情を表現することがポイント

6.【女性】相手が心から好きだと感じた時

女性の「キスしたい」という衝動は、最上級の愛情を示します。パートナーのことを心から好きだと感じた時、キスしたくなるのです。

キス前後の幸せそうな表情、キス自体の丁寧さ、長さや回数…。これは、愛情の深さを示しています。もちろん、大好きな気持ちを1回のキスに込めることも。

遊びの男性とキスして傷つくのも、この女性の心理が影響しています。愛情深いキスであるほど、男性との摩擦が生じた時に辛くなるのです。

 

こんなキスはいや!残念なシチュエーション

キスしたくなる瞬間であっても、様々な理由で「今はタイミングじゃない」と判断することも。キスには「キスしたい気持ち」だけでなく、シチュエーションが影響します。

残念なシチュエーションでキスしてしまうと、せっかくのキスが台無しに…。なかなかキスできない人は、こうした失敗を恐れているともいえます。

そこでここからは、「こんなキスはいや!」な残念シチュエーションを解説。2人から見て理想的なキスを叶えましょう。

1.他人の目が気になりすぎる場所

キスしたいと思った時、周囲の目も気にするべき。盲目になると他人の存在なんて気にならないこともありますが、人によって感覚は違うので、一旦ストップしましょう。

「キスしている最中の姿を見られたくない」という人は多くいます。今は誰もいないとしても、いつ人が来るか分からないと、キスに集中することはできません。

キスするタイミングは、「確実に2人きりが保証される場所」を選ぶようにしましょう。

2.ケンカの仲直りとして

カップルでケンカした時、仲直りの手段としてキスを選ぶのはNGです

キスしたとしても、ケンカの原因は無かったことにはなりません。そして、相手が求めているのは「キス」ではなく「謝罪」であることがほとんど。

誤魔化すためにキスした。怒ってるのに空気を読まずキスしてきた。

こう思われると、一見ケンカが収束したように見えても、モヤモヤが残り続けることに…。相手と向き合うためにも、仲直り目的でキスを利用しないようにしましょう。

3.初めてのキスでやたらと舌を絡めてくる

付き合ってからの初キスは、2人にとって思い出になる特別な瞬間。

「性的な意味でのキス」だけでなく、「感情重視のキス」を求められます。

初めてのキスで「やたらと舌を絡めてくる」と、望んでいたキスとは違うため引かれることに…。キスに性的な意味を求める人ほど、最初から全力でキスして、すれ違いになりがちです。

最初は相手の好みが分からないだけでなく、愛情も育ち切っていません。優しく丁寧に、相手の様子を見ながらキスしましょう。

おすすめ記事
ディープキスのタイミングって意外と難しい?ベストは◯◯なタイミング!

ディープキスのタイミング&テクニック|彼氏を虜にする上手なキスを。

4.好きか分からない時

「キスしたい」と思う背景には恋愛感情があります。中には好きでなくても、性的に魅力を感じればキスできる人も。ですが、「好きか分からない」とキスしない人がほとんど。

お互いの愛情の温度感が違う時に、衝動的にキスしてしまうと、相手が望まないキスになる可能性があります。具体的な愛情表現や「好き」の一言を確認した状態で、無理矢理にならないようキスを

恋人がマンネリしている時も、無理矢理キスすることで、気持ちが萎えるリスクを負います。

 

キスしたくなる時を見逃さないで!

キスするにはタイミングとシチュエーションが大切。相手がキスしたくなる時を見逃さないようにできると、適切なタイミングで効果的なキスができます。

自分自身の「キスしたい」という感情も、相手の「キスしたい」という感情も、両方大切なものです。

キスしてもいいのかな?

今どんな気持ちなのかな?

こうした探り合いを乗り越えると、お互いにスムーズにキスできる関係性へ発展するように。自由にキスできるとスキンシップも増え、愛情を通わせ合うきっかけがたくさん生まれます

お互いの「キスしたい」という感情をキャッチできるカップルは、幸福度も高いです。さらに一歩進んで、「お互いに幸せになれるキス」ができるとベスト。

キスはベーシックなスキンシップだからこそ、お互いの愛を育むために欠かせません。

 

おすすめ記事
こんなキスであなたも恋人を夢中にさせてみよう!

【キスの仕方】恋人が「もう一度…」とせがむ、極上キスのやり方!

 

お互いが幸せなキスする方法

キスする時は、「お互いが幸せになれるキス」になることが大切。キスは精神に与える効果が強く、カップル間の満足度をグンと高めてくれます

また、キスしていいのか不安に感じる人も、「お互いが幸せになれるキス」を知っておくと、安心してキスに挑めるように。

ここからは、どんな方法のキスがお互いを幸せにするのか、ポイントをご紹介していきます。大好きな人とするキスだからこそ、2人の仲を深める最高なものにしましょう。

1.自分の気持ちだけで動かない

自分の「キスしたい」という気持ちを優先しすぎると、相手の気持ちとの温度差が生まれがち。すぐにキスしたり、キスの回数が多かったり、激しすぎると、自分主体だと思われます。

相手の様子に気を配りながら、慎重に丁寧にキスしましょう。ちょっとでもためらいを感じたら、引いたり待ったりすることも必要。

相手から動いてくれた時は、それに応えるようにリアクションするとベター。お互いの気持ちを尊重するキスに繋がります。

2.時には優しく・時には激しく

毎回同じようなキスを繰り返したり、1回のキスの中でメリハリが無いと、段々と「慣れ」に繋がってしまいます。スキンシップは単調ではない方がドキドキするもの。

そこで、時には優しく、時には激しく、キスにメリハリをつけるようにしましょう。

ロマンチックなムードな時は優しいキスを。お互いの気分が高ぶっている時は、激しいキスをするなどの使い分けができると素敵。また、1回のキスの中でメリハリがつくと、飽きさせることがありません。

3.中途半端な知識だけに頼らない

様々なキスのテクニックに関する情報がありますが、確実に異性が喜ぶものかどうか、慎重に見極めましょう

人によってスキンシップの好みや許容範囲が異なります。価値観次第で受け取り方が変わるキスの方法は、実践しない方が安全です。

パートナーに求められた場合を除き、一般的ではないテクニックは避けるようにしましょう。逆に、確実に相手が嬉しく感じるテクニックを応用する方が、寄り添ったキスになります。

4.彼氏とキスしたい!と可愛く甘える

彼氏側は「キスしたい」と思っても、基本的に我慢していることが多め。女性より男性の方が性欲が強いケースも多く、不快な思いにさせないよう、衝動を抑えているのです。

そのため、女性側から彼氏に「キスしたい!」と伝えることができると、男性目線では大助かり。女性から求めるのが恥ずかしいなら、可愛く甘えるように伝えればOKです。

彼氏がキスしたい衝動を抑え込むことがないよう、女性からも気配りできるとオープンなスキンシップが成立します。

 

こんなキスしたい!「キュンとする瞬間」

「お互いに幸せになるキス」の次は、次のステップの「キュンとする瞬間に繋がるキス」も見ていきましょう。

キスは大きく心を揺さぶる効果があります。残念なシチュエーションでは気分が萎えてしまいますが、これはキスの与える心理効果が大きいからです

ただキスするだけでなく、一工夫加えるだけでキスした時のドキドキを高めることが可能。これからご紹介する方法を実践して、パートナーの心に残るキスにしてみましょう。

1.キスした後に幸せそうな表情を見せる

キスは「終わってから」のアプローチが重要。最後の印象が良いと、後々何度も思い出すことになります。

そこで、キスした後に幸せそうな表情を見せましょう。

穏やかな表情で微笑み、じっと見つめ合うと、相手に深い愛情が伝わります。

また、この状態で「好きだよ」などの愛の言葉を告げると、相手の心にダイレクトに響く効果も。キスしている最中も大切ですが、終わったタイミングでも精一杯愛情を注ぐことがポイントです。

 

2.一度軽くキスした後にもう一度キスする

キスを二段階にしてみましょう。

最初は軽いキスを「チュッ」として、その後にもう一度キスを重ねると、愛しさ溢れるキスになります。

急なキスに抵抗を感じる相手なら、段階的にキスすれば無理させるリスクが軽減できる効果も。この場合、何度もキスを重ねすぎないよう、少し物足りないくらいにしましょう。

また、1回目のキスの際に少し見つめ合うタイミングを作ると、より感情が伝わって、キュンとする可能性は高まります。

3.キスした後にギュッと抱きしめる

キスした後には相手をギュッと抱きしめて、2人で「愛しい気持ち」を共有しましょう。

キスしている時は、口元や顔回りに神経が集中しています。でも、気持ちは高ぶっているし、胸がドキドキしたり、身体が熱くなることだってある…。

だからこそ、キスだけでスキンシップを終わらせず、抱きしめて身体でスキンシップを取ると、キスの効果が高まります。相手の体温を実感するくらい、丁寧にじっくり抱きしめましょう

 

キスする方法や相手の心理を知って、幸せなキスをしよう。

大好きな人とのキスはかけがえのないもので、キスするたびに気持ちが高まります。

そして、ただ雰囲気でキスするだけでなく、キスする方法や相手の心理を知って実践することが、何より大切です。ちょっとした工夫の積み重ねで、お互いがキスによって幸せな気持ちに。

キスの経験が少なかったり、自信が持てないと、「キスのテクニック」や「上手かどうか」が気になることもあります。

でも、キスに最も必要なのは「愛情」です。

恋人とのキスは、言葉では伝えきれない「愛情表現をする手段」といえます。

「ドキドキさせたい」「キスで惚れさせたい」と思うと、感情的な部分を見落として空回りしがち。キスをコミュニケーションの延長として捉え、相手の気持ちに目を向けましょう。

 

どんなキスも、好きな人となら幸せ。

キスする時って色んな考えが頭を過る。

最初は「好きな人とキスしたい」というシンプルな願望。

それが、「私のキスってどうなのかな?」「私ってキス下手じゃないかな?」という不安に変わっていくんだ。

キスするのって、嬉しいけどどこか怖い。私の全てを曝け出すから、傷つきたくないと思っちゃう。

でも、こうした思考を持っているうちは「自分がどう思うか」や「自分がどう思われるか」しか考えられていない。

本当に目を向けるべきは、あなたがどんな気持ちでキスしているか。

見落としていたけど、「好きだからキスしたい」という前提があるはず。

だから私からも、あなたに精一杯の愛情が届くようにキスしよう。言葉では伝えきれない愛情をたっぷり注ごう。

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

岡 あい
岡 あい
言葉と音楽をこよなく愛するライター。「生きる意味」や「人生とは何なのか」を、今日も考えています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする