2020.01.11

彼氏を好きかわからないなら別れるべき?恋愛感情診断で「本音」を知ろう

彼氏が好きかわからない。

この人とだったらきっと幸せになれる。この人と素敵な恋愛をしたい。

そう思って付き合ったはずだった。でも今、彼氏が好きかわからない。

彼氏は私のこと、誰よりも大切にしてくれる人。愛してくれる人。

「愛さなきゃいけない」と思うのに、好きかわからないんだ。

これって彼氏に対して失礼な感情?

好きかわからないまま付き合うのはダメ?

すぐに「別れる」という結論が出せないのはなぜだろう…。

私の中にまだ迷いがある。

「好きか嫌いか」という選択肢の裏に、「本当は好きになりたい」という気持ちがある。

焦って結論を出せば、後悔する結末に繋がる気がするんだ。

だけど、好きかわからない彼と付き合い続けると、罪悪感を伴うことにもなる。

私はどうすればいい?どうやって結論を出せばいい?

 

このまま付き合う?それとも別れた方がいいの?

彼氏のことを好きかわからないと、「このまま付き合う」か「別れた方がいい」かで悩みます

彼氏から一途な愛情を向けられれば、それに答えられない自分が嫌になることも。好きかわからない相手に愛想良く振る舞うと、騙しているような罪悪感すら感じるのです。

この罪悪感に負けて「好きかわからないから別れる」という結論に至っても、別れてから愛情に気付いて、後悔するリスクがあります。

別れてから後悔しては遅いです。幸せは近づくほどに見えなくなるもの。

今好きかわからないとしても、それが本心かどうか慎重に見極める必要があります。

好きかわからない時、判断する基準すらないから悩むように…。そこでここでは、好きかどうか見極めるための、判断項目を解説していきます。

おすすめ記事
彼氏と別れたいと感じる女性へ。せっかく好きになったのだから…

別れたいのきっかけは?別れる理由と原因9つ|彼氏と長続きさせる方法

 

【恋愛感情診断】好きか嫌いか本音チェック!

ここからご紹介していく13項目について、自身がいくつ該当するかカウントしましょう。当てはまる個数別に、彼氏のことを好きか嫌いか、恋愛感情診断をしていきます。

恋愛感情はとても複雑なので「好きかわからない」という感情の中には、無数の考えが眠っているもの。

「冷めた」という気持ちだけでなく、「思い出」「情」などが混ざり合って「ためらい」が生まれています

頭の中が混乱して客観的に考えられない時、恋愛感情診断を活用してみましょう。

1.一緒にいてドキドキしない

「彼氏と一緒にいてドキドキしない」のは、彼氏に対する好奇心や新鮮味が薄れたサイン。付き合っていればいずれ訪れるものともいえます。

ドキドキしなくなった時期は、2人の関係性が冷静に見えるように。前まで気にならなかった欠点や、合わないポイントに気付き、「好きかわからない」と感じるのです。

ところが、それと同時に長所や好きな所にも目が行かなくなる時期なので、すぐに「ドキドキしない=好きじゃない」と判断するのは禁物。

2.価値観が違うと感じることが多い

付き合ってみないと、お互いの価値観は分かりません。身近な存在になって、一緒に居る時間が長くなるほどに、彼との「価値観の違い」が浮き彫りになってしまうことも。

恋愛を長く続けるうえで、価値観の問題は大切です。価値観が原因のすれ違いが増えると、「好きかわからない」と感じるようになります。

ですが、必ずしも価値観を一致させる必要はありません。

大切なのは、「お互いの価値観を尊重する姿勢があるかどうか」です。

3.彼氏との将来を考えられない

将来を見据えた真面目な恋愛をしていると、シビアな目で見ることになります。

「結婚願望があるか」「経済力があるか」「浪費癖がないか」「家族思いな性格か」など、パートナーとしての素質に疑問を持つと、彼氏との将来を考えられなくなるのです

将来が見えない恋愛は、モチベーションも無くなります。「付き合う意味あるのかな?」という思考はやがて、「好きかわからない」という感覚に…。

将来の描けない相手と付き合って傷つくことを、懸念しているといえます

4.彼氏より魅力を感じる男性がいる

好きとまでは言わないけど、彼氏よりも魅力的な男性がいて、気持ちが揺らいでいる…。そんな時、意識は新しい男性に向き、彼氏のことを好きかわからない状態になります。

新しい男性とは確実に付き合えそうなのか。彼氏と別れて後悔しないか。

「新しいから良く見える」状態になっていないか。

今一度深く考えてみましょう。

恋愛において「乗り換え」は頻繁に起こること。そして、乗り換えてみてから「別れなけばよかった」と後悔することも、少なくありません。

 

5.彼氏と一緒にいるより一人でいる方が楽

彼氏と一緒にいる時に、相手に無理に合わせたり、我慢していることが多いと、「一人でいる方が楽」という感覚になります。

「無理」や「我慢」無しで続く関係性でないと、恋愛は長続きしません。自分の考え方や行動を変えて改善しないなら、2人での話し合いが必要といえます。

また、もともと「一人が好き」という価値観の場合、彼と会う頻度やデートの内容を工夫して、しばらく自分に合わせてもらうこともおすすめ。

どうしたら楽に関わることができるのか、模索してみましょう。

6.彼氏の尊敬できる部分がない

恋愛するうえで、相手を「尊敬」することはとても大切。彼氏に対して尊敬できる部分がないと、好きかわからない状態になります。

尊敬できない相手と付き合っていると、欠点ばかりに目が行くもの。相手のために合わせたり補ったりするばかりで、偏った関係性になって、疲れやすい恋愛関係が生まれるのです。

優しい・誠実・努力家・倹約家・勇気がある・ユニーク・賢い。

こういった「この人は凄い!」と思える側面があると、欠点があっても気にならなくなります。

7.彼氏の束縛や嫉妬でうんざりしている

彼氏からの束縛や嫉妬は、恋愛感情が高まっている時であれば「嬉しい」と感じられます。ですが、ある程度落ち着いて冷静になってくると「鬱陶しい」と感じる原因に。

そもそも、束縛や嫉妬の裏には「彼女が裏切る」という疑いが隠れています。制限されている側は、いわば何もしていないのに疑われ、コントロールされている状態。

この男性側の意図に気付いた時、「好きかわからない」と思ってしまうのです。独占欲はほどほどの方が、相手にストレスを与えません。

8.彼氏に恋愛感情が湧かない

そもそも彼氏に恋愛感情が湧かない。前みたいに「愛しい」と思えない。そんな時、「好きかどうかわからない」と感じるように…。

恋愛感情は気分屋で、波があります。

倦怠期を越えたら復活することもあれば、そのままずっと恋愛感情が戻らないこともあるのです。

彼氏への恋愛感情が冷めたなら、まずは復活させるための工夫を重ねることがおすすめ。「色々試してダメだった」と実感して納得しないと、別れた後に後悔するリスクが高いといえます

9.休日に彼氏と一緒にいるのが苦痛

彼氏と過ごした後、「楽しかったから明日からの仕事も頑張れる!」と感じていたはずが、「貴重な休日を使って疲れたな…」と感じるようになると危険信号。

本来恋人と過ごす時間は「癒し」や「気分転換」になります。

それが「義務」や「労働」になると、会うたびに自分をすり減らしてしまうのです。

これは、彼の前で何かしらの無理を重ねていることが原因。素の自分が出せない関係性だと、人は常に自分を演じ続けて辛くなります

10.彼氏と別れる理由を探している

「別れたい」という感情が湧いた後に、「別れる理由」を探している。この状態では、どんな思考も「別れること」に行きついてしまいます

考えれば考えるほどに「やっぱり別れた方がいい」という結論に。頭の中では「別れ」の言葉が占領していて、「本当に別れていいのか」を考え切れていません。

「次に付き合う候補が既にいる」「彼氏が生理的に無理になった」「彼氏に幻滅する出来事があった」など、付き合いを揺るがす大きな出来事が根本に考えられます。

 

【0~3個】彼氏に恋愛感情を持つ安心レベル

当てはまる項目が0~3個だったなら、安心レベル。彼氏に対する恋愛感情はあります。

「好きかわからない」と感じてしまう時は、彼への愛情を確認するために、普段と違ったデートを楽しんでみるのもおすすめ。慣れてくると時に、愛情が分からなくなってしまうものです

ふとした瞬間に「やっぱり付き合って良かったな」と思えれば、好きかわからない時期を突破できます。彼の魅力を再認識できるまで、焦らずじっくり過ごしてみましょう。

【4~7個】彼氏を好きかどうか分からない。不安レベル

当てはまる項目が4~7個だったなら、不安レベル。彼氏を好きかどうかわからない、「恋愛感情が薄れている状態」といえます。

この状態は「マンネリ」や「倦怠期」に突入していることが考えられるため、マンネリ脱却に向けた取り組みを重ねることがおすすめです。

自分の中での「好きか嫌いか」思考にだけ留めず、2人の問題として向き合うことが大切。マンネリの原因と向き合い、好きかわからない状況を突破する取り組みを重ねましょう。

おすすめ記事
彼氏とマンネリ感じてない?恋愛感情が薄くなった時に試してみて!

マンネリ解消したい。改善する?それとも別れる?カップルの倦怠期解消法

【8~10個】別れを意識してる?危険レベル

当てはまる項目が8~10個だったなら、危険レベル。別れを意識していて、付き合い続けることが難しいくらいに、気持ちが揺らいでいます。

「好きかわからない」を通り越して「彼氏への気持ちが冷めた」という状態。ですが、本当に別れると後悔する可能性もあるので、慎重に考える必要があります。

付き合い当初の気持ちを振り返ったり、特別なデートや日帰り旅行をしてみたり、彼と納得するまで話し合ったり…。気持ちを取り戻す努力をしてから、結論を出しましょう

おすすめ記事
彼氏への気持ちはゼロ?恋愛感情を取り戻したい時にしてほしいこと。

「彼氏への気持ちが冷めた。」彼に冷めた気持ちを取り戻す9つのヒント

 

好きかわからない時にしてはいけないこと

好きかわからない時、急な行動を取ったり、彼氏への思いやりを失うと、取り返しの付かない事態に陥る可能性があります。後々「やっぱり好き」と気付いた時には手遅れになる場合も…。

好きかわからないとはいえ、一度は「好き」だと思って付き合った相手。自分の感情に飲まれて、彼氏に辛い思いをさせないようにしましょう

ここからは、好きかわからない時にしてはいけないことのご紹介。望まない未来を迎えないためにも、次の4つのポイントに気を付けてみましょう。

1.すぐ別れを切り出す

好きかわからないと、彼氏からの愛情が重たく感じたり、恋愛の価値が見いだせなくなります。でも、すぐに別れを切り出すのはストップしましょう。

「本当に別れるべきか」を自分の中で振り返る期間と、彼氏と話し合って2人で納得するまで意見交換する期間が必要です。

今まで愛情を注いでくれた彼氏は、急に別れを告げられれば、心に深い傷を負います。「もう女性なんて信じられない」と、女性不信になることも。

「別れる」ことが相手に与える影響は深刻なのです。

2.急に態度を変える

好きかわからないと、自分に嘘をついているような感覚になることも。

ですが、「無理に愛情表現したくない」「無理に愛想良く振る舞いたくない」と感じて、急に態度を変えてしまうと、彼氏は裏切られた気持ちになります。

仮に後で「やっぱり好き」となったとしても、彼氏は「急に態度が変わった」という事実を覚えているもの。

結局は不安を感じながら付き合うことに…。

相手にトラウマを残さないためにも、急に態度を変えないようにしましょう。

3.彼氏を傷つけることをする

好きかわからないと、相手を「大切にしたい」という感情が薄れます。さらに、慣れた仲だからこそ、他人だったら言わない発言もできてしまう。これにより、不用意に傷つけるリスクがあります。

近づかないで。くっつきたくない。今好きじゃないから。会いたくない気分。

こうした自分からすると「本心」ともいえる意思表示は、相手の心に深く突き刺さるのでNG。言い回しや伝え方には細心の注意を払い、「彼氏の立場だったらどう思うか」を基準に対応しましょう。

 

4.話し合わずに勝手に決断する

好きかわからないと、「別れるかどうか」を考えるようになります。もし別れを視野に入れたり、距離を置きたいと思った時、一人で全てを決めてしまうのはNGです。

2人で作り上げてきた恋愛の問題は、2人で向き合って解決していくべき。話し合ったうえで結論を出しましょう

また、一人で考えるよりも、2人で考えた方が視野が広がります。相手の気持ちを知ることで、新しい感情が湧くことも。「解決」を見越した時、2人で話し合うことには様々なメリットがあるのです。

 

長く付き合うと彼氏への恋愛感情は薄くなるの?

長く付き合うと「ドキドキ」などの、初期にはあった恋愛感情が薄れてきたように感じられます。

確かに、だんだんと「好奇心」や「新鮮味」は無くなっていくもの。でも、それと同時に「安心感」や「信頼」が芽生えていきます。

「好奇心」や「新鮮味」はいわゆる恋心。「安心感」や「信頼」はいわゆる愛情。

恋愛は恋心と愛情の両方を指し示す言葉で、どちらも2人の恋愛感情があってこそ生まれる大切な感情です。

恋心が薄れたとしても、恋愛感情が薄れたわけではありません。ドキドキ感とは違う、落ち着いた愛情へとシフトしているだけ。これは家族になるために必要な感情です。

好きかわからないなら、付き合い当初との比較だけでなく、付き合ってから生まれた感情にも目を向けましょう

 

恋愛感情を取り戻すためにしたい3つのこと

好きかわからないと、彼氏に対して「愛情を抱いているかどうか」すら分からなくなることも。また、恋心を重視する女性もいます。

ここからは、恋愛感情を取り戻すためにしたい3つのことのご紹介です。

考えがまとまらない場合も、まずは解決に向けた行動を始めることが大切。行動するうちに、自分の本音や恋愛感情が見えてきて、心が揺れ動く瞬間が生まれるきっかけになります。

彼氏にとっても自分にとっても納得できる結末になるよう、これからご紹介する方法を試してみましょう。

1.彼氏ときちんと向き合う

好きかわからないとしても、彼氏ときちんと向き合いましょう。

彼氏はこの恋愛に対してどんな感情を抱いていて、どんな将来を思い描いているのか…。自分の気持ちだけでなく、彼氏の気持ちにも同じくらい目を向けることが重要です。

自分の中の「好きか嫌いか」という感情に注目しているうちは、彼氏の感情が尊重されていません。恋愛は2人で築き上げていくもの。2人の問題として、一緒に話し合って彼の考えに耳を傾けましょう。

2.彼氏のいい所に目を向けて褒める

好きかわからないと、彼氏の欠点ばかり気付いてしまいがち。ですが、意識的に彼氏のいい所に目を向けて、褒めるようにしましょう。

褒めているうちに、2人の関係性が温かくなったり、自分の中に愛着が芽生えます。褒められた彼氏が、同じように彼女の長所を見つけて褒める可能性も。

付き合い当初は相手の良いところに気付けるものです。いつの間にか忘れている「彼氏の魅力」がないか、今一度振り返ってみましょう

3.自分に悪い部分があれば直す

最近彼氏が優しくない。前みたいにラブラブな雰囲気にならない。こうした場合、彼氏だけでなく自分の言動も振り返ることが大切です。

彼氏としっかりコミュニケーションを取れていたか?

慣れとともに配慮を忘れていないか?

彼の価値観を尊重できていたか?

ちょっとしたすれ違いの結果、今の煮え切らない関係性が作られている可能性があります。

そして、自分に悪い部分があれば直して、彼との信頼関係を再構築する姿勢を見せましょう。

 

「彼氏好きなのか分からない。」なら素直になろう

好きかどうか分からない時、自分の中で考え続けても、2人が納得できる答えに行き着くことは難しくなります。

大切なのは、素直な気持ちで彼氏と向き合ってみること。

2人で作り上げた恋愛を、1人で導き出した考えで終わらせると、今までの彼氏の愛情が水の泡になります。

なぜ「好きかわからない」と思ったのか。きっかけがあれば、傷つけない形で彼に伝えてみましょう。

「もう一度恋愛感情を取り戻したい」という前向きな意思を彼氏に伝え、2人で取り組んでみることも重要です。

恋愛感情に永遠はありません。常に変化し続けて、浮き沈みがあって、時には見失ってしまう。

でもこれは、「恋心」が「愛情」へと変化した兆候でもあります

 

別れを急がず、お互い本音で向き合って!

好きかわからない状況になって、彼氏を騙しているような気分を味わっていた。

好きか嫌いかハッキリさせないと。

偽って愛想良く振る舞うくらいなら、いっそ別れた方がいいんじゃないか。

そんな思考に至って、「誠意を見せるために別れよう」なんて思ってすらいたんだ。

でも、好きかわからないからといって、2人の絆が完全に消えることはない。

好きかわからないとしても、今まで愛して寄り添ってくれた、大切な彼氏であることは変わらない。

私のことを誰よりも理解してくれて、癒しを与えてくれて、支えてくれる存在。

今度は私があなたと向き合う番なのかもしれない

傷つけないように、でも嘘はつかないように、勇気を出して本音を伝えてみよう。

2人のかけがえのない未来のために。

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

岡 あい
岡 あい
言葉と音楽をこよなく愛するライター。「生きる意味」や「人生とは何なのか」を、今日も考えています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする