2020.01.10

難易度高すぎて人生ハードモード。自分の特徴と弱点を知って抜け出す方法

人生ハードモードすぎる…

人生って生まれた時点で既に不平等。

愛のある家庭で育ちたかった。

賢い頭脳が欲しかった。

健康な心と体でいたかった。

美しくに生まれたかった。

スタート地点から、私の人生ハードモードすぎるんだ。

愛情を知らないと人間関係が上手く築けなくて、人生ハードモードになる。

賢くないから騙されたり希望の進路に進めなくて、人生ハードモードになる。

望んでないのに病気を患って、人生ハードモードになる。

見た目の差別がはびこっているから、人生ハードモードになる。

言い訳したいんじゃない。私なりに頑張ってるつもり。でもさ、なんで私はこんなにも欠けた人間なの?

運命が味方してくれたことはない。生きることの難易度が高すぎる。

人生ハードモードだけど、幸せになることなんてできるの?

 

ハードモードの意味とは?

「人生ハードモード」とはどんな意味なのか?これはゲームの用語から生まれた造語です。

ゲームをプレイする時、難易度の高いハードモードと、難易度の低いイージーモードがあります。ハードモードに設定すると、最初からプレイが困難に設定されているもの。

ハードモードに設定されたゲームのように、生まれ持って困難な条件が揃っている人生のことを「人生ハードモード」といいます。

人生をゲームに例える言い回しには、皮肉な意味も込められており、「苦しい人生」をどこか客観視しているのです。

どれだけ頑張っても報われない人生。それはまるで、頑張ってもクリアできない設定のゲームのよう

人生ハードモードだと、「不公平」「自分ばかり災難」「無価値」といった感覚を味わいます。

 

「人生ハードモード」7つの特徴

「人生ハードモード」と感じる時、自分自身の努力ではどうしようもない「障害」にぶつかっています

助けてくれる人がいない、逃げ道の無い、一方的に難易度の高い問題を叩きつけられる人生。解決手段が見つけ出せないと、人生ハードモードと認識するのです。

では、いったいどんな問題が人生ハードモードと思わせるのか?どんな要素が人生の難易度を上げてしまうのか?

「人生ハードモード」の7つの特徴をチェックしてみましょう。

1.家庭環境に恵まれない

生まれる家庭環境を選ぶことはできません。最初は幸せな家族でも、ふとした拍子にバランスが崩れて、絆が引き裂かれてしまうことだってあります。

心理学的に見ても、育つ環境は性格の基盤を作るために重要とされているのです。

心の拠り所がある人は何事にも挑戦でき、自分が愛されるべき人間だと自覚すれば、心地良い人間関係を築くことができます。

家庭環境に恵まれないと、基盤が崩れてしまうため、あらゆる面で苦労して人生ハードモードに。

2.借金など金銭的に余裕がない

金銭的な余裕がある人とない人では、精神的なストレスが変わります。お金があれば、何か起きても生活を守れるもの。お金があるだけで余裕が生まれ、日常のストレスが軽減されます。

借金など、金銭的な苦労が絶えないと、日常がストレスに埋もれて人生ハードモードに。気が付くと「お金を稼ぐための人生」になっていることも…

家庭の都合で負った借金や、騙されて負った借金だと、「人生ハードモード」という感覚はさらに根強くなります。

3.学力が低い

学校生活の中では「学力ありき」で評価をされます。

自分が何位なのか、自分の相対評価は5段階のうちどれなのか…。

具体的な数値を出し、優劣を決められてしまうのです。

評価が低ければ「学力が低い」と分類されることに。でも、中にはどれだけ頑張っても学力が上がらない人がいるのです

実際のところ、学力が低いとしても活躍できる場はたくさんあります。ところが、学力ありきの環境にいると自己嫌悪に陥り、「自分の人生ハードモード」に感じてしまうのです。

4.容姿に恵まれない

容姿は生まれ持っての要素が強く、「人生ハードモード」と感じる要因になります。容姿が全てではないと分かっていても、差別や偏って評価される場面に出くわすと傷つくもの

自分の意志で決められない事柄で劣等感を感じると、人は人生ハードモードだと認識します。容姿に恵まれた人を見ると「なんであの人だけ人生イージーモードなの…」と嫉妬することも。

「容姿が全て」という価値観の環境や人間関係と対面するほどに、この概念は深く刻まれてしまうのです。

5.病気になった

病気になって苦しみ、たくさんのことを諦めるうちに、不平等な人生を恨むようになります。

病気を持つと、当たり前と言われていることすら高難易度に。

人並に充実していた人生のはずが病気になり、「人生ハードモード」に変わってしまうことも。

人は一定の割合で病気になります。改善方法はあれど、抗うことのできない病気も。

そして、一見健康に見えてしまう人は、周囲の理解を得られにくいからこそ、さらに深く悩んでしまいます。

 

6.絶望的に理想の人生とは程遠い

誰しも「理想の人生」を思い描いているもの。世間や家族から言われた「理想」を、必死に追い求めている人は数多くいます。

でも、こうした理想とは程遠い、絶望的な人生を歩んでいくことも…。理想と現実のギャップに苦しむたびに「人生ハードモードすぎる」「もう理想を叶えるなんて無理じゃない?」と感じてしまいます。

理想の人生を決めるほど、人生ハードモードに…。

理想や固定概念が人生の難易度を引き上げたり、些細な幸せすら得られない絶望的な環境にいるケースが考えられます。

7.多大な努力が一切報われない

「努力は裏切らない」という言葉を信じて、多大な努力を重ねてきた。

でも、せっかくの努力が一切報われない。

そうなった時、信念すら揺らいで一気に人生ハードモードになります。

「努力したって報われない」「努力する意味はない」と感じると、さらに人生ハードモードに傾く、負のスパイラルへ…。一度この思考に陥ると危険です。

リスクを取らないと成功は掴み取れません。でも、努力が必ず報われる保証はありません。期待すればするほど、結果に裏切られてしまうのです

おすすめ記事
人生詰んだと感じてる?自分次第で変われることができるんだ。

「人生詰んだわ…」人生詰んでると感じた人に伝えたい13のこと

 

難易度高すぎ。人生イージーモードで生き直したい。

人生の難易度が高すぎると、人生ハードモードすぎると、生まれ持って恵まれた人を羨ましく感じます。そして、嫉妬してる自分に自己嫌悪すら覚えるように…。

この感情の根本には「人生イージーモードに生まれていれば」という願望が隠れています。

人生は平等ではありません。どれだけ願っても生まれた環境は変えられません。人生ハードモードに生まれた人にできるのは、「難易度を下げる努力」をすること。

生まれ持った環境は変えられないけど、後から人生を変えることは可能です。

辛い事ばかりで人生を終えたくない。

人生ハードモードでも幸せになりたい。

こうした願望を「現状打破する力」に変えて、自分の力で人生を変えてしまいましょう。

おすすめ記事
結局のところ、人間関係で辛いと人生ハードモードだと感じるんだよね

人と関わりながら生きていくこと。思いやりの大切さ。

 

人生ハードモード。難易度を下げるための方法

自分は人生ハードモードに生まれた。

でも、人生ハードモードのまま終わらせたくない。

そう感じる人に向けて、人生ハードモードから難易度を下げるための方法をご紹介していきます。

人生ハードモードな人は、そもそも「人生を変えるヒントを知る機会」すら得られないケースが多いです。

生きる術や困難を乗り越える術を、何もない所から学ぶことは困難。人生ハードモードになるのは、「上手な生き方を教えてもらえない環境的な要因」も大きいのです。

1.弱点を補う努力をする

人生ハードモードな中で感じた自分の「弱点」に目を向けてみましょう。

  • 人と関わるのが苦手なら、心理学や交渉術を学んで理論的にコミュニケーションを進める。
  • 容姿にコンプレックスがあるなら、容姿で評価されない分野を伸ばす。
  • 強調性が無いなら、個人的なパフォーマンスを上げる。

弱点は「強味」で補うことができればOK。自分の強味が活かせる環境を選べば、弱点ばかりに目を向けずに済みます。弱点を緩和して、人生ハードモードからイージーモードに近づけましょう。

2.環境を変えてみる

環境を変えることで、人生ハードモードから一気にイージーモードになるケースがあります。

自分の特性に合っていない環境で頑張っても、満足いく成果は出ません。ある環境で評価される事柄も、別の環境に移れば批判の対象にすらなります。

環境が原因で人生ハードモードになるなら、環境ごと変えてしまえばいい。

自分にとことん優しい環境へ逃げればいい。

自分に合っていない環境で頑張って、自ら人生ハードモードになる必要はありません。

 

おすすめ記事
人生逃げることだって大事なんだ。人生全部戦わなくてもいいんだよ。

人生、逃げるが勝ち!逃げ続ける人生で何が悪い。逃げるべき7つの場面

3.自分の弱点を受け入れ長所を伸ばす

「苦手意識」「自己否定」「自己嫌悪」などといった感覚は、パフォーマンスを著しく下げます。

自分に自信を持っている人ほど、同じ環境下でも活躍できるのです。そして、自信があるかどうかに「弱点の有無」は関連しません。

弱点のある自分がダメだと思うと、人生ハードモードになるのです。弱点を否定したり拒絶せず、自分の一部として優しく受け入れましょう。

そして、弱点を直すより、長所を伸ばす生き方を重視すると、生きることが楽になります。

 

努力は難易度を変えてくれるから。一步進もう。

人生ハードモードだから何をやっても無理。

そう思うほどに、自分の可能性すら殺していたのかもしれない

辛い現実は変えられない。傷ついた自分は確かにここにいる。

そして、「心から変わりたい」と思っている自分がいるのも事実。

人生ハードモードに生まれた私が、少しでも幸せに近づくには、努力して難易度を変える必要がある。

辛い人生で苦労を重ねるくらいなら、その苦労を努力に変換してしまおう。

辛いことのためではなく、将来の自分のために労力を費やそう。

一瞬でもイージーモードに傾くことができれば、その後の人生が大きく変わっていく。

失敗してもいい。カッコ悪くてもいい。まずは一歩踏み出そう。

もう運命なんて信じない。自分の可能性だけを信じて、着実に前に進んでいくから。

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

岡 あい
岡 あい
言葉と音楽をこよなく愛するライター。「生きる意味」や「人生とは何なのか」を、今日も考えています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする