2020.01.06

御局様とは?職場にいるお局の特徴|対策を立てて上手く関わろう!

職場によくいるお局!

職場に昔からいるお局先輩は、とても仕事ができる人だ。自分に厳しく、仕事に誠実で、周囲からとても愛されている。落ち込んでいるのは、いつも注意を受ける私くらい。

同期と久しぶりに集まった時、お局先輩の話題になった。

「御局様には気をつけようね。もし嫌われちゃったら、職場にも居づらくなるって言うし…。」

出てくるのは悪口ばかりで、私も日頃の鬱憤を晴らすように、お局の悪口を言ってしまう。頭ではわかってる。お局は仕事ができるだけで、悪い人ではないことを…。

「御局様」というワード自体が中傷的な響きで、影でそう呼ばれるのは誰しも避けたい。

それでも私もいつかは、御局様と呼ばれてしまうのかな?

 

御局様・お局の意味とは?

御局様という言葉は、「職場での経験が豊富で、他の女性をまとめる立場にある女性」と定義されています。

尊敬できる女性の先輩を「御局様」と形容してもいいのですが、世間一般的にはネガティブな意味で遣われます。

その原因の一つは大河ドラマ。お局という名称は、大奥における女官を指しました。ドラマなどでお局は、刺々しく攻撃的な性格として描かれることが多く、1989年放送の「春日局」放送時、お局は流行語になるほど広く認知されました。

また、女性の社会進出が広まっていない時代、家に入らず外で働き続く女性に対して悪い印象を持つ人が多く、中傷する目的で御局様という言葉が生まれたという説も…。

意地悪な女性の先輩をお局だと思っている人は、本来の意味とは違うことを知っておきましょう。

 

職場にいるお局の特徴!

女性もキャリアを築くのが当たり前となった今、お局はあらゆる場所にいる身近な存在です。

一匹狼で誰も寄せつけないようなクールなお局、上司の前以外では態度が180度変わってしまうお局など、さまざまな性格の人がいるでしょう。

ここからは、職場にいるお局の特徴と心理をご紹介します。自分の職場に今お局がいるという場合、ぜひチェックしてみてください。

1.マウンティングする

お局は、キャリアを築いていくなかで培った自信を持っています。そのため、悪気なく放った意識の高いひと言が、マウンティングだと思われることも…。

お局が後輩を指導する際、「私が○年目の時はもっと大変だったけどね。」と言うと、後輩はマウンティングされたと感じてしまうでしょう。お局はこれまでたくさんの苦難を乗り越えてきたので、大変なのは当たり前という前提で話しただけです。

これは、悲しいすれ違いの一つ。ジェネレーションギャップが背景にある可能性もあるので、お局にも悪気はないと知りましょう。

 

おすすめ記事
そもそもマウンティングって?どんな女性がマウンティングするの?

マウンティングの意味&特徴!マウンティング女子あるある&対処法

2.少し嫌味っぽい

仕事ができる優秀なお局は、ミスを連発する後輩社員に対し、嫌味を言ってしまうことがあります。それはお局が、日頃自分がしないようなミスを理解できないから。

「普通はもっと注意を払って確認しておくはず。こんなミスありえない。」

お局は、口うるさく注意したい気持ちを普段は押し殺しています。それでも堪えきれなくなって、たまに嫌味としてこぼれるのです。

誰しも嫌味な役は引き受けたくないもの。お局は、その人のことを思ってつい注意してしまう、見方を変えれば面倒見の良い一面を持っているということです。

3.先輩風を吹かせている

お局は真面目な人も多く、私が後輩を指導しなければという責任感をもっています。それが先輩面ととられてしまう場合もあり、お局の愛あるお叱りに身構える後輩たちも多いのです。

お局は自らが理想の姿でいようとするため、威厳ある態度や言動をとることがあります。そのため、意識が高い人、気が強い人と誤解されてしまうことも

4.可愛い新人女性が嫌い

出来る女子でもあるお局は職場で人気者なので、新人社員がチヤホヤされるのを見て嫉妬してしまうときがあります。

実力勝負の世界で結果を求められるお局は、無条件で認められている人たちを見るとモヤモヤしてしまうのです。これはお局に限らず、誰もが当たり前のように抱く感情でしょう。

また、若くて可愛らしい女性社員を見ると、羨ましくなってしまうお局もいます。同性として対等に扱われないことが悔しいのです。これは、若くて美しい女性を持て囃し、お局は蔑ろにする社会自体に問題があります。

5.周りに付き合いづらいと思われている

ハイスペックなお局は、職場で一人だけ浮いてしまうことがあります。

誰しも優秀な人の隣には並びたくないもの。お局と比べられないよう、無意識に壁を作ってしまいます。

お局より自分が劣っていると知るのは悔しい。職場での自分の立ち位置を確保し続けるためにも、目立って仕事ができない奴だと思われたくない。そういった理由から、あえて近寄らないようにする場合も…。

お局は、常に孤独と隣り合わせで生きています。

 

お局対策!上手な付き合い方

お局に対して苦手意識がある人はたくさんいるでしょう。しかし、仕事もプライベートも先輩であるお局から学べることはたくさんあります。そういった意味で、お局を嫌ってしまうのは得策とは言えません。

これを機に一度考えてほしいのは、お局への偏見で、その人本来の長所が見えていないのではないかということ。お局だからといって、みんながみんな性格が悪いわけではありません。付き合う前からお局に苦手意識をもつのは、とても勿体ないのです。

お局と上手く付き合えば、いつかピンチの時に自分を助けてくれます。味方につければ、これほど心強い相手は他にいないでしょう。

ここからは、お局との上手な付き合い方と対策についてご紹介していていきます。

1.褒めて褒めて褒める

まずはお局のことを、褒めて褒めて褒めまくりましょう。仕事でも、プライベートでも、内容はなんだって大丈夫。誰しも、褒められれば悪い気はしません。お局は、きっと好感を持ってくれるでしょう。

自分がしてほしいように相手に接するのは鉄則です。

お局から来てくれるのを期待して待つだけでなく、自分からまずは歩み寄ってみましょう。

2.深く関わろうとしない

周りをいびるような、きつい性格のお局とは距離を置きましょう。どこにでもそういう人はいます。無理にお局と関われば、ストレスが溜まり自分が辛くなるばかり。

職場に行くのが嫌になるほど、お局に媚を売る必要はありません。見極めは肝心です。

業務上の報告や、必要最低限のコミュニケーションは取らないといけませんが、その他のことでは無理に深く関わらないのがよいでしょう。

3.お局の目の前で男性社員と仲良くしない

現役時代にモテていたであろうお局の前で、異性と仲良くするのは控えましょう。同性として、焼きもちを焼いてしまう可能性があります。これはお局に限らず、女性社員全員に共通していえることです。

特に、若いイケメン男性が同僚にいる場合は要注意。過度に二人っきりになったり、冗談を言い合ったりするだけで、悪目立ちしてしまいます。

よりよい環境で働くために、小さいことですが意識してみるのがいいかもしれません。

4.ムキになってマウントを取ろうとしない

お局に対して対抗意識を燃やしている人は気をつけましょう。敵意はお局に伝わります。

お局が何人もいる職場は特に注意が必要。お局のお局によるお局たちのための裏ルールが存在し、知らず知らずのうちにそれを破った人は、お局グループ全員から目の敵にされる場合も…。お局間の情報共有を甘くみてはいけません。

好き嫌いがはっきりしているお局に嫌われると、冷たい扱いを受けて職場に居辛くなることもあります。

いずれにしろ、自分が失礼な行動をしていないか、振り返る必要があるでしょう。

お局はあなたの直属の上司です。社会人のマナーとして、目上の上司であるお局を立てるのはある程度まではマナー。

お局に対して反抗的な態度や怠慢を働かず、常に敬う姿勢を忘れないでください。

5.必要以上の会話をしようと頑張らない

お局に対して恐怖心を抱いていれば、必要以上の会話をしなくてもいいです。ビクビクした不自然な様子が伝われば、お局は余計にイラつくことになってしまうでしょう。

挨拶を交わす程度に、無難な会話をしていれば十分。

馬が合わない人はどこにでもいます。お局から好かれようとする力を、仕事へ向けてください。お局よりも偉くなってやろうと努力する方が素敵です。

 

お局だって、上司の一人。

お局を過剰に避けたり、怖がったりしてはいませんか?どんな性格にしろ、お局が自分の上司であることには変わりはありません。

偏見など持たず、最初は自分から好きになるつもりで歩み寄りましょう。ミラー効果で、お局も自分を可愛がってくれることがあります。

同じ職場にいる同性社員として尊敬できる点や真似すべき点が必ずあるので、それを探すように心がけてみてください。

 

おすすめ記事
反りが合わない・気が合わない人とも上手に関わっておこう。人間関係は難しい。

反りが合わない人と仕事・職場で楽に関わる11の方法|人間関係のススメ

 

職場ではストレスを溜めずにしたいから…

自分からお局に歩み寄ってみても打ち解けられない場合、ある程度の距離感を保ったままでいるのも一つの正解です。

職場は一日のなかで多くの時を過ごす場所。居心地よく過ごせるよう、無駄な争いは避けてください。

そして忘れないでおきたいのは、誰しもいつかは必ずお局になるという事実。

年齢とキャリアを重ねた時、自分が苦手だったお局にはならないようにしましょう。今のうちに、お局たちから学ぶのです。今自分がして欲しいことをいつか後輩にしてあげられれば、あなたは周囲から好かれるお局になれます。

お局に偏見を持たない、お局に嫌いなそぶりを見せない、お局を見て学ぶ。

これは、職場のお局と上手く働くための三原則です。

「お局=敬うべき同性の上司」ということを忘れずに、上手く付き合っていきましょう。

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。

今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。 

 

KABU
KABU
人にやさしい言葉を

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする