2020.01.04

負けず嫌いな性格は、長所?短所?負けず嫌いな人のメリット・デメリット

私、僕、負けず嫌いなんです!

小さい時から、競争は勝たなきゃ気が済まない。誰かに負けると悔しくて仕方がない。

何でも一番じゃなきゃ嫌だし、誰かに負けると悔しくてずっと引きずってしまう。

負けず嫌いじゃない人からは、時々気を抜くのも大事だとか、相手や条件によっては負けても仕方がないなんて言われるけれど、そんな考え方をするなんて、私には無理。

誰にも負けたくない。いつでも自分が優れていたい。だって、負けず嫌いだから。

負けず嫌いって悪いこと?負けず嫌いって大人げない?

ううん。負けず嫌いは悪いことでも、大人げないことでもない。

なんとなく過ごしていても生きていける世の中で、何でも上を目指す負けず嫌いな人は、向上心が高いということ。

 

負けず嫌いの意味とは

「負けず嫌い」の意味とは、他人に負けることを嫌う勝気な性質であることをいいます。

「どんな時でも、何をするにも、とにかく他人に負けたくない。」

負けず嫌いな人には、仕事か遊びかは関係ありません。自分が他人に負けるのが許せず、いつでも人より優れていたいと思い続けます。

「負けず嫌いな人って、何故あんなにすべて必死になれるんだろう。」

負けず嫌いではない人からすると、あらゆるものに一生懸命に、全力で取り組もうとする負けず嫌いな人の行動は尊敬できるもの。

全てのことに真剣に、常に全力で戦い続ける姿勢は、たくさんの人に影響を与えるものなのです。

 

負けず嫌いな人の特徴

条件や相手に関わらず、勝ちにこだわる負けず嫌いな人。

勝敗によって得られるものが変わっても変わらなくても、相手が同僚でも先輩でも、とにかく自分が一番にならないと気が済みません。

いつでも自分が勝っていたいと思う負けず嫌いな人には、どんな特徴があるのでしょうか。負けず嫌いな人によく見られる、6つの特徴をみてみましょう。

1.自分に自信がある

負けず嫌いな人の特徴1つ目は、自分に自信があることです。

負けず嫌いではない人は、周りより劣っていても、「彼、彼女の方が自分よりも優れている。」と素直にその事実を受け止めます。

しかし、負けず嫌いな人は自分に自信があり、確固たる決意があり、プライドを持っているため、自分が周囲の人よりも劣っている状態が許せず、その事実を認められないことがあるのです。

何事においても「私、僕が誰かに負けるなんてあってはならない。」と考え、いつでも他人より優れていようとします。

2.常に目標を持っている

負けず嫌いな人の特徴2つ目は、常に目標を持っていることです。

「今回は二位だったけど、次こそは一位をとる。」「一番良い点数で試験に合格できるよう、毎日勉強しよう。」

負けず嫌いな人は、過去の自分や周囲の人に勝ちたいと考えているため、達成することで確実に相手より優れていることを証明できる目標を、いつももっています。

こうした目標は、負けず嫌いな人が行動するモチベーションや生きがいになっているのです。

おすすめ記事
人生の目標、生きがい。自分らしく生きる7つのルール

人生の目標がない。目標のない人生でもいいの。私らしく生きる7のルール

3.ムキになりやすい

負けず嫌いな人の特徴3つ目は、ムキになりやすいことです。

良い結果だった同僚に見下されてしまった…。絶対に見返してやる!

負けず嫌いな人は、悪い結果をからかわれたり、指摘されたりすると、冗談であっても見下されたと感じてしまい、対抗してしまうことがあります。

負けず嫌いではない人からすると、スルーできる程度の言葉にも反応してしまうことも…。

負けず嫌いな人のこうした特徴は、些細な言葉でもエネルギーを消費させてしまうため、気づかぬうちに自分が疲れてしまうこともあるのです。

4.結果主義者

負けず嫌いな人の特徴4つ目は、結果主義者であることです。

負けず嫌いな人は、勝ち以外の結果に意味を見出せなかったり、一番以外の順位はすべて負け同然と考えたりと、結果だけで物事を評価します。

負けず嫌いではない人は、それまでの過程も考慮して、時には結果が悪くても自分を褒めたりねぎらったりしますが、負けず嫌いな人にとっては、結果がすべて。

例えどんなに頑張っていても、過程は評価の対象に入らず、結果が出せなければ成功とはいえないことがあるのです。

5.人と比べやすい

負けず嫌いな人の特徴5つ目は、人と比べやすいことです。

負けず嫌いではない人は、「他人は他人、私は私」と考え、自分を評価するときは過去の自分や、自分で掲げた目標と対比をします。

一方、負けず嫌いな人は、人と比べて自分を評価してしまうことがあるのです。

ほんの少しの差でも人より優れていると喜べる反面、人がよりよい結果を出していると「私はあんなによい結果を出せていない…」と考えて自身をポジティブに評価できず、落ち込んでしまいます。

優秀な人の結果ばかりに目がいってしまい、自分の成長に気づけなかったり、ゴールが見えなかったりして疲れてしまうことも…。

6.自分の努力・他人の努力を認められる

負けず嫌いな人の特徴6つ目は、自分の努力・他人の努力を認められることです。

負けず嫌いな人は、他人が良い結果を残していたり、自分が納得のいく結果を出せたりすると、それを本人の努力の成果だと受け止め、褒めたり、祝ったりできます。

しかし、努力を認められる反面、結果が伴わないと努力不足と考えて自分を責めてしまうこともあるのです。

 

負けず嫌いな性格は、長所?短所?

負けず嫌いな性格への考えは、人によって様々。

周りから負けず嫌いゆえの粘り強さや頑張りが評価される一方で、自分の拘りの強さや頑固さに「やりすぎかな?」と不安になることも。

「負けず嫌いってよいこと?それとも悪いこと?」

「負けず嫌いな性格は直すべき?」

ここからは、負けず嫌いな性格のメリット・デメリットを紹介します。

 

負けず嫌いな性格のメリット

負けず嫌いな性格のせいで仕事が思うとおりに進まなかったり、失敗してしまったりすると、負けず嫌いな性格は厄介で直したいものと思ってしまいます。

でも、負けず嫌いな性格だからこそ役に立てる仕事や、負けず嫌いだからこそ頑張れる役割も、実はたくさんあるんです。

ここからは、負けず嫌いな性格のメリットを紹介します。負けず嫌いの長所を知り、負けず嫌いな自分と上手に向き合っていきましょう。

1.諦めずに最後までやりきる

負けず嫌いな性格のメリット1つ目は、諦めずに最後までやりきる点です。

負けず嫌いな人は、課題を進める際、「よい結果を残すまではやめられない」「やりきれなければ負けと同じ」と考える傾向があります。

このため、負けず嫌いではない人だと諦めてしまう困難な課題や、初めてで不明点だらけの仕事でも、諦めずに最後までやりきることができるのです。

途中で投げ出したり、次々と現れる悩み事に押しつぶされたりしないため、安心して仕事や役割を任せることができ、負けず嫌いな人の長所の1つといえます。

2.向上心が強い

負けず嫌いな性格のメリット2つ目は、向上心が強い点です。

他の誰よりもよい結果を残したい。

負けず嫌いな人は、周囲の人に負けないよう、よりよい結果を目指していつでも最善を尽くします。

差をつけるために自分なりの工夫をしたり、既存の方法に囚われずにより適した方法を探します。

自分の仕事の質を上げてくれると共に、その様子を見た周囲の人にも刺激やよい影響を与えることができる向上心の強さは、負けず嫌いな人の大きな強みの1つなのです。

3.努力することに前向き

負けず嫌いな性格のメリット3つ目は、努力することに前向きな点です。

負けず嫌いではない人は、目標が高いと努力することを面倒くさがったり、躊躇してしまったりしがち。

一方、負けず嫌いな人はよりよい結果を出すには努力が不可欠だと考えているため、高い目標を達成するための努力を厭わず、前向きに取り組むことができるのです。

努力することで着実に実力が身に付くため、自分にも仕事や課題を任せる側にもよい影響があり、負けず嫌いな性格の長所といえます。

4.リーダー気質

負けず嫌いな性格のメリット4つ目は、リーダー気質である点です。

負けず嫌いな人は、「他人より上の立場に立ちたい」と考えているため、チームで行動する際に「リーダーとして仕切りたい」、「周りの人から頼られたい」と考える傾向があります。

責任の重さや担当する仕事の多さのせいで、負けず嫌いでない人からは避けられがちなリーダー役も、嫌がったり面倒くさがったりせず、むしろ積極的に取り組んでいけるため、チームの中でも貴重な存在。

引き受けたくないと考える人も多い役であるため、進んで担えるのは負けず嫌いならではの長所といえます。

おすすめ記事
リーダー向きな人ってどんな人?自己満にならない、人をまとめる能力とは?

リーダーシップとは?チームリーダーの役割&向いてる人性格の特徴

 

負けず嫌いな性格のデメリット

ここまで、負けず嫌いな性格のメリットを紹介してきました。どんな性格もメリットとともにデメリットがついてきます。

そこで、ここからは、負けず嫌いな性格のデメリットをご紹介。負けず嫌いだと、どんな時に、どういう部分が短所になってしまうかを把握し、負けず嫌いによるよくない影響をおさえられるようになりましょう。

1.諦めが悪い

負けず嫌いな性格のデメリット1つ目は、諦めが悪いことです。

負けず嫌いな人は、不完全な状態や一度定めた目標を達成できないことを許せず、納得のいく結果にたどり着くまで、仕事や課題に取り組み続けようとします。

負けず嫌いではない人ならば、「これくらい妥協してもいいだろう」と割り切れるものも諦めることができず、必要以上に時間をかけてしまうことも…。

結果的に重要ではない部分に力を注いで大きく回り道をして、よい結果を出せずに落ち込んでしまうこともあります。

 

2.頑固

負けず嫌いな性格のデメリット2つ目は、頑固なことです。

負けず嫌いな人は、自分の意見を曲げるのは負けだと捉える傾向があります。そのため、間違いを指摘されても、素直に受け入れることができず、言い訳をしたり、自分を正当化するために反論してしまうこともあるのです。

何事にも真剣に望んでいるからこそ、頑固になってしまいます。

3.完璧主義

負けず嫌いな性格のデメリット3つ目は、完璧主義なことです。負けず嫌いな人は、欠点を作りたくないため、何でも完璧にこなそうとします。

合格点には達している内容も、少しでも不備があると許せないことがあるのです。

そのため、負けず嫌いではない人からすると「どうしてそんな部分にまで拘るんだろう」と思うような部分に固執してしまうこともあります。

おすすめ記事
完璧でなきゃダメなんてことないんです!完璧主義も長所になる。

完璧主義者な自分に疲れた。完璧主義の原因と治し方を知り、楽になろう

4.負けを認められない

負けず嫌いな性格のデメリット4つ目は、負けを認められないことです。

「今回はたまたま上手くいかなかっただけ。」「あの人は私、僕より経験が長いからよい結果を出せたんだ。」

負けず嫌いな人は、自分が人より勝っていないと気が済まないため、負けを認めることが出来ないこともあります。

 

このまま生きていこう。負けず嫌いは立派な長所!

時々やりすぎて他人に迷惑をかけたり、自分を疲れさせたりもするけれど、負けず嫌いだからこそできることが、たくさんあります。

何をするにも一番を目指して頑張ったり、自分なりの努力をしてみたり、負けず嫌いから生まれるやる気は、仕事・遊び、色々な場面であなたを引っ張っていってくれる立派な長所です。

「負けず嫌いなせいで迷惑をかけないように、人の話も素直に聞こう。」

「負けず嫌いだからって、こだわりすぎないように気を付けよう。」

負けず嫌いのよい部分と悪い部分をよく知って、上手に対処していくことで、負けず嫌いな性格はあなたをより強く、素敵な人にしてくれます。

バランスよく付き合って、負けず嫌いな自分を、好きになっていきましょう。

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

Nao
Nao
フリーライター。何にも縛られず、自分らしく自由にいきていきたい。言葉と旅と哲学が好き。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする