2020.01.03

距離を置くと別れるって本当?距離を置いている間に気持ちを取り戻す方法

突然恋人言われた「距離を置きたい」

大好きな恋人に「距離を置きたい」と言われた。突然の出来事に動揺が隠せない。

距離を置くってどういう意味?

そのままフェードアウトしたりしない?

「距離を置く=別れる」ってこと?

理解が追い付かなくて、恋人の「距離を置く」という選択について、問い詰めたい衝動に駆られた。

相手の心が冷めている状況なのに、さらに距離を置くなんて耐えられない…。

「2人が別れてしまう未来」が簡単に想像できたからこそ、距離を置くことを受け入れたいとは思えなかったんだ。

でも、ここで抵抗しても意味がない。反論すれば恋人の気持ちはもっと冷める。

そう思って、納得していないけど「距離を置く」という申し出を受け入れてしまった

距離を置いている間、私はどうすればいい?

 

距離を置くと別れるって本当?

恋人への気持ちが冷めたり、別れを意識した時、「距離を置く」という選択肢があります。急に別れるのではなく、一旦離れて冷静になる期間を設けるという考え方。

つまり、距離を置くことを提案する時点では、「100%別れたいわけではない」ことが推測できます。まだ別れることへの抵抗があるからこそ、距離を置くという選択をするのです。

距離を置くとそのまま別れるんじゃないの?

という疑問の声もあります。ですが、一概に別れるとはいえません。

距離を置くことに対して過敏に反応して、相手を責めてしまうと、別れる可能性はグンと高まります。

「距離を置く」という冷却期間の間、相手のペースを乱すような言動は禁物。プラスになる行動を取って、別れを回避しましょう

 

なんで急に?恋人が距離を置くことを決意した理由

距離を置く時、「なぜそう思わせてしまったのか」という疑問が脳裏を過ります。「もっと早く対処できなかったのか」という後悔も一緒に。

なぜ恋人は急に、距離を置くことを決意したのか、その代表的な理由を解説していきます。

本当の理由は恋人自身にしかわかりません。ですが、無理に聞き出せない状況もあるはず。告げられた側からも理由を考えることで、相手の心になるべく歩み寄って、少しでも心の距離を縮めましょう。

1.「ありがとう」「ごめんね」が無くなった

人間関係を円滑に進めるうえで、「ありがとう」と「ごめんね」が素直に言えるかどうかは重要。

慣れるとちょっとしたことへの感謝や、申し訳ない気持ちが薄れていきます。

感謝や謝罪が思い浮かぶのに、「言わなくても伝わるだろう」と考えるようにも…。

ところが、このちょっとした言葉がけで、人間関係の溝は埋めることができます。「ありがとう」と「ごめんね」が無いと、溝がどんどんと深まり、一緒にいて息苦しさを感じるようになるのです。

2.お互いの存在が当たり前になっている

何となく冷めてしまった。理由なく飽きてしまった。

そんな時、恋人は「お互いの存在が当たり前になっている」ことに気が付きます。

付き合った当初は「この人と恋人になれて良かった」と感じて、心から喜べるもの。一緒に過ごす時間の全てが、かけがえのないものになります。

付き合ううちに、マンネリで感情が薄れてしまったのではないか。そう考え、初心に戻るために「距離を置く」ことを提案するのです。つまり、距離を置くのは恋愛感情を復活させるため。

3.ドキドキ感がなくなった

「ドキドキ感がなくなった」のも距離を置く理由のひとつ。最初は会うたびに新鮮な気持ちになれて、新しい発見に満ちています。でも、慣れればそれが減るもの。

距離を置くという選択をするのは、マンネリしている事実に気付いているからです。

ドキドキしないからといって、すぐに別れるのは違う。

距離を置くことで新鮮な気持ちを取り戻せるんじゃないか。

距離を置くことで魅力に気付けるんじゃないか。

そんな期待も入り混じっているといえます。

4.セックスレスになった

付き合ううえでセックスは重要なこと。慣れとともにセックスレスになると、「自分には魅力が無いのか」「異性として見れないのか」というネガティブな感情が支配します。

もちろん、セックスだけが恋愛ではありません。

でも、セックスすることを軽視するのも危険なのです

別れるのではなく距離を置くということは、セックス以外の側面で愛情があるから。セックスだけが抜け落ちた関係性を客観視するために、距離を置く選択をしたのです。

5.他に気になる人ができた

付き合っている最中に気になる人ができた時、距離を置くケースもあります。この段階では、まだ「気になる人」であって「好きな人」までは発展していません。

気持ちが揺らいでいる自分を落ち着かせたい。2人の関係性を見つめなおして決断したい。

そう考えて距離を置く決断をするのです。距離を置く間に冷静に考え、「やっぱり別れない」ということも充分あり。焦ると逃げてしまうので、慌てず冷静に対応することがポイントです。

 

距離を置いている間に連絡していいの?

距離を置くという決断を受け入れた後、次は「連絡していいのか」が気になってきます。

距離を置く間は、通常の付き合っている時と全く同じ連絡の取り方はおすすめできません。

なぜなら、今までの関わりで既に「距離を置く」という考えに至っているから

同じ関わり方を繰り返しても、恋人の別れに対する気持ちは急に変わらないといえます。

ですが、全く連絡しないと本当に別れる原因にも。距離を置く期間に連絡するときは、「相手に寄り添った内容」を中心にすることが大切です

自分の日常や感情を綴ったメッセージは、距離を置く相手に対してはNG。そもそも関心が薄れているため、承認欲求の押し付けに感じてしまいます。

距離を置くまでに至った「心の溝」を埋めるための連絡を適度にしましょう。

 

距離を置く期間の「してはいけないことルール」

距離を置く期間にNGな行動を取ると、違和感が確信に変わり、別れの決定打になります。「距離を置く」という意思決定の意図を汲み取り、適切に対応することが欠かせません。

そこで、ここからは距離を置く期間の「してはいけないことルール」をご紹介。

「距離を置く」と一言でいっても、単に接点を完全に無くすわけではありません。

距離を置くことでプラスな思考になってもらえるよう、距離を置く期間は慎重に対応しましょう。

1.何度も電話・LINEをする

距離を置く期間に何度も電話・LINEをすると、そもそも距離を置く意味が無くなります。

距離を置くのは、2人の関係性を客観視したいから。

むやみに連絡すれば、冷静に考える余裕が奪われます。

また、距離を置く相手は「別れ」を視野に入れているため、追えば逃げられることに。「距離を置く=別れ」に直結しないにしても、最悪の事態を考えて慎重になるべきです。

「距離を置く」という冷静な行動に対して、「何度も連絡する」という焦った行動は、火に油といえます

おすすめ記事
【女性向け】重たいと思われずに、一途だと思わせよう?

彼女の愛が重い?それとも一途な彼女?重たい女性認定される31の特徴

2.他の異性と遊びまくる

距離を置く期間は寂しさを感じるもの。でも、恋人がいない寂しさを他の異性で埋めるのはNGです。

また、「距離を置く」からといって、恋人関係が解消されたわけではありません。距離を置く期間に他の異性と遊んでいると知れば、「もう別れてもいいや」と思えてしまいます

距離を置く時、相手は普段以上に厳しい目で見ていると考えましょう。異性と遊んでも気を引くことには繋がらず、距離を置くどころか、愛情が完全に離れていってしまいます。

3.SNSで異性を匂わせる

距離を置く相手に対して「どうやって気を引くのか」考えた結果、SNSなどで異性を匂わせることも。前述したように、距離を置く時はシビアに見られています。異性の影があれば、即効振られる可能性も…

距離を置く期間に「気を引く」という発想は禁物。距離を置く時点で、駆け引きできる関係性ではなくなっています。

むしろ、距離を置く中で求められるのは、駆け引きよりも「一途かどうか」です

「距離を置く」という辛い選択をしたにもかかわらず、一途に愛してくれると、心が揺れ動きます。

4.恋人からの連絡を無視する

距離を置く中で恋人から連絡が来た時、無視してはいけません。「距離を置く」とはいっても、2人の間にある愛情は消えないはず。喧嘩したわけはないので、真摯に向き合うべきです

距離を置く期間の連絡は、恋人にとって重要なやり取り。

ラブラブではない状態でも丁寧に返してくれるかどうか、送られてくる返信から見極めています。

距離を置くとはいっても、カップルであれば愛情は感じたいもの。雑に扱われれば「こんな人間性だったんだ」と捉えられる結末が待っています。

5.他の恋を探そうとする

「別れる可能性」に注目しすぎて、他の恋を探すのもNGです。距離を置く期間はまだ別れていません。別れたくないから、距離を置くことで試行錯誤しています

そんな中、他の異性に相手の意識が向いているとしたら…。別れないように模索する意味が無くなってしまいます。

「距離を置く=別れ」という思考は捨て去りましょう。距離を置く相手に少なからず伝わるものです。

「距離を置く=冷却期間」程度に捉え、付き合い続ける意思を持ち続けることが大切といえます。

 

距離を置いている間に気持ちを取り戻す方法

距離を置くことで別れに至るかどうかは、距離を置く期間に気持ちを取り戻せるか次第。距離を置く中で「別れるか・付き合うか」の狭間を彷徨う恋人を、もう一度温かい愛情で包み込みましょう。

距離を置くことを告げられればショックを受けるもの。

距離を置くだけでなく、別れるんじゃないの?

距離を置くってつまり、別れる準備でしょ?

こういった別れに繋がる思考を振り払い、「どうやって距離を置く恋人の気持ちを取り戻すか」を考えましょう。

1.適度に体調を気にしてあげる

距離を置く間も、恋人への細かな気遣いを欠かさないようにしましょう。

距離を置く期間の連絡は、何を送ればいいのか戸惑うもの…。

迷ったらまず、体調への気遣いがおすすめです。

恋人も「距離を置く」という冷たい選択に、後ろめたさを感じています。別れをチラつかせることに、罪悪感のない人は少ないです。

そんな「距離を置くことで傷つけていないか」という心配とは裏腹に、距離を置く恋人を気遣うことで、良いギャップが生まれます。

2.小さなサプライズをしてみる

距離を置く時、恋人は「相手の心が冷めるリスク」を考えています。

距離を置く決断をきっかけに、破綻するかもしれない。

距離を置くことで飽きられ、別れるかもしれない。

こうした別れを連想させる不安を抱えながら、距離を置くことを提案しているのです。だからこそ、この心理の裏をかきましょう

小さなサプライズをして喜ばせるのです。大がかりなものは負担になる可能性があるので、ささやかなプレゼントぐらいがおすすめ。

3.感謝の気持ちを伝える

距離を置く心理として、「ありがとうが無い」と前述しました。「ありがとう」は魔法の言葉です。言われるたびに相手を愛しいと感じて、強い信頼関係で結ばれます

そこで、距離を置く期間には、恋人に感謝の気持ちを伝えましょう。「距離を置くことで気付いた」と言えば、距離を置くという恋人の選択も肯定できます。

別れを考えていた恋人は次第に、プラスな未来を描けるように…。

そして、これからは日常においても、素直に感謝を伝えるようにしましょう

4.男性・女性としての魅力を磨く

距離を置くうちに、モヤモヤやネガティブな感情が湧き上がるように。そのまま感情に身を任せれば、「別れ」に繋がってしまいます。

そこで、距離を置く中で生まれた負の感情は、自分磨きに注ぎましょう。「ドキドキしない」「マンネリした」「気になる人がいる」という場合、異性としての魅力を磨くことで別れを回避できます。

距離を置くことでできた時間を、「別れについて考える」のではなく「成長すること」に繋げられるとベストです。

5.仕事に打ち込む

距離を置くことでフリーの時間が増え、「別れの可能性」を考えるようになります。この状態になったら、別れを現実にしないために、何かに打ち込むことが大切。

特におすすめなのが「仕事に打ち込む」ことです。距離を置くことで「仕事に身が入らない」こともありますが、これは逆効果。距離を置く期間もプラスに変えましょう。

一日の大半を使う「仕事時間」を全力で頑張ることで、心が安定して充実感が得られます。

別れについて考える時間も自然と減るはず。

おすすめ記事
他に気持ちを取り戻す方法は?どうしたら、会いたいと思ってもらえるかな…?

「彼女に会いたい」と思わせる方法|彼氏が彼女に会いたくなる7つの瞬間

 

「距離を置きたい」冷却期間も大切な時間

恋人から突然「距離を置く」ことを提案されると、別れを連想して慌ててしまいます。「絶対に別れを回避したい」と思うと、距離を置く意味を見失うように…。

まずは、「距離を置く=別れ」から「距離を置く=冷却期間」という発想に変えてみましょう。

人の感情には波があります。ずっと好意的な状態が続くことの方が稀です。そんな中、恋愛感情が薄れてもすぐに別れを選択しないのは、2人の間に絆がある証拠

「距離を置く」という選択は、あなたへの愛情があるから。愛情がなければ、「距離を置く」のではなく「別れ」を告げます。

もちろん、シビアな期間だからこそ神経を使うし、別れないための工夫も必要に。でも、距離を置く期間を乗り越えた2人の絆は、より強固なものになるはずです

おすすめ記事
別れるべきか、マンネリ解消のために努力するか、どちらを選択する?

マンネリ解消したい。改善する?それとも別れる?カップルの倦怠期解消法

 

距離を置くことは、別れることじゃない。

最初は距離を置く意味が分からなかった。距離を置くのは、別れたい意思表示だと考えていた。

「別れなんて受け入れたくない」という思考が、「距離を置く」という決断の意図を隠していたんだ。

距離を置くことで拒絶された気になっていた。いっそ別れを告げてほしいとも思った。

でも、距離を置く期間なく別れてしまえば、恋人も自分も望まない未来を迎えることになる。

正直、距離を置く間は焦りや不安に負けそうになる。絶対に別れたくない。

でも、離れてみて「こんなに恋人のことが好きだったんだ」と再認識できた

当たり前になっていた愛情を、距離を置くことで気付けたんだ。今、この真っすぐな愛情を恋人に伝えたい。

いつもありがとう。心の底から好きだよ。

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

岡 あい
岡 あい
言葉と音楽をこよなく愛するライター。「生きる意味」や「人生とは何なのか」を、今日も考えています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする