2020.01.02

カップルのスキンシップの効果・心理とは?恋人が喜ぶスキンシップの方法

恋人とちゃんとスキンシップ取ってる?

恋人とはいつまでも仲良しでいたい。だからこそ、ちゃんとスキンシップを取らないと。

でも、スキンシップを取るのって、単純なことなのに凄く難しい。2人の間に「薄い壁」があるような気がして、何となく突破できないんだ。

「触れたい」「撫でたい」「抱きしめたい」という感情はある。

それなのに同時に、「触れていいのかな?」「撫でていいのかな?」「抱きしめていいのかな?」というためらいも存在する。

自然とスキンシップを取れるカップルを見ると羨ましい。

頭で考えず、心から行動しているのが分かる。そして、2人の心の距離が限りなく近いのも伝わるから…。

ねぇ、あなたともっと仲良くなりたいの。

だから、もっとスキンシップを取っていい?

 

スキンシップの取りかたって難しい。

普段スキンシップを取っていないカップルがいざ「スキンシップを取ろう」と思っても、難しく感じてしまうことがあります。

スキンシップは無意識レベルで行うもの。スキンシップの習慣が無いカップルが意図的に取り入れようとすると、最初は違和感が湧いてしまうのです。

でも、少しずつ行動することで、2人の考え方や習慣は変わります。

大切なのは「スキンシップを通して仲良くなりたい」という共通認識。

また、恋人が「スキンシップを取りたくない」と思っているケースもありますが、「実はスキンシップの良さを知らないだけ」という可能性が考えられます。

スキンシップには「2人の仲を深めるため」と「心の寂しさを埋めるため」があり、ここでご紹介していくのは前者のスキンシップです。

 

カップルのスキンシップの効果とは?

カップル間でスキンシップを取る時、「スキンシップの効果」を知っているとモチベーションが変わります。

中には「スキンシップ=甘え」と思って抵抗を感じているケースも。パートナーにスキンシップの理解を得るためにも、メリットを知ることは効果的です。

ここからは、カップルで行うスキンシップの効果を解説していきます。ぜひ自分の彼氏・彼女との関わりに置き換えて、スキンシップを取るとどうなるのか想像してみましょう。

1.コミュニケーションが円滑になる

「会話」も立派なコミュニケーションですが、それだけでは伝わらない感情がたくさんあります。スキンシップを取ることで、言葉以上に意思疎通ができるメリットが得られるのです。

また、スキンシップを取るには、カップルにおける「安心感」や「信頼感」が前提となります。スキンシップを取っている最中には、こうした心の繊細な動きが伝わるもの。

お互いの心理状態に目を向ける機会が増え、コミュニケーションが円滑になる効果が期待できます。

2.お互いの心の距離が近くなる

スキンシップを取ると、お互いの心を開くタイミングが増え、深い関係性になれます。通常のコミュニケーションだけで心の距離を縮めようとすると、探り合いに疲れてしまうことも。

スキンシップに伴う「安心感」や「信頼感」は、お互いに「ありのままを受け入れよう」という気持ちにさせてくれます。

その結果、通常の会話以上に打ち解けることができるのです。

また、スキンシップはカップルだからこそのコミュニケーション。他の人間関係と差別化されます。

3.喧嘩の仲直りが上手になる

喧嘩した後、カップル間のコミュニケーションが激減して、なかなかしっかりと仲直りできないことも…。

普段からスキンシップを取っていると、お互いに心を通わせることが習慣化されています。そのため、相手の心に目を向けるタイミングが増え、喧嘩の仲直りが上手になるのです。

スキンシップが少ないカップルは、喧嘩別れのリスクも高いといえます。言葉以外の意思疎通方法があるカップルの大きなメリットは、お互いの感情を繊細にキャッチできる点です。

 

スキンシップを受けた恋人の心理と本音

普段スキンシップを取ることに慣れていないと、「スキンシップを取ると恋人はどんな気持ちになるのか」が気になってしまうもの。

もし不快な気持ちになったり、マイナスな要素があるなら、スキンシップが怖いと感じてしまいます。また、良い影響があるのなら、具体的にどう受け取られるのか知りたいと感じることも。

そこで、ここからはスキンシップを受けた恋人の心理と本音」をご紹介。スキンシップ回数を増やす前に、ぜひご一読ください。

1.嬉しい

純粋に「嬉しい」と感じる人は多数います。いくら言葉で「好き」「愛してる」と言われても、スキンシップが伴わないと信じることしかできません。

実際に抱きしめたり、キスしてくれると、言葉以上に伝わる「愛情」があります。

そして、誰しも恋人に愛されたいと思っているもの…

カップルでのスキンシップは、強い愛情と幸福を実感させます。「なんだか寂しい」「満たされない何かがある」と思っている恋人ほど、スキンシップを嬉しく感じるのです。

2.もっとそばにいたい

スキンシップには中毒性があります。あまりの幸福感から、さらに相手の温もりを求めたくなるのです。その結果、「もっとそばにいたい」と思ってくれるように…。

幸せな時間ほど永遠に続いてほしいと願うもの。スキンシップを通して、恋人の心に確かな「愛情が芽生えている」ともいえます

「自分のことを求めてほしい」「ウットリとしてほしい」と思った時、スキンシップは効果的です。デートを特別な時間にするためにも、積極的に取り入れましょう。

3.距離が縮まった感覚がある

どれだけ「好き」と伝えても、伝えきれない愛情があります。

どれだけ愛を誓っても、愛は目に見えないから確信が得られません

そんな時、スキンシップが効果的です。

スキンシップを通してお互いの肌が触れ、体温が伝わると、物理的な距離以上に「心の距離」も縮まった感覚に…。お互いの愛情が重なり合い、一体感も得られます。

愛し合っているはずなのになぜか距離感を感じる時、スキンシップを増やしてみると、少しだけ心が満たされるのです

 

スキンシップには段階があるんです!

一言で「スキンシップ」といっても、様々なスキンシップ方法があり、段階が変わってきます。

最も実践しやすいのが「手を繋ぐ」「ハグする」「キスする」といったスキンシップ。恋人であればごく自然に行うスキンシップだからこそ、ハードルが低いといえます。

普段これらのスキンシップが少ない場合、まずは気軽に行えるくらいに習慣化することがおすすめ

この3つのスキンシップは、海外では気軽に行われるものです。カップルで日常的に行えば、毎日のコミュニケーションが充実して、仲良しが持続します。

また、もう少し段階を引き上げたスキンシップも重要。

寝ている時に抱きしめたり、一緒にお風呂に入ったり…。

こうしたスキンシップを取ると、「自分達は仲が良い」と実感することができるのです。

 

スキンシップ下手を克服!彼氏・彼女が喜ぶスキンシップの方法

スキンシップを取りたいと思っても、苦手意識を持っていたり、コンプレックスが強い場合も…。そうなると、いざ実践しようとしてもためらいが生まれます。

「スキンシップの方法」を教えてもらう機会は少ないです。雰囲気や経験に任せると、「これでいいのかな?」と不安に感じてしまうもの

そこで、ここからは彼氏・彼女が喜ぶスキンシップの方法をご紹介していきます。スキンシップ下手を克服するのに、ぜひ活用してみてください。

1.手を繋ぐ

まずは最もポピュラーともいえるスキンシップの「手を繋ぐ」ことです。手の繋ぎ方にも様々なバリエーションがあります。

指をひっかけて繋ぐ、3本ぐらいの指で軽く繋ぐ、小指だけ繋ぐ、恋人繋ぎ、手首まで絡ませて繋ぐ…。

またつないだ手をポケットに入れるなどしても素敵。

ここぞという時に恋人の手を「ギュッ」とすれば、「愛してる」という意思がスキンシップから伝わります。

このように、手を繋ぐというシンプルなスキンシップには、たくさんの可能性があるのです。

2.後ろからハグする

ハグは心を通わせるうえで大切なスキンシップ。恋人の存在を身近に感じられ、何とも言えない幸福感に包まれます。

中でも特におすすめのなのが「後ろからハグする」ことです。

背中は心を許した相手にしか触れられない場所。

だからこそ、背中を抱きしめられている時は、深い愛情を通わせ合うことができます

また、後ろからのハグは「ドキドキするシチュエーション」でもあるので、盛り上げたいデートで実践すると効果的。恋人の心をガッシリと掴みましょう。

3.腕を組む

手を繋いで歩くのも素敵ですが、腕を組んで歩くとスキンシップの段階がグンと上がります。

「腕を組む」という行為は、周囲へも「私たち仲良しカップルです」と宣言しているような状態。腕を組んでいる自分達を客観視することで、より深い愛情が溢れ出すのです

また、特に男性は女性に腕を組まれているとドキドキするもの。腕を組みながら歩くと、いつもの何気ないデートが素敵な一場面に変化するといえます。

4.寝てる時に抱きつく

一緒に添い寝している時もスキンシップを取るベストタイミング。くっついて寝ているだけでもとても幸せですが、思い切って抱きついてみましょう。

「寝ている時に抱きしめる」というスキンシップには、大きな意味があります。

抱きしめられている側も、抱きしめている側も、深い安心感と幸福感に包まれるのです

2人で添い寝している時間が特別なものになり、「この時間が永遠に続いてほしい」と切実に感じられます。

5.髪の毛を触る

身体に直接触れることだけがスキンシップではありません。「髪の毛を触る」のも、相手を愛おしいを感じている時に行う効果的なスキンシップ。

髪の毛を触るスキンシップは、主に彼氏から彼女に行うもの。髪の毛を優しく触ったり、撫でたりされると、彼女は温かい愛情を感じて幸せな気分を味わえます

また、髪の毛に触るスキンシップは肌に触れていないため、「下心無しの愛情」を伝えたい時におすすめです。

6.一緒にお風呂に入る

より親密なスキンシップをしたい時には、一緒にお風呂に入ってみましょう。

湯船につかりながら何気ない会話をすると、ドキドキしつつもリラックスできて、普段と違う幸福感を共有できます

また、一緒に身体を洗い合ううちに、段々と愛おしい気持ちが湧いてくることも。

お風呂上りに丁寧にマッサージもすると、さらに2人の仲は深まります。

普段別々にお風呂に入っている場合は、ぜひ一緒に入って、2人きりの空間を楽しみましょう

7.ほっぺにキスをする

愛情表現の一つとして「口にキスする」人は少なくないはず。ですが、口のキスはどこか「性的」な印象が先行しているとも考えられます。そこで、ほっぺにキスしてみましょう。

頬へキスするスキンシップは、「愛嬌」や「大好きでたまらない」という心境の表れ。カップル特有のラブラブ感を味わうことができます。

彼女からほっぺに「ちゅっ」とキスすれば、男性は可愛らしい行動にキュンキュンするはず。もちろん、男性からも積極的にほっぺにキスしましょう。

 

恋人とずっと一緒に居たいから…

大好きな恋人とはいつまでも一緒にいたいもの。仲良しカップルでありつづけるためには、スキンシップを取る習慣が大切です。

性的な関わりや依存的な関わりが先行する恋愛は、空回りしてしまいがち。今回ご紹介したスキンシップは、2人の距離感を程よく埋めてくれるものばかりです。

スキンシップが多いカップルは、お互いの愛情を信じることができます

疑ったり、不安になる心配がありません。

そのため、お互いのプライベートに集中でき、不用意に駆け引きすることも減るのです。

また、スキンシップがご褒美になり、「次会うのが楽しみ」と感じるように。一緒に居る時間がかけがえのないものになります

ぜひ自然なスキンシップを取り入れて、お互いの心をギュッと近づけてみましょう。

 

「好き」は言葉だけじゃ表せない。

今まで何度も「好き」という言葉を伝え合ってきた。

彼氏からの愛情を感じるし、私からの愛情も分かってくれていると思う。

でも、私たちの愛情はどんどん大きくなって、言葉では言い表せれないくらいに育ったんだ。

「好き」だけじゃ表せれない何かがある。

胸がじんわりと熱くなって、あなたの存在がたまらなく愛おしくなる感覚…。

何ともない日常でも、あなたがいるだけでキラキラ輝いて見える感覚…。

この素敵な愛情をあなたに伝えたいから、頑張ってスキンシップを取ってみたい。

喜んでくれるかな?

きっと驚くけど、受け止めてくれるかな?

今は期待と不安が入り混じっているけど、行動するたびに2人の距離は近くなるはず

ありのままの気持ちを、頑張って届けるね。

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

岡 あい
岡 あい
言葉と音楽をこよなく愛するライター。「生きる意味」や「人生とは何なのか」を、今日も考えています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする