2019.12.30

縁切りしたい。縁切りの方法&悪運を断ち切るための効果的な行動!

悪縁に悩んでいて縁切りしたい…

誰とも仲良くできる人間でありたい。他人に優しい人間でありたい。

そう前向きに願ってきたけど、もうポジティブなことを言っていられない。

人と人の繋がりを「ご縁」というけど、私は今まさに「悪縁」に悩んでいる。

たくさんのことを試みた。円満に関わっていく方法を片っ端から試した。でも、何をやってもダメだった

そして最後にとある言葉が頭に浮かんだんだ。

あの人と縁切りしたい…。

今まで人とのご縁を大事にしてきたからこそ、「縁切り」という言葉には抵抗があった。

だけど、いざ縁切りしたいほどの悪縁を経験すると、自分の心が壊れそうになる感覚に苛まれて辛い。

本当は仲良くしたかった。でも、もう心が限界を迎えてしまった。だから私、縁切りします。

 

縁切りの正しい方法が分からない。

「あの人と縁切りしよう」と思った時、そもそもどう縁切りしたらいいのか方法が分からず、悩んでしまう人は少なくありません。

縁切りは相手に強烈なインパクトを与える対応です。だからこそ、「正しい方法」で縁切りしないと、中途半端な結果を生んでしまいます。

縁切り途中で情が湧いて許してしまうと、前以上に相手の態度がエスカレートすることも。

また、縁切りされると知った途端に、冷酷な態度で責める人もいます。

ですが、「縁切りしたい」と思うのには何かしらの重大な理由があるはず。縁切りのリスクを理解したうえで決断するのは、他でもない「自分自身を守るための選択」といえます。

全ての人間関係を円満に進めることは困難です。時には縁切りしないと自分を守れないこともあります。

 

悪縁を呼び込みやすい4つのタイプ

悪運を断ち切る方法を実践する前に、まずは「なぜ悪縁を呼び込んだのか」を知ることも重要です。悪縁を呼び込む人には共通点があり、その特徴が縁切りしたくなるほどの人物を引き寄せています。

つまり、仮に縁切りが成功したとしても、原因を知っておかないとまた辛い経験を繰り返すのです。さらに、原因を理解することで、縁切りをる際にも強い心で対応できます。

ここからは、悪縁を呼び込みやすい4タイプの人柄をご紹介。当てはまっていないか、チェックしましょう。

1.自分より他人を優先してしまう人

他人に奉仕できる優しい人は、残念ながら悪縁を引き寄せてしまいがちです。なぜなら、自分の優先度が低いから

自分より他人を優先する思考が、エゴの強い自己中心的な人を許してしまうのです。逆にマイペースで物事をハッキリ言う人は、こうした悪縁を事前にはねのけることができます

優しいのは素敵な長所。ですが、縁切りしたくなるほどの人間関係は、早い段階で回避した方が自分のためといえます。

時には「自分を大切にするため、自分を優先する」という思考も必要なのです。

2.断ることができない人

「断ることができない」という性質は、まさに縁切りとは真逆。

縁切りしたいほどの状況は多くの場合、相手の態度が徐々にエスカレートした結果です。

つまり、縁切りするまでに何度か、断るべき場面があったということ

他人に優しい人柄だったり、嫌われることが怖いと、「断る」という決断へのハードルが高くなります。そして、要求が強い相手にこの性質を発揮すると、どこまでもエスカレートしてしまいます。

縁切りの方法を知るだけでなく、「断る」ためのマインドも身に着けることが重要です。

3.他人の気持ちを考えすぎてしまう人

他人を優先する。断れない。厳しくなれない。こうした性格を持っている人に多いのが、「他人の気持ちを考えすぎてしまう」という特徴です。

共感性が高く、相手の気持ちが痛いほど分かるからこそ、キツい対応ができなくなります。他人の気持ちを自分のことのように考えてしまうのです。

縁切りする際にはかなりの勇気が必要。ですが、こうした人ほど、厳しさや縁切りの方法を身に着けることで、ストレスを回避して楽に生きられるようになります

4.人間関係に臆病な人

人間関係に対して億劫な人は、心のどこかでコンプレックスやトラウマを抱えていたり、人付き合いの幅を狭めてしまいがちです。

こうした特徴を抱えていると、相性の悪い相手から逃げる方法を身に着けていないことも。

積極性や明るさを持っている人は、相手から逃げる方法や避ける方法も心得ています。「こういう人に遭遇したら、こう対処すればいい」という経験値が、上手に自分を守ってくれるのです。

人間関係に億劫だと、いざ縁切り方法を実践する際も、ストレスを感じてしまいがちといえます。

 

おすすめ記事
人間関係に疲れてしまった。疲れたら我慢しなくていいんだよ。

人間関係に疲れた時、どうすれば楽になれる?|あなたのストレス度を診断

 

【完全版】縁切りしたい人との正しい縁切りの方法

縁切りの必要に迫られる人は、そもそも早い段階で断ったり厳しい対応をすることが苦手。

だからこそ、正しい縁切り方法を知ることで、中途半端に縁切りを失敗するリスクが減り、縁切りで負うダメージが軽減されます。

「縁切り」を決意したのなら、罪悪感に負けてはいけません。縁切りを望むのは「自分を守るため」です

他人を優先してきた今までを変え、縁切りを機に自分を大切にしましょう。

ここからは、縁切りしたい人との「正しい縁切りの方法」のご紹介です。

1.縁切りにご利益のある神社に行く

縁切りには覚悟が必要。自分の中で「縁切りしよう」という気持ちを固めるため、縁切りにご利益のある神社に行ってみましょう。

「縁切りの神社に行って本当にご利益があるの?」「縁切りを運任せにするということ?」という疑問の声もあるはず。

縁切りの神社に行くのはあくまで、自分の中のけじめをつけるため。

実際に行動して、縁切りを念じることで、「自分は縁切りする覚悟を決めた」という実感が湧きます。そして、「あとは実際に縁切りするだけだ」という心境に切り替わるのです。

2.必要以上に関わることをやめる

根本的な原因を断ち切るのが、「縁切りしたい相手と必要以上に関わることをやめる」という方法です。

人付き合いを大切にしたり、愛想が良い人は、必要以上に他人と関わる傾向にあります。ですが、縁切りを決意した相手には、最低限の関わりにすることがおすすめ。

人は近すぎる存在に対して、不用意にエゴをぶつけるもの。

接点を少なくすることで、程よい距離感が自分を守ってくれます。また、縁切りしたい人からの悪い影響から離れると、関係性を冷静に見れるのです。

3.言葉に出して断ることを怖がらない

縁切りの方法を実践するために最も重要なのは、「縁切りした未来への恐怖」に負けないこと。「声を出して断る」のは、縁切りするための重要な一歩になります。

今まで従順だった人が縁切りを申し出れば、相手が怒る可能性も。ですが、怒ったとしても、縁切りさえできればOKです。何を言われても、「縁切り」が一番の目的だから

この勇気がないまま縁切りの方法を実践すると、相手の心無い言葉に酷く傷つけられます。

反発されたっていい。この縁切りを成功させれば、それでいい。

そう割り切りましょう。

4.他人に介入してもらう縁切りも考える

関係性が拗れたり、上下関係や血縁関係があると、当事者同士で縁切りが困難な場合も。そんな時は、「他人に介入してもらう縁切り」も方法の一つとして有効です。

縁切りしたいほどの人間関係では、2人の間で認識が偏り、知らず知らずのうちにエスカレートしているもの。客観的なジャッジを入れる方法で、一方的なコミュニケーションが解消されます

他人に介入してもらう時は必ず縁切りを完了させ、もう一度介入させることがないようにしましょう。

5.時にはコミュニティごと縁切りすることも恐れない

縁切りできない理由として「同じコミュニティに所属している」という理由が挙げられます。

縁切りしても顔を合わせることになる。接点を無くすことができないから、結局縁切りを我慢して円満に過ごそうとする。

でも、これらの対応は「自分を守る」という目的に照らし合わせると、正解の方法とはいえません。なぜなら、縁切りを我慢しても「解決する未来」が永遠に期待できないから

心が限界を迎える前に、コミュニティごと縁切りする方法も覚悟もしましょう。

おすすめ記事
人間関係リセットしてみる?リセットするのは悪いことじゃないんだよ。

人間関係リセット症候群の特徴と原因|人間関係全てリセットしてみない?

 

6.占いの力を借りる

縁切りの方法として「占いの力を借りる」ことも有効です。占いは第3者の目で客観的に助言をしてくれ、自分を冷静に見つめ直したい時に有効。

今、自分はどんな感情を抱え、どんな未来へと進んでいるのか。それを、しっかりとしたプロの占い師に見てもらうことで、一人で縁切りに悩んでいる時よりも、突破口が開けるのです

縁切りしたいけどなぜか勇気がでない。縁切りした後の未来が怖い。

こう思った時は、縁切りを占い師に相談する方法も考えてみましょう。

 

悪縁を断ち切ると訪れる効果とは?

縁切りの方法を実践するには、なぜ縁切りするのかメリットを知ることが大切。実践することで得られる未来が具体的に描けると、縁切りする覚悟が定まり、方法もより効果的に実践できます。

そこでここからは、悪縁を断ち切ると訪れる効果をご紹介。縁切りは、単純にその人との縁が無くなるだけではありません。縁切りをきっかけに、人生に対する価値観にも変化があるのです

今自分が抱えている悩みと照らし合わせながら、縁切りした未来を想像してみましょう。

1.自分らしく幸せな人生を歩める

「縁切りしたい」と思うほどの悪縁に見舞われている時、人は「自分らしく生きること」が阻害されています

自分の意志や価値観が抑え込まれて、苦痛を感じてしまうのです。

縁切りすることで、抑圧していた自分を解放することに。また、今まで我慢が身についていた人にとって、「自分らしく生きること」への第一歩になります。

そして、自分らしく生きている実感が得られた時、人は人生において「幸福」を実感するのです

2.素直な気持ちで他人に接することができる

縁切りできずにいた時は、「相手の機嫌を損ねないように」「空気を重視するように」と、自分を押し殺して他人と接してしまいがち。ところが、この方法では負荷がかかりつづけ、自分を見失います。

他人の要望に応え続けるのが人間関係ではありません。素直な気持ちで他人に接することができると、自分も相手も心地よい人間関係が構築され、お互いの心の支えになれます。

縁切りの方法を実践することで、「素直な気持ち」を表現できるようになるのです。

3.将来の不安から解消される

縁切り方法を実践する前は、「永遠にこの辛い関係性が続く」ような感覚に苛まれます。逃げる方法も立ち向かう方法も分からず、ただただ悪縁に侵食され続けるほかないのです。

こうした我慢の積み重ねは、自信を喪失させて漠然とした不安を煽ります。なぜなら、自己犠牲が癖になって、自分はいつまでも大切にされないから

縁切り方法を実践して、実際に悪縁を断ち切れると、「自分の存在価値」も肯定できるようになって、将来の不安が無くなるのです

 

大丈夫。勇気を持って縁切りしよう。

縁切りって失礼なことじゃないか?

縁切りするより、私が我慢する方法を取ればいいんじゃないか?

そう考えて、縁切りにネガティブなイメージを持ち続けてきた。

だけど、私の心はどんどんすり減って、ついには「縁切りしないといけない」ところまで到達したんだ。

縁切り方法を実践するには覚悟が必要。そして、縁切り方法を知ることで、縁切りした後のマインドも知ることができた。

縁切りに対して罪悪感を抱く必要はなかったんだ。人間関係はお互いを尊重する方法で築き上げるべきだから。

私が我慢している時点で、その人間関係の構築方法は正しいとはいえない

私もあなたも幸せになれる人間関係の方法を見つけよう。

そのために、まずは縁切りをきっかけに、私らしさを取り戻そう。

 

おすすめ記事
友達いらない女?そうです私、要りません。面倒な関係は断ち切るのも正解。

女友達なんていらない…付き合いに疲れる原因と真の友達付き合いとは?

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

岡 あい
岡 あい
言葉と音楽をこよなく愛するライター。「生きる意味」や「人生とは何なのか」を、今日も考えています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする