2019.12.26

添い寝&抱きしめて寝るカップルに起こる効果と眠れない時の意外な解決法

「添い寝」してる?

彼氏と添い寝した日は、本当に幸せな気持ちで眠れる。彼、抱きしめて寝る癖があって、それがたまらなく好きなの。

もう一人で眠る時も「彼氏がここにいてくれたら…」なんて想像するようになってきちゃった。それくらい、添い寝の魅力にハマってしまったみたい。

添い寝って、どうしてこんなに心地いいのかな?

ずっとこの時間が続いてほしいと思えるし、デートしてる時以上に彼氏という存在を実感できる。

過去には添い寝をしない恋愛を経験したこともある。その彼とは、今の彼氏ほどの信頼関係にはなれなかった。添い寝には人と人を近づける、不思議な力があるんだ。

添い寝が幸福感に繋がる理由や、抱きしめて寝ることのメリットを、今一度振り返ってみよう。

 

抱きしめて寝るってどうして幸せなんだろう?

抱きしめて寝ると、通常のコミュニケーションやスキンシップでは得られない、強い幸福感を得られます。ですが、この幸福感は、どんな相手でも味わえるわけではありません。

「安心できる相手」や「好きな人」と添い寝することが重要。

好意のある相手を抱きしめて寝ると、幸せホルモンの「オキシトシン」が分泌されるといわれています。

オキシトシンが分泌されると、ストレスを軽減したり、身体の機能を高めたり、いいことずくめ。また、信頼している相手との睡眠は、安心感を伴うため良質なものとなります。

そのため、信頼関係のあるカップル同士の添い寝は、お互いを幸せにしてくれるのです。

添い寝するたびに仲が深まるため、積極的に抱きしめて寝ることがおすすめ。

 

添い寝をしないで寝るカップルの隠れた本音

添い寝がカップルの絆に効果的なら、逆に添い寝をしないで寝るカップルはどうなるのか?実は、添い寝をしないだけで、悲しいデメリットがたくさん出てきます。

「気恥ずかしい」「甘えるのに勇気がいる」などのちょっとした理由で、添い寝の機会を逃してしまうことも…。

ここからは、添い寝をしないカップルの「悲しい本音」をご紹介。添い寝のメリットを最大限に生かすためにも、まずは添い寝しなかった場合の結果を見てみましょう。

1.相手の小さな変化に気づけない

添い寝は相手の小さな変化に気付く機会です。普段話せない胸の内を聞けたり、恋愛感情のすれ違いに気付いたり、悩みを抱えている様子を感じ取ったり…。接近するからこそ、細かな部分が分かります。

添い寝しないと、深いコミュニケーションの機会を逃してしまうことに…。

普段のデートでは誰しも「外向きの顔」を貼り付け、素で何もかも話せないものです。

「睡眠」は究極にリラックスした状態。自然体で接する機会は、カップルだからこそ重要といえます。

2.スキンシップが減り心が離れやすくなる

カップル間でのスキンシップの量は、信頼関係に直結します。日頃から愛を感じていると、自然とすれ違いも減るもの。逆に、スキンシップが少ないと、ふとした弾みで心が離れやすくなります。

添い寝はスキンシップの中でも特に密度が高く、お互いの心を繋ぎ止めることが可能。

手を繋いだり、キスしたり、ハグしたり、様々な関わり方がありますが、「添い寝」が与える影響は大きいのです。

そのため、添い寝があるカップルと無いカップルには、信頼関係に大きな違いが出ます。

 

おすすめ記事
スキンシップは恋愛でとても大切なことなんだ。もちろん添い寝もね。

彼氏とイチャイチャしたい!カップルにおすすめのスキンシップ方法

3.寂しい

添い寝しないで寝ると、「目の前にいるのにくっつけない」というもどかしさを与えることになります。片方が「本当は添い寝してほしい」という本音を抱えていると、たまらなく寂しい気持ちに…。

一度でも添い寝したことがある人は、添い寝の良さを知っています。抱きしめて寝ることの幸福感が分かるからこそ、それを与えられない状況に悶々とするのです。

恋人と一緒に寝ることになったら、「添い寝する」という選択をするだけで、こうしたすれ違いが解消しやすくなります。

 

抱き締めて寝るカップルに起こる嬉しい効果

添い寝だけでも幸福感を得られますが、さらに「カップルで抱きしめて寝る」ことに大きな意味があります。好きな相手と抱きしめて寝るだけで、人はたくさんの嬉しい効果を得られるのです。

ここからは、具体的にどんな効果があるのかを解説。

カップル間での添い寝のメリットを知ることで、「彼氏という存在のかけがえのなさ」に気付くきっかけにもなります。

カップルでの添い寝に秘められた不思議な魅力を、一緒に紐解いていきましょう。

1.体温を感じて心が安定する

寝る時というのは、温かい布団や暖房など、「温もり」を追求したくなるもの。これは、安眠に導くための重要なプロセスです。

抱きしめて寝ると、相手の体温を感じて心が安定します。

一人で寝る時よりも断然温かく、人肌から感じる温もりは優しく包み込んでくれるのです。

目を開けて彼の姿を見ているわけではない。でも、温もりから存在を感じられる。この感覚が、心に安心感を与えるとともに、安眠へと導いてくれます。

2.ラブラブな気持ちを取り戻せる

抱きしめて寝ると、「相手から愛されている実感」や「自分が相手を愛している実感」を得られます。これにより、ラブラブな気持ちを取り戻せるのです。

添い寝で抱きしめて寝るのは、信頼関係のある恋人にしかできない行為。中途半端な関係では成立しないからこそ、深い愛情を実感できます。

「2人は心を許し合ったカップルなんだ」と実感し合うためにも、積極的に添い寝をして、抱きしめて寝ることが効果的です。

3.抱き合って眠ることで緊張がほぐれる

家族、親友、恋人…。どんな人間関係においても、人は常に「緊張感」を抱えています。「嫌われたくない」「好かれたい」という感情が皆無な人は少なく、人間関係にストレスはつきものです。

でも、抱き合って眠る時は、こうした余計な緊張が不要。特別なことは言わなくていい。無理に自分を作らなくていい。

ただ、自然体で抱きしめ合い、心置きなく自分を曝け出せるのです。

人との関わりでここまで心の距離を近づける機会は、なかなか得られません。

4.リラックスして相手に優しくなれる

リラックスして心を開いた状態だと、プライドや意地もどこかへ行き、素の優しい状態で相手と接することができます。添い寝中は、自分にも相手にも寛容になれるのです。

普段気恥ずかしくて自分を取り繕ってしまう人ほど、添い寝で抱きしめ合って寝ることが重要。

メリハリのある、理想的なカップルの関係性に近づきます。

添い寝しながら会話をして、普段よりも親密なコミュニケーションも取ってみましょう。2人の関係性がさらに進展する可能性があります。

 

添い寝だけの友達がいてもいいんじゃない?

添い寝といえば、恋愛特有の習慣として考えられてきました。ですが、近年では恋愛関係にない異性と添い寝をする「添い寝フレンド(ソフレ)」という概念もあります。

「彼氏はいらないけどソフレが欲しい」「恋愛したくないけどソフレがいると安心する」という声もあり、添い寝フレンドの需要は少なくありません。

「添い寝=恋愛」という概念がなければ、恋愛する余裕が無い人でも添い寝のメリットを得られる。

そう考えると、理に叶った意見ともいえます。

添い寝は「信頼」や「好意」のある相手と行うことで、効果が発揮できると前述しました。「添い寝フレンドでも効果が得られるのか?」が最も気になるところ。

実際のところ、「添い寝フレンドはどうなのか?」を紐解いていきましょう。

おすすめ記事
添い寝したい女性って結構多い?ソフレとの正しい距離感とは

ソフレとは?|添い寝したい女性必見!添い寝フレンドって何するの?

 

「添い寝フレンド」との嬉しい効果

カップル間の添い寝も素敵ですが、添い寝フレンドを持つと得られる嬉しい効果があります。

添い寝フレンドとは「恋愛感情に発展することがない」のが前提。

恋愛に対するプレッシャーや、「好きな人に嫌われたくない」という意識が強い人にとって、気楽な関係性なのです。

ここからは、「添い寝フレンド」からどんな効果が得られるのか、解説していきます。「ソフレに興味があるな…」「ソフレってどうなのかな?」と関心がある人は特に必見です。

1.お互い面倒な関係に発展しなくて楽

恋愛関係になると「相手の気持ちを汲み取る」「好かれる努力をする」「常に綺麗でい続ける」などの努力を伴います。こうした状況に、プレッシャーを感じる人も少なくありません。

添い寝フレンドであれば、あくまで「友達」としての枠組み。だからこそ、色恋沙汰の面倒臭さがなく、自然体の自分でいられます。

恋愛で苦労を重ねた人ほど、添い寝フレンドのような割り切った関係を求めるように…。もちろん、恋愛感情がなくても、そこにはしっかりと「信頼」があります。

2.恋愛感情抜きなので会話を楽しめる

好きな人の前では、なかなか素の自分を出せないもの。自然体で恋愛できればベストですが、やっぱり「嫌われたくない」と思い、言葉を選んでしまうのです。

恋愛感情抜きの添い寝フレンドなら、「相手に好かれること」にこだわらず、そのままの自分を出せます。そして、相手も自然体で会話に応じてくれ、深い友情が芽生えるように…。

「異性」という概念を超えた、特別な信頼関係を得るために、添い寝フレンドという関係性もアリなのです。

3.眠れない時に安心してぐっすり眠れる

「一人では眠れない」という人も少なくないはず。眠れない時というのは「考え事」をしたり「孤独感」が原因の可能性があります。

そんな時、一緒に添い寝してくれる存在は、心に大きな影響を与えることに。信頼できる添い寝フレンドは、幸せホルモンを分泌させ、安眠に導いてくれます。

一人で頑張りすぎる人ほど、誰かの温もりを得た時に、本来のパフォーマンスを手に入れることが可能。

添い寝フレンドの安心感は、強い心の支えになります。

 

誰かと抱き合って眠ることは、幸せなんだ。

「添い寝」や「抱き合って眠ること」は、単なる愛情表現にとどまりません。ここまでご紹介したように、「人の幸せ」を生み出す最高のスキンシップなのです。

人は常に何かしらのストレスに晒されています。

「仕事を頑張りたい」「勉強を頑張りたい」「成功したい」と思ってひたむきに努力しても、一人だけの力ではどこかで限界点を知ることに…。

そんな時、何かしらの「支え」を持っている人は、力強く生きることができます。なぜなら、どれだけストレスを抱えても、「幸せ」で心の安定を手に入れるから。

添い寝する相手がいる人は、お互いを幸せにすることが可能です。そして、お互いが力強く生きられるようになります。

添い寝はシンプルに見えて、とても奥が深いのです。

おすすめ記事
彼氏の腕枕って幸せ。一緒に寝ることをより楽しむ方法

「彼氏の腕まくらが幸せ!」腕枕してくれる男性の心理と本音を教えて!

 

添い寝の効果を知って人生を楽しんで!

「彼氏と添い寝したい。抱きしめて寝たい。添い寝フレンドが欲しい。

こうした漠然とした願望には、「寂しさ」が隠れているのだと思っていた。心のどこかで、「自分は弱い人間なのかな?」と考えていたんだ。

でも、誰でも一人で生きれば孤独を感じるもの。

添い寝は決して寂しさを埋める行為ではなく、「お互いが幸せになるためのスキンシップ」だと知ることができた。

彼氏との添い寝を重ねるごとに、2人が深い信頼関係で結ばれていることが分かる。素の私を受け入れてくれた喜びが、私に幸福感と安心を与えるんだ。

そして、同じように私も彼氏を幸せにしたい。添い寝を通して、この絆をどこまでも深めたい。

いつもギュッとしてくれてありがとう。私、あなたと出会えて本当に幸せだよ。

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

岡 あい
岡 あい
言葉と音楽をこよなく愛するライター。「生きる意味」や「人生とは何なのか」を、今日も考えています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする