2019.12.25

理不尽とは?失礼な人にイライラした時、理不尽な状況を乗り越える方法

理不尽な状況に疲れた。

理不尽な要求が続く職場。理不尽な人間関係に納得できない職場。

世の中は全然優しくない。

人と人とが交わった時に起きる摩擦は、時に大きなストレスの原因になる。

理不尽な状況にはもう疲れた…

お願いだから、もう理不尽な環境でもストレスを溜めないで生きる方法を教えて欲しい。

そこで今回は、理不尽な環境に疲れた方に向けて、理不尽や不条理を感じる出来事&理不尽な状況を乗り越える方法についてご紹介します。

自分の置かれた状況と重ね合わせながら、より生きやすくなる方法を試してみましょう。

 

理不尽なことを言われて言い返せない自分が悲しい。

理不尽なことを言われても、言い返せない自分が悲しくて仕方ない。

言い返したところで、何も解決しないのは分かってる。でも、理不尽なことを、そのまま受け入れ続けることもストレスになる。

どうしたら、もっとうまく生きていけるのか?

どうしたら、もっとうまく理不尽な人とも付き合って行くことができるのか?

職場でも、プライベートでも、溢れている理不尽。

理不尽に耐え続けることが正解とは限らない。

それでも、理不尽とうまく付き合っていけるようになったら、もっと楽しい毎日が待っています。

 

理不尽の意味とは?

まずは、理不尽とはどういう意味なのか知っておきましょう。

理不尽とは、理にかなわない仕方で物事が遂行されることや、物事の筋道や理論が通っていないことを指します。

例えば、「来週中にこのタスクを片付けておいて欲しい」と上司に言われた直後に、「やっぱり明日までにやっておいて」と言われること。

さらに、「この業務は俺がやっておくね」と上司に言われていたのに、数日後「なんでやってないの?」と怒られることや、お客さんが自分で壊したものを、店員さんに「もともと壊れていた」とクレームすることも、理不尽な状況といえます。

常識とはかけ離れた行動や、マナーを守れないこと。自分の責任を他人のせいにすることも、理不尽といえるでしょう。

 

理不尽や不条理を感じる出来事

ここからは、より深く理不尽について理解するために、理不尽や不条理を感じる出来事についてご紹介します。

主な5つの原因から、今自分が置かれている状況と重ね合わせてチェックしてみてください。

1.非がないことを責められた時

自分に非がないことを責められた時は、理不尽といえるでしょう。

上司がミスしたのに、自分のせいにされること。お客さんが自分で壊したのに、店員さんのせいにすること。恋人が悪いのに、自分のせいにされること。

主に上記のような内容が理不尽な状況といえます。

自分は全く悪くないのに、自分のせいにされた時は、「これは理不尽だ」と思っても良いでしょう。

2.自分勝手な人との付き合い

自分勝手な人との人付き合いも、理不尽を感じる時が多くあります。

例えば、友人の恋愛相談に乗っている時に、友人が恋人の愚痴を言い始め、「それは恋人だけでなく、あなたも悪いんじゃない?」と指摘した時に、「は?」とキレられることがあったとします。

この状況は、理不尽そのものと言えるでしょう。

自分が悪いことをしたわけでもなく、相談に乗って真実を告げたのに、キレられるのは理不尽な状況です。

3.自分の意見ばかり押し通そうとする人との付き合い

自分の意見ばかり押し通そうとする人との人付き合いでも、理不尽を感じる時が多くあります。

職場の上司が間違ったことを言っているのに、その意見を押し通そうとされたら、理不尽を感じてしまいます。

自分の意見を押し通そうとすることは必ずしも悪いとは限りません。ですが、周りの人の意見を聞き入れようとしなかったり、他の人の発言を全て遮る人は、周囲に理不尽な人だと思われていることがあります。

4.上司の前では全く違う態度を取られた時

自分の直属の上司が、自分の前では横柄な態度で怒ってばかりなのに、役員などの上司に対しては、ゴマをすっていたり、上司に合わせて意見をコロコロ変えていたら、理不尽な状況といえます。

自分が上司に言った意見を反対されたのに、役員などの上司に「そっちの方がいいんじゃないか」と言われた時に、「僕もそう思っていたんです!」と意見を変える人は、理不尽な人です。

おすすめ記事
仕事って、理不尽な状況になりがち。そんな時、あなたならどうする?

「職場に苦手な人・嫌いな人がいる…」ストレスのない接し方&対処法!

5.イライラを自分にぶつけられた時

自分は全く悪いことをしていないのに、他の人に対するイライラやストレスをぶつけられたり、八つ当たりされた時も、理不尽だといえます。

上司に怒られたイライラを自分に当たってきたり、恋人との喧嘩でイライラしている感情を自分に当たってくる人は、理不尽な人です。

そんな時は、「私に言わないで。」「八つ当たりはよくないと思う。」としっかり意見を言いましょう。そこで我慢し続けてしまうと、ずっと八つ当たりされる状況が続いてしまうこともあります。

 

理不尽な状況を乗り越える方法

ここまで、理不尽とはどんな状況のことを指すのかご紹介してきました。

理不尽を理解しても、解決できなければ、ストレスが蓄積されていくだけ…

こんな理不尽な状況耐えられない…

そう思った時に使える対策は、自分の中にいくつか持っておくことが大切です。

そこでここからは、理不尽な状況を乗り越える5つの方法についてご紹介します。自分の状況にあった方法を実践してみましょう。

1.人生に理不尽な状況はあると割り切る

人生には、たくさんの理不尽な状況があります。それを、「この人は疲れてるんだな」「イライラしてるから仕方ないな」と割り切ることも一つの手です。

理不尽な人や失礼な人を変えることは難しいですが、自分が変わることはいくらでもできます。ですので、相手を変えようとする前に、自分の捉え方を変えてみましょう。

「こういう状況はみんな経験してるな。」「この人も理不尽にイライラしてるのかな?」と思うだけで、自分の気持ちが少し軽くなります。

2.理不尽なことを言う人と同じレベルで話をしない

理不尽なことを言う人と同じ温度で会話しようとしたり、正しいことを理解してもらおうと熱くなるだけ、自分のストレスは増えていきます。

「あー、今イライラしてるんだなー。」「この人、いっつもこうだなー。」と冷めた感情で見ることによって、自分のイライラを軽減することができるのです。

同じ温度やレベルで会話することは諦めましょう。

3.相手に期待しすぎない

「この人にちゃんと注意し続けたら、変わってくれるだろう。」「この人の理不尽を変えたい。」そう思って期待しても、変わらない人はいつまでも変わりません。

20年30年と、そのまま生きてきた人を変えることはとても難しいのです。自分で気付かなければ、変えることはできません。

なので、相手に期待することを一旦諦めてみましょう。

4.イライラしたら一度深呼吸して落ち着く

イライラした時は、一度深呼吸して落ち着きましょう。

どんなに温厚な人でも、理不尽な状況が続くと、自分のイライラが爆発してしまったり、自分の堪忍袋の尾が切れてしまって当たり前。常に我慢し続けて、冷静にいることはできません。

なので、イライラしたらまずは一度深呼吸して落ち着くようにしてみましょう。そうすることで、自分の心を落ち着けて、リラックスすることができます。

リラックスした状態で、理不尽な人とは会話するようにしましょう。

5.失礼なことを言う人・理不尽な人とは距離を置く

失礼なことを言う人や、理不尽な人とは距離を置くようにするのも、一つの手です。

直属の上司の場合、なかなか距離を置くことができない場合もあると思います。そんな時は、他の上司に相談してみたり、他の上司とのコミュニケーションを増やしましょう。

できるだけ、関わらなくていい状況を作ったり、必要以上に会話しないことで、自分のストレスも軽減されます。

おすすめ記事
理不尽なことをされたらどうするのが正解?苦手な人との上手な付き合い方

苦手な人や嫌いな人と関わりたくない!合わない人との上手な接し方13選

 

感情的にならずに、冷静に対処しよう。

理不尽な人や、理不尽な状況にイライラしたり、感情的になることは、不毛です。

イライラして感情的に物事をぶつけたり、発言しても、理不尽な人には何も伝わりません。

何も伝わらない相手には、感情を使うだけ無駄だと思うようにしましょう。

そうすることで、自分のストレスを軽減させることができたり、今までよりもイライラする回数が減っていきます。

「疲れてるんだな」「イライラしてるんだな」「こんな言い方しかできないなんて、かわいそうだな」と一歩引いた目線で見るようにしてみましょう。

ですが、それを口にしたら、喧嘩になってしまいます。心で思うだけで、留めておきましょう。

 

理不尽・不条理を自分から遠ざけて人生を楽しんで。

理不尽な状況から、自分を遠ざけることで、人生もっと幸せに生きることができます。

ですが、職場の人間が理不尽な場合は、なかなかすぐに遠ざけることはできません。

そこで、今回紹介した理不尽を乗り越える方法を参考にしながら、自分なりの対処法を手に入れておきましょう。

理不尽な状況を冷静に対処できるようになったら、どんな状況でもある程度のことは許せる広い心を手に入れることができます。

ですが、理不尽を対処しようとするあまり、自分の心に負担をかけすぎないことだけは、忘れないで!

おすすめ記事
要領よく人生を歩んでみたい…理不尽なことはできるだけ避けたい人へ

要領がいい人11の特徴|仕事・恋愛・人間関係、全て要領よくなるには?

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする