2019.12.24

自殺したい。死ぬしかない。早く死にたい人へ届けたいメッセージ

自殺したい。死ぬしかない。

「大丈夫だよ」なんて言葉の暴力だ。

「あなたが死にたいと思っている今日は、昨日死んだ人が死ぬほど生きたかった明日なんだよ。」なんて、聞き飽きた。

そんなこと言われたって、死にたい気持ちも、自殺したい気持ちも簡単に消すことなんてできない。

そう思わなくていい人生だったら、どんなに楽だったのだろうか…。

楽しく幸せに生きられる人生だったら、死にたいとか、自殺したいなんて、思うことすらなかった。

全てに追い込まれて、自殺したくてもできなくて、自暴自棄なんて4文字じゃ片付けられないほど暴れた。

強がることにも疲れた。頑張って笑うこともできない。

誰かに「頑張ろう」なんて言われても、頑張る理由も、生きる理由も、死んではいけない理由も見つからない。

誰かが楽しそうに笑っている姿を見ても、何も思わなくなった。

泣きすぎて泣き疲れて、喉が渇いて、声も枯れた…。

生きることって、そんなに偉いことなの?自殺したいと思うことの何が悪いの?

 

早く死にたいと思うことは、悪いことですか?

「お母さんがお腹を痛めて産んでくれたんだから。」「いや、わかってるよ。」

「あなたが死んだら、みんなが悲しむよ?」「死んだ後の世界なんて見ることができないし、誰も悲しんでくれないよ。」

「自殺したいなんて言ってはいけないよ。」「どうして、自殺したいと言ってはいけないの?本音を言うことは悪いことなの?」

生きていた方がいいとか、そんなこと何でわかるの?自殺したいと嘆くと怒られるのは、何故なの?

死んだことない人に何を言われたって理解できない。生きる理由があるから、そんなこと言えるんだろうなって、思ってしまう。

誰にも必要とされてないこの世界で。何者にもなれないこの世界で。生きる価値を見出せないこの世界で。何を探して、何を求めて生きたらいいの?

おすすめ記事
「早く死にたい」と思わなくていい人生は、どこにあるんだろう。

しにたいと思ったら|死にたい人・辛い人へ。生きていたくないを大切に

 

自殺したいと思う人へ届けたいメッセージ

自殺したいと思うことは、悪いこととは限らない。それでも、生きていてほしいと思う。

人は幸せになるために生きている。だからこそ、今幸せを感じられなかったり、幸せになる未来が見えていなかったら、生きる意味を見失ってしまう。

そんな自殺したいと思っている方に届けたいDariaMeからのメッセージです。

何度も自殺しようと試みて、何度も病院で目覚め、何度も自暴自棄になって自分を傷つけてきた私だから、届けたいメッセージがあります。

1.いつか死ぬなら、今じゃなくていい。

人は、必ずいつか死んでしまうものです。だからこそ、今すぐじゃなくていい。人生は、天国までの暇つぶしだと思ってもいい。

死ぬことは恐怖心が伴う。「死ぬことが怖くない」と思っていても、いざとなったら少しだけ怖い。まだ、そう思えているのなら、死なないでほしい。

お願いだから、生きることをまだ諦めないでほしい。

支えがないのなら、DariaMeが支えになります。いつか人生には終わりが来るから、今じゃなくていい。

2.あなたを一人にはさせない。

死にたいと思う時や、自殺したいと思う時。私は一人だった。孤独からの抜け出し方がわからなかった。

「誰でもいいからそばにいてほしい」そう思いながら、言葉にすることはできなかった。

一人になると、「誰にも必要とされていないんじゃないか。」「私がいなくなっても誰も気づかないんじゃないか」と思った。

だからこそ、一人にさせません。私たちのわがままかもしれない。それでも、声をあげて、「助けて」と言ってほしい。

3.自分を守るために生きてみよう。

自分のことを愛せないかもしれない。自分のことを大切にできないかもしれない。自分なんて一番嫌いな人かもしれない。

それでも、自分を守れるのは自分だけだから。自分を守るために、もう少しだけ生きてみよう。

4.誰かに迷惑がかかると考えることをやめよう。

「死んでも誰かに迷惑がかかる」「生きていたらもっと迷惑をかけてしまう」そう思うのは、もうやめよう。

「生きていることで、親に迷惑をかけて、周りの人に迷惑をかけてしまうから、自分なんていなくなった方がいい。」

そう思うことがあっても、人は迷惑掛け合って生きるものだから。あなただけが迷惑をかけているわけじゃない。

迷惑をかけずに生きられる人なんて、この世に一人もいないんです。だから、変わろうとしなくていい。頑張らなくていい。ありのままでいい。

5.自殺したいと思うことを一旦諦めてみよう。

自分の頭の真ん中にある「自殺したい」と思うことを、一旦諦めてみませんか?

死ぬことって、想像以上に難しくて、「自殺したい」と思うことがあっても、実際本当に死のうと思うと恐怖心が襲ってきたり、どんどん苦しくなっていく。

「楽になりたい」と思う反面、楽に慣れない気がしてくる。だからこそ、一回自殺することと、死のうと思うことを諦めてみませんか?

もう少しだけ、生きていた方が楽だと、思ってみませんか?

 

6.死にたいと思うのは、逃げなんかじゃない。

私は誰かに言われたことがある。「逃げてるだけじゃない?」と。違う。そんな簡単な気持ちじゃない。逃げられるんだったら、もっと他の逃げ方をしている。

逃げる方法なんてたくさんあるのだから、わざわざ死ぬことを選んでいない。だから、簡単な気持ちで「自殺したい」「死にたい」なんて言っていないと、知ってほしかった。

自殺したいと思う気持ちを持つことは悪いことじゃない。「生きたい」なんて無理に明るい気持ちを持たなくてもいい。

それでも、もう少しだけ一緒にこの世界にいてほしい。

7.私たちが、あなたを愛していたい。

誰にも愛されていないと感じているのなら、私たちがいることを忘れないでほしい。

死にたいと嘆き、自殺したいと思い、精神疾患になり、生きることの難しさに直面した私たちが、言葉を届け続けていることを知ってほしい。

初めて飛び降りようとしたのは13歳の時。初めてリストカットしたのは14歳の時。初めてODしたのも14歳の時。生きている意味なんてどこにもなかった。家族の愛情なんて感じられたことがなかった。

そんな時、同じような経験をした人が周りにいてくれてたら、もっと違ったかもしれないと思った。

だから、私たちがあなたを愛していたい。

今、「自殺したい」と、「死にたい」と思っているあなたを、心から愛していたい。

 

自殺願望と、私。

夜は、どこか安心する。唯一愛せるのは、夜だけかもしれない。

朝が来るのが怖くて眠ることはできないけど、それでも自分の心の闇とか汚いものとか、全部隠してくれるから好き。

自殺したいなんて思う人生、望んでいなかったけど、自殺したいと思うのも、夜のせいにできるから…。

自殺願望とうまく付き合っていく方法なんて、人それぞれ違う。

正直、本気で死にたいからこそ、自殺願望とうまく付き合っていくことなんて、できない気がしている。

それでも、今ここに生きていることは事実だから…

おすすめ記事
もう生きたくないの。心の叫びすら、聞こえない…

死にたいとき、自殺願望の理由や心理は?心が訴えている11のサイン

 

死にたいと思うことも、生きてる証拠だから。

一人ぼっちでも、愛されていなくても、寂しくても、苦しくても、悲しくても、生きてるから。生きていてほしいから。「助けて」って言ってほしいから。

何度泣いたっていい。何度叫んだっていい。何度迷惑かけたっていい。何度暴れたっていい。

今生きてるこの体と、声と、心を、全部使って、自分の感情を吐き出して。

私は、生きている心地がしなくて、リストカットをしていた。

飛び降りようとした時、首を吊る方法を考えていた時は、死にたくてたまらなかった。でも、リストカットしている時は、少し違った。

本当に自分が生きているのか確認したかった。

でも、その深い傷は未だに消えなくて、見るたびに全てを思い出してしまう。それが苦しくてたまらない。だからできれば、自分の体も傷つけないでほしい。

誰かのためじゃなく、自分のために傷つけないでほしい。

 

死ぬより消えたい。それが本音。

「死にたいは、生きたいの裏返し」なんて言う人がいるけど、じゃあ「生きたいは、死にたいの裏返し?」きっと違う。

死にたい気持ちに裏も表もない。心の何処かに、生きたいという本音が隠されているかもしれない。でも、それは全員がそうとは限らない。

死にたいは、死にたいでしかない。言葉を変えるなら、消えたい。それが本音。

自殺したい。死にたい。死ぬしかない。そう思ったことない人が、分かったふりして話す言葉は、いつまでも信用できなかった。

死ぬのは痛いし怖い。死んだ後に人にも迷惑をかける。だから、消えたいが本音。

生きるのは思ったより何倍も難しい。それでも、人は消えることはできない。

だから、「自殺したい」「死にたい」と思っている全ての人が、死のうとする前に「助けて」と言えるように、私たちはここに生きていたい。

おすすめ記事
消えることが出来たらいいのに。泡のように、何もなかったことにできればいいのに。

死にたい訳ではない。存在全て消し去りたい。

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする